スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:NY6 第2話「ブラックリスト」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 12.2011 CSI:NY 2 comments 0 trackback

(WOWOWホームページより)
出張中の医療会社経営者アーロン・デクスターがカーナビの誤作動によりニューヨークで最も危険な区域へと誘導され、強盗殺人に遭う。
続いてレストランで食事中のエバンズ医師がオーダー端末の誤作動で口にしてはならぬ食品を摂取し、アナフィラキシー・ショックにより意識不明に…。コンピューター・システムを陰で操る凄腕ハッカーの仕業なのか?
さらに犯人はマックにも接触を図ってきた。果たしてその意図は?


大体ブログを書くために、先に出演俳優のリストに目を通してしまうのだが、今回はそれが仇となってしまった。
「墓堀人」がGreg Germannだと先に知ってしまうと面白さが半減・・・
「アリーmyラブ」のリチャード・フィッシュの軽妙なイメージが強い彼が、イメージをリセットする強烈な悪の演技だった。しかもただ悪ではなく大きな怨恨をこじらせてしまって復讐の鬼になってしまった悪。
逮捕されても、彼が刑を全うすることができるわけではなく、治療のための専門の病院に入れられることになるのだろうか。でも彼の望む「治療」がされるわけではないだろうし、とっても生殺しというか。
医師にしろナースにしろ、被害者たちは彼を悪意で破滅させようと思ったわけではあるまいに・・・

しかしカーナビにしろ、レストランのオーダーシステムにしろ、ハッキングでなんとかできるしろものなのか?
・・・どうやって?
説明されてもわからないとは思うが、実際のところそれが可能なのかどうかちょっとやってみせて欲しい。FOXでやってる「破られたマジシャンの掟」みたいな感じで、「CSIの犯罪は実際実行可能なのかどうか」の検証番組があるといいのに。
(無理か、それ作ったら真似して殺人が起こるから・・・)

今回はなんといっても、「若マック」の回想シーンがびゅーちほー。
マイアミでホレイショの回想シーンでも使われた、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の特殊効果による若返り技術らしい。
ゲイリー・シニーズの実際の若い頃よりシワが少ないわ~とか思ってしまった。両親役は逆に若干老けメイクをさせていた感じ。
新婚のマックがNYでの仕事を受ける経緯というのが胸に迫った。息子が人生をかける仕事を見つけた時、自分の不安な気持ちより息子の背中を押してやれるような、そんな寛容な人間にはなかなかなれるものではない。
普通は「何言ってるんだ、仕事をやめてこっちで仕事見つけろ、俺に残された時間は少ないんだぞ」とか言ってしまいがち。
彼のような父親の薫陶を受けたからこそ、現在のマックがあるのだろう。ただ、その後の家庭的な不遇までは父親としても想定外だろうが。

母親は元気そうだったけど、もう亡くなったのだろうか。今後出演とかないかな・・・そのたび老けメイクというのも気の毒だけど。
マックの妻クレアがNYに実家が、とか言ってたような気がするけど、クレアの死後も存命なのだろうか。だとしたらカイルの出現を知らせ・・・むしろできないな。
こんなちょっとの回想シーンでも過去の設定と色々整合がとれなくなる可能性もあるのだから、なかなか大変だ。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆「墓堀人」ことヴィクター・ベントン .... Greg Germann
「アリーmyラブ」で、アリーを事務所に誘った「ケイジ&フィッシュ事務所」のシニアパートナー、リチャード・フィッシュ役でおなじみ。独特な「フィッシュ哲学」を持ち、一種変わった法解釈とジェンダー論を法廷でぶちかまし、女性のたるみをこよなく愛すリチャードは、「アリー」の不変な核となる存在だった。
「デスパレートな妻たち」第2シーズン12話「ねじれた関係」では、スーザンがブラインドデートで出会った男性ジム・ハルバート役。大ハズレだった上に頭をぶつけあって病院に行くハメに。しかしそこで担当のロン先生に出会ったのでスーザン的にはプラマイゼロ。
ブロードウェイでも活躍しており、映画では「スウィート・ノベンバー」では、キアヌ・リーヴス演じる主人公ネルソンの仕事仲間役で、かなりいい味出している。
他に「今そこにある危機」「天国からのチャンピオン2002」「チャイルドプレイ2」など。
「ゴースト」第5シーズン8話、「ミディアム」第6シーズン19話に登場予定。

◆被害者の車からGPSを盗んだウィリー .... Andre Royo
「THE WIRE」ではキーマの情報屋のバブルス役。
「Heroes」第3シーズンでは、ブラックホール男ステファン・キャンフィールド役。能力者としての人生に疲れ果て、5話「天使と悪魔」では自らの作ったブラックホールに身を投じてしまう。
「クリミナル・マインド」第4シーズン5話「殺人ロード」では、99号線キラーと呼ばれた連続殺人で、テハチャピの出稼ぎ労働者グループから姿を消して捜査線上に浮上したアルマンド・サリナス役。アルマンドの兄によると、アルマンドはグループの掟を守らず追放されたのだが・・・
「CSI:マイアミ」第3シーズン22話「闘いの火蓋」では、ボブ・キートンに麻薬を売った売人フリオ役。

◆ビジネスマン殺害の実行犯モズリー .... Evan Jones
「ホームタウン~僕らの再会~」では、ニックの旧友アイキー役でレギュラー。ニックがすぐにまた消えると思って、昔仲間のオーウェンの妻アリソンと不倫していたことを打ち明けたことで仲間同士の関係が大きく揺らぐことに。
「Dr.HOUSE」第5シーズン9話「命懸けの診断」では、人質になった患者役。
映画「8Mile」では、ジミーの友人で銃を暴発させて下半身を撃ってしまったチェダー・ボブ役。
他に「ザ・ウォーカー」「ジャーヘッド」など。
「ブラザーズ&シスターズ」第5シーズン11話に登場予定。

◆被害者のビジネスマンアーロン・デクスター .... Dameon Clarke
「CSI:9」13話「さわやかな凶器」では、不動産業のメリンダ・タッカー殺害容疑をかけられた、夫のスコット役。当初彼が妻殺しの犯人ではないかと疑われていたが、驚くべき人物が彼に罪を着せるため綿密な計画を実行したものだったことが発覚する。
「24」第7シーズンでは、1、2話にシェクターを狙撃したアラン・タナー役。ジャックはタナーの犯行からFBI内部からの情報漏洩に気づく。
「FBI~失踪者を追え」第5シーズン13話「食欲の闇」では、失踪者バリー(大食い選手)が心をひらいていた娼婦アイヴィーの、客引きの中継地点にしていたバーのバーテンダー役。
「スーパーナチュラル」第4シーズン4話「怪物の血」では、怪物の血をひくジャック・モンゴメリー役。人肉食への異常な衝動をなんとか抑えていたが次第に抑えられなくなり、ハンターのトラヴィスがジャックを退治しようとするが・・・
「クリミナルマインド」第1シーズン7話「一家惨殺事件」では、BAUが捜査に乗り出すきっかけになったクロフォード一家惨殺で父クリス役。クリスの手に硝煙反応があったために無理心中と見られていたが、他の一家惨殺との共通点から、他殺で連続一家惨殺事件ではないかと見直されることになる。
「プリズンブレイク」第4シーズンでは、GATE社の社員アンドリュー・ブラウナー役。ティーバッグの潜入の姿であるコール・ファイファーの言動に疑惑を抱く。
「NCIS:LA」第1シーズン11話に登場予定。

◆狙われたナースリサ・キム .... Michelle Krusiec
「CSI:マイアミ」第8シーズン13話「サキルの刀」では、ケニーの実母スーザン・リー役。元々は日本人でヤクザのヤマダにレイプされて妊娠したが、息子はヤクザにしたくないため渡米して身を隠していた。
「NCIS」第3シーズン8話「潜入捜査」では、FBI捜査官マヤ役。ディノッゾとジヴァのなりきり夫妻を、潜入とは知らずにずっと観察していた。
「グレイズアナトミー」第2シーズン5話「痛みの処方箋」では、今日中に手術をしないと半身不随の恐れがあると言うのに、モン族のしきたりとして父に手術を反対されたアンナ役で登場。
「ダーティセクシーマネー」第1シーズンでは、ブライアンの妻メイリン役。突然現れた隠し子の存在を知って、ブライアンに離婚を突きつける。
「コールドケース2」5話「ブレスレット」では、ブレスレットの写真を警察に持ち込んで両親殺害事件の再捜査を依頼したカーラの現在版を演じていた。カーラは再捜査によってカンボジア王族の娘だと判明する。
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン17話「栄光の勲章」で、勲章を受章することになっていたブルが、仲間からのプレゼントで呼んでもらったアジア系コールガールを演じていた。WATには第3シーズン22話に別の役で再登場予定。
「名探偵Mr.モンク」では第1シーズン19話(NHK放送順による)「容疑者は夢の中」で、昏睡中の容疑者ブライアンの家のメイド役。
「ER」第9シーズン7話「痛みに耐えて」では、中国人の家でメイドをしているタン・イー役。雇い主に手をつけられ、出来た子供を取り上げられて主人宅の実子とされ、さらに再び妊娠してしまい、薬物と酒で自殺を図った?という悲惨な境遇からカーターやチェンが引き離そうと努力するが、子供を人質にとられた状態で主人宅に帰って行ってしまう。
映画「ベガスの恋に勝つルール」では、キャメロン・ディアス演じるジョイの仕事のライバルチョン役。

◆マックの父 .... John Terry
「CSI:マイアミ8」3話「ビーチショック」では、チャリティイベントのビーチバレーの選手が急死した事件で、イベントの主催者アマンダの夫で大富豪のディーン・コリンズ役。自分自身は女を侍らせて夫婦お互い自由でいいと振舞ってみせるが、内心は妻のツバメ好きに業を煮やし、事を起こそうとしてやりすぎてしまう・・・
「LOST」では、ジャックの父クリスチャン・シェパード役。ジャックに医療ミスを告発されて失職。
「ラスベガス」では、ダニーの父ラリー・マッコイ役。建設会社を経営していて、ダニーとは微妙なズレがあったものの、シーズン2の終わりにラリーが突然亡くなったことでダニーは立ち直れなくなりホテルに戻れない状態に。
「24」第2シーズンでは、貿易会社社長のボブ・ワーナー役。娘にケイトとマリーがおり、マリーの結婚式を目前に控えていたが思わぬ事件に巻き込まれ、彼自身の秘めた事情もあって一家は大きく揺さぶれられる。
「ER」第1シーズンでは、スーザンの恋人の精神科医スベティック役。スーザンは次第に彼の異変に気づくが時すでに遅く、鬱状態が進行していて失踪してしまう。

◆マックの母 .... Gail O'Grady
オフィシャルサイトあり。
「メンタリスト」第1シーズン1話「レッド・ジョンの影」では、冒頭の少女失踪事件被害者マーシーの母ジュン役。パトリック・ジェーンにより自分の状況や家庭内のことをピタリと言い当てられ、しかも自分が内心疑っている「犯人」も指摘されたことから、思わず銃の引き金を・・・
「CSI:8」4話「怖い水」では、胸が女性のように膨らんでいた首吊り殺人の被害者ブライアンの母親で乳がん闘病中のリン役。捜査の過程で性転換疑惑を聞き、息子と父親代わりのサイデンの関係を誤解したことからさらなる悲劇を産んでしまう。
「CSI:マイアミ7」3話「刃」では、デルコがカウセリングしてもらっていた精神科医レイチェル・マーシュ役。彼女の娘チェルシーが殺害された事件がきっかけで、デルコのカルテをカリーが見ることに。
「ハーパー★ボーイズ」第3シーズンでは、アランの恋人キャンディの母マンディ役。母娘ともに奔放で、アランもチャーリーも振り回される。
「名探偵モンク5」5話「恋のレッスン」(NHK放送順による。実際は第6シーズン5話)では、警察に逮捕されて手錠でつながれているのに、なぜか捜査の推理に参加していたリタ役。しかも彼女の推理がかなり的を射ていた。
「ボストンリーガル」第3~4シーズンでは、アランの恋人になった判事のグロリア役。アランとの判事室プレイから真剣交際に発展するが、結局うまくいかなかった。
「デスパレートな妻たち」第5シーズン6話、「ゴースト」第4シーズン22話に登場予定。「CSI:NY6」2話に登場予定だが、役名が「Millie Taylor」なのが気になる・・・
私生活では6度の結婚と離婚をしている。
「私はラブ・リーガル」第2シーズン12話に登場予定。

◆アレルギーで倒れたジェフ・エヴァンズ医師 ....  Boo Arnold
「アグリーベティ」第1シーズン10話「思わぬチャンス」では、ラストでイグナシオを逮捕しに来た移民税関執行局の男役。
「ブラザーズ&シスターズ」第1シーズン4話「家族の肖像」では、ジャスティンがベルボーイの仕事で荷物を運んでいたら、アジア系の妻にモラハラな態度で怒鳴り散らし、妻から微笑まれたので微笑み返したジャスティンにまでいちゃもんをつけたホテルの客の男役で登場していた。
「デスパレートな妻たち2」22~23話では、ポールを逮捕しに来た警官の一人。
「CSI:マイアミ4」21話「偶然のSOS」では、ホレイショと一緒に容疑者宅に突入かけていたSWATのリーダー役だが、ほとんど顔は出ていない。
スポンサーサイト
Check Clip to Evernote

CSI:NY6 第1話「エピローグ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 12.2011 CSI:NY 0 comments 0 trackback

(WOWOWホームページより)
第5シーズンの最終話で重要参考人を護衛中、プロの誘拐グループに襲われ、射殺されてしまったNYPD捜査官のジェシカ・エンジェル。事件解決後、CSIの同僚たちは、殉職したジェシカを追悼するためにバーに全員集まった。ところがそのとき、謎の車がバーに近寄り、車内からバーに向けて銃の乱射が!
CSIの面々の安否もわからぬまま第5シーズンが幕を閉じ、その1ヵ月後から新たな物語が始まる。果たしてCSIメンバーは無事か? そして銃撃犯は何者だったのか?


(NYのアップ、遅くなってしまった。一応5話まで脇チェックはできてるのだけど、感想が今ひとつで。これからサクサクアップします)

知りたくなかった、ネタバレなんて。
少なくとも、ステラとアダムのことは前フリの映像で見せないで欲しかった。わざわざ顔がだんだんに見えるように撮ってるのに、全く驚きがないわけで。
ダニーの足については・・・クロスオーバーが先に放送されてしまっていた以上、7話までには「どうせ治るのね」っていうのがわかっているのだけど、それでも番組前の前フリでちょっと分かる程度まで車椅子の件とかネタバレしてたような。
確かこのシーズンのオープニングの撮影の頃、ホークス先生がTwitterで撮影風景についてつぶやいていて、全員無事に名前が出てきていて「なーんだみんな大丈夫なんだ」的な話があったので、ネタバレについてはもうその頃から出ていたので今更ではあるのだが・・・
でも、ステラとアダムのことはもうちょっと・・・(ループ)

相変わらずシーズンのはじめはホークス先生の髪がパ○チだし、エンジェルの命とダニーの足が犠牲になった割には解決してみたら事件は「アレ?」って感じだったし、NYの「導入は打ち上げ花火だけど終わってみると線香花火」な雰囲気は相変わらず。
でもいいの、好きだから。
ドンちゃんが間違った方向にヤサグれようと、ホーク先生がキャラを全く崩すこと無く健全な発散しようと、リンジーが「浪速恋しぐれ」ちっくに献身しようと、NYはNYなのだ、それでいいのだ。(いいのか?)
マックの眉間の皺の間から、そういう気持ちにさせるビームが発射されてるのに違いない。

しかし、本編終了後のWOWOW加入のCMの悪ノリがあまりに素敵すぎて・・・
「24」の「おれはーじゃっくぅーばうあー♪」シリーズにも匹敵する、運昇さんの「WOWOWが見たいといったのは キ ミ だ な ?」を超える名作だった。
マックが朴念仁キャラだけに、あの真面目さがしみるわー。
「より・・・戻せないかなぁ」 無理です。

---------------------------------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆犯罪専用清掃業者の女性ヘイレン・ビコール .... Sarah Carter
「Shark」では、スタークの部下で野心的な女性検事マデレン・ポー役でレギュラー。
「アントラージュ★オレたちのハリウッド」第2シーズン7話「サンダンスでの情事」では、ドラマとタートルに映画祭を案内してくれたキャシー役。二人と3Pをしてしまう。
「WHITE COLLAR」第1シーズン11話「逃げる女」では、株のトレーダー殺害現場から逃走した女性ピアース役。日本大使が返還を要求している翡翠の象の彫刻像を狙いでニールとバトルを繰り広げる。
「ボストン・リーガル」第1シーズン13話「命の薬」では、ブラッドの依頼人の起業家トレイシー役。レズビアンの恋人の顧客を奪って独立したと訴えられ、レズビアンは演技だと言ってブラッドを惑わせる。しかしそれは彼女の策略だった・・・
「ダーティセクシーマネー」第2シーズン6話「ファミリー・ディナー」では、レティシアの飲酒運転にはねられた女性レン役。ニックに惹かれるがトリップが彼女にちょっかいだそうとしたため、レティシアから金目当ての当たり屋と言いがかりをつけられる。

◆リサの弟で実行犯ジェイク .... Andrew Lawrence
「クローザー」第5シーズン3話「赤い規制線」では、ガブリエルが殺人事件に遭遇して、暗闇の中犯人に応戦して倒した相手エリック役。エリックが18歳で遺体は銃を不携帯だったため、内務捜査課の調査をうけることになる。
「BONES」第3シーズン10話「泥に沈んだ栄光」では冒頭、公園の泥風呂でいちゃついていた時に、中から白骨死体を発見したカップルの男性役。
映画「ビーン」では、ピーター・マクニコル演じるラングレーの息子ケヴィン役を演じている。珍客ビーンの来訪で生活をめちゃくちゃにされてしまうのだった。
LaLaTVで放送予定の「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」に3話から登場予定。
Joseph Lawrence(「ブロッサム」のジョーイ役、「CSI:NY3」の殺人鬼クレイ・ドブソン役)と、Matthew Lawrence(「ボーイミーツワールド」のジャック役)の弟という、子役ブラザースな一家に育っている。3歳の時に兄Josephの演じる「ブロッサム」に、ジョーイの幼い頃の役でゲスト出演もしている。

◆ダニーに情報をもたらそうとして殺害されたリサ .... Gloria Votsis
「NCIS」第3シーズン2話「アリを殺せ後編」では、ジヴァに接触してきた女性工作員役。ディノッゾが監視中のプールにやってきて、バスローブを入れ替えて偽造パスポートなどの入手を行っていた。
「WHITE COLLAR」第1シーズンでは、11話以降に登場するアレックス役。ニールが謎解きのためにさがしていたオルゴール捜索を協力すると見せて・・・
Check Clip to Evernote

「CSI:NY」のニュースについて

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2010 CSI:NY 5 comments 0 trackback
今朝がたショッキングなニュースが飛び込んできました。

日本未放映についてのネタばれについては見たくない、という方についてはこの先をご覧にならないようにお願いいたします。





CSI:NY シーズン4 コンプリートDVD BOX
CSI:NY シーズン4 コンプリートDVD BOX-1 CSI:NY シーズン4 コンプリートDVD BOX-2


CSI:NY5コンプリートDVD BOX

CSI:NY5コンプリートDVD BOX-I   CSI:NY5コンプリートDVD BOX-II




では、内容に入ります。


今朝Twitterでホークス先生役のヒル・ハーパーのつぶやきを読んでびっくりしました・・・
「4those who asked: Yes Melina's leaving CSI:NY & we'll miss her!
 4 the past 6 yrs I saw that she's an awesome actress, mother, wife & person!」

 http://twitter.com/hillharper/status/18383315328

ステラが・・・ 降 板 ?

その直後、マック役のゲイリー・シニーズもそれを裏付けるつぶやきをアップ。
「Yes, It's true that Melina has decided to leave CSI NY.」
 http://twitter.com/GarySinise/status/18386177573

あぁこれは本当なんだ・・・と、一日どんよりとするハメになってしまいました。

その後、CBSの発表を元にシネマトゥデイなどで記事が出たので、ネタバレ知りたくないといっても目に入った方が多かったのではないでしょうか。
CSI:ニューヨーク」のメリーナ・カナカレデス 番組を降板(シネマトゥデイ)

ヒル・ハーパーが「She wants 2 spend time with her kids & given our shooting sched.」と言っているように、降板の理由は「家族と過ごしたい」ということになるのでしょうか。
メリーナには8歳と11歳というまだ小さいお嬢さんがいるので、多感な時期を迎えるにあたって母親としてもっと一緒に過ごす時間を何よりも優先したい、という風に考えられるのは仕方のないことかもしれません。
彼女の選択を心から応援したい、そう思います。 が・・・

やっぱり寂しい(涙)

ベガスの度重なる降板、マイアミの出たり入ったりに結構削られたり呆れたりしていたので、チームワークのいいNYだけはこのままお願い、と思ってたんですけどね。とほほ。
願わくば、NYのチームワークと世界観を壊すような後任者にはならないようにお願いしたいものです。
でもほら、エイデンからリンジーへの大きな変換を乗り越えてきたんだから、なんとか・・・なんとか・・・ ああやっぱりきついなぁ。



・・・ところで、更新が滞ったことでご心配いただいて、メッセージ送ってくださった方がいらっしゃったので、この場をお借りして御礼申し上げます。
メールアドレスが入っていなかったので、直接お返事できなくて申し訳ないです。
このところ仕事とか体調とか・・・まぁ言い訳し始めたらきりがないんですが、ドラマを消化するので精一杯な状態になっておりました。
まぁ・・・ ぶっちゃけ視聴本数がキャパ超えてるだけなんですけどね!(爆)

とりあえず、これからもうちょっとラクに更新できるやり方はないものかと色々模索しているところです。現在「ミディアム」をファイナルまで追っかけられたら、あれこれ手を出さずに一本のドラマに集中していきたいなと思っているんですが・・・
コールドケース始まったらコールドケースも気になるしなぁ(ダメすぎ)
L&O本家にハマったりしてるのも、正直なところ遅れの原因ですが、あれにだけは手を出さないようにしようと思いつつ・・・ 面白いんですよ(涙)

おそらく、8月に30RockのDVDが届いたら、ここはファンサイト?みたいに集中してしまうかも知れないし、そうじゃないかもしれない、まだ自分でもどうしたものか決心がつきません。どっちに進むかわからないこのブログですが、これからもよろしくお願いします。
Check Clip to Evernote

CSI:NY5 第13話「誤審」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 10.2010 CSI:NY 1 comments 0 trackback
フラックとエンゼルは、2日前に発生したレスリングのコーチバラバラ殺害事件の重要参考人の少年トッドを市警に連行していた。
ところが他の容疑者が暴れたため、フラックが一人でトッドを取調室に連れて行ったところ、様子が急変、救命措置を行ったにもかかわらず死亡してしまった。
二人きりという状況だったため、内務調査はフラックの行き過ぎた取調べがあったのではないかと疑い、フラックは捜査からはずされてしまう・・・

事件は2日前、ごみ置き場にあったバラバラ死体をスノーボーダーが発見したことから始まった。遺体のパーツはそれぞれクリスマス用の包み紙でラッピングされていた。
見つかった手の指紋から、身元は高校のレスリング部コーチのヴィンス・ネルソンと判明。
ヴィンスの妻によると、自宅の屋上で何者かが歩き回っていたといい、屋上からはアリゲータの血が検出された。誠実で誰からも信頼される人柄だったというヴィンスだが、調べが進むにつれ意外な一面が次々と明らかにされ、それが事件に思わぬ展開を・・・

---------------------------------------------------

犯人役だったGeorge Newbernは、このところ出演作が日本で放映されるタイミングのようで、ここ1ヶ月くらいで何回も見ているような。
最後にちょっとだけ出てくるだけとは・・・この間の「CASTLE」の使い捨てな感じの起用よりはいいが、なんという贅沢な使い方。善良な人から狂気をはらんだシリアルキラーまで演じられ、ちょっと出てくるだけで印象が強くそのエピをもっていってしまうひとなので、見せ場だけに効果的に登場できるオイシイポジションなのかもしれないが、もう少し・・・
まぁ最初の5分あたりから何もなさげに出てきても、彼の場合は「さぁいつ豹変するのかな、犯人はもう決まりでしょ」とかいう雰囲気がありありになってしまうので、短い登場になってしまうのも仕方ないかも?

それにしても今回の犯人と被害者は、なんとも不条理な形で加害者と被害者になったものだ。
おそらくカイルやトッドが恨んだ階級上げだって、ヴィンスが二人のことを配慮したゆえのことで、もう少しがんばれば結果が出たかもしれなかった、みたいな話のような。
一方的な逆恨みする息子、思い込みで暴走して殺人を自己正当化する父・・・ それぞれに出発点は真摯な信念を感じるのに、ちょっとのことで歪んでしまった・・・
それのまきぞえをくった、ほんとに「いい人」の被害者が気の毒な話だった。いったん広まった誤解はそうそう解けないだろうに。
リンジーが最後にブーケを贈ったシーンは美しかったが、そんなに簡単なことではないような。


そして今回はドンちゃん大活躍?の巻。仕事はしてなかったけど。書類を見てる・・・と見せかけて、クロスワード解いてるし。
でもいつもより多めに誉められまくって、とっても刑事冥利に尽きるかも。
エンゼルたん曰く「フラックはプロ中のプロよ!」 おおっ。
ステラ曰く「常に規則どおりだし、暴言も吐かない!」 ・・・かえって嫌味に聞こえる気が。
結局ドンちゃんも被害者同様巻き込まれ系。しかも内務調査局に署内恋愛がバレてたことがわかって気まずいし。
このことで進展するのか壊れてしまうのか・・・ドンちゃんのオトコとしての真価が問われる局面ですな。

ところで、ダニーはポジションとして目立たなくても、一言キメるというワザを体得したようだ。
「シドがマニアック?まーさーか!」
完全に逆説的な皮肉をこめたジョークなのだけど、お前は・・・高田順次か?みたいなテキトーさにも見え・・・

そして今回の豆知識・・・「エンゼルたんは兄貴が四人」
やっぱりあれか、ドンちゃんとこみたいに「警官一家のサラブレッド」だったりするのかな。ドンちゃんのとこは末っ子が道を踏み外したのとは逆だけど。
まぁドンちゃんがアニキたちに「うちの妹になにすんねん」とぼっこぼこにされるところまでは想定内ってことで。


【 脇俳優チェック 】

◆トッドの友人のカイル .... Jake Abel
「CSI:マイアミ6」9話「銃口のプライド」では、被害者の中学教師ヴァレリーを不法侵入で訴えていた教え子のチャーリー役。麻薬所持の前科があったことから、ヴァレリーが持っていた麻薬との関連が疑われた。
「コールドケース」第4シーズン5話「熱帯魚」では、被害者一家の娘ルビーのBFダグ役。自分の居場所をハリス家だと思ってルビーを心から愛していたが、引っ越すと聞いたことから心のバランスを失う。
ディズニーオリジナル映画の「Go!フィギュア」で、ヒロインにホッケーを教えるスペンサー役がデビュー作。
「スーパーナチュラル」第4シーズン19話に登場予定。

◆トッドの死でフラックを取り調べた刑事 .... Philip Anthony-Rodriguez
「Shark」第2シーズン7話「メキシコへの危険な旅」では、被害者のデザイナーハンナと取引のあった布地業者ルイス・メナーシ役。ショーの時に言い争っていたのを目撃されていたため、事件直後まず彼の名前が浮上する。
「CSI:マイアミ4」11話「消せない感触」では、6年前のレイプ事件で逮捕された容疑者がDNA判定で無罪と判定された件で、現場の家を斡旋した不動産業者ことから浮上したコルソン役。結局彼が6年前の事件の真犯人と判明するが、コルソンが殺害されてしまったために新たな事件の捜査が始まることに。

◆バラバラ死体被害者ヴィンスの妻 .... Mayte Garcia
オフィシャルサイトあり。
「クローザー」第1シーズン13話「最終楽章」では、被害者プルーイットの妻で、ピアニストのアロンゾの娘アメリア役。夫ブルーイットの暴力が彼女と両親の悩みの種だった。
「NIP/TUCK」第2シーズン2話「クリスチャン・トロイ」では、クリスチャンと濃厚なラブシーンを展開するが、あまりに激しすぎてクリスチャンの鼻の骨折の原因になってしまうモデル役で登場している。
1996年に、かのプリンスと結婚して一児をもうけるが、頭骨形成と呼吸に障害があったため生後わずか1週間で死亡。結婚自体も3年で破局。その後2002年にTommy Leeと婚約している。

◆カイルの父アレックス .... George Newbern
「CASTLE」第1シーズン2話では、被害者がシッターをしていた家の父ピーターソン役。被害者サラと浮気して殺害したのではと疑われるが、不倫相手は別だった。
「グレイズ・アナトミー」第5シーズン5話(WOWOW放送順による)「孤独なチームプレー」では、ドミノ移植の輪を形成する患者の一人スタン・マーサー役。しかし妻に彼の愛人が移植に参加していることがバレて、オペを行うことが危機に瀕する。
「クリミナル・マインド」第4シーズン12話「ソウルメイト」では、連続レイプ殺人事件の容疑者として逮捕されたウィリアム・ハリスの隣人スティーブン役。閑静な住宅街で知り合ったウィリアムとスティーブンは同じ嗜好を持つパートナーとして、互いの欲望を犯行で満たしあっていたのだった。
「FBI~失踪者を追え4」23話「命の格差」では、失踪者についての情報番組の製作者ロス・ガーナー役。ヴァンドーレンの意向を汲んで、白人家庭の子女偏重の番組作りをする。
「CSI:マイアミ6」17話「ティファニーのお仕置き」では、チャットで「アストロボーイ」を名乗って小児性愛者を装って少女たちを誘き出していたケヴィン・ウィーバー役。かつてわが子が小児性愛者の犠牲になったことから、被害を繰り返さないためにと少女たちに警告していたのだった。
「コールドケース」第4シーズン7話「日食」では、被害者リビーの不倫相手ビル・ハクスリー79年版役。キーパーティで組んだのをきっかけにリビーと不倫関係に陥るが、リビーが本気になったため「息苦しい」と捨てた。
「Bullブル~ウォール街への挑戦~」では主演のディト役を演じている。
「ミディアム」第3シーズン12話「とり憑かれて」では、アリソンがとりつかれてしまった女性サンドラの夫で医師のトーマス(トム)・オバノン役で登場。トムは不倫相手と結婚するため、途方もないサンドラの殺害を計画したのだった。
「ボストンリーガル」第1シーズン8話「サンタの代理人」では、ローリーがセラピーに通っている精神科医役。守秘義務を破って、「患者が妻を殺すと言ってるが、本当にやりそうで怖い」と相談を持ちかけてくる。
「CSI:4」23話「キメラの遺伝子」では、キメラ遺伝子を持った精神科医トッド・クームス役を演じている。一人の人間の中に二種類のDNAが共存しているため、DNAが証拠にならないことを知った上で連続犯罪を行っていた卑劣漢。
「フレンズ」第5シーズンではレイチェルが付き合った雪男みたいなダニーで登場していた。ヒゲをそったらカッコイイ男だったが、キョーレツなシスコンだったためにレイチェルはドン引き、即サヨナラしたのだった。
「プロビデンス」の第4~5シーズンに弁護士のオーウェン・フランク役で登場。他に「シカゴ・ホープ」第4シーズンでスコット・フランク医師でサブレギュラーなど。
映画ではスティーブ・マーティン主演の「花嫁のパパ」と続編の「花嫁のパパ2」で娘婿のブライアンを演じている。

◆被害者にサルサを教えていたダンス教師ラヴ .... Edyta Sliwinska
オフィシャルサイトあり。
今回のエピで一緒に踊っていた客のジョージ役のAlec Mazoとは夫婦。夫婦二人ともプロのダンサーで、人気リアリティショー「Dancing with the Stars」(芸能人社交ダンス部アメリカ版みたいな)で、芸能人のパートナーダンサーをつとめており、番組がきっかけで結婚。
Check Clip to Evernote

CSI:NY5 第12話「ヘルプ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 03.2010 CSI:NY 0 comments 0 trackback
ウェディングショップのバーゲンで、ウェディングドレスの取り合いの最中に掴みかかってきた女性を振り払ったところ、倒れて死亡したという通報が。
被害者のローレルは現金もカードも持たず、ゼッケンを付けてマラソンのレースの参加者だったことが判明。何かを見てわざわざバーゲンに立ち寄ったと見られた。

一方、バスタブに浸かった状態で死亡している赤毛の女性の事件が発生。部屋には中身のないギターケースが残されており、地下鉄の構内で歌うシンガーエリナだったことをシドが見覚えていた。バスタブからはなぜか住血吸虫が発見された。
そしてホークスは、エリナの喉の奥にできていた痣が、8年前の連続レイプ事件「グラマシー・レイプ犯」と共通することに気づく。それは昔の彼の恋人が被害にあった事件だった。
さらに、ウェディングショップでの被害者ローレルがそのレイプ事件の被害者だったことから、二つの事件につながりがあるのではないかと考えられた。しかしマックはあくまでも慎重に、証拠が出るまでは別物として扱うという。

そんな中、ホークスが恋人が被害者だったという事件の関係者だったことを知ったマックは、ホークスを事件から外すことに・・・

---------------------------------------------------

ホークスファンの自分にとっては非常に記念すべきエピ。
今まで恋バナからまるっきり置き去りにされていたホークス先生に・・・やっと!やっと女の影が!!
あんまり何も無いので、Gの方向に設定が持っていかれるんじゃないかと思って心配していたのだけれど。(ていうかそれ、中の人にとっては真剣に何もなくてほんとに心配)

研修医時代のホークス先生・・・彼にもERのカーターくんっぽい時代があったのだな。
ホークス役のHill Harperは、10年ほど前に1シーズンで打ち切りになった「City of Angels」という医療ドラマ(主演は「LAロー」のロリンズや「ダーティセクシーマネー」サイモン・エルダー役のlair Underwood)に若きインターン役で出演していて、これがまた全然映像が残っていないので、今回のエピがまるで昔の映像を持ってきたように見えて嬉しくなってしまった。
ちょっと髪を伸ばすと若返りムードなのだな。後半の回想シーンではちょっと短くなってた気がするけどきっと気のせい。
捜査の方に力点がおかれているせいで、恋愛要素は要所要所をはしょって駆け足だった感じ。カーラから久々に電話がかかってきた時のホークスとか、受け止められずにいた時期のホークスとか、欲を言えばもっと細かく見てみたかったのだけれど、そしたらCSIという科学捜査ドラマとしてはバランスが悪くなるからしょうがない。
他のメンバーが恋の花乱れ咲きになってる現状、ホークス先生の恋愛ネタ少なさすぎなのは否めないが・・・でもまぁ「彼女がいた」っていう実績があったっていうだけでいいかなー。
マックみたいに、恋愛現役で相手がシーズンごとに変わるっていうのも見ていてしんどいものがありそうだし。本人はやりたいみたいだけど、こんなんでもう当分いいですとかわがまま言ってみたりして。

しかしホークス先生は、もともとマックと対等なポジションにいたせいか、裏切ったり逆らったりする時にためらいがないから怖い。
そしてマックも相変わらず性格が硬いから、二人が対立するとダニーやステラの時とは違ったぶつかり稽古が見られてハラハラしてしまう。
ダニーの危うさはいつか一線を超えた間違いをおかしそうな怖さがあるが、ホークスの場合はそういう迷いのエリアをはるか遠くからさらっと飛び越えて、さっさとレッドゾーンに踏み込みそうな感じのところが・・・
そんな場面を見るような局面がこの先来ないといいなと、今回マックとホークスの対立シーンを見ながら思ってしまった。なんだかんだでマックがしっかりしている限り、ホークスをつなぐ糸は切れたりしないだろうけど。
普段は見ない、落ち込んで感情的なホークスの一面を見ることができたので、色々とこの先のキャラクター展開を想像してしまった。

このところ、別々のチームで違う事件を捜査ってあんまりなかった。メモをとりながら「こういう時に限って、実は二つの事件がひとつに繋がる」みたいなーとか笑ってたら、その通り。
脚本チームったら・・・素人が予想できるようなオチにしちゃだめ!
しかし、シドがマックとステラを誘って、地下鉄のパフォーマーを聞きに行く、というラストはなんだか心にしみた。NYのような大都会でも、見知らぬ同士が心を通わせる一瞬を大事にして生きているんだなと・・・そんな一瞬の温かさをもたらしてくれた、シドの心の優しさが嬉しかった。


【 脇俳優チェック 】

◆地下鉄の歌手トレイ・フェイガー .... Alex Band
オフィシャルサイトあり。
THE CALLINGのボーカル。映画「コヨーテ・アグリー」で使われた「Where You Will Go」でブレイク。
現在はソロ活動も行っている。
私生活では、女優のJennifer Sky(「CSI:マイアミ」でスピードルの死後彼を頼ってきたAV女優クッキー・ディヴァイン役など)と2004年に結婚したが、2009年に離婚。

◆ウェディングショップの目撃者マリー・ロウ .... Meg Cionni
「グレイズ・アナトミー」第4シーズン13話「さらけ出したハート」では、妊婦のニッキー役。胎児の心臓が体外に飛び出しているため、アディソンがLAから呼び戻され彼女のオペを行うことに。

◆バスタブ事件被害者エリナ・ラヴェール .... Bonnie McKee
Myspaceのページあり。
デビューアルバム「Trouble」でシンガーとしても活躍する他、女優としても映画に出演するなどしている。

◆マリーの婚約者コリン .... Eyal Podell
「24」第7シーズンでは、メイヤー上院議員の第一秘書のライアン・バーネット役。実は裏でテロリストとの結びつきが・・・
「Dr.HOUSE」第4シーズン12話「変わりゆく人生」では、ユダヤ人花嫁が結婚しようとしていた夫のヨナタン役。信仰深く、ハウスの診断が信用できないと主治医の交代を求める。
「CSI:5」4話「鏡よ鏡」では、遺体発見当時エボラ出血熱を疑われて大騒ぎになった被害者ジュリー・スターンの息子役。エボラ疑惑が消えた後、ヒ素による毒殺かと見られて息子が召喚されたが、若さに異常な執着を見せていた被害者が息子の存在をうとんじたため疎遠になっており、容疑は晴れた。
「FBI~失踪者を追え」第15話「さらわれた花嫁」では花嫁の「昔の男」で、プレパーティーで「花嫁は背泳ぎ(バック)が得意でした」などというスピーチをして顰蹙を買ったスタントン役で登場していた。
「アリーmyラブ4」16話「傷心旅行」で、リチャード・フィッシュが女性とホテルの部屋でハッスルダンスを踊っていたら売春容疑で逮捕されるのだが、その予備審理の担当検事ウープル役。ハッスルダンスを「腰ふり」と捏造してジョン・ケイジと対決していた。
「ザ・ホワイトハウス4」5話「再選に向けて」では、ニセの国家安全保障局担当官マイケル・ゴードン役で登場していた。ドナが前任の共和党次席補佐官秘書から「ホワイトハウスの庭には核ミサイルが埋まっている」とかつがれたことをジョシュが散々笑いものにしたため、ドナはマイケルを差し向けてジョシュをだまして仕返ししたのだった。
Check Clip to Evernote
 HOME 

プロフィール

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。