スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス6 第5話「石油危機対策」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 07.2009 ザ・ホワイトハウス 2 comments 0 trackback
ジョシュはハイブリッド車を買いにディーラーに行ったものの、店にあったハマーが乗りたくなる。そこで試乗しようとするが、運転中に携帯を操作していたため、半年待ちで納車されたばかりの他の客のハイブリッド車に追突してしまう。
それならただの笑い話で済むところが、被害者がその様子を撮影して自分のブログで告発したため、一気に話が広がった。しかもそれが、企業平均燃費基準値を上げる修正案が下院で否決された時期と重なり、バートレット政権のエネルギー対策への取り組みそのものへの批判となる事態に発展し、党内からもつきあげをくらうことに。
そこでCJはジョシュに代替エネルギーサミットを召集させ、国内の各種代替エネルギー団体の代表の話を聞かせることにする。しかし会議は各団体の自己主張と別団体のこき下ろしに終始することになり、ジョシュは頭を抱えることに・・・

一方、トビーはCJの代わりに報道官として記者会見を行っていたが、あまりのひどさに記者たちはトビーを見限って、補佐官のCJのもとに情報を求めて殺到する事態に。
副報道官としてトビーのサポートをすることになったアナベスは、トビーに記者会見のコツとして「かしこく面白く」「女性を口説くようなもの」とアドバイスする。しかしトビーは会見の練習をさせられても、バカバカしいとキレてしまう。
チャーリーの大学卒業が決定し、ゾーイ主導でお祝いのサプライズパーティが開かれる。チャーリーはバートレットと「卒業したら辞める」と約束しており、次の仕事を紹介すると言われてしまう。
しかしレオが欠けてCJはまだ慣れない今の時期に辞めるわけにはいかないと、チャーリーは就職活動に本腰を入れられない・・・
そんな中、CJはレオから「大統領にチェスをさせるように」と言付かるが・・・

-------------------------------------------------------------

ジョシュって・・・就任から今まで、いくつ「致命的な失敗」をやらかしてきたんだったか。
「辞めさせろ」っていう話になったのは、さすがに民主議員を離党させたという事件の時くらいだったような気がするが、日本だったらこの追突事故ですら心を病むまでマスコミから追い詰められ、野党から参考人に招致されたり問責決議を何回出されるかわからないような。
ジョシュはそういうレベルで失敗をやらかしている気がするが、次席補佐官のプライベートのやらかしでまで罷免しろーとか追及しないのは、アメリカの政治環境がオトナなのかなぁ。レオがジョシュを首席補佐官に昇格させようと思わなかった理由がよ~くわかる。基本お子ちゃまなんだもの。

そんなだから、ドナが抱えてる問題にまで気持ちが届かないのかもしれない。やっとケイトがドナに寄り添ってくれたからその問題に光が当たりそうだけれども・・・
・・・そういえば、ジョシュがドナの気持ちに疎い状態なのを気づいてた人が過去にいたっけ。そう、第5シーズンに登場していたアンジェラ・ブレイク。ジョシュが離党事件で謹慎状態だった時に後任として予算折衝などを担当していたのだが、そういえばいつの間にか消えていた。
第5シーズンの11話「恩赦の権利」で、チャーリーの出席した大晦日のパーティに出ていたのが最後だった。彼女はもうちょっと使われるのかなーと思ったのだがあっさりいなくなっちゃったなぁ。
ケイトがドナの精神的フォローというのもちょっと唐突な感じがするが、この組み合わせは今後どうなるやら。

チャーリーの卒業後の進路は、その手があったか、という決着。首席補佐官の補佐官?あれ?正式名称はなんだっけ。CJの大岡裁きが光った展開だったが、それもまたレオの心配りの賜物だ。
レオはただ仕事の面でバートレットを支えてきたわけではなく、裏の女房役としてあらゆる点に心を砕いてきたのだな。
執務室にはいなくてもなお色濃く残るレオの影響力を受け入れつつ、しかしCJは自分なりのやり方でバートレットを支えていく決心をして、バートレットもそれを受け入れた、ある意味ここがスタートラインなのだというのがしみるラストシーンだった。

しかしアナベスって奇跡のトレーナーじゃないかと思ったりする。あのトビーを飼いならして成長させるんだからさすがだ。そして彼女は「サム部屋」に入ったのだな。
トビーのオフィスの隣の部屋は長いことサムが使用していた。そこでトビーとサムの師弟関係のさまざまなドラマが描かれていたのだが・・・
サムが去った後にウィルが入り、そしてトビーの策略でウィルが別館に追い出された後は、社会保障制度維持の時に秘密のミッションの作業場に使われたりと、このところはオフィスの主が定まらないこともあって、トビーのオフィスを撮影するという絵面もあまり発生していなかった。
それが、とうとうアナベスという新しい住人が決まったことで、久々に二つ並んだオフィスに入っていく二人、という風景を見ることができた。なんだか懐かしいような気持ち・・・そういえばその絵面がなかったせいで、このところトビーの壁うちボールも見ていないような。
このところトビーの存在が精彩を欠いている感じで、5thでは引退とかもほのめかしていたが、なるほどトビーに必要だったのは手ごたえのある副官だったんだな。ウィルはトビーの補佐という枠にははまらずに早めに羽ばたいてしまったし。サムの不在が実はここまで傷となってドラマに響いているとは・・・・
一時期トビーの部下だったリナじゃ、ちょっと存在感が不足だったらしい。アンジェラ・ブレイクといいリナといい、ガザのコリンといい・・・5thから登場したキャラクターはばっさり切られてもったいないことだ。
アナベスとトビーの掛け合い漫才がこの先いい感じに育っていくことを期待したい。


【 脇俳優チェック 】

◆インテリアコーディネーターのゲイル・アディソン .... Bonita Friedericy
「CSI:6」11話「誰も知らない存在」では、多毛症の双子アリソンとヘイデンの母役。我が子ながらアリソンの世話に限界を感じ家を出ていたが、ヘイデンには妹に「死んだ」と言わせていた。
「BONES」第1シーズンパイロット「墓地の眠れぬ魂」で、テンペランスが最初に手がけた事件の被害者、クリオ・エラーの母親役で登場している。
「ダーマ&グレッグ」第4シーズン16話「楽しきかなクラス会」では、ダーマとグレッグが名前を偽ってもぐりこんだクラス会の、偽の同級生ポーラ役。「名探偵モンク3」16話「評決に異議あり」では陪審員の一人として登場していた。
「FBI~失踪者を追え4」22話に登場予定。
この人は、「コールドケース2」で9話と23話で未解決事件班を、特にリリーの精神状態をどん底に陥れた、警察の資料室係のジョージ・マークスをブキミに演じたJohn Billingsleyの奥さんだ。

◆風力発電の研究者マッケーナ .... Rachael Harris
「名探偵モンク3」9話「ホワイトクリスマス」では、クリスマスパーティでモンクに卓上ほうきを贈った女性署員アリス役で登場。
「CSI:8」16話、「デスパレートな妻たち」第5シーズン8話に登場予定。

◆水素発電の研究者タイメンスキー .... Eric Lange
「NCIS」第3シーズン13話「海軍少佐誘拐の謎」では、海軍少佐アマンダが閉じ込められたベンツの所有者ウィリアム・ラファーティ役。彼はロリコンで、アマンダのめいを暴行した犯人だった。
「コールドケース3」18話「スポットライト」では、「キャバレー」を上演する劇団のピアニストのライル役。舞台では裏方でしかないが、実は自分が舞台に立ちたいという願望を持っていたために悲劇が・・・
「FBI~失踪者を追え3」18話「主よ導きたまえ」では、教会の合唱団の指揮者役で冒頭に登場。失踪者ステファニーが予定の練習に来なかったので通報したのだった。
「CSI:NY2」10話「マンハッタンキングダム」では、全身に文字を書かれてカーペットでくるまれて殺害されていた作家の卵の、担当編集カーラの夫ウィンガー役を演じていた。実は彼の生まれ持った病気が事件に大いに関係しているのだった。
「CSI:5」7話「狼少女」では防犯ビデオの係の男性役で登場していた。父の気を引きたいカジノオーナーの娘ジャネルに頼まれて、ビデオを工作していたのだった。
「ER 12」2話「拒まれた新生児」では、代理母のクレアが逆子で必要なのに帝王切開を拒んだため、障害を持って生まれるようなら引き取らないと言いはじめた胎児の実父ロッド役で登場していた。
「クリミナルマインド」第3シーズン19話、「ボストンリーガル」第4シーズン14話に登場予定。

◆太陽電池計画のアンダース .... Wallace Langham
「CSI:科学捜査班」のラボ職員ホッジス役でおなじみ。最初は上にへつらう毒舌家だったが、次第にそのあくの強さがかえって人気に。
「ミディアム」第1シーズン2話と10話には、ジョーの友人アラン役で登場。妻カマラの手柄を自慢げに言いふらしていた。
「Sex and the City」第6シーズン1話「ファーストデートの心得」では、キャリーがバリーとのパーフェクトデートのプレッシャーに負けないようにとウォーミングアップのためにデートした相手ウィリー役で登場していた。しかしデートの内容は散々。
「ヴェロニカ‘s クローゼット」ではジョッシュ・ブレア役でレギュラー出演。

関連記事

▶ Comment

発売日楽しみですね!
その後は放送ペースの関係で、多分順調にとんとんと発売されるのではないかと思うので、「まだ~?」って要望をガンガンあげていきましょう。

ジョシュがハマーだと、確かにホレイショですね(爆)運昇さんつながりで。
ジョシュとホレイショってほんとに真逆な感じのキャラなのに、それぞれの顔が思い浮かばないほどの演じ分けされてるから、すごいですよねー!
ジョシュが試乗したハマーは、真っ赤なハマーでした。ホレイショは警察車両がハマーだから、さすがに真っ赤とはいかないでしょうが、多分アレ乗ったら似合うだろうなーと思って見てました。

WATも超オススメですよ!
2009.03.08 10:37 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
TWW発売日のお知らせ、ありがとうございます。
楽しみです。・・あと3ヶ月の辛抱だ。

このエピガイを読んで思ってしまった事、ジョシュが
ハマーって・・・ホレイショ?!(笑)
吹き替えの声的に。。。イメージがそうなってしまいました。

この3ヶ月で、WATなんかも観てみたいと思ってます。

こちらこそ、宜しくお願いします。
2009.03.08 03:08 | URL | サト #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1008-27c2cdba

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。