スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONES4 第3話「浮気の代償 」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2009 BONES 3 comments 0 trackback
トラック運転手が駆け込んだトイレが爆発するという事件が起こる。しかしブレナンたちが呼ばれたのは、そのトイレの中に遺棄されていた腐乱死体のせいだった。
頭部に銃創があり殺害事件と見られたが、異体ののどの奥には写真らしきものが挿入されていた。復顔してみたところ、既婚男性を誘惑して浮気させそれをドッキリで暴くリアリティショーの司会者ビル・オーロークの遺体だったことが判明する。
ビルはその番組の内容から、出演者全部に恨みを買っていたり、番組スタッフとも降板を巡って軋轢があったようで、容疑者の抽出は困難を極めた・・・

ブースはブレナンが肉体派のマークと知性派のジェイソンの二人を二股かけて付き合ってると知って、内心面白くない。ブレナンは自分なりの論理があって付き合っているので、なぜ責められるかわからない。
しかし男性二人がとうとうニアミスしてしまい、使い分けされていたことがバレてしまう・・・

--------------------------

アメリカの屋外に置いてあるトイレとか・・・考えただけでも使いたくないが、さらにそこに遺体となってつっこまれるなんて。そういう死に方だけはしたくないものだ。
でもって、生きてるうちでもトイレの内容物を検証する仕事にだけは就きたくない・・・

今回の事件は、浮気暴きドッキリのリアリティショー周辺の皆さんの爛れっぷりが微妙だったので、視点としては・・・やはりブレナンの二股問題に集中してしまう。
知的会話を一緒に楽しむ人と、肉体の快楽を楽しむ人との二股って、あまりにストレートすぎて苦笑してしまう。
まぁ、ブースは面白くないわな。自分がもし、って考えたら、両方を満足させられるとは思えないとか思っちゃうもんなぁ。ブレナンの男扱いって、男にとってはなかなかキビシイ現実を突きつけるものがあると思う。
そしてカミールがさらっと言った一言・・・「(二股を責めるのは)男の特権を守りたいんでしょ
・・・う~む。こんなラボで働いていて、女にウブでいられたザックってどうなんだ。

それにしても、事件を解決してしまうとFBIが出張ってくる必要は取り立ててなかったっていう感じがしないでもない。普通に市警の担当範囲内って感じ。
広域犯罪でもなく、連続性のある凶悪犯罪でもない。犯罪ドラマの場合、担当組織が捜査する正当性をきちんと設定として守ってもらいたいものだ。でないと結構もやもやするから。

しかし、ザックの穴は一向に埋まらないようで。
気に入らなくてもとりあえず雇って使ってみりゃーいいじゃんと思うのだが、基準がザックにあるのだから決まりようがない。
決める気ないだろ、とブースあたりにつっこんでもらいたいものだが。


【 脇俳優チェック 】

◆新しい助手の子デイジー ....  Carla Gallo
「Dr.HOUSE」第3シーズン19話「早熟」では、冒頭、幼い兄妹が預けられている児童センターで、兄ジャスパーの鼻血の処理をしている保母のジェニー役。
「ER」第7シーズン5話「希望への飛行」では、祖母にHIVポジティブであることを伏せられていた高校生のトラビスと付き合っていたため、HIVを感染させられてしまったGFのエマ役。カーターから告知されたトラビスはエマと喧嘩になり、ショックで飛び出して事故死してしまったため、エマはカーターのせいだと詰る。

◆ストーカーのノエル .... Scoot McNairy
初登場は第3シーズン4話「土の中の秘密」。第二の被害者エマのストーカーで、自分は愛されていると思い込んでいるが、実際は接近禁止命令を出されていた。
「マイネームイズアール」第4シーズン7話、「CSI:10」5話に登場予定。

◆ドッキリ番組制作のヴェロニカ .... Elizabeth Lackey
「Heroes」ではマットの妻ジャニス役。マットが頭の中を読めるようになって冷め切った夫婦関係が修復されたかに見えたが、マットの同僚と浮気していたことで結局破綻・・・
「ミディアム」第1シーズン2話「夢と記憶」10話「再会」では、ジョーの友人アラン(CSIベガスのホッジス役のWallace Langham)の妻カマラ役で登場。児童心理学者で、失語症の少年の治療に関して夫アランに嘘をついていたが、それをアランがアリソンたちに自慢したことで気まずくなる。
「CSI:マイアミ2」11話「造られた女」では、美容整形クリニックの看護師デビー役。
「CSI:科学捜査班」第1シーズン15話「歪んだ愛」では伝説のショーガール、ポーシャの留守を預かっていると自称する夫婦の妻アマンダ役で登場。実は夫婦ではなく兄妹で、セレブを殺して財産を巻き上げまわっていたのだった。
「Shark」第2シーズン12話に登場予定。

◆男をハメる役担当のホリー .... Jill Wagner
アメリカ版「風雲たけし城」として知られる「Wipeout」の進行役をつとめている。
映画「ブレイド」のドラマ版「ブレイド ブラッド・オブ・カソン」では、クリスタ役でレギュラー。双子の弟の死の謎を解明するため、ブレイドと協力してヴァンパイアと戦う。
「名探偵モンク2」14話(NHK放送順による。実際は第3シーズン7話)「モンクはスーパー店員」では、ディッシャーが付き合っていたクリスタル役。

◆ドッキリ番組の管理担当ピート .... Tim Griffin
「NCIS」第3シーズン14話「コリアタウンの秘密」では、殺害された韓国系被害者サンの夫で、海軍兵士のポーター役。近所の証言でDVが疑われたが、実は暴力をふるわれていた被害者は彼の方だった。サンは永住権目当ての結婚だったが、ポーターの方は愛していた。
「グレイズアナトミー」では、第2~3シーズンにジョージの兄ロニー役で登場。ロニーとジェリーは「オマリー家の男」らしく釣りや車が好きだが、ジョージは男っぽいことがあまり好きではないために二人の兄からからかわれて成長したのだった。
「クローザー」第1シーズン12話「二度死んだ女」では、被害者リサが亡くなったと思ってすでに再婚してしまっていた夫ロイ・バーンズ役で登場していた。
「ER」第12シーズンの21、22話では、ニーラにガラントの戦士を告げにきた米軍のエヴァンズ大尉役。葬儀の準備を整えるために派遣されてきたが、ニーラは混乱しているし、クレメンテには怒鳴り散らされるしで、結構気の毒な役柄。
「ザ・ユニット」第2シーズン4話「危険な追跡」では、キムの娘セリーナにボブの仕事について聞き出そうとした怪しい男の役で登場。キムたちは寄せられた情報を元にウィリアムズとジェレミーに調査を依頼するが、男の黒幕は意外な人物だった・・・

◆被害者ビルの妻 .... Michele Greene
オフィシャルサイトあり。
「コールドケース」第5シーズン10話「掲示板」では、かつてのレイプ被害者の一人テシーの現在版役。弟と二人寄り添うように暮らしていたテシーは、警察に被害を訴えるがきちんと聞いてもらえず、それを後悔した担当婦警マギーに銃を与えられていた。
「NIP/TUCK」第3シーズン18話「ハンナ・テデスコ」では、昏睡状態の娘の顔面の皮膚を、事故で顔面の皮膚を失った親友の娘ハンナに移植して欲しいと依頼してきた母親イラーナ役。
「ザ・ユニット」第1~2シーズンでは、元ユニット隊員の妻シンシア役。危険な任務の割に手当てが厳しいユニットのメンバーを民間の警備会社に引き抜こうと、モリーたちに掛け合う。
「CSI:3」9話「流血のストリート」では、冒頭でタクシーに轢かれた少年トッドの母親ジャン役。実は前夫から逃げまわっており、週末にまた引越しを予定していたが、それが子供たちに誤解されて悲劇を引き起こしてしまった。
「シックスフィートアンダー」第5シーズン9話「境界」では、ネイトが倒れて運び込まれた病院の担当医役。
「LAロー」ではアビー・パーキンス役で第1~5シーズンにレギュラー。
「ブラザーズ&シスターズ」第3シーズン16、17話に登場予定。

◆ブレナンのデート相手で植物学者のジェイソン .... Rob Boltin
「CSI:NY4」4話「タイムアップ」では、タイムマシンを使って競馬を当てようとしたレオ・タイラー役。ブラウニング博士のタイムマシンを使って借金を返そうとしたが、マシンの故障で使うのを拒んだ博士を殺害してしまう。
「ラスベガス」第2シーズン20話「幸運のスーツ」では、冒頭「ディスコ・インフェルノ」の曲をバックに、派手なスーツで女性たちに振り返られる伊達男ボビー・サントロ役。ボビーは大物ギャンブラーの息子で、父譲りの幸運のスーツを着ていたが、客にワインをかけられてしみができてしまう。
「NCIS」第2シーズン4話「消えたパイロット」では、訓練飛行から行方不明になった海軍兵士ニューウェル役で登場。彼は、弟が恋人を妊娠させたことから、彼女の父の制裁から守ろうとするが間に合わず、復讐しようと潜んでいたところをギブスに説得されるのだった。
「CSI:6」4話「奇跡の星」では、謎の集団(カルト教団の信者たち)に夜中に自宅に侵入され、男性の遺体を置き去りにされた上に飼い犬を殺された、砂漠近くに住むコープランド夫妻の夫役で登場。
「ジョーイ」第1シーズン20~21話に、ジョーイが写真家のサラに対して本気になっているのに、サラがデートしている男リック役で登場していた。結局ジョーイがデートの最中に踏み込んでサラを取り返したのだが、そのデートにリックはアボカドのディップ「ワカモーレ」を作ってきていて、それがかなりおいしかったという。
「FBI~失踪者を追え」第5シーズン21話に登場予定。

◆ブレナンのセフレのマーク .... Brennan Elliott
「グレイズアナトミー4」2話「泥沼な私たち」では、夫婦で麻薬密造をしていて部屋で爆発事故を起こしてしまったデイヴ役。デイヴの息子ブライアンは自宅でドラッグを自然に摂取し続けた結果、幼くして中毒状態になってしまった。そのことに怒ったアレックスがキレたせいで、デイヴはブライアンを連れて姿を消してしまう。
「デスパレートな妻たち」第3シーズン14話「よみがえった記憶」では、ガブリエルがデパートのベッド売り場で出会ってデートにこぎつけた相手ルーク・パーデュー役。実はザックの会社の顧問弁護士の一人で、ガブリエルとのデート中にザックから「撤退しないとクビ」の指令が出てしまい、ガブリエルの年齢を理由にして逃げることに。
「コールドケース」ではリリーのかつての婚約者レイ役で登場。昔ハーレイに乗っている彼に魅せられて婚約まで行ったが、早すぎた婚約に迷い、さらに妹のクリスティーナに奪われたことで破局していた。第3シーズン14話「警報」で初登場。
「4400」第3シーズン後半に、エイプリルがつれてきた恋人ベン役で登場。しかしマイアはダイアナとベンが結婚すると予言。エイプリルのためにそうならないようにするダイアナだったが、運命からは逃れられず二人は惹かれあってしまうのだった。
「CSI:6」7、8話「銃弾のカオス 前・後篇」ではブラスとソフィアが巻き込まれた発砲事件&警官射殺事件で、捜査に参加していたキャロル巡査部長役。逃走犯リカルドを射殺した件で、丸腰の相手を撃ったという疑いをかけられたが、グリッソムの検証で正しさが証明された。
「FBI~失踪者を終え3」5話「リネットの場合」では、変身番組「アメリカン・クィーン」で優勝した失踪者リネットが、番組出演前に勤めていたレストランオーナーのハル役を演じていた。リネットは彼に思いをよせ、一夜を共にするが、ひどくすげなく捨てられた後姿を消すのだった。
「HOUSE」第1シーズン7話「罪と罰」で、ハウスが担当した患者は「眠り続ける妻エリス」だが、その夫エドが冒頭一緒にジョギングをしている友人アダム役で登場している。なんかやたらにいい男を起用したもんだと思っていたら、最後に・・・。
「名探偵モンク2」11話(NHK放送順による)「探偵免許はく奪」では、恋人を殺してバラバラにした犯人ポール役で登場していた。
「ダナ&ルー~リッテンハウス女性クリニック~」ではドクターのニック役でレギュラー。

◆ビルにハメられたジム・ドッド .... John Di Maggio
「FBI~失踪者を追え」第2シーズン13話「人生のルールと嘘」では、自己啓発セミナーのカリスマウィル(偽)の里子仲間リース・ランドール役。ウィルの失踪を利用して身代金目的誘拐に変更したものの失敗、最後にウィルにオルグされてしまった男。
「CSI:NY」第1シーズン5話「1マイルに1人」では、現場作業員のひとりマイク・ドネリー役で登場している。マックの尋問に「昨日は早く帰って家族にサービスしてたよ」とアリバイの説明をしていたひと。
声優としての活躍も多く、英語版「平成狸合戦ぽんぽこ」の竜太郎(日本版では福澤朗アナ)や、ディズニーアニメ「キム・ポッシブル」の悪役マッドサイエンティストのドクター・ドラッケンなどの吹き替えをはじめとして、「アニマトリックス」「ドクタードリトル2」などの声の出演作がある。
ドラマでは「バトル・オブ・シリコンバレー」でマイクロソフト社のCEOのスティーブ・バルマー役を演じている。(このドラマ、アップル社のジョブスは「ER」のカーターのNoah Wyle、マイクロソフトの共同創業者ポール・アレンはCCのカイトのJosh Hopkins)
「シカゴ・ホープ」第3シーズンにドクターアンダーヒル役でサブレギュラー。

◆被害者ビル・オーローク .... Dan Sachoff
「プリズンブレイク」第4シーズンでは、クランツの補佐役でしばしば登場している。
「Shark」第1シーズン3話「名外科医の苦悩」では、妻殺しの容疑をかけられた夫の勤務先の医局長で被害者と不倫関係にあったベンダーの、弁護士役で登場。スタークが手術映像の「映画祭」を開催してベンダーを追い詰めたため、彼は依頼人に免責と引き換えに事件の突破口を開く証言をさせるハメに。
「クローザー」第5シーズン3話に登場予定。

◆動画のハメられた男 .... Dave Shalansky
冒頭の、ビルの身元がわかったシーンで、みんなで見ていた番組動画の「ハメられた男」。
オフィシャルサイトあり
「ER13」23話「蜜月の終わり」では、ネットで知り合ったSM趣味カップルの、「合意の上で」のハードプレイの声を勘違いして、助けに飛び込んで殴られERに担ぎ込まれた隣人役。

◆動画のハメられた男の妻 .... Amanda Anka
歌手のポール・アンカの娘で、夫はドラマ「ブル~ス一家は大暴走」の主人公マイケルや、映画「JUNO」「ハンコック」などのJason Bateman。
スポンサーサイト
Check Clip to Evernote

BONES4 第2話「THE YANKS IN THE UK PART 2」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2009 BONES 2 comments 0 trackback
帰国の準備をしていたブースとブレナンだったが、寸前でプリチャード刑事に呼び戻された。あろうことか、ウェクスラー博士が自宅で爆死したというのだ。
二人は帰国を延長して、プリチャードに協力して捜査に加わることに。
現場はガス爆発事故の様相だったが、遺体はタバコを手にしていたものの、ウェクスラーは喫煙者ではなかった。しかも頭部に死亡前の傷があったため、これは事故ではなく事件だと見られた。
ウェクスラーに教えを受けていた大学の学生らはショックを受けていたが、発掘の助手をしていたシリルとヴェラによると、フランプトン(1話目の被害者ポーシャの父。富豪で発掘のスポンサー)が支援を打ち切ろうとしていたから激怒していたという。
そしてブレナンが遺体から紳士クラブのチップを発見したが、そこでポーカーをしていたウェクスラーは、連れによって無理やりに連れ出されていたことがわかる・・・

アンジェラはグレイソンとの離婚手続きが完了し、ホッジンスとやっと結婚できると大喜び。帰国するグレイソンをカミールが空港まで送っていくことになるが、飛行機が欠航になったため、二人はそのまま関係を持ってしまう。
そのことをアンジェラに言うべきかどうかカミールはスイーツに相談するが、アドバイスどおりに打ち明けたところ、アンジェラは「許す」と言ったもののその後の雰囲気があやしいことに・・・

--------------------------

初回スペシャルで2時間通しての放送だったが、本国でも2話続けての放送だったようで。勢いのあるドラマは色んなことやってもらえていいなぁ。(って、他の何を念頭に)
そういうわけで、脇チェックも1話と同じということで・・・

スペシャルのせいなのか、「そんなんでいいのか?」というようなとってつけたような設定もあったりしてたが、まぁスペシャルだし。
ウェクスラー、すごい使い捨て!ブレナンにあんな迫っていたおいしいポジションだったのに、即吹っ飛ばされてしまって・・・ブースがどんだけ呪ったんだかと思ってしまった。
なんとなく、ブースに容疑がかからないのが不思議。
プリチャードとウェクスラーは何にもないのかなぁと思ってたら・・・やっぱりあったんかい!プリチャードのキャラが急激に奔放な方向で固まっていって、ちょっとびっくりだった。
彼女も二話だけのゲストにはもったいないくらいだったが、そう思えるくらいがちょうどいいのかも。

なんだかんだいって、「イギリスなんか嫌いだー!」って叫んでいたブースが、サーと呼ばれたがったり、なんちゃって英国なまりで悦に入ってみたりと、すっかり英国かぶれになっているのがおかしくてかわいい。
首ふりボビーを大事そうに持ち帰るところを見ると、スコットランドヤードのご接待がよかったのだな、きっと。さすが英国、人の使い方を知っている。
それと、「細かすぎてよくわからないスタッフの遊びのこだわり」というか・・・多分紳士クラブに出てきたメンバーたちだと思うが、それの役名が「エマーソン」と「レイク」と「パーマー」だった・・・
そんな微妙すぎる設定・・・

アンジェラとホッジンスは結婚やめるだけかと思ったら、そんな中途半端なことはできないカップルだったわけで、根本的に破局してしまった。しかも原因が上司であるカミール。
うわーめんどくさい職場!そりゃザックの代理君(ひどい)も逃げるわ・・・。彼は最初から最後までかわいそうな立場だった。
カミールはもうちょっとまともなキャラだったはずなのに、どんどん壊れてしまって・・・。

しかし、絶対かわいいなんて思うもんかと思っていたスイーツたんが、とうとうかわいく見えてきてしまった!
アンジェラたちの騒動をまとめたつもりになって「えっへん」という表情になってる彼がちょっとかわいいとか・・・ああ私はどうしてしまったんだ。
あんないてもいなくてもいいキャラ(おい)とか思っていたのに!
Check Clip to Evernote

FOX特派員試写会 BONES4 第1話「THE YANKS IN THE UK PART 1」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2009 BONES 2 comments 0 trackback
次は「BONES」シーズン4の第1話です。
前回シーズン3の終わりで息切れしてしまった反省を踏まえて、10月からがんばってついていこうと思います。いやほんと。

ロンドンロケだとは聞いていたのですが・・・
そうか、ロンドンロケだと、俳優さんも英国俳優&女優さんなのですね。言葉の問題があるせいでしょうか、みっちりきっちり英国製で揃えられてしまいました。あああ、やられたーという気分です。
多分英国ドラマファンの方には、もっともっと出演情報があるのではないかと思いますが、自分はこれが精一杯かなぁ。

英国ドラマ、もっとこれから掘り下げていきたいという気持ちが強くなったので、ぜひFOXさんも英国ものを強化していただけると嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆BONES シーズン4

10月16日(金)23:00~ FOXにてスタート!


大人気!”骨“を頼りに事件を解決!ブレナンと相棒のブースの絆はさらに深まる!

学者肌で超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。この全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導くドラマ。二人の恋の行方は?!

 《FOXホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オックスフォードで講義をするため、ロンドンを訪れていたブレナンとブースだったが、そこにアメリカ人の資産家令嬢ポーシャ・フランプトンが殺害された事件が飛び込んでくる。ポーシャは不動産富豪のロジャー・フランプトンの娘で、タブロイド紙にプライベートヌードがすっぱ抜かれて話題になったセレブだった。
テムズ川に沈んでいた車の中から発見された遺体は、頭部に殴打した痕跡があり、殺害後に上流から流されたものと見られたため、FBIに合同捜査が要請され、ブースもブレナンと一緒に捜査に加わることに。
証拠物件のサンプルはジェファソニアンに送られ、カミールたちに調べてもらうことに。しかしそこにはザックの姿はなく、そのことがブレナンの心に依然後悔の影を落としていた。
ポーシャの父ロジャーには若い婚約者がいたが、継母というより友人のように何でもシェアする関係で問題はなかったという。ポーシャには公爵家の息子ハリーという恋人がいたが、検査の結果ポーシャは妊娠していたことが判明する・・・

その頃ジェファソニアンのアンジェラのもとに、書類上の夫グレイソンが訪れていた。アンジェラはホッジンスと結婚するため、グレイソンに離婚届にサインしてもらう必要があったが、グレイソンはずっとアンジェラを探していたといい、まったく離婚に応じようとしない。
そこでホッジンスはグレイソンになんとか話をつけようとするが・・・

--------------------------

ショッキングなシーズンファイナルとなったシーズン3、あれは夢だったんじゃないかと思うほどありえない終わり方だった。
しかし冒頭のオックスフォードでの演説でザックについて触れたので、否応なしに現実に直面させられた。そうか、ザックはいないのだ。

その落ち込んだ気分を駄目押しするように・・・あああ、オープニングにスイーツたんが出てる~!
ヤツはこのシーズンからレギュラーだったかぁぁぁ!!うそ~ん。別にレギュラーにしなくても・・・と妙に納得がいかない気持ち。
いや、別にスイーツたんのこと嫌いじゃないんですけどね・・・ザックからスイーツでは、かわゆい度が劇的に下がるわけで、そこら辺が残念というか。

それにしても徹頭徹尾、「パリのアメリカ人」ならぬ「ロンドンのアメリカ人」のブース、大暴れ。
アメリカ人の中でもことにカウボーイ気質のブースなので、何しろやることなすこと大雑把。それがロンドンではさらに増幅されて見える。
ブレナンが普通に落ち着いて見えるくらい、今回のブースはっちゃけ過ぎ。そんなに二人での旅行が嬉しかったのか?
ちょうど3rdのスタート時も特派員試写だったからしみじみ思い出してしまうが、一年前は不気味な人肉食とか秘密結社とかでおどろおどろしいオープニングで、それがそのまま衝撃のラストまでひきずられたのに、このシーズンのオープニングののんきなこと。
ブレナンはずっと口説かれ通し、ブースはイギリスに慣れずにブチ切れ通し。
そして事件の結末は・・・え?こんなん? みたいな。とりあえずロンドンで骨出したかっただけっすか?いや、見てて面白かったからいいんですけど。

まともに仕事してるのはザックの後釜君だけなんで、ザックの不在を思うとどうしても沈んでしまいがち。やはりここはShow must go onということで、スタートを明るくお笑い路線でさらっと流してくれたのはよかったのだと・・・そう考えたい。
いやー全然事件解決できてなかったけど、英国貴族にぶぶづけ食わされたってことでしょうがないとあきらめて、さぁ仕切りなおしてアメリカへゴーゴー!・・・と思ったら。

え?第2話もUK? でもってプリチャード刑事もウェクスラー博士も出てこないって?
続くからって今回の事件の解決編になるとかそういう感じではなさげ?う~む。

ところで、アンジェラの夫グレイソンがとうとう登場したわけだが・・・
カミールが見とれるほど、かっこよく・・・ないと思う・・・
・・・まぁいいカラダはしてるわけですが。首から上のイマイチさと、ムキムキの肉体とのアンバランスがステキーってことなのだろうか。
スイーツたんの妙なはしゃぎっぷりがチョットアヤシイと思ってしまったりして(おい)。

スイーツたんといえば・・・アンジェラを説得した時のたとえ話がいまひとつわからなかった。もう一度見ればわかるかなぁ。
まぁ、スイーツたんだからなぁ・・・このシーズン、全部オチは彼がもっていきそうで、それもちょっと。


【 脇俳優チェック 】

◆ロンドン市警のケイト・プリチャード刑事 .... Indira Varma
父はインド系、母はスイス系の英国女優で、イギリスで主に活動している。
英国ドラマ「内部告発」では、婚約者のベンとともに不正の内部告発を助けて正義を貫く有能な女弁護士アリーシャ・コール役。妊娠が発覚して守るものができたのに、告発を弁護したことによって二人とも弁護士事務所を攻めの姿勢は崩さない。
「ROME」ではKevin McKidd(「ジャーニーマン」のダン・ヴァサー役、「グレイズアナトミー」第5シーズンからオーウェン・ハント医師役など)演じる百人隊長ルキウスの妻ニオベ役。
映画「カーマ・スートラ愛の教科書」では、王と彫刻師との間で揺れ動き、愛の奥義を得ながらも国を滅ぼすきっかけになってしまう主人公マヤを、ヌード&ラブシーン満載の体当たりで演じている。

◆研究員クラーク・エジソン .... Eugene Byrd
ザックの穴を埋める形で捜査に参加していたジェファソニアンの研究員。第3シーズン1話「金庫室の晩餐」では、イラクに従軍したザックの後任候補としてチームに加わっていた。優秀だったが、ザックが帰ってきてしまって用済みに。
「ゴースト」第1シーズン7話「明日への手紙」では、手術後に亡くなって霊となった女性ホープの、手術に立ち会っていたナースのリー役。メリンダに問われて、ホープの死は医師のミスによるものだったが、自分の報告も握りつぶされたと話す。
「FBI~失踪者を追え」第4シーズン11話「父の遺言」では、仕事中に突然失踪した救命士のコール・ウォーレン役。彼女から「理想の恋人」と呼ばれるほどいい人だったが、過去に殺人を犯した事を隠しており、ギャングと関わった過去から抜け出そうとしていたが、昔の友人によって道が絶たれてしまう。
「女検死医ジョーダン」では第4シーズンから、新入りのシドニー・トルメイン博士役でサブレギュラー。
「Heroes」第1シーズンでは、ネイサンの選挙スタッフ役で3,4,5,18話に登場。演説の時には後ろに控え、ニキと寝て行方不明になったネイサンを探しに来たりしている、参謀的立場と思われる。
「サードウォッチ」第1シーズン16話「父親の資格」では、ドクが救助しようとしたストリートギャングのパペット役で登場。第2シーズン3話「灰色の4日間」にも再登場している。

◆アンジェラの行方不明の夫グレイソン .... Sean Blakemore
「CSI:NY3」11話「レイジング・シェーン」では、バーへの強盗&バーテンダーを撃った犯人を目撃し、それがホークスだと証言した、バーの用心棒ニック・デイヴィス役。
「コールドケース2」19話「チェス」では、被害者ジークの友人でチェス仲間のクライドの63年版で登場。白人を嫌い、ジークが白人のジュディスを連れてチェスに来たことを怒り、彼のGFマチルダがジュディスの夫に虐待されていることを教える。

◆ポーシャの父ロジャー・フランプトン .... Michael Brandon
オフィシャルサイトあり。「華麗な刑事デンプシー&メイクピース」など、70年代から80年代のテレビシリーズの顔として活躍したなつかしの俳優さん。
「アリーmyラブ」第1シーズン21話「刑事弁護士」と「ザ・プラクティス」第2シーズン26話「セカンドプラン」のクロスオーバーでは、夫殺しハンソン事件の担当としてドーソン検事補役で出演している。「ザ・プラクティス」では第3シーズン18話「鏡の裏側」でも再登場。
「きかんしゃトーマスとなかまたち」では、日本では森本レオが担当しているナレーション役を務めている。
イギリスのハードボイルド作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの作品を映画化した「レプスキー危機一髪/ロシア皇帝の秘宝」など、レプスキーシリーズで元刑事のレプスキー役を演じている。
「地上最強の美女!バイオニック・ジェミー」のヒロインジェミー役のLindsay Wagnerの二番目の夫(彼女は4回の結婚をしている)となるが、3年で離婚。「華麗な刑事デンプシー&メイクピース」で共演したGlynis Barber(「ジキルとハイド」のヒロインなど)と再婚して現在まで連れ添っている。

◆オックスフォードのイアン・ウェクスラー博士 .... Andrew Buchan
主にイギリスで活躍している俳優。
英国ドラマ「内部告発」3話「スクールビジネス」では、生徒の自殺について学校に問題ありと告発した教師ショーン・ノウルズ役。しかし彼の告発には、ライバル校による情報工作が隠されていた。

◆公爵家の祖母 .... Sheila Reid
映画「未来世紀ブラジル」では、虫がタイプライターの上に落ちて名前が打ち間違えられたため、誤認逮捕されてしまったバトル氏の妻役で印象的な演技を見せている。
ローレンス・オリヴィエ主演の「オセロ」では、キャシオの愛人ビアンカ役。

◆ハリーの父ボーナム公爵 .... David Yelland
「名探偵ポワロ」の「ミューズ街の殺人」ではアレン夫人の婚約者ウェスト下院議員役、「満潮に乗って」ではポワロの執事ジョージ役。
映画「炎のランナー」では、イギリス皇太子役を演じている。

◆フランプトンの弁護士 .... Simon Dutton
「ザ・ローマ 帝国の興亡」第2話「シーザー」では、シーザーを裏切って議会側に寝返った腹心のラビエヌスを演じている。
最初の結婚は、後にスティーブン・ソダーバーグと再婚した女優のBetsy Brantleyとだったが、離婚。現在はローレンス・オリヴィエの娘Tamsin Olivierと再婚している。
Check Clip to Evernote

BONES3 第6話「燃え尽きた優等生」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 19.2008 BONES 0 comments 0 trackback
ジェファソニアンの廃棄物処理用の焼却炉で、人体が燃やされた状態で発見される。被害者は若い女性と見られたが、その頭蓋骨を復元しようとしたアンジェラは、ジェファソニアンの優秀な実習生のクリステンだと気づいてショックを受ける。
アンジェラはクリステンから不倫をしていると打ち明けられており、またクリステンの父は、テンペランスが教わったこともある古代薬学の研究者だったが、政治的な理由でジェファソニアンをクビになっていた。また研究所に簡単に出入りできないことからそれらの事情から内部の犯行が濃厚とみられた。
ところが、クリステンが「父亡き息子事件」のゴルモゴンについて調べていたことが判明したことから、ゴルモゴンがらみの犯行ではないかという見方も浮上する・・・

そんな中、カミールは父親の誕生日にブースに一緒に来てくれと誘う。カミールは父に、ブースとの破局を報告しておらず、「いい子」として心配かけないようにふるまおうとしていた。
ところがそこにカミールの妹フェリシアがやってきて、ブースとカミールが不仲と見るや、ブースにキスをした・・・

--------------------------

スクインツがいっぱい!
初めてジェファソニアンの他の研究者たちが続々と出てきたエピだった。

せっかくジョージ・メイソンが出てきたのに、これ一回で終わりって残念~。テンペランスたちが彼の下でずっと働いてきたのだと思うと、なんだか不思議だ。
でもカミールの前のグッドマンおやじは「所長」で、カミールも「所長」を継いだと思ってたのだけど、ジェファソニアン研究所の「所長」ではなくてさらにその上がいたらしい・・・よくわからないけどまぁそういうことに。
しかしスクインツ揃いの研究員たちの中で、トップに立ってるのが胡散臭いジョージ・メイソンオヤジで、部下に手をつけたり妻の財産食いつぶしてるオヤジがいたりとか・・・スクインツっぽくない人はやはりいるわけで。そういう政治力に長けた人たちには浮世離れしたスクインツたちはかなわないわけだよなぁと、変なところで納得してしまった。
アンジェラがお茶する仲だったりする実習生で、父親が同じ研究所にいたというのに、娘の存在をまったく知らないというあたり・・・やはりテンペランスはスクインツの中でもピカいちにスクインツかも。人間関係にまったく興味がわかないのだな。

それでもテンペランスは最近ブースの影響で世間と折り合うようになってきたが・・・そういえば従軍していたんだっけという最近はその設定がどーでもよくなってきたザックは、スクインツの度合いに磨きがかかってきたような気がする。
「君は既婚者なのにホッジンスと寝てる。何が違うの?」
という、なかなか真をついたツッコミをかまして、今までの坊やキャラとは一味違うところを見せてくれた。
まーね・・・その「実は不倫なんじゃ?」という事実は誰しも触れないでおこうと思ってたことなわけで。そういう空気の読まなさ加減が、ザックの戦場からの帰還の理由だったような・・・

もう一人、ザック並みに空気が読めなくて「ゴルゴンゾーラ」とかオヤジギャグレベルを連発してみせるけど、なぜかテンペランスのことはきっちり読みまくっているブース・・・
相手のことを何でも知ってるという、普通にそれ、恋じゃ?・・・と思っても「どうせ寸止めするんだよね」とライトにスルーがこのドラマのお約束。
お約束と言えば、ブースとテンペランスの2ショットで締めくくられるラストって全体の8割くらいだろうか。いや、9割?このところそうじゃないエンディングを見ていないような気がする。

そしてブースは、テンペランスのことは本人よりよくわかってるのだけれど、姉妹の壮絶な機微については不得手らしい。
カミールの妹のフェリシアって・・・さすがカミールの妹だけあってツワモノ。ああいう姉妹の間にレフェリーとかジャッジとして入り込もうなんて、ブースもまだまだやね。
しかしカミールは親に「別れた」と言えないというが、ブースみたいな(スナイパーで非婚の子供がいる)男と「つきあってる」とは言えたのに?
その手の偽装恋人は、言えないでいるうちに周囲が突っ走って結婚話が勝手に進展するというのが古典的なパターンだったりするけど・・・そんな状況は勘弁、と思いつつも、ブースがそれで困るのもちょっとだけ見てみたいような気はする。


【 脇俳優チェック 】

◆ジェファソニアンの所長バンクロフト博士 .... Xander Berkeley
「24」第1~2シーズンで、CTUのLA支局長ジョージ・メイソン役を演じて知名度が一気に上がった。
「CSI:科学捜査班」第4~5シーズンには、ネバダ州保安官のアトウォーター役で登場している。歴代保安官同様グリッソムらに何かと捜査でプレッシャーをかける立場だが、第4シーズン9話「愛の毒薬」では車の爆発炎上事件に居合わせたため、一層プレッシャーが大きかった。
「ER」第5シーズン9話「幸せに ルース・ジョンソン」では、8歳の少年による友人殺害事件を担当した刑事役で登場。しかし犯人が8歳では逮捕することもできないと判断する。
映画「エアフォースワン」では、シークレットサービスだが実はテロリストの一味だったギブス役。
「ターミネーター2」では、ジョン・コナーの養父トッド・ヴォイト役。ジョンの足取りをたどってきたT-1000によって殺害されてしまう。
「アポロ13」では、NASAの広報担当ヘンリー・ハート役。
「クリミナルマインド」第4シーズン7話、「ボストンリーガル」第4シーズン11話、「ザ・ホワイトハウス」第7シーズン21話に登場予定。
「24」で共演したニーナ・マイヤーズ役のSarah Clarkeと結婚して、2006年に娘が誕生している。

◆クリステンの不倫相手アルドリッジ博士 .... Terrell Tilford
「24」第1シーズン24話では、CTUのデータ保管室の職員ポール・ウィルソン役。ジャックに命じられCTU内の監視映像を見せるが、何者かによって消去されていた映像のバックアップデータには、衝撃的な内容が・・・
「CSI:NY3」20話「ねじれた野望」では、遺伝子操作でヤギの糸などを作っている研究者クイン役で登場。
「CSI:5」1話「ラスベガス狂気の夜」では、ホテルで死亡していたコールガールのレイブンの恋人で、レイブンが働いていたストリップクラブの用心棒ジョージ・クレイブン役を演じている。ジョージはレイブンに暴力を働いていただけではなく、客をとらせていたという最低な男だったが、殺人は犯していなかった。

◆クリステンの上司エバン・クリムキュー博士 .... Scott Rinker
「ゴースト」第1シーズン17話「怒れる少年」では、メリンダは霊になった少年のため、かつて彼のシッターをしていた女性を探しに病院に行くが、そこで出会ってしまった幽霊の男性(レジー)役で登場している。メリンダはシッターの居場所を聞くために彼の願いを聞くと約束するが、それをすっぽかしてしまったため今後まとわりつかれることに・・・
「FBI~失踪者を追え2」10話「愛のかたち」では、失踪者ルークから高校時代にゲイだとからかわれていたリックの、現在のパートナーのカーティス役。
「クリミナルマインド」第2シーズン21話「殺人ハンター」では、人間を狩ることに快感を覚える犯人たちによって森に放たれた被害者の中の一人ルーク役で登場。

◆クリステンの父テッド・リアドン博士 .... Tom Virtue
「クローザー」第2シーズン12話「善行の果て」では、殺害された16歳の高校生カール・ネルソンの父親役。カールはコンビに強盗の真犯人について証言したため報復で殺されたのではと考え、「これが息子の善行の報いか?」と嘆き悲しむのだった。
「コールドケース3」13話「月」では、デビュタントパーティで死亡した被害者エマにライバル意識を燃やしていたランドンの父マシュー役で登場していた。娘のランドンは上流階級を鼻にかけるタイプの子だったが、マシューはエマの母と幼馴染だったためにエマに心配りをするいい人だった。
「クリミナルマインド」第1シーズン3話「パームビーチの爆弾魔」では、番組冒頭、爆弾の入った小包を持ち運んでいて爆発事故を発生させた保険屋クラーマン役。
「デスパレートな妻たち」第1シーズン10話「もう誰も信じない」では、メイシー・ギボンズが自宅でとっていた主婦売春の客のひとりで登場。メイシーは自分のことをバカにしているブリーについて彼に打ち明け話をしていた。
「名探偵モンク」15話でシャローナの息子ベンジーの野球のコーチ役、「Nip/Tuck」13話「エスコバル・ガリャルド」でエスコバルを逮捕したFBIのエージェント役、「CSI:3」13話「グリッソムとの対立」で医師役など、細かくゲスト出演が数多い。
他には「スタートレック」では何回かにわたって名前の違う役で出演している。
「アリーmyラブ」で、パイロットの時点ではアリーの父役でキャスティングされていたようだが、回想場面の声だけの出演だった?ようで、実際にアリーパパが出てくるエピではJames Naughtonが演じている。
「ブラザーズ&シスターズ」第2シーズン15話、「CSI:マイアミ」第6シーズン18話、「ボストンリーガル」第4シーズン5話に登場予定。

◆カミールの妹フェリシア .... Rochelle Aytes
「Dirt」第2シーズン6話「授賞式の夜」では、ハリウッドゴールド賞のプレゼンターをつとめることになっていた、野球選手との離婚歴のある女優ジャズミン役で登場。次第に挙動がおかしくなり、ろれつが回らなくなって倒れ病院に運ばれてしまう。
「CSI:NY2」14話「釘づけ」では、情事中に矢で射抜かれて串刺しになった二人カルロとミラベラに、カルロと関係を持ったため陰毛が付着していた女性役。セントラルパークでジョギングをしていたところで事情を聞かれた。
「Shark」第2シーズン14話に登場予定。

◆クリステンの同僚のタイラー .... Sam Jones III
「CSI:科学捜査班」第1シーズン3話「誘拐の罠」では、少女ひき逃げ事件に使用された車の持ち主の老人チャールズ・ムーアの孫ジェームス役で登場。チャールズは孫をかばって罪を認めるが、ウォリックとキャサリンに証拠をつきつけられてしまう。同シーズン22話「血塗られた足跡」では、服役中に殺人事件を目撃したことから、証言することで身の危険が生じるためウォリックが力を貸すのだった。
「ヤング・スーパーマン」では、クラーク・ケントの幼なじみ&親友のピート・ロス役でレギュラー。
「ER」では第12シーズン以降プラットの異母弟チャズ役を演じている。現在放送中の第13シーズンでは、5話でプラットのところに居候してきたが、今後プラットはチャズが家を出てきた悩みを知ってショックを受けることに・・・

◆ジェファソニアンの清掃員 ....  E.E. Bell
冒頭、焼却炉で遺体を発見した二人のうち中年男性のほう。
オフィシャルサイトあり。
「FBI~失踪者を追え3」6話「母と子の明日(前篇)」では、失踪者コリーン・マグラスと同じモーテルに住んでいる住民役。コリーンにかかってきていた電話を引き継いだシーンに登場。

◆被害者クリステン・リアドン ....  Millie Huckabee
「クリミナルマインド」第2シーズン3話「パーフェクト・ストーム」では、冒頭両親の元に暴行シーンのDVDが届けられた娘のローラ役。ローラは連続レイプ殺人犯の5人目の被害者だった。
Check Clip to Evernote

BONES3 第5話「ハロウィーンの悪夢」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 19.2008 BONES 3 comments 0 trackback
ハロウィンの迷路で、少年が本物のミイラを発見して卒倒する。
ミイラは10代の少女とみられた。身元を探し始めたところ、「自分の娘メーガンではないか」と両親が名乗り出る。しかしメーガンは2週間前に遊園地で行方不明になったばかりで、万が一殺害されていたとしても2週間ではミイラにはならない。
ところがその遊園地のお化け屋敷で、「ミイラを見た」と発作を起こして倒れた女性が救急隊員によって担ぎ出されていた。同じ場所で少女が二人行方不明になり、ミイラが二体発見されたことになるが・・・

アンジェラの夫探しに、新しい探偵のアンバーがやってくる。アンバーはあっさり夫を発見し話もしてくるが、彼はまだアンジェラのことを愛していて、家も建てたのだという。
アンジェラはあくまでも離婚を希望するが・・・

--------------------------

BONESにはクリスマスエピより、「骨」だけにハロウィンエピが似合うかも。

なんといっても、ハロウィンパーティの扮装が秀逸。
テンペランスがワンダーウーマン、カミールがキャットウーマンというヒロイン対決。テンペランスが勝ち負けにこだわっていたが、カミールに勝ちたいと思ったわけではなく、ワンダーウーマンが最強だと信じてるだけっぽいつーか。カミール似合いすぎ!超セクシー!!それ以上にテンペランスがワンダーウーマンを知ってることにびっくりだったわけだが。
確かダマグレでダーマがワンダーウーマンもどきにふんして、夢の中?でくるくるくる~をやっていたが、さすがに生身のテンペランスは回れない・・・
ザックが牛の後ろ足・・・って一番微妙。ホッジンスはタイタニックのスミス船長。でも普通に船乗りっぽいっていうだけで、この二人はちょっとインパクトが弱かった。
アンジェラのシェールは・・・一瞬浅草サンバカーニバル?とか思ったけど、そうかあれはシェールか!
そしてブースはスクィンツ、と見せかけてクラーク・ケントというオチに。スーパーマンは実は最強のスクィンツなわけだ。しかしあんな格好で作業をしてると、羽とか邪魔そう・・・。途中でカミールがキャットマスクはずしていたけど。
このハロウィンエピ毎年やって欲しいくらいだが、そういう希望を封じるためにかテンペランスが「毎年同じ」という設定で釘を刺されてしまった。残念。

しかしブースがピエロを撃ったのはなぜだろうと思ったら、ピエロ恐怖症だったのか!「ひゃっ」とか女子高生みたいな声を上げちゃって、かわいいことだ。何しろ「ボストンリーガル」のアラン・ショアとお揃いだ!(おい)
ピエロって存在自体やっぱり怖いと思うのだが、誕生日とかに呼ぶ、っていうのが映画やドラマで時々出てくるわけで・・・小さい頃にそうやって親からせっせとトラウマを仕込まれるのだな。
ブースがどんな経緯でピエロが怖くなったのかその辺を掘り下げてみたいものだが、ドラマの中では盛り込まれないだろうなぁ。きっと笑えるエピだろうに。
テンペランスが蛇が苦手というのは意外だった。首をつかんで振り回しそうなのに。

アンジェラの新探偵はとっても変な感じ・・・。なんだかシットコムにああいうキャラ時々いるよね、みたいな。
結局彼女は何がしたかったんだ。アンジェラを別れさせれば、彼をシングルにして手に入れる方向に一歩近づくんじゃないかと思うのに。逆に「彼に惚れたから、彼の希望をかなえてあげたい」というトンデモな使命感に燃えてしまったという。
でもこの結婚は一筋縄では解消されなさそうだ。イイからだイイからだ言われてホッジンスがかわいそうだったが、それでもきっぱりしてるアンジェラはスゴイ。
カラダじゃないのよ結婚は。(なんだそれは)


【 脇俳優チェック 】

◆お化け屋敷の死神グレッグ・リスコンプ .... Rider Strong
「PEPPER 恋するアンカーウーマン」では、ペッパーに片思いしつつ思いに気づいてもらえない専属カメラマンのチック役でレギュラー。
「ボーイミーツワールド」では、主人公コーリーの親友ショーン役でレギュラー。家庭的に恵まれているコーリーに比べ、複雑な家庭に育っているキャラクター。
ディズニーアニメの「キム・ポッシブル」では、ミドルトン高校のフットボールのスター選手ブリック・フラッグの吹き替えを担当している。
弟のShiloh Strongも俳優で、「CSI:6」11話「誰も知らない存在」では殺害された多毛症の青年ヘイデン・ブラッドフォード役を演じている。

◆探偵のアンバー・キプラー .... Azura Skye
「CSI:マイアミ」第1~3シーズンに、ホレイショの弟レイモンドの忘れ形見マディソンを産んだ女性スージー役で登場。
「Dr.HOUSE」第4シーズン4話、「ゴースト」第3シーズン6話に登場予定。

◆ピエロコスチユームの救急隊員 ....  Nathan Anderson
二番目の遺体を発見して過呼吸になった女性を運び出していた、実は犯人。
「FBI~失踪者を追え3」11話「16歳の誤算」では、失踪者の女子高生タラ・パターソンを診察し、妊娠を告知した無料クリニックの医師ジェイミソン役。当初、親友のネルの証言やメモから「ジェイミソン=タラの不倫相手」と目されていたが、ネルの証言はタラの行動を隠すための煙幕だった。
「ザ・ホワイトハウス4」18話「アラスカの悲劇」では、麻薬売買の前科があるために、シークレットサービスが監視つきでないと愛国婦人会のパーティに出席を認めないというマシュー・ランバート役。ジョシュはドナに「本人に悟らせないように監視しろ」と命じたため、ドナはずっと彼に不自然にまとわりつく羽目になる。
「NCIS」第2シーズン18話「スプリング・ブレイク」では、容疑者についての情報を提供した元同房の囚人ルーク・ウォルターズ役。ディノッゾはケイトに「囚人は嘘をつくから心を許すな」と言っておきながら、ルークが同じ学生会出身と知ると仲良くなってしまうのだった。
「ジョーイ」第1シーズン12話「ドンデン返しのクリスマス」では、新番組「ディープ・パウダー」の記者会見に来ていたレポーター役で登場。彼は他のキャストに対して甘い質問を投げかけていたが、他のレポーターはベテランのジョーイに対して本格的な演技論を突っ込んで聞いてくるのだった。

◆古着を売っていた牧師 .... Vince Grant
「CSI:7」12話「甘い死体」では、2ヶ月前から失踪していた娘が全裸死体となって発見された、ヴェロニカ・ソレンセンの父親役で登場。娘の検死解剖を渋るが、ソフィアの説得によってそれに応じるのだった。
「CSI:NY2」11話「悲しき罠」では、自宅にパニックルームを持っていた富豪のハンターの、精神科の主治医ドクターペン役。
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン13話「親の執念」では、チェット・コリンズが失踪した息子について、数少ない有力な情報としてすがりついた、失踪現場の州立公園で「犬を連れた男」を目撃したパークレンジャー役。
「CSI:マイアミ4」15話「壊れた男」では、連続カップル殺害犯レズデンが預けられていた里親の家で、一緒に里子仲間だったマズリー役で登場していた。マズリーは里親に虐待されていたレズデンを助けてあげた過去があったために、殺人リストから除外されたのだった。
「ER」第7シーズン14話「森の中の散歩」では、予防接種を受けていなかったせいではしかで命を落としてしまう少年ザックの父親役で登場している。
「クリミナルマインド」第3シーズン1話、「ザ・ホワイトハウス7」21話に登場予定。
妻は女優のJudith Hoag(「CSI:4」16話「向こうの世界を見た女」で、ピエロを宅配しては不倫してた妻役など、多くの作品に出演)。

◆小児科医で監察医のDr.ポタスカ ....  Terry Rhoads
「デスパレートな妻たち3」4話「巻き戻せない時間」では、フェアビューの名士Dr.ハワード・ケック役で登場。妻子がいるのにもかかわらず、アンドリューのホームレス時代に彼を「買った」ことがあり、ダニエルの歴史展で再会。ブリーはわざわざケックの妻にそのことを注進したのだった。
「ダーマ&グレッグ」第5シーズンでは、エドワードの会社の重役のハワード役。グレッグがエドワードに代わって会社に来たことで、自分の出世がくじかれてイヤミたらたら。
「ジョーイ」第1シーズン11話「マイケルはレインマン」では、ジョーイが審査員をすることになったベガス開催のミスコンのプロデューサージェリー役。ジョーイにボブ・サゲット(本人)を紹介してくれた。
「アリーmyラブ」第5シーズン5話「年下の男の子」では、ジェニーの母フランシスが20代の青年をパーティに同伴して投資会社をクビになった件で、恋人が若いのを理由にフランシスの会社との取引を絶った顧客役で登場。不当解雇裁判の証人として喚問された。
「コールドケース4」24話に登場予定。

◆被害者メーガンの母 ....  Judy Prescott
「コールドケース2」6話「デビルズプール」では、被害者の少女リタの母親役で登場。さえない少女だった娘を力づけ愛情を注いでいたが、実はリタのクラスメイトのティファニーの父と不倫関係にあったことで、少女たちの関係に影を落とすことになった。
「シックスフィートアンダー」第2シーズン4話「感情」では、シアトルでのバスツアー中に亡くなったモスバックの娘役。生前のモスバックは飛行機が嫌いだったから遺体を空輸しないでくれと言い張ったため、ネイトがシアトルに陸路で引き取りにいく羽目に。

◆被害者メーガンの父 .... Paul Cassell
「グレイズアナトミー3」8話「心の痣」では、娘のミアがベビーシッターの運転する車に轢かれた父親ハンソン役。ベビーシッターのアンナをハンソン夫妻は責めて追い出すが、仕事優先の両親よりミアはアンナに会いたいと言う。
「CSI:4」8話「殺さずにいられない」では、ショーガールジュリー・ウォルターズ事件の最重要容疑者デルホムの弁護士役で登場。
「NIP/TUCK」第1シーズン12話「アントニア・ラモス」では、ジーナにねだられてクリスチャンが連れて行かれたベビー洋品店の店員役で登場。
「ブラザーズ&シスターズ」第1~2シーズンではマキャリスター議員スタッフのモリス役を演じている。
「ボストンリーガル」第4シーズン10話に登場予定。
Check Clip to Evernote
 HOME 

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。