スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOX特派員試写会 「THE KILLING~闇に眠る美少女2」1話「決意」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 25.2012 試写会レポート 0 comments 0 trackback
お次は「THE KILLING」。こちらもネタばれを避けたい場合はご注意ください。



==================================================

【 THE KILLING~闇に眠る美少女 シーズン2 】

10月25日(木)21:00スタート!!

・放送日時:毎週(木)21:00~22:00
・リピート:(金)9:00~、25:00~
      (土)5:00~、20:00~
      (日)17:00~
・字幕、全13話

==================================================


(配布資料より)
リッチモンド逮捕の決定的証拠となった橋の写真が偽造だったと気づいたリンデンは、離陸直前に飛行機を降りた。そこへリッチモンドが撃たれたというニュースが飛び込んでくる。
上司オークスの家に行った彼女は、ホールダーを殺人課に配属したのは、橋を監視する郡保安官事務所のスローンだったと知る。
リンデンはカリフォルニア行きを中止し、信頼できない相棒とは距離を置きつつ、シアトルで捜査を継続することを決意する。


こちらリメイク版シーズン1と時期をずらして、スパドラさんで本家北欧版が放映されたもので、どうしてもその内容を比べて云々しないではいられないのだが・・・
私の周囲にも、後から放映された本家の最初数話があまりにリメイク版と内容がトレースしていたので、同じものを二回見なくてもいいかなーと判断して途中でやめた、という人が結構いたりした。
でも本家を最後まで見通した人にはわかるのだけれど、最初のうちはお土地柄くらいしか違わなかった本家とリメイクが、回を追うごとに話がズレていって、リメイク版のシーズン1が終了する話数の13話あたりではもう全く別のドラマになっていたのだ。
本家はシーズン1の20話で少女殺害事件が完結しているので、「リメイク版もなんだかんだで最終的には本家と同じラストを迎えるのでは」と思っていたむきもあったりしたのだが・・・

しかしこちらのシーズン1のラストでそんな予感はしていたけれど、今回試写でシーズン2の1話目を見て・・・
「本家と犯人は別」ということだけはしっかり結論が出ているわけだ。えぇもうそれは間違いなく。だって・・・あっちでの犯人が・・・ねぇ。

それをシーズンオープニングでやってみせるあたり、「同じような結末は意地でも出してやるもんか」という脚本陣の熱意はとっても伝わった。
市長選の行方も、被害者一家の事件とのかかわりも、相棒刑事とサラの関係も、シーズン2の1話目だけで「同じようにするつもりはまったくございませんのでそのおつもりで」と言い渡された感がひしひしと。
それだと今後どうするんだろう。
シーズン1に出てきた中に犯人はいるのだろうか。いるようないないような、結構微妙なところだ。「もしかしたらあの人?」だらけで、誰が何の理由で怪しいのかもうすでにわからない。
しかも本家の方のキャラの印象が強かったりしたもので、市長候補はあっちの方がイケメンだったとか邪念も入って色々混ざってしまう。
ラーセン一家のパパのスタンだけは両方同じような俳優さんなので、そこだけは安定しているのだが、ママのミッチがそういえばどこかに行ってしまった件もあってどんどん問題が山積みだ。

そういうわけで、今のところはロージー殺害犯が誰かという手掛かりの片りんすらまったくつかめていない。
(本家でも、わかったのはラスト2話くらいだったのだから、新シーズンの頭でわかるようにするとはとても思えないわけだが)
手がかりらしきものとしては、「日本のマンガのタトゥーをした男」の存在が浮上してきたことだろうか。その伏線なのか、ジャックが「日本の漫画」を読んでいた!
日本の漫画がアメリカのドラマで出てくる時は、大体アメコミ風装丁がほどこされてるのだが、あれは日本の漫画じゃなーい!ってそれはさておき。

謎が解決するどころか、さらに謎が深まった感があるTHE KILLING、無事にサラは事件を解き明かすことが出来るのだろうか。
どうせ「事件は解決、息子と二人でサラは幸せに旅立つのでした」なんてラストはあり得ないと思われるので、せめてかわいげがない息子でもジャックの命だけは無事でお願いします。
サラが不幸になって終わるのはしょうがないとしても(おい)、ラーセン一家は立ち直って次に向かって歩き出すような終わり方であってほしい。
(そういう意味では本家のはまぁ納得のラストであったわけで)
アメリカからの情報だと、シーズン3以降は、別の局での制作&放送を目指して受け皿を模索している最中(現状見通し立たず)らしい。
ということは・・・最低限の希望としては、「ロージー殺害犯くらいは逮捕して」かなぁ。

サラ以外全員怪しすぎ・・・


【 脇俳優チェック 】

◆元郡保安官事務所スローン .... Brian Markinson
「CSI:11」7話「名前の落とし物」では、個人情報監視サービスIDプリザーブの警備主任ジュリアス役。廃棄物処理場の粉砕遺体の容器から彼の指紋が検出される。
「ザ・ファーム 法律事務所」2話「第2章:自白の行方」では、ミッチの依頼人が少女殺害容疑をかけられていた事件で、自らそれを含む連続殺害を自白してきた男カルビン・パーカー役。ミッチは裁判で彼の無罪放免にするが、調査の結果衝撃の真実に気づく。
「ルーキーブルー」第2シーズン8話「ブルーガイ」では、顔が強盗追跡用の染料で青く染まっていたため逮捕されたブルーガイ役。彼が完黙して語らないため、クリスが留置所に潜入して情報を引き出すことに。
「サイク/名探偵はサイキック?」第1シーズン9話「ショーンvsレッド・ファントム」では、ガスとオハラの大好きなコミック「グリーン・スピリット」「レッド・ファントム」の作者ヒルツ・クーラー役。しかし彼の作品は映画化されたことで駄作になっていた。
「NCIS」第4シーズン17話「棺に隠された秘密」では、霊廟で海軍兵の棺の爆発事件が発生したために、安全確保のために呼ばれた爆弾処理班隊長役。
「シャッタード 多重人格捜査官」では、ベンが診察を受けている精神科医役。ベンから酒臭く依存症ではないかと疑いをかけられる。
「Lの世界」第5~6シーズンでは、ジェニーが監督することになった映画「レズ・ガールズ」のプロデューサーアーロン・コーンブルース役。
「スーパーナチュラル」第1シーズン4話「悪魔からの伝言」では、ユナイテッド・ブリタニア航空の墜落事故で、原因究明のためディーンに助けを仰いだ警備責任者のジェリー役。
「ダークエンジェル」では、ローガンに協力して医療行為を行うドクター・カー役。

◆市長の側近アバーニ .... Colin Lawrence
「アルカトラズ」5話「看守ヘイスティングス」では、「レイの店」のバーテンダーJT役。とはいっても、レイがゴミを出そうとしている横に立っていたり、閉店時に帰りの挨拶をしている程度のわずかな出演。
「スーパーナチュラル」第5シーズン3話「それぞれの道」では、狩りをやめたサムがボビーに頼んで来てもらったハンターのレジー役。悪魔から最終戦争の引き金を引いたのがサムだと聞いて、サムのバイト先の娘リンジーを人質にとってサムを脅す。
「バトルスターギャラクティカ」では、パイロットのスカルズことハーミッシュ・マッコール中尉役。
「4400」第2シーズン3話「奇跡を売る男」では、リリーとリチャードが身を寄せた4400仲間エリックの近所の住民デヴィッド役。彼は妻のタラがリチャードと親しげに言葉を交わしているのが気に入らず、嫉妬のあまり二人を政府に通報する。

◆リッチモンドの執刀医 .... Andrew Airlie
「フリンジ」第2シーズン7話「マインド・コントロール」では、マッシブダイナミックの機密の研究者カーソン役。彼の息子タイラーが誘拐され、犯人を追いつめた警察の部隊が異常行動によって全滅するという怪奇現象が発生する。
「スーパーナチュラル」第1シーズン8話「蟲」では、高級住宅の開発業者ラリー役。その開発を行った土地に原住民の呪いがかけられていたため、サムとディーンはラリー親子と一緒に呪いに巻き込まれる。
「REAPER デビルバスター」では、サムの父オリバー氏役。重病だったオリバーは自分の健康と引き換えに悪魔に息子の魂を売ってしまったというトンデモな父親。
「Dr.HOUSE」第1シーズン1話「診察嫌い」では、ハウスがカディから押しつけられた外来患者役。彼の全身がオレンジ色という症状を見てハウスは「ビタミンの取り過ぎ、奥さんが浮気してる」と診断。
「トゥルーコーリング」19話「D.O.A.」では、心臓発作で突然死してモルグに運ばれ、トゥルーに「助けて」をした医師のコルビン役。トゥルーは彼を助けようとするが、ジャックの妨害に悩まされることに。
「名探偵モンク」第1シーズン10話「消えた証拠死体」(DVD版による NHKBS、AXNでは9話「消えた死体」)では、シャローナのデート相手ショーン役。
「4400」ではリリーの元夫ブライアン・ムーア役。リリーの失踪後築いていた新しい家庭を守るため、弁護士のブライアンはリリーから親権を剥奪。しかし後にセンターから逃げようとするリリーに手を貸すように。
スポンサーサイト
Check Clip to Evernote
 HOME 

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。