スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち4 第1話「再会」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2009 デスパレートな妻たち 3 comments 0 trackback
【メイフェア一家】
ウィステリア通りに新しい住民がやってきた。スーザンはその住民を見て、以前そこに住んでいたキャサリンであると気づき、大喜びでみんなに紹介する。キャサリンは昔、夫と娘のディランとウィステリア通りに住んでいたが、なぜか突然姿を消し、今は医者のアダムと再婚して12年ぶりに戻ってきたのだった。
しかし彼女の空気を読まない仕切り魔の性格を見てみんな唖然としてしまう。
キャサリンは自分主催でパーティを開くが、そこでジュリーは、昔は大の仲良しだったディランが記憶喪失でまるで別人であることに愕然とする。ディランは心に傷を負っているようだったが、両親はなぜかそれを隠そうとしているのだという・・・

【スーザン】
マイクととうとう結婚したスーザンだったが、マイクが本当に幸せかどうか信じられず、すべて悲観的に考えてしまう。
そんな時、生理が不順だということで病院に行ったスーザンは、婦人科の担当医がキャサリンの夫アダムだったのでびっくり。しかもアダムから更年期だと診断されてブチ切れ、さらに悲観的になって落ち込んでしまう。
せっかくの新婚生活をブルーにすごしていたスーザンだったが、アダムがやってきて「間違いで、実はおめでた」と聞かされ一転、マイクと抱き合って大喜びするのだった。

【ガブリエル、イーディ】
ガブリエルの結婚式の日、カルロスから別れを切り出され首をつったイーディだったが、実際は本気で死ぬ気などなく、カルロスが帰ってくるタイミングでうまく助けられる予定だった。ところがタイミングがズレてほんとに首をつってしまう事態に。それでも間一髪助けが間に合って助かったのだった。
しかしその晩ガブリエルと駆け落ちする予定だったカルロスは、自分のせいで死に掛けたイーディを見捨てることができなかった。
結局イーディは無事に退院して、カルロスとのラブラブアピールをしてみせるが、それでもやっとお互いの気持ちが通じたカルロスとガブリエルは、それぞれのパートナーの目を盗んで会うように。そのためにガブリエルは、ウィステリア通りの家をヴィクターが売るようにと言っても聞かず、逢引の場所として残しておくのだった。
そんな状態をイーディは知ってか知らずか、カルロスに海外の隠し口座に気づいたことをほのめかしてきた。それを通報されたら再逮捕となるカルロスは、イーディと簡単に別れることができなくなるが・・・

【ブリー】
ダニエルの妊娠をカムフラージュして、自分が妊娠したことにしていたブリーだが、ご近所のおばあさんたちにおなかを触られそうになったり、腹にフォークが刺さったりしてそれをごまかしたりとトラブルが絶えない。
ずっと協力してきたオーソンまでが、これ以上嘘は続けられないのではと言いはじめるが、ブリーは決してゆずらない。
実はブリーはダニエルやアンドリューでの子育ての失敗を、今度の子供で取り戻そうという「再挑戦」だと考えていたのだった。それを聞いたオーソンはブリーを支えていくと約束する。

【リネット】
ガンを宣告されたリネットは、その後化学療法を始めていた。そのため髪の毛がすべて抜けてしまいカツラを使用していたが、そのことは周囲の誰にも打ち明けていなかった。
子供たちにも友人たちにもカミングアウトしようとしない妻にトムは「打ち明けるべき」と言うが、リネットは「同情されるのだけは耐えられない」と堅く口を閉ざすのだった。
しかし治療のための不調でもの忘れなどしていたため、チャリティイベントを仕切っているミュリエルから激しく責め立てられてしまう。
リネットはしばらくは我慢していたものの、結局パーティのみんなの前でカミングアウトしてしまう。
打ち明けたことで、仲間から向けられた視線が同情だけじゃないことに力づけられたリネットは、隠していた自分を反省し、「これからはみんな秘密はなしにしよう」と提案する。みんなそれに賛成するが、しかしそれぞれに抱えているものを打ち明けることはできない・・・

------------------------------------------------------------

とっても久しぶりのデス妻・・・
だってNHKのスケジュールで「1回休み」になったから、1年半待たされた格好になるわけで。
やはり久々に見るウィステリア通りのマダムたちは破壊力がある。「他のドラマにはない味」というか、やっぱりデス妻ならではだよなぁと思わせられる納得のやりとりが嬉しい。

新登場のメイフェア一家だが、アップルワイト家が期待の登場だった割にあっさり使い捨てで、3thでも新しい住民がいい化学変化をもたらさないまま終わってしまったことから、ちょっと疑心暗鬼。
でも「ブリーに張り合う仕切り屋」というキャラ設定はなかなかナイスかもしれない。このところブリーがパワーダウンしてるので、対抗馬として頑張ってもらいたい。キャサリンは次シーズンまで引っ張るらしいので、ブリーとの「完璧妻頂上決戦」に期待が持てそうだ。
ディランの記憶喪失は・・・まぁ最近ドラマ的には「記憶喪失ネタ」自体にすでに新鮮味がないから、どんな風にひねってひねってひねくり倒してくれるのか、見せていただこうじゃないかという気分だ。
それにしても、ディランを迎えた親友ジュリーは、中の人が一気にオトナになってしまって。ジュリーというキャラの成長をはるかに追い越して「老けた」のレベルになってきてるようだ。ジュリー用の小物とか衣装とかが似合ってないように見えるもんなぁ。

久々だと、スーザンのウザキャラでさえ懐かしく感じてしまう。
常々彼女は「自分で自分の幸せを破壊し、常に悪い方を選択する」キャラだと思っていたが、やっと結婚にこぎつけたマイクとの新婚直後なのに「やっぱりこの結婚は失敗だったのねぇ~!」発言が出たので「ほらねー!」とテレビの前で一人ぶんぶんうなずいてしまった。
しかし結局それは、オメデタによるホルモンのなせるわざだった、ということだったようだが・・・でもあれ、オメデタでなくても素で自滅的に破壊に向かったと思うんだな。
スーザンは乱世でないと生きられないというか、「アタシってカワイソウ」と思う気持ちが生きる活力なのだ。周囲を不幸に巻き込んでこそのスーザンなので、オメデタで幸せいっぱいのスーザンなんて1週ももたないのに違いない。きっと自滅の種をせっせと発掘してくることだろう。
ところで、NHKでデス妻より1週早く始まった「名探偵モンク6」では、モンクの吹き替えをずっとつとめている角野卓造さんの「角野卓造が語る名探偵モンクの魅力」というインタビューミニコーナーの企画が始まった。角野さんに語らせるというあたり、NHKにしては(すみません)とってもナイス企画。もっと早くにやって欲しかったくらい。
でも・・・NHKさん。それ、デス妻ではやらなくていいですから。絶対に。えぇ、色んな意味で。
とはいえけっこう「慣れてきた」自分がいるのが悔しいつーか。

スーザンと同時進行妊婦(じゃないけど)のブリーは・・・そういえばオーソンが完全に落ち着いてしまって、散々期待を持たせたワルぶりとか謎とかはなんだったんだという感じに。ブリーとハイタッチしてるオーソンなんて妙にかわいいじゃないか。
しかしメイフェア一家の夫アダムが婦人科医だというイジワルな設定になったので、ブリーの偽装妊娠にも暗雲が、ということになるのだろうか。近くに専門医がいれば、何かの時に気づかれてしまうようなことになるだろう。そもそも検診とかしてないわけだし。
「自殺がいかに自己中心的な行動かわかるわねっ!」で久々のブリー節が聞けてしみじみしてしまったが、1st当初にガチガチに固められていた完璧妻のメッキも相当にはがれてきているわけで。
それでもブリー自身はまだ「完璧な自分」に諦めがつかないと見えて、その最大の欠損部分である「子育ての失敗」を「育て直し」という荒業で乗り越えようとするつもりらしい。
・・・オーソン、止められないとしても止めるふりくらいしようよ・・・。その意図をアンドリューとダニエルが聞いたら、ただでさえ見捨てられ感からグレている二人がどうなるか。それに今度生まれてくる子供も、ブリーの完璧な人生を彩るパーツではないわけで・・・
ブリーの完璧暴走特急を止めるのは神様やお釈迦様でも無理かもしれないが、「マフィンを焼くようには子供は完璧に育たないもの」って誰かが言ってあげて欲しいものだ。言っても聞かないだろうけど。

リネットは今までで一番ショボくれたスタートかも。
レギュラー陣の中で、実は彼女の人生のふり幅が一番大きいわけで、シーズンごとに子沢山主婦→キャリアウーマン→ピザ屋のおかみ→闘病主婦と転変してきた。それでも今まではどんなに疲れても彼女のパワフルさは健在だったのだが、今シーズンは病と実母にパワーを吸い取られては、さすがのリネットもひとたまりもないようで。
かなり社会的に海千山千渡ってきた感のあるリネットも、病んでいては心が正しい判断ができないようで、「これからは秘密はなしに」って・・・それは無理無理無理。
あぁリネット衰えてるんだなぁと実感させられてしまった。少しでも元気になって欲しいものだ。何しろトムはトムだし、子供たちの中に悪魔がいるから並大抵ではないだろうが。

イーディが首吊りなんてらしくないなぁと思っていたら、案の定。
結局イーディもガブリエルも愛情に策略を持ち込んで失敗してしまうタイプなわけで。実際は純愛を求めているという少女のような部分を二人とも内側に持っているのだが、最後はいつも策略に持ち込んでダメになるんだな。
カルロスもいつも同じタイプを好きになって、同じパターンで失敗してるような気がするのに、ほんとにお三方とも懲りない懲りない。これで駆け落ちに成功しても、障害のなくなったカルロス&ガブリエルはすぐ冷めるだろうに。
イーディにしてもちょっと手の内を明かすの早すぎなんじゃ・・・。でもこのゴタゴタをウザいと感じずに楽しませてくれるのがガブリエルたちの魅力かな。それに対してなぜスーザンはやればやるほどうんざりするのだろう・・・

このシーズンは、脚本家協会のストライキの影響で17話と短い。あーだこーだしているうちにあっという間に終わってしまいそうな気がする。
ストライキ当時心配してあれこれ情報を集めていた関係で、結局このシーズンのネタバレをちょこちょこ目にしてしまったのだが・・・あぁ、むしろ来シーズンがとっても心配(おい)。
4thはその序章っていう感じがするので、ドキドキしながら波乱の展開を堪能していきたい。


【 脇俳優チェック 】

◆スーザンの旧友キャサリン .... Dana Delany
オフィシャルサイトあり。
「キッドナップ」では、息子を誘拐され家族の秘密に翻弄される、コンラッドの妻エリー・ケイン役を演じている。
「バトルスター・ギャラクティカ」第2シーズン16話「悲劇の銃弾」では、クラウド・ナインのラウンジを占拠し、シャロンの引渡しを迫ったテロリストの首謀者セシャ・アビネル役。
「ボストンリーガル」第1シーズン6話「秘密と嘘」では、かつてアランが大学時代に思いを寄せていた、今は市長夫人のサマンサ・フレミング役で登場。夫が不倫していることで悩んでいる彼女を見て、アランはそれを公にせずに彼女が有利な立場になるように、財産や権利を譲渡するよう市長に脅しをかける。
映画「グース」では、アンナ・パキン演じるエイミーが10年ぶりに再会した父トーマスの恋人スーザン役を演じている。

◆キャサリンの娘ディラン ....  Lyndsy Fonseca
「CSI:7」17話「青春のあやまち」では、高校バスケのエースライアンと共に行方不明となったチアリーダーのメーガン役で登場。錯綜した人間関係のもつれから彼女もまた罪を犯し、最後には半身不随となる罰を受けることに・・・
「Heroes」第2シーズン1話「4ヵ月後」では、クレアが名前を変えて新生活をスタートした高校の、チアリーダーの一員エイプリル役で登場。
「Dr.HOUSE」第3シーズン22話「うつ病」では、空手の立ち合いの最中に出血して倒れ、病院に運ばれたアディ役。実は台所用洗剤を自分で飲んでいたのだった。

◆キャサリンの今の夫で婦人科医のアダム .... Nathan Fillion
「LOST」第3シーズン6話「誓い」では、ケイトがかつて逃亡中に「モニカ」と名乗って結婚していた、警官のケヴィン役。
「バフィ~恋する十字架」第7シーズンでは、スレイヤー候補生を襲う神父姿の男ケイレブ役を演じている。
以前FOXで放送されていた「ふたりの男とひとりの女」では、シャロンの恋人ジョニー役で第2シーズンから登場、第3シーズンからはレギュラー。

◆リネットのママ友ミュリエル ....  Julia Campbell
「フレンズ」第7シーズン5話「素敵な婚約写真?」では、フィービーのデート相手カイルが離婚しかかっている妻ホイットニー役。フィービーは二人を早く別れさせようとロスに押し付けるが、ロスは意外と気が合ってしまう。そしてフィービーはカイルから、ロスはホイットニーから聞いた情報でお互いに喧嘩してしまうが・・・
一度離婚しているが、現在の夫は「ザ・シールド」のダッチことオーランド・ワーゲンバック役を演じているJay Karnes。
「Heroes」第3シーズン15話、「Dr.HOUSE」第5シーズン16話に登場予定。

◆リネットの母 .... Polly Bergen
初登場は第3シーズン23話「二人の花嫁」。歌手としても有名で、ハスキーボイスが特徴的。
50年代から活躍しており、「ブラボー砦の脱出」「恐怖の岬」「クライ・ベイビー」など多くの作品に出演している。
ジーナ・デイヴィス主演の女性大統領ドラマ「Commander in Chief」では、大統領の母親役で登場。

◆ブリーのおなかを触ろうとした老女マキーバーさん .... Pamela Kosh
「ER」第13シーズン4話「親であること」では、モリスが子供のサッカーの試合でほったらかしにした担当の尿道感染のおばあちゃん患者役。プラットがカバーしていたが忙しくてレイに丸投げし、レイはゲイツに丸投げした結果、容態が悪化した彼女にゲイツが勝手にセントラルラインを入れるなどインターンの分限を超えた治療を行った。
「マイネームイズアール」第2シーズン22話「めざせ! セールスマン」では、教会の給食室の改装のために電化製品を買いにきた老婦人役。電器屋の販売担当に回ってノルマに苦心していたアールは、彼女の大量購入に張り切って荷物を積み込むが、その隙にイジワルな先輩リックに売り上げを横取りされてしまう。

関連記事

▶ Comment

>かーすけさん
とり損なっただけで、見ることはできたんですか?後で見ようと思って失敗した、っていうのだとイタイですね・・・

>それいゆさん
やっちまいましたか!
NHKオンデマンドでもデス妻はラインナップにないようです。

今週の2話目はちゃんと見られましたか~?
2009.04.16 00:13 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
わ、わすれてた…………!!!!!!!!
2009.04.15 00:36 | URL | それいゆ #79D/WHSg [edit]
1話目取り損なった T T
2009.04.15 00:14 | URL | かー #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1023-f70c166a

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。