スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!4 第8話「ホプキンズ家の息子」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2009 FBI~失踪者を追え 3 comments 0 trackback
【 失踪者 : ショーン・ホプキンズ 】
FBI着手:失踪13時間後

ラリー・ホプキンズとスーザン夫妻の息子ショーンは、「10時には帰る」と仲間との待ち合わせに出かけたが、ラリーは12時を回ってもショーンが帰宅していないことに気づく。
二人は心当たりや知り合いの家にあたったが居場所はわからず、万策尽きて捜索願を出すことに。すると、警察だけではなくFBIのマローンチームがやってきて、誘拐や事件を想定した捜査を開始、そしてラリーとスーザンを別々の部屋で質問し始めたことで、二人の不安は次第に膨らみ始める。
そしてスーザンが隠していたショーンの飲酒や、ドラッグを買っていたらしいこと、オンラインポーカーをやっていたことなど、ショーンの知らなかった一面が次々に明らかになっていったことで、夫婦は事件に押しつぶされそうになっていくが・・・

----------------------------------------------------

失踪家族目線で見た失踪班のお仕事、というエピ。
そういう描き方なので、いつもの失踪者が「ふっと消える」という演出がなかった。

FBIの捜査は、とにかく家族に対して「無駄な期待」を持たせる態度を見せたり、そういう情報を与えたりはしない、っていうのが徹底されている。
普段のジャックたちを知らなかったら、「うっわ、いかにもFBIって感じのイヤ~な人たち!」と思ってしまうほどの冷淡さ。決して家族をポジティブに励ましたりはしないし、家族が失踪原因かもしれないので距離を置いて冷たい視線を投げている感じ。
「Good Cop, Bad Cop」を徹底してやってるような感じで、ヴィヴはその点フォローに回ることが多くておいしいところを持っていってるように見えるが、実はあの立場は一番しわ寄せが大きいのかもしれない。
夫婦別々に尋問しているところも、いつものエピだったら、ジャックとマーティンが裏で「あれは母親が怪しいですね、何か隠してますよ」「隠してるって、何をだ?」「浮気でもしてるんじゃないですか?」とか語り合ってるのが見えるようだ。
でも、それが実際我が子が失踪しているという家族の不安な気持ちには、かわいそうなくらいどんどん積み重なっていくプレッシャーとなっている。失踪班がムダに有能なので、息子の姿は発見できなくても、あっという間に学校で息子とつながってるドラッグディーラーを発見してきたりするので、昨日までは平穏だった家庭が数時間のうちに秘密だらけの崩壊寸前に陥ってしまうという事態に。

それでもなんとか持ちこたえられたのは、最後は家族が絆でちゃんとつながっているからなのだろう。
次第に明らかになっていく事実で浮き彫りになっていくショーンの姿に、「あぁこの子を育てた家なら大丈夫だ」と思わせるような、そんな家族だからこそハッピーエンドで終わってほっとした。
いつものパターンならそんな「いい子」なら、なおのこと容赦なく悲劇に突き落とされたりするから・・・

デス妻のジュリーがベッキー役で出演していたが、このエピの撮影はちょうどデス妻初期の初々しかった頃なので、懐かしい感じがした。何しろ今はすっかりオトナの女に成長してしまったからなぁ。
最近の写真なんて、髪の色と化粧だけでこんなに変わる?別人じゃないの?ってびっくりしてしまうほどだ。
ジュリー・・・何があったか知らないが・・・大丈夫か?

家族目線のエピだったので、捜査官たちの見どころがあまり多くなかった。
エレナなんてほぼ台詞もなかったので、非常に安心して見られたという(おい)。
普段はひとつの事件が終わるとそこで途切れて一件落着~という感じだが、実際は間断なく事件が発生して飛び回っているんだなというのがラストに垣間見えた。そりゃーあんなんだと捜査官の家族は置き去りなわけだ。
あらためて「お疲れ様」とジャックたちの肩を叩いてあげたくなってしまった。


【 脇俳優チェック 】

◆ショーンのクラスメイトベッキー・グロルニック ....  Andrea Bowen
http://www.andrea-bowen.com/
「デスパレートな妻たち」ではスーザンの娘ジュリー・メイヤー役でおなじみ。
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第2シーズン15話「3日目の恐怖」では、連続少女拉致レイプ犯のもとから自力で脱出してきた8歳の少女ソフィー役。次の被害者を助けるためSVUではソフィーから情報を引き出そうとするが、母親が尋問させまいとする。
「サードウォッチ」第3シーズン4話「よぎる不安」では、犬の散歩の途中に父親が倒れた少女レイチェル役で登場。 除細動器をかけられる父の姿に驚いて止めようとする。
姉が二人、弟が二人、それぞれ子役から俳優活動を行っている。弟のCameron Bowenは「ER」第9シーズン12話「下町の聖人」で母親が肺炎で死に瀕している少年マーティン役、姉のJillian Bowenは「ER」第12シーズン16話「危うい状況」で通行人をはねた少女ケイティ
「クローザー」第4シーズン3話、「ゴースト」第4シーズン15話に登場予定。

◆母の回想シーンの幼いショーン ....  Benjamin Bryan
「CSI:4」9話「愛の毒薬」では、航空警察官の車が爆破された、すわ暗殺か?の事件で、本当のターゲットだった二重生活者のダンバーのメスキート側の息子ティミー役。彼の火山模型の宿題は母親が作ったのだった。

◆ ショーンの父ラリー・ホプキンズ .... Matt Craven
「ER」第7~8シーズンでは、エリザベスの医療訴訟の弁護を担当したカウンティの顧問弁護士役で登場。
「弁護士ジャック・ターナー」では、ジャックと一緒に無料法律サービスをしていた同僚ジョージ・ライリー役。

◆ .... David Goldman
「CSI:6」12話「哀しいライバル」では、自分の車によって押しつぶされていたシルビアの事故を発見した駐車場の警備員役。でも実は居眠りしていて事件発生を見逃したのだった。
「Dr.HOUSE」第5シーズン3話に登場予定。

◆ショーンの母スーザン・ホプキンズ .... Laurie Metcalf
「デスパレートな妻たち」第3シーズンでは、オーソン家の隣人の妻で、元妻アルマの件でブリーに「オーソンは殺人者」と忠告するキャロリン役で登場。オーソンの告発から夫ハーベイの浮気を知り、スーパー立てこもり事件を引き起こす。
「名探偵モンク3」11話「ここはどこ 私はだれ?」では、記憶を失ったモンクを自分の夫として世話するようになる女性コーラ役で登場。
「トイ・ストーリー」でアンディ坊やのママの声を担当している。(日本語版だと小宮和枝さんなので、ウィーバー声ですか)
「グレイズアナトミー2」22話「親子の絆」では、末期がんなのにもかかわらず、娘の将来を案じて本当のことを打ち明けないままに世話を焼き続けるカーバー夫人役で登場していた。彼女が娘のアメリアに打ち明けるシーンは第2シーズンの中でもかなり名場面だと思う。
その「グレイズアナトミー」でメレディスの父ザッチャー役を演じているJeff Perryは前夫。現在の夫Matt Roth(「デスパレートな妻たち」第3シーズンで、メアリーアリスの家に越してきた住民アート・シェパード役。リネットを立てこもり事件から助けたが、小児性愛者疑惑に)で9歳年下夫。38歳で彼との間に長男(前夫との間に長女あり)を出産していたが、2005年に50歳にして代理母を介して第二子をもうけたらしい。

◆ショーンが運ばれたER受付ナース .... Damali Scott
「ER」第12シーズン1,2話では、カウンティに研修で来たインターン役。アビーとニーラに質問すると、まるで逆のことをアドバイスされてどうしていいかわからなくなる。

◆ホプキンズ家に捜索に来た警官 .... Barry Sigismondi
オフィシャルサイトあり。
「デスパレートな妻たち」第2シーズン20話「引き裂かれた運命」では、ガブリエルが養子にしようとした赤ん坊リリーの父親で、高校フットボールのスター選手デイルのチームのコーチ役。牧師でもあり、壮行会でアツい演説をぶつ。
「ボストンリーガル」第1シーズン11話「シュミット参上」では、警官(フェリオンがらみ?)
「コールドケース2」13話「マシンガン」では、銃をスニーカーに替えて町から銃をなくそうという運動につられて、事件に使われた銃を提供した少年ジェイソンの父役で登場していた。
「CSI:科学捜査班」では制服警官役でしばしば登場している。
たくさんのドラマや映画に出演しているが、総じて警官・刑事役が多い。「ダナ&ルー~リッテンハウス女性クリニック」ではスティーブンス刑事役で全シーズンを通して登場している。「ER」でも刑事役、「ザ・シールド」では保安官、「ザ・プラクティス」では刑事役、「マルコムin theミドル」では巡査役・・・といった具合に本当に警察役が多い。

◆ベッキーの母マーシャ・グロルニック .... Cynthia Sophiea
「クローザー」第1シーズン6話「ネットに流された悪意」では、女性下院議員シモンズの娘がレイプ殺害された事件で、仲間に犯行を強要されて誤って殺害した実行犯のジェフリーの母親役で登場。
「PEPPER 恋するアンカーウーマン」13話「プロポーズの甘いワナ」では、地域住民の間で賛否を呼んでいた裸像の問題で、トルコから不法に持ち込まれたゼウスの祭壇の一部だと判断したシカゴ美術館のサンディ・ストルース役。

関連記事

▶ Comment

>Johnさん
あははは!確かに「はたらくおじさん」でしたね!
気球に乗って町を見下ろすんですよね。(古い古い)
このシーズン、結構色んな角度の切り口を試している感じで、大体シーズンが進むと4とか5くらいになると実験的になっていくんですよね。

>まめさん
ぐっ、そこ突っ込まれるとは(爆)
ツッコミどころが少なかったのもありますが、ちょっと時間がなかったので手抜きしました。
2009.03.04 21:51 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
珍しい!大文字色文字がない!(笑)
そうなんですよね~
興味深いエピも、捜査官中心な自分のような目からみると
どこつっこもう・・・みたいな
↑つっこんでナンボ(^_^;)

がんばれ失踪班~♪
↑それだけ?(笑)

2009.02.24 22:57 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
このエピを見ていた時に、ずっとあたまのなかで、
昔、NHK教育でやっていた「はたらくおじさん、はたらくおじさん」の歌が流れていました。
こういう視点で描くのは面白いですね。
好きなエピです。このシリーズは質高いと思います。BSは残念なことしたなあと今頃悔やんでいるかも。
2009.02.24 13:56 | URL | John #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1001-dea809eb

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。