スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー3 第4話「自分が自分であるために」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 09.2007 グレイズ・アナトミー 6 comments 0 trackback
バークのリハビリは着々と進んでいて、もう復帰も間近だとクリスティーナは安心していた。しかしバークが手の震えを隠していて、デレクにもそれを言っていないことを知り、ことの深刻さにショックを受ける。
ジョージとトーレスはいったん和解したものの、ジョージが何かというとメレディスやイジーのことを自分より優先する様子に、我慢してきたものが限界に達してしまう。
立ち直れないなりに普通に振舞おうとするアディソンだったが、グレース病院にマークが着任することになり、仕事に集中できない。担当したのは妊婦のレベッカだったが、危険な状態に近づいているのに帝王切開を拒否する彼女に、いつものように厳しく説得ができない様子のアディソンを見て、アレックスはいつものお返しとばかりに冷たく言葉を浴びせる。
病院内のゴタゴタはさらに続き、メレディスが吐き気を催して妊娠ではないかと動揺が走るが、診断結果は虫垂炎だった。デレクとフィンがやってきて火花を散らす様子に耐えられず、メレディスはモルヒネを投与してもらって、ラリって爆弾発言を連発する。
そんな中、ジョーの店にイジーを訪ねてデニーの父がやってくる。デニーの最期について聞かれて説明しているうちに、デニーSr.が実はイジーに対してある疑いを抱いていることがわかってくる・・・

------------------------------------------------------------

「とりあえず、彼の前でおマタ開かないことですね」
な・・・ナチ様。毒舌が完全復活ですか。
夜中にコーヒー吹いてぶちまけそうになってしまった。このドラマで飲み物は危険だ。

バークはやっとクリスティーナにすべてをぶちまけることができて、また一歩二人の仲は深まった・・・ちょっと順調すぎる。パーフェクトすぎ。
なんだかドーンと落とすためにぎりぎりのところまで引っ張ってるような感じで、見守っているのが怖いカップルだ。安定感がありすぎる。
「君の望みはプレストン・バークだ」と、自分が望む自分じゃなくなってることを認めるバークの痛々しさは、とてもじゃないがアレを見捨てたら女がすたるわけで。
それでも・・・クリスティーナの手を添えて、周囲から隠してやりすごすことでどこまでいけるか・・・

二人の色男を追うものは、一人も得ることはできない・・・のかな?
ラリラリメレディスは、意外とかわいいじゃないかと思えた。いや、普段から彼女ラリってるようなもんだし。
「デレク・フィン・デレク・フィン」とか、シラフでやられるよりは、ラリってると思えばまだ許せる・・・でもないか。
アディソンとメレディスの会話は、あれはいい場面だったなぁ。ここ数週間の二人の変遷を思い起こしてしまった。
「なぜデレクが運命の人だってわかったの?」って・・・メレディスがラリった患者でなかったら、ぶん殴られてそうだ。タイミングもあるだろうが、アディソンてほんと大人だな。

それにしても。デレクって・・・
「もう二度と彼女を傷つけないで」っていう、アディソンの精一杯の贈る言葉なのに、なんでそれを正しく理解しないんだ。それくらいちゃんと受け止めないでどうする。
よーし、傷つけないために僕別れちゃうぞ、になっちゃうってどういう?
人の話聞いてないだろ。傷つけまくってますよ。最悪です。
しかも結果的に押してもだめならひいてみな、になってます。やらしい手つかうなー。
もちろんアディソンがマークに走ったのはよくない、よくないが、走りたくなる気持ちがなんだかわからないでもないかも。夫婦としてきちんと話をしても、なぜかアサッテの方向にしか理解してくれないと、一緒にいてこれほどさびしい伴侶はいないんじゃなかろうか。
(でもって、マークも人の話し聞かないタイプなので、アディソンが本気になれない気持ちもさらによくわかる)
これでデレクがアディソンに戻ってきたら、さすがにバカだろと思うが・・・ないよね、それは。
・・・お願い、誰かないと言って(涙)

イイ男が画面に増えるのは嬉しいが・・・でも。
マークはこれまで、東海岸でどういう診療をしてきたのだろう。彼が見てきたのは「NIP/TUCK」もまっつぁおな、爛れた過剰な美容整形な世界?・・・ってわけでもないのだろうに。
あの程度でフォローしてもらわないといけないようでは、人情と愛憎渦巻く、常に湿度90%以上のじめじめシアトルじゃやっていけないですよ。
その上アディソンに受け入れられなかったショックも重なったからって・・・
何もトーレスと。いくらなんでもトーレスと。

あああ、ジョージが泣くだろうなぁ。
色男にメレディスをもっていかれ、フェロモンにトーレスをお手つきされ。
ジョージ、ジョージ、ジョージ(涙)
あの「さびしいよ」で、きゅんとさせられたのに。せっかく盲腸のリベンジできて自信も出てきたのに。トーレスとは別れて欲しかったけど、こんなのはやだな。

イジーは、図らずもデニー父に話したことで気持ちの整理がついただろうか。やっとこれで前進できるのかな。
デニーの家族が出てこなかったことを、あらかじめの設定でそうなっていたのか、それとも後付けの力ワザだったのかはわからないが、納得の方向に
しかしあの金額は・・・どうするんだろう。

フィンは本当に今回が最後の出演。
あぁ、いい人ほど短命ってほんとだなー(違)。


【 脇俳優チェック 】

◆デニー・デュケットSr. .... Fred Ward
映画デビューは「アルカトラズからの脱出」で、イーストウッドと一緒に脱獄を図るアングリン兄弟のジョン役を演じている。
「地獄の七人」ではジーン・ハックマンの息子の戦友で反戦彫刻家ウィルクス役、主演作「レモ 第1の挑戦」では、自らの存在を抹消し、東洋古武術を使って巨悪に立ち向かうエージェントレモ役を演じている。
「メラニーは行く!」では、リース・ウィザースプーンの父親役で、デレクのパトリック・デンプシーと共演している。
他に「ビッグビジネス」「裸の銃を持つ男 PART33 1/3 最後の侮辱」「イナフ」など、多くの作品に出演している。
ドラマでは「ER」第13シーズンに8話から3エピほど登場予定。

◆帝王切開を拒否し続ける妊婦レベッカ .... Tina Holmes
「コールドケース3」14話「警報」では、6年前の銀行強盗事件で殺害された銀行員ロウィーン・ライアン役。ロウィーンは恋人のジュリアスに「冒険だ」とそそのかされて強盗の片棒をかつぐことになったのだが、直前で計画の真相を知ってしまうのだった。
「プリズンブレイク2」18話「帳消し」21話「逆転」では、ケラーマンが何か思いを胸に久々に訪ねた妹クリスティン役で登場。ケラーマンは劣悪な幼少期を妹と支えあって生きてきたが、親元に妹をひとり残し家を出たのだった。
「CSI:4」20話「警官たちの饗宴」では、警官たちの砂漠のマラソン大会に参加するために来ていて、ホテルの一室で殺害されていたマニー・センテノ巡査の妻ウェンディ役で登場していた。センテノ巡査は一年に一度で七年間婦警のリディアと浮気していたが、ウェンディはそれが許せず・・・
「TAKEN」では、オーエンが出世のために結婚した妻アン役で登場。愛情のない結婚に疲れてアルコールに依存。夫との不仲をやり直すつもりだったが、部下と不倫したことにされてオーエンに殺害されてしまう。
「インベイジョン」ではローズの先生ウェイド役で登場。デイブと進展があるのか?というところでドラマが終わってしまった。

◆車のセールスマンショーン .... Alan Blumenfeld
「CSI:3」20話「残酷な笑い」では、殺人の舞台となったコメディクラブのオーナー、アラン・ソヴェル役で登場していた。
「FBI~失踪者を追え!」第1シーズン12話「暴力からの脱出」では、失踪者の妊婦キャシー・ドブソンのかかりつけの主治医クレイツァー医師役。キャシーは体調不良でクレイツァーの診察を受けるために来院していた時に姿を消したのだった。
「フェリシティの青春」第4シーズン3話「重大な選択」では、ショーン(Greg Grunberg)の父のブランバーグ氏役。ミーガンとショーンが結婚にあたって両家の親の顔合わせを行うが、ショーンの父は裕福なミーガンの親に投資にかこつけた金の無心をして、ショーンとミーガンの父を怒らせてしまう。
キャスティングにも縁というものがあるのか、「Heroes」第2シーズンでもGreg Grunberg演じるマットの父役で登場するらしい。
「愉快なシーバー家」第1シーズンでは、ジェイソンのカウンセリングの患者で、女性に「大きなヒザね」と言われる夢を見て悩んでいる男性役。
スポンサーサイト
Check Clip to Evernote

グレイズ・アナトミー3 第3話「夢と現実」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 02.2007 グレイズ・アナトミー 6 comments 0 trackback
イジーは部長と今後について話し合う決意を固めるが、病院の前まで来たら、足が止まって中に入ることができない。
ジョージは一時的にトーレスを部屋に泊めてあげるつもりだったのに、彼女はすっかり同棲気分で苛立ちを募らせる。そこにトーレスのサポートで、頻繁に整形手術をしている男性ジャスパーを担当することになり、その手術に違和感を覚えたジョージは、独断でジャスパーをドナーに会わせて手術をやめさせてしまう。
メレディスはデレクとフィンの両方どちらを選ぶかを楽しんでいたが、二人が自分そっちのけで鞘当てを繰り広げるのでキレてしまう。
全身傷だらけの里子の少女ミーガンを担当したアレックスは、里親による虐待を疑う。しかしミーガンは自分のことをスーパーヒーローだと思い込んでいたが、実は無痛症だったことがわかる。
クリスティーナはデレクの手術を受けるテイラーを担当していたが、不安を抱えながら献身的な介護を続けているテイラーの妻に自分の境遇を重ねるのだった。
ところが、バークは休職についての話し合いをしに部長の元に来ていた。クリスティーナはバークの休職の意思を知らされていなかったことにショックを受けるが・・・

------------------------------------------------------------

イジー、まだまだ立ち止まってるなぁ・・・
ドレスは脱いだけど、今度はセーターが脱げなくなっているようだ。デニーのために編んでいたセーター。先週と同じセーターを着ていたイジー。
(途中脱いで腰に巻いてたけどね)
病院に入るどころではなく、イジーはもっと手前で立ち止まって動けなくなっているようだ。
新シーズンに入って何か一皮剥けたようなアレックスの支えがあれば、なんとか立ち直れそうではあるけれど・・・
来週はとりあえずは待合室か、受付くらいまでは行けるといいね。
バークは、マラソンで「一緒に走ろうね」と約束したのに、あっさり裏切るみたいなパターンだった。一緒に夜まで二人で立ちんぼしてればよかったのにー。バークはひどいよな。

2ndの終わりまでは、危ういながらも確固としたつながりがあった感じのバークとクリスティーナだったのに、バークの不安が次第に二人の溝を深めてる感じだ。
クリスティーナを甘えさせることはできても、自分が弱い部分をクリスティーナにさらけ出せない、ママには甘えられてもかっこいい自分だけを彼女には見せたいという。
バークはいつも最高のプレストン・バークでなければいけないという自負があるのかもしれないが・・・そばにいるクリスティーナはそれじゃさびしいよね。

ミーガンの話は何か切ないものを感じてしまった。
彼女はずっと自分がスーパーヒーローだと思ってきたわけで、それを生命を守るためとはいえ、普通の人間に引き戻してしまうことは、この先受ける心の疵を思うと・・・
アレックスは前もこういう少女患者立ち直らせパターンがあったが、実は彼は小児科に向いてたりして?第二のロス先生か!(そこまでフェロモンは感じないけどね)
ナチ様の受け売りだが、「痛みには理由がある」はイジーの心にもしみたことだろう。
ただアレックスはいいときと悪いときの差が大きいからなぁ・・・

フェロモンといえば・・・マークフェロモン先生だが・・・
今回ちょっと彼のことが好きになってしまったかも。いや、なんとなく。
アディソンの不倫は許されることではないのだけど、彼に癒されたくなった気持ちはわからないでもなくもなくもなくも・・・・
いやいや。
部長と同じホテルに宿泊していたが、グレース病院に着任しちゃったりするのだろうか。アディソンの苦悩は続くな。

アディソンの苦悩については、「あなたなしの時間が必要」だと、物置部屋で泣かないといけなかった気持ちというのがなんだかもう痛々しくて。
それなのに、メレディスがそれをハイハイという感じで扉を閉めて、「はぁぁぁ・・・」ってため息ですよ奥様。
メレディスに、アディソンの涙をうぜぇと思う権利なぞ、ないわ!とか思ってしまったわけですが。
なのに3P妄想だし、オス二匹が自分のほうを向いてくれないからといってキレるし。
どこまで欲が深いんだメレディス。
デンプシーのインタビューで、アディソンとの別れを痛快とか面白がってる話が出てきたが・・・世間一般的には「メレディスかわいそう、アディソンひどい、メレディスとデレクは運命なのよ」なのかな、やっぱりヒロインだから?
バカップルうぜー、フィン先生逃げてーとか思ってしまう自分が、一人だけ解釈がズレてたらどうしようと不安になったり。
でも、デレクって狙ってないところでコメディの才能があるというか・・・フィンが「患者から」ってアイスを持ってきたところで「患者の飼い主だろう!」ってツッコむところとかに妙なおかしさを感じる。

ジョージは・・・別れるの?別れるのねっ(わくわく)
グリーンランタンの指輪をあげるから、別れて別れてー(わくわくわくわく)


【 脇俳優チェック 】

◆超人妄想の少女ミーガン・クローバー ....  Abigail Breslin
オフィシャルサイトあり。
映画デビューはシャマラン監督の「サイン」で、メル・ギブソンの娘ボー役。
「リトル・ミスサンシャイン」では太めの少女オリーブ役を演じて、東京国際映画祭では最優秀女優賞を受賞、そして2007年3月の第79回アカデミー賞助演女優賞に10歳11ヶ月という史上4番目の若さでノミネートされて話題をさらった。授賞式では、ウィル・スミスの息子のジェイデンくんと二人でプレゼンターをしていたが、ジェイデンくんが台詞に詰まってしまったのを何とかフォローしようとしていたのがかわいかった。
「NCIS」第2シーズン3話「闇に潜む誘拐犯」では、母とともに誘拐された目の不自由な天才少女サンディ役を演じていた。目が不自由な分聴覚がすぐれていたことから、ギブスに協力して事件を解決に導く。しかし真犯人が捕まったことで実際は彼女にとっては不幸な結末になってしまったわけだが。
4歳上の兄も子役として活躍している。

◆1年で4度目の移植整形手術の患者ジャスパー .... Jack Conley
「クローザー」第1シーズン11話と13話にFBIのジャクソン捜査官役で登場。彼が追っていた容疑者がブレンダの事件の被害者で、泳がせているうちにFBIの金を持ち逃げされてしまったという自分の失策をブレンダに押し付けようとして各部門で手を組んで、ブレンダに謝罪させようとしてかえって墓穴を掘る。
「バフィー~恋する十字架」のスピンオフ「エンジェル」で、Sahjhanという悪魔でサブレギュラー。映像を見ると、・・・ホラーですね。
「FBI~失踪者を追え2」11話「カメラマンの夢」では、環境保護団体プラネットレスキューの監視を担当しているFBI捜査官のカーター役を演じていた。失踪者にプラネットレスキューがかかわった事件だったために、ジャックはあまり望まないながらもほかの部署との相互に情報提供を余儀なくされる。
「CSI:4」10話「歪んだ果実」では、少女アシュリーにそそのかされて殺人予行演習をしていた少年たちのひとりベニーが、自宅で経営しているスイカ農園のスイカを持ち込んで頭に見立てて殴っていた。そのベニーのこわーい父リツィオ役で登場していた。
他に「NYPDブルー」「ダークスカイ」5話など。「クリミナルマインド」第1シーズン21話に登場予定。

◆デレクの脳の手術を受けるテイラー .... Gabriel Casseus
「ブラックホークダウン」をはじめ、「悪いことしましョ!」「ロックダウン」など、映画での出演作がかなり多い。
95年に「ニュージャージー・ドライブ」でインディペンデント・スピリット賞の新人俳優賞を受賞。
「CSI:NY」第1シーズン9話「想い出のブルー」では、セントラルパークの騎馬警官射殺容疑のスナイパー、ブラウン役で登場。
「CSI:マイアミ5」12話に登場予定。

◆夫テイラーの手術に不安なリアン .... Lanei Chapman
映画「ラットレース」では、ウーピー・ゴールドバーグ演じるヴェラの娘メリル役を演じていた。幼い頃に養子に出されたメリルと再会するためにヴェラはラスベガスに滞在していたのだった。
他に「新スタートレック」「となりのサインフェルド」など。

◆ミーガンの里親夫婦の妻のほう .... Stephanie Erb
「Dr.HOUSE」第2シーズン15話「幸せな2人」では、ハウスが診察したランバート夫妻の妻シャーロット役。夫妻のどちらかの浮気でヘルペスに感染したと思われたが、シャーロットは夫の浮気を確信して、指輪をたたきつけて出て行くのだった。
「名探偵モンク4」10話(NHK放送順による)「モンクに親友」では、モンクの元同僚だったゲイル・シガーリス役。結構モンクと親しくしていたゲイルは、念願のギリシャ旅行から帰宅してすぐに殺害されてしまったのだった。
「クリミナルマインド」第3シーズン4話に登場予定。

◆ミーガンの里親夫婦の夫のほう .... Kevin Will
オフィシャルサイトあり。
「デスパレートな妻たち2」4話「父親の本分」では、ザックを探してチラシ配りをしていたスーザンに、ザックがあそこにいるよと教えてくれたアイスクリームスタンドの店員役で登場。
「CSI:2」18話「暴走バス 24人の運命」では、バスを運転していたドライバーのマーティン・ドレイパー役で登場していた。受け答えがあやふやで酒気帯びを疑われるが、初めて現場につれてこられたグレッグの前で吐血して、初めてサンプルではなくナマの血を見たグレッグを固まらせる。
「FBI~失踪者を追え4」3話に登場予定。
Check Clip to Evernote

グレイズ・アナトミー3 第2話「衝動は嵐のように」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2007 グレイズ・アナトミー 1 comments 0 trackback
イジーはショックによるフリーズ状態からは立ち上がったものの、今度はマフィンを焼くのが止められず、山のようなマフィンを焼き続けていた。
掲示板にアディソンが貼りだした下着をベイリーが発見して大激怒。しかしメレディスを庇ってトーレスが自分のものだと名乗り出た。ジョージは見覚えのない下着だったためにジェラシーを感じ、他のナースたちをナンパしようとする。
アディソンは夫婦としてもうやり直せないことを実感し、酒を飲んで酔いつぶれようとしていた。そんなアディソンの苦悩も知らず、メレディスはデレクとフィンとどちらを選ぶかを決められないでいたが、担当患者のベンジャミンの失言放言し放題なのを見て、自分の心に正直になりたいと考える。
アレックスは肺がん患者のシーベリーを担当していたが、やりたいことをやってないからとケーキを食べまくったり脱走したりの彼女に手を焼く。
バークの両親が見舞いに来たことで、クリスティーナは大災難。バークの母は二人の交際に姑根性むき出しで口を出してくるのだが、当のバークはまったくあてにならないのだ・・・

------------------------------------------------------------

イジー復帰できそうでよかった。ナチ様の大岡裁きに乾杯。
イジー、あの編んでたセーターは編み終わったんだね。手編みっぽいけどいい感じのセーターにできあがったんだね。それですることなくなってマフィン焼いたのかな。
でもあんなに山ほど見ると、マフィンは当分おなかいっぱいだ。のどに詰まりそう。
あんな状態でも、アディソンに飲酒運転させないように気遣うイジーが切ない。

バークは・・・中の人とかはともかく、バークというキャラは結構イイ男だと思っていた。
そんな私がバカでした。

なんで男って、交際が進んで親とか出てくると途端にあぁなるかなー。最大のライバルは往々にして、永久にワイヤレスなへその緒でつながってるママという存在だったりするのだな。
バーク父はバークのそっくりさんだった。Richard Roundtreeはよく出てくる俳優さんなのだが、あんなバークそっくりの笑いをしてみせるなんてズルいぞ(何がだ)。
クリスティーナも相当なもんだと思うが、バーク母があれでは・・・ちょっと勝ち目がない感じ。完全に押されてる展開。そこでバークが毅然とクリスティーナを守れたらいいのだが・・・
自覚のないマザコンだったのか!
「俺の母さんというだけのことだ」にはびっくりこきました。
「話したら好きになる。みんな母が好きだ」って、だめだこりゃ。
あのママは、自分を嫌うような相手を片っ端からバークの周辺から殲滅してきたのだが、かわいいバークちゃんはそれに気づかずにきただけだろう。そしてその妻のパワーに逆らわずに諦めた人生を送る父は、分かっちゃいない息子をフフンと笑っているという。
オロオロバークは今まで結構好きだったのだが、母とクリスティーナの板ばさみでうろたえてるバークは、「えーいしっかりしろ!」とちょっとピキっときてしまう。でも「クリスティーナのわがままにバークが折れてる」ってのは、まぁ当たってるけど。
ああいうのって、国籍人種関係なく普遍なものなのだな。頑張れクリスティーナ、敵は手ごわいぞ。バークも頑張れ。つーか自陣営が攻撃されてることに気づけ。

トーレスはメレディスを庇う必要なんてなかったのに。
でも、そのおかげでジェラシージョージを見ることができたのが意外な副産物。ジョージったら、ほんとにかわいいんだから。そういうところにトーレスはホレたのかもしれないが、ええい、わかってなぞやるものか。
トーレスに私のジョージは渡さない(ええ?)
よりによって部長とトーレスの仲を誤解するって・・・まぁ・・・あるか。これから四人で暮らすことになるのか、それともジョージと二人で部屋を借りるとかになるのかな。
その変化が、あの二人の仲にどう作用するか。
・・・これはちょっと、いい風吹いてきたかな?(悪)。

今回のアディソンを見ていて、なんだか頭の中に中島みゆきの「悪女」が流れてきてしまった。
あのラストシーンは、酔っ払った挙句の衝動的な失敗が、たまたまデレクに見つかったという風に見えるかもしれないが、あれはアディソンが完膚なきまでに「アディソンとデレク」を自分の手で叩き壊して終わらせた瞬間なのではないだろうか。
だとしても多分、デレクは一生あのアディソンの絶望には気づかないだろうけど。
デレク、そこは苦笑じゃないよ。間違ってるよ・・・

メレディスのナニサマ感というか、「選べないワタシ」がかなりむかつく。
「ベンジャミンみたいに衝動に正直に」と言うが、逆に問いたい。メレディスが今まで、「衝動に正直でなかった」時ってあったのか?と。
「グレイズアナトミー」は、衝動に正直になりまくりのメレディスが周囲を引っ掻き回した歴史の記録だったと思うんだけどなー。
フィンも早いうちにひいたほうがいい。バカップルはバカップルでしょーがないんで、はなれてもまたくっつくから、二人だけにして無人島にでもLOSTしたほうが世のためなんじゃなかろうか。

シーベリーさんをアレックスは幸せにしてあげました・・・ってそれでいいのかっ?
あれでおとなしく手術受けてくれればいいけど。お大事に。


【 脇俳優チェック 】

◆バークの父 .... Richard Roundtree
「Heroes」ではアイザックの恋人シモーヌの父役で出演している。意識不明状態でピーターに在宅派遣看護をしてもらっている。
「黒いジャガー」ではNYの私立探偵シャフト役、クリント・イーストウッドとバート・レイノルズ共演の映画「シティ・ヒート」でレイノルズの相棒役を演じている。
「デスパレートな妻たち」第1シーズンで、ポールがマイクの正体を探るためにやとった私立探偵のショー役で登場していた。当初イーディが犯人だと思っていたポールは、ショーにイーディの殺害を依頼。
「ザ・クローザー」第1シーズン4話「姿なき復讐者」では、連続狙撃事件において息子を告発しつつ逃がす軍人のウォルター大佐役で登場。軍人の父に対してファザコンのケがあるブレンダは、彼に父の面影を重ねてしまい追及の手が鈍る。
バーク父として、彼は現時点では今回のみの出演。

◆肺がんから現実逃避する患者シーベリー .... Roxanne Hart
「Dr.HOUSE」第1シーズン8話「医療不信」では、息子マットへのハウスチームの治療に異を唱えて診療拒否した、マットの母親役で登場。
「NUMBERS」第1シーズン10話「盗まれた核廃棄物」では、核物質を輸送していたトラックの運転手レイの妻役。反核団体を名乗るグループに金をもらって輸送ルートを教えたため、レイは殺害されてしまったのだった。
「コールドケース2」4話「ボス」では、被害者ハンクが彼女に会いたいがために命を賭けて脱獄を図った、恋人のボビー現在版を演じていた。ボビーはハンクが死亡し別の人物と新しい人生を送っていたが・・・
「シカゴ・ホープ」ではアダム・アーキン演じる主役アーロンの妻で婦長のカミール役で第2シーズンまでレギュラー出演。
「ER」第6シーズンでは7話と9話にチャド少年の母親役で2回登場。親子揃ってアルコール中毒なのだが、息子を治療することで自分のことが言われるのがイヤさに治療を拒否しようとする。
「Oz」では第6シーズンにカークの母役で3話登場。私生活では、夫はこれも「Oz」のニコライ役のPhilip Casnoff。
「BONES」第2シーズン21話に登場予定。「ミディアム」第3シーズンでは、シーズンオープニングを飾るデュヴァロスの妻役で1、2話に登場するようだ。デュヴァロスおやじには美人の奥さんがいたのだな。

◆ベンジャミンの姉 .... Elizabeth Sampson
「ER」第12シーズン3話「対立」ではモータースクーターで衝突した少年ロビーの母ベックウィズ夫人役で登場。かけつけた元夫のベックウィズが大暴れしてコバッチュが怪我をしたのだった。
「ザ・ユニット」第1シーズン10話「予期せぬ衝撃」では、モリーがリンダから投資クラブで買った家の掃除に行ったら、その家の持ち主として出てきた本物のリンダ・カプラン役でちょっとだけ出演していた。
「FBI~失踪者を追え4」13話、「ボストンリーガル」第1シーズン9話に登場予定。
夫は俳優のScott Alan Smith。ちょこちょこ出演している脇役俳優さんで、「CSI:4」1~2話でフロマンスキー巡査と主任の間に溝を作るきっかけになった事件で、裁かれなかった容疑者に私的に制裁を加えていた判事の書記官ガードナー役などを演じている人。

◆バークの母 .... Diahann Carroll
オフィシャルサイトあり。
「ダイナスティ」では主人公ブレイクの異母妹で歌手のドミニク・デヴォロー役として第5シーズンからレギュラー。
「ポギーとベス」ではベスに子供を預けて夫の様子を見に行き、二度と帰ってこなかった漁師の妻クララ役。
アフリカ系アメリカ人女優で初のテレビドラマレギュラー出演を果たしたことから、パイオニアとして大きな尊敬を集めている女優だ。
「愛しのクローディン」で74年にアカデミー賞主演女優賞にノミネート。舞台「No Strings」ではトニー賞を獲得。自身の主演シットコム「Julia」では看護婦役を演じて68年にゴールデングローブ賞を受賞している。
他に「ルーツ2」「プレイヤー 死の祈り」など多くの作品に出演している。
私生活では、四回の結婚で三回離婚と一回死別。若かりし頃には「Paris Blue」「ポギーとベス」で共演したシドニー・ポワチエと婚約していたこともあるという恋多き女性でもある。
第4シーズンまで出演があるようで、当分クリスティーナとのバトルは続くようだ。
歌手としても評価が高く、多くの作品を出している。
Porgy and Bess Nobody Sees Me Cry: The Best of the Columbia Years
The Time of My Life This Is What I Call Love

ちなみにおまけで・・・
「TV LAND」というアメリカのTV専門サイトがあって、そこで「現在ヒットしているドラマのパロディを往年のテレビ俳優で」という映像を製作している。
それの「Gray anatomy」というパロディ映像が往年のドクター俳優勢ぞろいでなかなか笑えるシロモノなのだが、そこに「Julia」での役柄でDiahann Carrollが登場している。
古いドラマがわからないと結構厳しい映像なのだが、リチャード・チェンバレンの老け具合とか、いつまでも出られないドクタークィンとか、「ダラス」のJRとかかなりのゴージャス版。(画面横に表示されているデス妻とSATCのパロディも往年の美女女優たちがけっこうきっついものがある)
Check Clip to Evernote

グレイズ・アナトミー2 第22話「親子の絆」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 29.2007 グレイズ・アナトミー 5 comments 0 trackback
カップル同士でWデート状態になったジョージ組とバーク組だったが、ジョージに出て行ってほしいクリスティーナは面白くない。
アレックスはバーク担当の末期がん患者カーバー夫人を見ることになったが、彼女が娘にがんのことを言っていないと知る。アレックスは打ち明けるべきだとストレートに進言し、患者に対する態度をバークから注意される。
ベイリーは出産以来まともに手術をやらせてもらえないことが不満で、デレクのサポートに入らせてもらうが、担当したのは脳腫瘍の少年だった。ベイリーは思わず手術を離れて母の気持ちでその患者アンドリューに語りかけてしまう。
相変わらずメレディスを無視し続けているジョージだったが、担当した妊婦モリーがメレディスの父ザッチャーの娘と知って、メレディスに伝えることができずに悩みを抱えてしまう・・・

------------------------------------------------------------

5歳の時にパパが出て行って、でもってモリーより上に結婚しない姉(レキシー)がいるって・・・・
メレディスって年いくつだ?
モリーより7か8歳は上っていう設定になるのかな。
後妻の連れ子というオチになるのかと思ったらそうじゃなかったのだな。この間メレディスがパパを訪ねて行った時、奥さんが出てこなかったのはラッキーってことだったのだろうか。

メレディスの気持ちの中はまだ5歳のままなので、パパが再婚して新しい家族を営んでいることを自分の中で受け止められない、らしい。
でもエリスに原因があったことを分かっていて、しかもエリスの現状を自分でパパには言わないのに、「どうしてあの時闘ってくれなかったの」ってパパを責めるのはかなり筋違いのような気がするんだけどなぁ。パパだってプライドってものがあるわけで、限界が来たら決壊するだろうに。
デレクも同じことをしたと思うんだけど・・・OKとNGの差は子供の有無かな?でもそれでメレディスがつらかった、ということの原因はザッチャーの家出じゃなくて、大体においてエリスの方に問題が・・・
骨をぶっ叩いたからってどうなるもんでもないぞメレディス。
それにしても新たな獣医の色男が出てきたようだし・・・次から次へといい男が群がって、
ヒロインってお得よね。

クリスティーナとジョージのバークのご寵愛対決は、「勝ちたいなら基本に戻る」という部長からの勝利の方程式を得たクリスティーナが勝ちを収めた。つーかこの場合ジョージが勝っちゃいけないわけだけど。
マッパ姿を見た時のジョージのリアクションはまるでマコーレー・カルキンみたいでかわいかったけど・・・しかしトレスは・・・あの部屋って。大丈夫なのか?
ジョージの女運は向上してないってことかー!?
それでも「ジョージ・オマリーは私の世界止めた」にはぐっときてしまった。このまま幸せになってもらえるならそれが一番だ。オリヴィアの二の舞だけはやめようね。
そうだよメレディス!ジョージだって「色男先生」たりえるんだよ!!

今回のジョージのかっこよさったらもう・・・
あんなひどいことされても、ちゃんとメレディスのこと誉めてあげるなんて(涙)
漢だねぇ。
今回はクリスティーナのぶっちゃけぶりも男前だったし(・・・かな?)アレックスの信念も珍しく好感が持てた。男前キャラ続出。
その中でも一番オトコマエだったのは・・・・
「天下の外科ぶちょぉ♪」・・・かな?
部長のそんなとこが好きっ。
バークはここのところ満点彼氏だったのだが、マドンナを知らなくてちょっと減点。まぁマドンナ知らなくても・・・彼氏としてドクターとして傷になるわけじゃないけど。でも、マドンナだし。
これでジョージがバークと組んだ方が、ばっちり気が合ったりして。(まだ言うか)

前回どかどか患者が亡くなったので、今回のスペルチャンピオン少年の手術は手に汗を握ってしまった。
ナチ様が出産後さらに優しさが増していて心にしみる・・・
それと母から娘に送る遺言が・・・ストッキングとか結婚式のシャンパンとか、すごく些細なことなんだけど今言っておかなきゃいけないという覚悟に込められた母の愛を強く強く感じた。
ほんとにグレイズはコメディで医療ドラマでもあると同時に、上質のヒューマンドラマなのだなぁ。


【 脇俳優チェック 】

◆獣医のフィン・ダンドリッジ .... Chris O'Donnell
「バットマン・フォーエバー」「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のロビン役でおなじみ。
「セント・オブ・ウーマン夢の香り」「三銃士」「クッキー・フォーチュン」など、映画俳優として多くの作品で活躍してきたが、2000年の「バーティカル・リミット」あたりからテレビへの出演が多くなり、「ザ・プラクティス」などに出演。こう見えても4児の父。

◆部長とクリスティーナが出てた講義の教師 .... Jusak Bernhard
「CSI:2」17話「六番目のチャクラ」で、寺院の金を盗んだのを見つかって僧侶たちを殺害した、寺院の料理人スダハラ役で登場していた。

◆ザッチャー夫人(スーザン) .... Mare Winningham
「セントエルモスファイヤー」のウェンディ役でご記憶されてる方も多いのではないだろうか。
「8月のメモワール」「ジョージア」などのシリアスな役どころから「ターナー&フーチ/すてきな相棒」「いつも隣にいてほしい」のようなコメディまで幅広くこなす。
90年に「ジョージア」の演技でアカデミー賞助演女優賞にノミネート(受賞はミラ・ソルヴィーノに持っていかれたが)されるなどの実力派。
私生活ではA Martinez(「サンタバーバラ」の主役クルーズ・カステロ役。「CSI:6」に議員役で登場予定)との短い結婚の後83年に再婚し、「セントエルモスファイヤー」の撮影中には妊娠(ウェンディってバージンの役だったわけだが)していたらしい。結果4人の子供に恵まれている。

◆末期がんのカーバー夫人 .... Laurie Metcalf
「トイ・ストーリー」でアンディ坊やのママの声を担当している。(日本語版だと小宮和枝さんなので、ウィーバー声ですか)
実はザッチャー役のJeff Perryの「元」妻だったりする!オトナって難しい。今の夫Matt Rothは「デスパレートな妻たち3」に登場予定の俳優さんだが、すでに一子をもうけていたのにもかかわらず、2005年に50歳にして代理母を介して第二子をもうけたらしい。ほんとにオトナって難しい。
「デスパレートな妻たち3」に4エピほどと、「FBI~失踪者を追え4」8話に登場予定。
Check Clip to Evernote

グレイズ・アナトミー2 第21話「迷信」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 29.2007 グレイズ・アナトミー 3 comments 0 trackback
その日はすでに手術で4人が死亡していた。病院には「1日にまとまって7人が死ぬ」というジンクスがあり、病院内に緊張が走る。
吐血して担ぎ込まれた女性オリーは、かつて部長が断酒会にいた時の世話役の女性だった。部長は秘密を知られないためにジョージを追い出してしまう。
デニーは人工心臓の調子が悪く、再び手術の必要性が出てきた。ところがアレックスにネガティブを吹き込まれたデニーは手術を受けたがらない。さらにイジーをめぐる三角関係がこじれて嫌なムードに。
クリスティーナが担当した患者は強迫神経症で、何でも3回数えないといられない青年だった。メレディスが担当した女性は雷にうたれたという女性で、別れた元彼の気を引きたいための行動だった。それぞれが手術をしたがらずどんどん手遅れになってジンクスに真実味が出てくる。
バークは手術の失敗がお気に入りの手術帽がなかったからだと気にする。クリスティーナはジョージが部屋から追い出したいために、帽子を取引の材料に持ち出す。そこでバークはジョージにクリスティーナから帽子を取り返すように厳命する。

------------------------------------------------------------

「クリスティーナが持ってる俺のものを取り返してくれ」
クリスティーナはバークから大切なものを盗んでいきました・・・バークのここr(やめれ)

ジョージとクリスティーナとバークの三角関係って、微妙に妻妾同居って感じの様相を呈してるというか、ほんとジョージの方がよほど彼女っぽい。えっちしてないだけで。
トップブリーダーのご寵愛を競うむく犬とブルテリア。
わんこ二匹のじゃれあいは、異性を感じないというか、女子トイレにいても違和感を感じない・・・その辺ジョージという役の得なところでもあるし、中の人がにじみ出ちゃって女子カテゴリに入れてもおかしくないのが痛し痒しですか。(お前は何が言いたいんだ)
メレディスとジョージじゃ釣り合わない以前に「男女」に見えないから、ジョージの「オス」の部分を埋めて余りあるトレスを投入しないといけなかったのかなぁ、なんて見てて思ってしまう。クリスティーナとジョージの女子トイレのからみより、バークとジョージのじゃれあいの方がリアルだもんなぁ。バークの中の人が「理解のない人」だったのはかえってよかったのかもしれない。

いやほんと、裏があんまり漏れ聞こえてくると、ドラマに重ねすぎちゃってどうもならんですね。ドラマが面白いから耐えられるのであって、もしダレてきたらたまんないだろうな、これ。
・・・あんまり海外ニュース検索しないでおこうと思う今日この頃。ジョージがバークの家に下宿してなんかラブラブ、みたいなギャグが素直に笑えないなんてなぁ。

それはさておき。
「あたしはあんたじゃ物足りない」
とか、
「あたしはビバリーヒルズのお嬢様とは違う」
とか・・・イジーは怒らせちゃダメですね。キャストの中で最強ですね。
わかりましたか?バーク先生(まだそこに戻るのか!)

部長は、エリスとの関係の果てに酒浸りになった過去が・・・
なのにまだエリスに会いに行くって、部長それは優しすぎ。今はもうそうならない自信があってのことなんだろうけど、でも・・・
その優しさは優しさじゃないように思える。どうだろう。

命を救うドクターたちはそれぞれに手術前のジンクスがある、らしい。
首をコキコキしてみたり、深呼吸してみたり。
その中で、色男先生のがまさに色男でイヤン。えっと、なんだっけ。
「さぁ、楽しい手術の時間デス」だっけ?(違 それはミルヒー)


【 脇俳優チェック 】

◆部長の断酒会の世話役オリー .... Mary Kay Place
「ザ・ホワイトハウス2」15話「リア王の娘」では公衆衛生局長官ミリセント・グリフィス役で登場。大麻を容認する発言をして問題になるが、バートレット大統領の娘エリーがそれを擁護したために、ホワイトハウスではグリフィスを擁護しつつ辞任させるにはという難しい駆け引きを迫られることになる。
「アンジェラ・15歳の日々」ではカミール役でサブレギュラー。映画「メラニーが行く!」では、リース・ウィザースプーンの母親役。
演出も手掛けており、「フレンズ2」8話「禁断のリスト」(レイチェルの長所と短所をロスがリスト化したことでモメるエピ)の演出は彼女が担当。

◆3回数えずにはいられない患者 .... Omar Metwally
2004年トニー賞の最優秀男優賞にノミネートされるなど、舞台でも活躍している。
真田広之やアンソニー・ホプキンスが出演の「The City of Your Final Destination」(製作中)に主演するらしいので、日本でも知名度が上がるかも。

◆自称「雷に打たれた」女ニッキー .... Michaela Watkins
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン11話「思い出ビデオ」で、失踪した少女アニーが父のように友人のように慕って、母の愚痴をこぼしたり相談したりしていたデレクの店のウェイトレスのマーラ役で登場していた。
「ミディアム2」16話に登場予定。
Check Clip to Evernote
 HOME 

プロフィール

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。