スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブレーキング・バッド」第5話「ウォルターの選択」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 09.2009 ブレイキング・バッド 0 comments 0 trackback
ジェシーは人生をやり直そうと就職活動を始めるが、面接で好感触だった仕事は、ふざけたサンドイッチマンでがっかり。ところがそのサンドイッチマンをやっていたのは、友人のバッジャーだった。彼から一緒に組んでメスを作らないか?と誘われ、キャンピングカーでのメス作りを再開させる。
しかしウォルターの高純度メスに比べて自分が作ったものの出来栄えが劣っていたため、納得できずに何度も作り直してしまう。

その頃、ウォルターは大学時代の旧友エリオットのパーティに出席していた。ウォルターとエリオットは研究を共同でしていたが、その時の研究結果で特許をとったエリオットは成功して富豪になっていたのだった。
そんな環境の変化を超えて、エリオットは昔のままに接してくれて、しかも「一緒に働きたい」と誘ってくれた。しかしウォルターは、スカイラーがエリオットにガンのことを話した事に気づいてしまい、誘いを断ってしまう・・・

---------------------------------------------------

ウォルターの家のソファの背もたれにかかっている、モチーフ編みの手編みのカバーがすっごく気になってしまった。

そのカバーがかかってるシーンが出てくる、「クッション回し」の家庭内スピーチというか、あれが実にアメリカっぽい感じ。集団セラピーとかああいうノウハウだけはアメリカは実に豊富だからなぁ。
スカイラーのベッドのところに「ガンと闘う本」とか「赤ちゃんに語りかける本」が何冊も積んであって、それを見てウォルターは心を動かされるが、多分スカイラーはああいう本で「本音を引き出しましょう」みたいなハウツーを一生懸命学んだのだろう。彼女はほんとに何でも一生懸命で全力投球で、真正面からぶち当たってくるからウォルターも向き合わざるを得なくなる。
何しろジェシーのところに直談判しちゃう妻だから・・・
妻の枕のにおいを起き掛けに胸いっぱいに吸い込んで、それで「治療を受ける」と決意するという気持ちになるという演出が、なんともいえずリアル。「最期まで自分らしく生きたい」と治療を拒否していたけれど、一日でも長く妻の枕のにおいをかぐ安心感に、妻の一生懸命さに応えたくなるっていうのがなんだかわかるなぁ。

エリオットのパーティで垣間見られたウォルターの「昔の人柄」がなんだかかわいかった。前に出てきたスカイラーを射止めたエピソードでもそうなのだが、意外と昔はもうちょっと社交的だったような。
今も「やる時はやる」という感じだが、長年の教師生活でとがった部分が削られて、内に内にと篭っていったように見える。
プレゼントのチョイスといい、ウォルターって付き合ってみると結構面白いのかもしれない。
それでこのエピでは・・・台詞上ではっきりとは語られず、後から電話をかけてきたところでそれとなくにおわされていたが、エリオットの奥さんのグレッチェンは・・・3話「人間の成分」の回想シーンで、ウォルターと一緒に人間を構成する成分をカウントしていた、あの女性なのだ。
なるほど、彼女はウォルターに惹かれていながらも、最終的に大学を出る頃にはエリオットの方を選んだのだな。研究も、女性も、すべてエリオットに持っていかれてしまったウォルター。それでエリオットとグレッチェンが嫌なヤツになっていたら、恨んで訴訟を起こして金をふんだくってやろうと思ったりもできるのだろうが・・・
そこで手を差し伸べられたら、それに応えるのはかえって男の意地が許さない、といったところなのだろうか。

ジェシーは、本気を出したら就職活動もやればできる!・・・だったのに。すでにもう人生は取り返し不可能なところまで堕ちているということを確認してしまっただけという。
彼のちゃらんぽらんさの中に隠された生真面目さが発揮されるのが、メスの製作の時だけだなんて。あぁ才能の無駄遣い。
結局ジェシーとウォルターは、なぜかお互いを必要としてしまうんだな。どっちかが女だったら付き合った方がいいんじゃない?っていうくらい運命で引き合う二人・・・でもないか。
なんだろうこの、「余命をどう生きるか」を感動的に描いて見せるかと思えば、そのために打ち込むものがドラッグの製造という不思議なアンバランス。
「何かが間違ってる」なのだが、どこから間違ったのかうまく説明がつかないようなところにシニカルな面白さが隠されている。

しかし「めちゃうまラーメン」って何・・・
これが吹き替えになった時、何て訳されるのか見てみたい。


【 脇俳優チェック 】

◆ウォルターの大学時代の旧友エリオット .... Adam Godley
映画「チャーリーとチョコレート工場」では、当選した子供たちの中で最もチャーリーを怒らせた、チョコレート嫌いの秀才少年マイクの父ティービー氏役を演じている。ティービーは賢い息子に引け目を感じてか終始気弱に振舞っている。
「エリザベス ゴールデン・エイジ」エリザベス1世の腹心フランシス・ウォルシンガム卿の弟ウィリアム役を演じている。
「Xファイル 真実を求めて」では、モルダーとスカリーが再びFBIに協力することになったきっかけとなった、女性捜査官の殺害現場をヴィジョンで見たと指摘したイバラ神父役。
スポンサーサイト
Check Clip to Evernote

「ブレーキング・バッド」第4話「家族への告知」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2009 ブレイキング・バッド 0 comments 0 trackback
ハンクが発見した痕跡から、ウォルターの仕業とは知られないまま、クレイジーエイト失踪と高純度メスの登場が警察で注目され、大きく取り扱われることになった。
高純度メスの製作者が「新たなキング」となるのではないかと考えられたのだった。
そうとは知らないウォルターは、ハンクやマリーらにガンをカミングアウト。みんなで一緒に闘おうと励まされる。そしてスカイラーからガンの専門医にかかろうと提案されるが、化学療法には膨大な費用がかかるのだった・・・

一方、ウォルターと切れたジェシーは、ウォルター作の高純度メスが客から好評で、追加注文を受けて困惑していた。
でも今は、死体を溶かした家に一人で住むことができず、実家に身を寄せることに。しかしジェシーの素行の悪さにさじをなげていた両親は、すでにできのいい弟のジェイクとの生活に落ち着いており、ジェシーには居場所がない。
そこにメスの注文を受けたためウォルターのところに行ってみたが、冷たくあしらわれてしまう・・・

---------------------------------------------------

9月中に無事視聴はできたものの、そこからまとめるのがなかなか進まない。そういう時、ひかりTVだと録画素材が手元にないので、再度確認できないのがイタイ。
でも頑張る。

さて、これは「いかにしてジェシーはジェシーとなったか」というエピ。
ジェシーも昔はジェイクみたいな「いい子」を演じてた感じだったのだろうか。転落の落差が大きすぎてなかなか結びつかないが。
しかし、それでも実家に帰ったジェシーはそこの家の子に戻った、という感じがした。彼にとっては実家が「最後の居場所」だったのだろうに。
すでに失われた信頼の上塗り、そして両親は弟ジェイクを守るためにジェシーを切り捨てるが、すでにジェイクも「いい子」ではなくなっていた。そして何より不幸なのは、そこまでされてるジェイクの方でも「両親に愛されている」という実感が持てないでいることだ。
ジェイクの目から見たら、ジェシーこそが一番のお気に入りに見える、と言う。だとしたら、ジェイクの転落はジェシーのそれよりもより速く、角度も急に堕ちていくことだろう。両親にとって何が間違ったのかわからないうちに同じ間違いを二度繰り返してしまうという不幸・・・
何がいけなかったのか、多分当人たちにもきっとわからない謎だろう。

両親から切られたジェシーとは逆に、ウォルターは周囲がいっせいに手を差し伸べてきている。
なのにどこかとんちんかんだったりするけど、それが愛だとウォルター自身もわかってるんだけど・・・彼もまた、どこか自分の居場所がなさげ。
家族のために闘おうとしてるはずなのに、周囲から心を閉ざしてるように見える。そんな父親にいらだつから、Jr.も「さっさと死ねよ」と言ってしまうわけで。
そんな二人がもう一度必要に迫られて・・・と思いきや、まだそうはいかないらしい。

でもウォルターはお金が必要だし、ジェシーもメスが必要だ。結局お互いが必要になるのも時間の問題だろう。
プールに落ちたお金、拾ってたし、吐血もしたし。

ウォルターの内に秘めた爆弾はそろそろ爆発寸前。洗車ブラシで車爆破って・・・こわいわー化学の先生は怒らしたらこわい!


【 脇俳優チェック 】

◆ジェシーの母 .... Tess Harper
「ゴースト」第3シーズン17話「怒れる少年」では、メリンダの父トムが以前関わった事件の被害者マイケルの母エレン・ウィルキンズ役。父について追ううちになぜかマイケルの事件に導かれ、メリンダはエレンの元を訪ねたところ、マイケルはエレンの家に霊として住み続けておりエレンの孫たちもその存在を認めていた。
「ブラザーズ&シスターズ」第2シーズン3話「よみがえる過去」では、トミーの妻ジュリアの母親役。トミーが不倫の後ろ暗さを隠して夫婦の時間を持って立て直そうと思っていたところ、突然の義両親の来訪が。ジュリアの両親は産後の娘の変化に気づいて手を差し伸べようとするが・・・
「CSI:2」4話「犯罪と香り 鼻孔の記憶」では、高校のフットボール選手がトイレで射殺された事件で、被害者がいじめていた生徒についてキャサリンに話した学校のカウンセラージュリア・バレット役。
「コールドケース」第6シーズン21話、「FBI~失踪者を追え」第5シーズン19話に登場予定。

◆ジェシーの父 .... Michael Bofshever
オフィシャルサイトあり。
「ボストンリーガル3」20話「Guise 'n Dolls」では、アランの元カノのケイが、子供がもらった人形が娼婦のようだからとアランに販売中止を訴えさせた、人形の販売元役。ジェリーが彼の代理人となったため、アランと激しく火花を散らすことになる。
「CSI:7」7話「宣戦布告」では、グレッグの審問会の冒頭、「審問会とはどんなものか」を参加者に説明した検死官のパトリック・エイセン役。
「コールドケース」第4シーズン12話「ファイトクラブ」では、大学への進学を前に行方不明になった被害者ジェームズに、重い期待をかけていた父ダレン役。発見されたジェームズの遺体の爪からはダレンの皮膚が検出されるが・・・
「デスパレートな妻たち」第3シーズン6、7話では、ソリス夫妻の離婚の話し合いでカルロス側の弁護士役で登場。
「ザ・プラクティス」第2シーズン3話「安らかな眠りを」では、末期ガンだった妻を安楽死させることを了承した夫のクルソン氏役を演じている。家族も本人も納得していたが、ナースの告発によって医師が第二級謀殺に問われボビーが弁護したのだった。第7シーズンではまた別のキャラクターで登場している。
「アリー・myラブ」第1シーズン6話「婚約」では、巨漢弁護士ハリー・ピピンとアリーが対峙したアイスクリームチェーンの訴訟の判事役で登場。

◆パーキングを横取りした携帯のビジネスマン .... Kyle Bornheimer
「ミディアム」第2シーズン8話「誤解と混乱」では、ジョーが大学時代の友人カレンとランチを食べたカフェテリアのウェイター役。

◆ジェシーの弟ジェイク .... Benjamin Petry
「ロストルーム」では、カールがかつて白血病で亡くし、今はアイテムを集めることで再生しようとしている幻の息子の役を演じている。
Check Clip to Evernote

「ブレーキング・バッド」第3話「人間の成分」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 25.2009 ブレイキング・バッド 0 comments 0 trackback
エミリオの遺体の跡を掃除しながら、ウォルターは大学時代のことを思い出していた。ウォルターと助手の女性は人間の体を構成する成分について語り合っていたが、すべての構成要素を足していっても、なぜか100%にならなかった・・・
しかし依然、クレイジーエイトの始末をどうするかの問題が残っていた。そこでウォルターは生かす理由と殺す理由のリストを作り始めるが、決心がつかず、「君のことを知りたい」と一対一で語り合うことにする。
すると、クレイジーエイトとウォルターの間には不思議な縁があることがわかり、次第に彼に対して心を許し始めるが・・・

ウォルターの妻スカイラーは、義妹のマリーに、ドラッグのことを書いている小説のキャラクターのことだとして相談する。しかしそれをマリーは、てっきりウォルターJr.がドラッグに手を出したものと勘違いして、ハンクに頼んでJr.をスラム地域に連れて行かせ、ドラッグの恐怖について説教してもらう。
そんな中、ハンクはウォルターたちが取引の跡を残した現場を発見、事件がとうとう明るみに・・・

---------------------------------------------------

祝!Bryan Cranstonのエミー賞主演男優賞受賞!!
先取りまとめにも力が入ろうというものです。今、一番旬のダメオヤジ演技ということで、気合を入れて追いかけます!
でも月末はもうすぐだ。どうしよう、余裕だったはずが最後までまだ行き着いてないという。ダメなのはウォルターじゃなくて私だった・・・

あの「溶けた人体」と「溶けた床」はどうするんだろう、と思っていたら、リアルに普通に掃除し始めたので、あまりにそれが当たり前で笑ってしまった。
笑うところじゃないのかもしれないけど、そこまで描写するんだ、というツッコミどころのポイントの押さえ方が素敵で。

今回のエピの大半を占めているのが、クレイジーエイトとウォルターの、地下の二人芝居のシーン。
迷いながらも殺そうとする男とそれを阻止したい男の、二人の静かな心理攻防戦が、舞台のようにしんしんと展開していく。
クレイジーエイトの俳優さん、Bryan Cranstonと二人きりの芝居で相当色んなものが引き出されただろうなぁとか、余計なことを考えてしまうほどにいい場面なのだ。
殺そうとする男と、殺される男。殺す側は、殺すにしろやめるにしろ、そのことに理由を見つけたい。だって理系だから。殺される側は、何とか同情を引いて拘束を解かせてしまえばこっちのものだから、弱ってるふりで実は虎視眈々。
「あんたには裏の仕事は向いてない。今なら引き返せる」
・・・殺し文句だなぁ。でも実際のところ、もうすでに一人溶かして捨てちゃってるので、引き返すもへったくれもないわけだが。

名前を知り、家を知り、共通の記憶と接点を知り・・・まさに彼の言うとおり「知らない方が殺しやすい」のに、殺す理由を見つけるはずが、情が移ってしまう。
最初は警戒して床を転がして渡した缶ビールを、2本目は手渡しするほどに心を許していた。
なのに、ウォルターは・・・「皿が欠けている」ことに気づいてしまった。
人間の成分は、すべての構成要素を足しても100%にはならない。その欠けている部分は、「心」ではないかと昔の恋人は言った。
それこそがウォルターがクレイジーエイトに探していた「生かす理由」だったのかもしれないのだが。
今回のBadポイントを無理やり見つけるとしたら、「殺す前に相手と話さない」「壊れ物のゴミは、全部揃ってるのを確認する」かな。

結局それでウォルターは、自分を殺そうとした相手の「殺す理由」を見つけてしまい、手を下しながらも・・・そこで出てくる言葉が「すまない」なのだ。
ほんとにウォルター、悪党には向いてないよ。でも悲しいことに、余命わずかなウォルターはもうすでに悪党になってしまったのだ。向いてないけど。
これで完全に一線を越えたウォルターはこれからどこに向かうのやら・・・どうもこのオヤジ「余命わずか」とは思えない、次第に生命力の暗い輝きを感じてきてしまう。

そしてハンクの捜査の手が、とうとうウォルターたちの事件に向かいはじめた。
まったくこれは、コメディかと思ったらシリアスの面もあり、既存の風味にはまらない不思議なドラマだ。
ウォルターが捕まったり、がんが悪化して亡くなってしまったらドラマは続かないわけで・・・続いてるということは、どこかに落としどころがあるのだろうか。さてこのオヤジはどんなウルトラCを見せてくれることやら。


【 脇俳優チェック 】

◆ウォルターの回想シーンの恋人 .... Jessica Hecht
「ER」第12シーズン3話「対立」、5話「あのとき何が…」では、アビーが担当した乳がん患者のステファニー役。乳房切除手術を行うが、乳房再建ができなくなるかもという状況でパニックに陥る。
「フレンズ」では、ロスの元妻キャロルのレズビアンの恋人で、後に「レズビアンウェディング」で結婚するにいたった、スーザン・バンチ役。ロスにとってはもちろん妻を奪った天敵。
夫のAdam Bernsteinは「WEEDS~ママの秘密」「30 Rock」「Oz/オズ」などの演出を担当している演出家で、この「ブレイキング・バッド」でも今回のこのエピと第2話の演出を担当している。
Check Clip to Evernote

「ブレーキング・バッド」第2話「新しい相棒」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2009 ブレイキング・バッド 0 comments 0 trackback
一難去ってまた一難、クレイジー8とエミリオの遺体をどうするかでウォルターとジェシーは頭を悩ませるが、クレイジー8が息を吹き返したことで事態はさらに複雑になる。
とりあえずジェシーの家に車と遺体とクレイジー8を置くことにするが、ウォルターは仕事中も落ち着かず、ジェシーも弱りはてる。さらにまずいことにクレイジー8が意識朦朧の状態でいなくなってしまい、偶然ウォルターが発見して捕まえたものの、対処を急がなければいけないことに。
そこでエミリオの遺体はジェシーが酸で溶かし、クレイジー8はウォルターが殺すという分担を決めるが、二人ともなかなか実行できない。

そんな中、ウォルターの妻スカイラーは夫の「変化」に不審を抱きはじめていた。夜が別人のようだったり、バスルームで寝ていたり・・・その疑惑はジェシーが自宅にかけてきた電話をウォルターがこそこそ隠したことで確信に変わった。
リダイヤルして電話の相手がジェシーだと知ったスカイラーは、ウォルターに「ジェシー・ピンクマンって、誰?」と問い詰める・・・

---------------------------------------------------

淡白な夫が突然ギンギラギンになったら。単調な生活だったのに変化が生じたら。
妻がまず疑うことは?・・・そりゃ浮気だ。
まさか夫が教え子と組んでドラッグの密造やって、殺人まで働いてしまったとか、そんなことは疑いもしないだろう。

このドラマの場合、家族にバレたらどうなるか、というのが大きなターニングポイントになるわけで、そのためにバレるXデーをなるべく先延ばしにしなければならない。
しかしウォルターの場合は根が実直なので、妻に問い詰められたら嘘は・・・かなりつきにくいだろう。
そこをどうごまかすのだろうと思っていたら、「嘘を真実にくるんで隠してしまえば、とりあえず嘘はついていない」という方式で乗り切っていた。ウォルターってまじめ一方の朴念仁かと思いきや、意外としたたかなのかもしれない。
というか、とことん理系なのだな。
もしこれでバレたら・・・「Weeds」みたいにファミリービジネスになっていくのだろうか。スカイラーなら意外とすぱっと割り切って参加しそうな気もするのだが。

本当なら、超理系で生真面目なウォルターと、チャラ男で落ちこぼれのジェシーは、授業中に飛ばす野次以外にかかわりが生まれようもなかっただろう。
到底かみ合うはずもない二人がまともに会話を重ねていくと、あまりのすれ違いぶりに次第に笑いが生まれてきて、どうしようもないおかしさにくすくす笑いがこらえられなくなる。脚本もうまいのだが、二人の演技もまた絶妙だ。
実際のところ・・・
ラストの「落下」シーン、部屋がめちゃくちゃで、しかもブツは・・・一応「人体」なわけだし、笑うシーンじゃないはずなのに、スプラッタでどうしようもない気持ち悪いシーンのはずなのだけど、「あーあーあ」と思いながら笑ってしまった自分は、相当に麻痺してるのだろうか。
でもあそこはやっぱり笑うところだよなぁ。
でもって、ウォルターはすでにジェシーに対してリーダーシップを取れる立場ではないのに、がっつり上から目線で「だから言っただろう」と説教で〆る演技にどうしようもなく笑ってしまった。
ジェシーがホームセンターに「入れ物」を買いにいくシーンで、こそこそとサイズを試すところとか、本来ないはずの場所に笑いの神が降りてくるから、このドラマは実にあなどれない。

一箇所、人間関係が台詞で整理できた。
今回は出てきていないが、1話目で出ていたスカイラーの妹(サプライズパーティに来ていた)は、ハンク(現場見学させた麻薬捜査官)と夫婦なのだな。
多分これは吹き替えで見ると、1話目からはっきりわかるのかもしれないが、字幕だとイマイチ。

今回のBadポイント・・・
 ★ 酸で人を溶かす時には、ポリエチレンの容器で。バスタブはアウト。

・・・これ、「そーかぁ」と納得した自分は、高校の時化学の授業でジェシーレベルだったということか・・・だめじゃん。
Check Clip to Evernote

「ブレーキング・バッド」第1話「化学教師 ウォルター・ホワイト」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2009 ブレイキング・バッド 0 comments 0 trackback
昨年のエミー賞で主演男優賞を獲得し、今年の9月20日の第61回エミー賞でもドラマシリーズ作品賞、主演男優賞、助演男優賞などにノミネートされている「Breaking Bad」が、とうとう日本上陸です。
・・・とはいっても、まだひかりTVのビデオサービスでシーズン1全7話が今月いっぱい(27日まで)公開されているだけですが。
普段はコマ落ちがーとか、チャンネル数がーとか、何かと私のブツブツ文句のタネになっているひかりTVですが、やっててよかったと思いました。とりあえず今月中は。

ひかりTVを契約されていない方も、↓この公式で1話目だけ無料視聴可能です。
 「ブレイキング・バッド オフィシャルサイト」
それと、ソニーピクチャーズの配信なので、公式の下のところにロゴマークがついているように、将来的には系列のAXNで放送なのかな?と思われます。
エミー賞予想でも好評だったりするので、本格上陸が楽しみですね。

まだ3話目までこなしたところですが・・・サイコーです!しかもメタンフェタミン製造ドラマってなんともタイムリーな。
・・・とりあえず、9月中に見終わらないといけないので、がんばらないと。



男はパンツ一丁で、砂漠をキャンピングカーで逃げていた。
追い詰められた彼は、ビデオカメラに向かって家族へのメッセージを残し、覚悟を決めて、自分を追ってくるものに対して銃を構える・・・

その男は、ウォルター・ホワイト。50歳の誕生日を迎えたばかり。高校で化学教師をしており、家族は妻スカイラーと足の不自由な息子ウォルターJr.。生徒たちからはなめられ、また家計が苦しいため洗車場でバイトするというさえない毎日を送っていた。
ある日洗車場でバイト中に倒れて医者に診せたところ、ウォルターは肺がんを宣告されてしまう。何かがキレた彼は、TVで見た麻薬捜査で大金が押収されたことを思い出し、スカイラーの義弟で麻薬捜査官のハンクに頼んで、麻薬製造の手入れの現場に連れて行ってもらう。
その現場の隣の家から教え子のジェシーが逃亡しているのを見たウォルターは、彼が売人であることに気づき、自分と組まないかと持ちかける。余命わずかと知ったことで、家族に金を残してやるために麻薬製造に手を染める決意をしたのだ。
その日からウォルターの人生に大きな変化が訪れたのだった・・・

---------------------------------------------------

そうかぁこのドラマの話題を盛り上げるために、のりピーは捕ま(やめれ)

「Weeds~ママの秘密」では、マリファナの栽培ノウハウについて結構細かい事情まで描写してて、アレを真似てやる人が出てきたらどうするんだろう・・・と思っていたら、さらに進んでメタンフェタミン=覚せい剤密造の内幕ドラマまで登場するとは。
アメリカの有料チャンネルは歯止めとかあるのだろうか。
そうはいっても、これを見ただけで即覚せい剤のレシピが堂々と出てくるわけではないし、ノウハウ垂れ流しではない。細かいポイントで「あぁそこは気づかなかったなぁ」みたいなことをチラホラ描写してくるので、変に真似して知恵をつけてしまったらどうするのだろうと心配したりする。
でもあれだ、CSI見て工夫しても捕まるだろうし、「Burn Notice」を見ても、スパイになれるわけじゃないもんね。

ウォルター役は、「マルコム in the middle」でパパ役だったBryan Cranston。「マルコム」でもダメパパだったが、このドラマでは正反対だけどやっぱりダメオヤジだ。
でも、共通しているのは、家族を愛し守ろうとする強い意志、かな。愛するあまりにパパのむかう方向が暴走する時、必ずそこには笑いが生まれる、というセオリーだろうか。
ウォルター自身は、肺がんで余命わずかと宣告されてしまったのだからそれは必死だ。だからといって、堅物の化学教師がいきなり麻薬密造?しかもパートナーが元教え子?・・・と、無理やりそうな設定のギャップが、ウォルターの必死さでうまいこと説得力を持ってくるのだから不思議だ。
というかもう・・・がん告知でキレてしまった男がブリーフ一丁で暴走していたら、あまりの必死さにそれ以上は見る方もツッコみにくいのだ。
とにかく頑張れ、おっさん必死だな・・・と、憐憫がクスクス笑いに変わっていく不思議な化学変化を抑えるので精一杯。

・・・そういえばこれって、コメディでいいのかな?

いやほんと、ウォルターの悲哀あふれるオヤジぶりが切ない。学校の教師が薄給なのか、息子の足の問題と第二子出産でお金がかかるのか、教師なのに洗車場で接客業のバイトしないといけないし、生徒は全然授業聞いてくれないし。
なのに、ドラッグ密造で人生チェンジ!しちゃったものだから、変に自信がついて、ラストで・・・むにゃむにゃ。
「色んな意味」で「奥さん妊娠中なのに大丈夫?」と多方向に心配だ。
しかしウォルターは密造の腕はいいらしく、純度の高い物を作っていた。化学教師って、一歩間違うとアブナイ商売なのかも?
これからウォルターと相棒になったジェシーとのでこぼこコンビがどう展開していくか、なんだかとっても楽しみになってきてしまった。
地味~にじわーっと面白さがキイてくる。実にドラッグ密造だけに、中毒性の高いドラマだったりして。

今回のBadポイント。
 ★ ヤクを作る場所は、移動できるキャンピングカーがベスト
 ★ 匂いがつくから、製作時には服を全部脱いでおこう
 ★ 非常時のために、毒ガスを発生する化学物質は覚えておこう
ポイントをおさえて立派な売人になりましょう・・・っておい。


【 脇俳優チェック 】

◆息子を試着でいじめた青年 .... Aaron Hill
オフィシャルサイトあり。
「シークレットアイドル ハンナ・モンタナ」第2シーズン11話「悩める新曲」では、ガタイの大きい青年ウェイン役。大きいので、ジャクソンの身長にあわせた画面からははみ出して顔が見えない。Tシャツに小さい字で「これが読めるほど近寄ったらぶん殴る」とプリントしたものを着ている。
「Mad Men」第1シーズン11話「インディアン・サマー」では、ペギーが気が進まないがランチデートした相手カール・ウィンター役。キャリアウーマンぶってタバコを吸ってみたり、トラック運転手の仕事をバカにしたりする(もちろんカールから嫌われようとするためわざとやっている)ペギーの態度の裏を見抜けず怒ってしまう。
「CSI:マイアミ7」4話、「コールドケース」第6シーズン1話に登場予定。

◆麻薬売人のアジア系エミリオ・コヤマ .... John Koyama
「24 Season 6 Prequel」では、中国政府を裏切ってジャックに協力しているホン役で登場。ジャックは裏切り者の名前を言えと拷問されるが答えず、しかし中国政府の罠でホンのことが発覚し、殺害されてしまう。
スタントで主に活躍しているが、映画「ラスト・サムライ」や「グレイズアナトミー」「エイリアス」などに出演している。

◆麻薬売人のクレイジー8 .... Maximino Arciniega
オフィシャルサイトあり。
「プライベートプラクティス」第1シーズン1話「最低で最高のはじまり」では、ショッピングモールでパニックを起こしたジェニーに対処するため、ヴァイオレットを呼んだ店員のポール役。苦心するヴァイオレットに色々店内のものを差し入れするが、最後にちゃんと料金を請求するちゃっかりさん。
「ヴェロニカ・マーズ」第2シーズン18話、「FBI~失踪者を追え」第6シーズン11話に登場予定。
Check Clip to Evernote
 HOME 

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。