スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち4 第3話「暴露ゲーム」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 30.2009 デスパレートな妻たち 2 comments 0 trackback
【ブリー、スーザン】
スーザンはゲームパーティを開こうと提案するが、体調がよくないリネットをはじめみんな乗り気でない。そこに、ブリーがキャサリンがディランをぶっていたことをバラし、パーティにキャサリンを招いて真相を吐かせようと提案する。
そんな中、スーザンはアダムに診察されるのが気まずいからと、ブリーの産婦人科医を紹介してくれという。困ったブリーは電話帳から適当な医者を紹介するが、実はそこは治安の悪い地域にある不潔極まりない医院で、とてもブリーがかかっているとは思えないものだった。
その頃ブリーは、ダニエルが胎盤剥離で危険な状態だという知らせを受け、母としてそばにいてやらなくてはと修道院に出発しようとする。そこにスーザンからなぜ嘘をついたのかと責められ、ブリーは「何でも自分中心に考えないで!」と突き放すのだった。
結局ダニエルは持ち直し、ブリーはスーザンと仲直りすることに。しかし病院を秘密にした理由は「生まれてくる子供に問題があるから」と・・・

【リネット】
リネットは化学療法の副作用のため、吐き気や食欲減退に悩まされすっかり精彩を欠いていた。それを見かねた母のステラは、リネットにマリファナを勧めるが当然却下。
しかしステラはアンドリューに頼んでマリファナを入手し、自家製ブラウニーに練り入れたものを、パーカーを使ってリネットに食べさせることに成功する。そのおかげでリネットは元気を取り戻すが、だんだんハイになってしまい、スーザンのパーティのジェスチャーゲームで奇行を連発し、参加者をドン引きさせる。
リネットはそのマリファナ入りブラウニーをパーティに持っていってしまったため、ステラはあわてて回収しようとしてマリファナを入れたことがバレてしまう。
かつてステラはドラッグにおぼれていた時期があり、そのためリネットの昔をろくに覚えてもいない。リネットはその轍は踏みたくないから薬に手を出したりしない、となじるが、ステラも「母として我が子が苦しむ姿は見てられない」と言う・・・

【ガブリエル、イーディー】
カルロスとの関係が深まるにつれ、こそこそしたくないと思うようになるガブリエルだったが、カルロスはイーディとの件が片付かず「待ってくれ」と繰り返すばかり。
それぞれのカップルがスーザンのパーティに出かけるが、イーディはカルロスに婚約を口止めされたのにもかかわらず、わざと自分で買った大きな指輪を薬指にして、みんなに婚約をひけらかした。
それを見たガブリエルは激怒して、「カルロスでなくても男は私をほっておかない」とアダムにいちゃついて見せる。それを見て怒るキャサリンだったが、イーディに耳打ちされたジョンとの浮気のことをパーティの席でぶちまけて仕返しを。
ジョンとのことが初耳だったヴィクターは、政治家としての体面を第一に考えて対策をとろうとした。それに対してカルロスはアダムへの嫉妬をあらわにしていたことから、ガブリエルは「私の愛し方を知ってるのはあなただけ」とカルロスに惚れ直す。しかしヴィクターはカルロスに「自分がガブリエルの浮気を知ったら、相手を金でリスクを犯さずに殺す」とささやくのだった・・・

【キャサリン】
アダムは些細なことでキャサリンから嫉妬されてしまう。それは彼に過去裏切り行為があったからだった。そのためガブリエルがアダムにわざと接近した時にもキャサリンは簡単にキレて、ジョンとの浮気の件を持ち出したのだった。
しかしお返しにディランへのビンタの件やディランの父親のことを突っ込まれたキャサリンは、「ディランは父親からひどいことをされていた」と性的虐待を匂わせて場を黙らせるのだった。
キャサリンたちがパーティに行っている間、ジュリーにけしかけられたディランは昔の子供部屋に侵入する。しかしそこにキャサリンたちが帰ってきて、ディランは「もうジュリーとは遊ばないで」と言い渡されてしまう。

おばが退院してくることになり、キャサリンは開かずの部屋を片付けることになったが、なぜか部屋の床の傷を見て涙するのだった・・・

------------------------------------------------------------

リネットが元気で無敵な時のジェスチャーゲームはどんな風だったのだろう。さぞかしキビキビとして次々にジェスチャーを繰り出していただろう様子が目に浮かぶ。
それが・・・ラリってイーディの自殺ネタをジェスチャーに盛り込んでしまうという空気の読めなさ加減。はじける方向が逆だし。それにしてもマリファナを隠すのって、なぜいつもブラウニーなんだろう。60年代から綿々と受け継がれてきた知恵なのだろうか。
そういえばトムの店って今どうなってるんだろうか。トムは腰痛で店に立てる状況じゃなかったはずで、代理シェフが色んな意味であまりにデキすぎてて、評判が絶頂になったところでクビにしたんだった。・・・そこからトムが店に戻れてるのか、代わりのシェフは見つかったのか、店の評判はどうなったのか全然続報が聞こえてこない。
今シーズン、やっとパーカーが出てきたものの、ケイラは画面の隅っこにちらっとしか映ってなかったりする。リネットにはまだ山積する問題を解決するだけの気力体力がないだろうが、避けて通ってるうちにいろんなことが手遅れになっていそうで・・・
ところで、リネットが昔学芸会でやった「屋根の上のバイオリン弾き」のイェンテって、仕切り婆さんのイェンテか!テヴィエの娘たちじゃなくて、縁談まとめるのに燃えてる婆さん役、っていうあたり、リネットの昔からのキャラを物語ってるような気がした。

アダムがやってきたことでブリーの偽装妊娠はきっと困ったことになるだろう、と思っていたのだが、まずは直接ではなく間接的なダメージが。
スーザンに教えた嘘の産婦人科は、つぶれてるとか、産科じゃないとかだったりするのかな?と予想していたが、まさかあんな産婦人科があるとは。アメリカのピンキリは程度が違いすぎる。
内診なんてされたら、変な病気とか移されそうなのに、スーザン我慢しすぎ!スーザンの局部写メールはwebにアップされたか売りに出されたか・・・怖い話だ。
それでもブリーの「なんでも自分中心に考えないで!」には笑ってしまった。あぁブリーが普段思ってることが噴出してしまったのだな。もっと言ってやって欲しかった。
しかしまだ生まれてくる子供については嘘で固めるつもりのブリー・・・DVDをダニエルに持っていってあげようとする様子や、無事を知って感極まっているブリーをダニエルにぜひ見せてあげたいと思ったが、それでもダニエルやアンドリューの気持ちはさほど動かないだろう。
ブリーが奇麗事で表面だけ固めた子育てをまた続けるつもりなら、「産みなおし」も無意味で、第二のダニエルかアンドリューを作り出すだけのような・・・。

ヴィクターって、ジョンとの浮気のこと知らなかったんだ。ガブリエルは結構悪評が立ってるのに政治家の妻にしてもいいのか?と思っていたが、リサーチ不足だったのか。抜けてるなぁ。知ってたらさすがに手を出さないか。
それでも実はヴィクターはガブリエルの希望通りに、カルロス以上にジェラシーストームな男だったわけだが・・・ヴィクターはどこまでわかってるのか、実は「お前を消すよ?」っていう脅しになってるあたりがコワ~。
カルロスは進むも地獄、退くも地獄なわけだ。
そのカルロスが今回「いくら恋女房のためとはいえ、刑務所には・・・」と言っていたが、ましてやイーディのためには手を汚す気にはならなかったようで、あの依頼していたアルは殺し屋じゃなくて公認会計士だったらしい。
うーむ、予想が当たるか?でもそこをさらにひねってもらいたいところ。

キャサリンは・・・父親との性的虐待なんて言いふらされちゃったディランの立場は?っていう。
さすがにそれをディラン本人の耳に入れる人はいない・・・でもないか。イーディとかわからんからなぁ。
キャサリンみたいな母親の元で育つには、ディランみたいに記憶がないくらいでないと生きにくそう・・・ジュリーの「ドジママのせい」で鍵の開け方を覚えざるをえないような人生もどうかと思うが、まだそれが幸せに見えるという・・・
床の傷・・・何があったんだろう。また殺人?とか思ってしまうのもどうかっていう。
まったくウィステリア通りは「一家に一人犯罪者」って感じだなぁ。

ところで、なぜかこのシーズンに関しては「見逃したー」という声をあちこちで聞くのだが、「NHKオンデマンド」でデス妻も見られるようになったらしい。有料だけど。
どうしても見落としがあるとそのシーズンはノリが悪くなってしまうものだし・・・つーか、録画を失敗したベティでそれをやって欲しかった(涙)。


【 脇俳優チェック 】

◆アダムに水をもらった若い女性 .... Kristi Clainos
「コールドケース」第4シーズン10話「相棒」では、40年前の警官殺害事件の被害者クープの相棒だったジミーの妻アイリーンの68年版。冒頭の洗礼式のシーンなどに登場、夫の秘めたクープへの愛を知ってショックを受けるのだった。
「CSI:7」12話「甘い死体」では、連続女性未解決殺人事件の99年のジェーン・ドー(氏名不詳)被害者として登場。99年の担当刑事が妻の出産などでろくろく調べなかったために、薬物検査もされないまま薬物の過剰摂取として処理されていた。しかし犯人が名前を明かすのを拒んだために、再びジェーン・ドーのまま葬られることに・・・
「ラスベガス」第4シーズン13話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

デス妻シーズン4の1話をとり損こねたので
早速利用しました。

とりあえず、無事DEXTERの1挙放送を録画でくるだけのHDDをあけて録画出来たので一安心
2009.05.04 05:44 | URL | かーすけ #79D/WHSg [edit]
>マリファナを隠すのって、なぜいつもブラウニーなんだろう。

ほんとそうですよね!「マイネームイズアール」でもそんなシーンがあったような。
アダム役の俳優さんは、「ウェイトレス」という映画でも既婚の産婦人科医の役をやってました。ピンポイントすぎる…(笑)
2009.05.01 16:47 | URL | ひろこ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1031-e192cc14

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。