スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち 第2話「それぞれの秘め事」 

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 07.2005 未分類 4 comments 0 trackback
【ガブリエル】
真昼の情事中にカルロスが帰宅で大慌て。浮気の場をジョンの部屋に移すが、それでのめりこんだジョンが次第に本気になったことに気づく。カルロスが本気のプレゼントとして買ったのは超高価な車。しかしジョンがくれたのは完璧な一輪のバラだった・・・・

【ブリー】
離婚を言い立てるレックスを説き伏せ、二人で結婚カウンセラーに。カウンセラーのボタンが取れてるのが気になったブリーは、それをきっかけにカウンセラーを味方に取り込んでしまう。

【リネット】
子供達が車の中で言うことを聞かず警官に止められたり。フーバーさんのアドバイスを聞いて置き去り作戦をするが、見咎めた女性に通報されそうに。しかし子供達がママの味方をして言うことを聞いてくれた。

【スーザン】
マイクを歓迎会と称して食事に誘うが、イーディーに割って入られてしまう。犬のボンゴにまでなつかれないのが悔しいので、手と耳にステーキソースを塗ってなついてるように見せるが、ボンゴがイヤリングを飲み込んで大騒ぎに。
マイクはまだ亡き妻を忘れていないと知り、当分友達としてうまくやって行く決心を。

【イーディー、フーバー】
イーディーはフーバー家でお世話になっている。フーバーはイーディーのために古着集めに奔走するが、火事場にあった不審な計量カップの持ち主がスーザンだと気づく。

【メアリー・アリス】
脅迫メモのことで一同は扱いに困惑。スーザンはピーターにメモのことを打ち明けようとするが、取り残された憎しみの激しさに何も言えない。
ピーターはプールの底から箱を掘り出し、沼の底に投棄。しかし箱は浮かんでくる・・・・

----------------------

人物が多いので、名前を覚えるために整理してみました。
このドラマは、誰かにつっこんだり感情移入したり、実録ものの再現ドラマを見るような、誰もが抱えていることで身につまされてる問題を・・・・「いかに押し隠しながら」他人事のように笑い飛ばす楽しみもあるというか。
ほとんど縁のなさそうなガブリエルの生活も、部分部分で「あぁ~あるわ」とうなずける部分を用意したり、実にたくみだなぁと感心した。
多分これ、人気出ますね・・・・。というか、デスパレート始まって以来、これで検索して来てる人でアクセス数増えてるので、すでに話題なのかも。

スーザンのテリー・ハッチャーの表情がかわいらしい。ロレインの時より魅力が増したような。その分萬田久子がその魅力をせっせと(以下自粛)。他の女優陣もそれぞれ個性的で楽しい。
SATCの再現のように仲のいい同士だが、もともと仲良しだったわけでもなくご近所さんだったというだけで、あの生活レベルに差のある同士があそこまで仲良くなるというのはちょっと不思議。よほど気があったんだなぁ。
ガブリエルとスーザンが二人で買い物に行って、両手にいっぱい紙袋を提げて帰ってくるシーンがあったが、実はアレは全部ガブリエルの買い物だったわけで、そんなのにつきあわされて友達でいられるというのはよほどお互いの人柄の賜物なんじゃないかと・・・・

ブリーがボタンに目がいってしまうところは、「名探偵モンク」のようだった。彼と同じ病気を抱えてるんだな。
だからその病気に気づかない夫と、ただの世話好きだと思って正当化してしまうカウンセラーと、どちらも彼女の心は癒せない・・・・

なんといってもフーバーさんの存在が利いている、と思う。ああいうお節介おばさんがいると(実際は相当厄介だけど)話的には面白い。ご近所探偵フーバー夫人の活躍に請うご期待!といったところだろう。


【 脇俳優チェック 】

◆結婚カウンセラーゴールドファイン .... Sam Lloyd
「バックトゥザフューチャー」シリーズのドクことクリストファー・ロイドのいとこじゃなくて甥でした。一族で個性的な感じなのだろうか?
シットコム「Scrubs」のサブレギュラー他、「となりのサインフェルド」のゲストなど、コメディでの出演が多い。
「ザ・ホワイトハウス」では第1シーズンの5話「妙な陳情」と第3シーズンの12話「二人のバートレット」で、スペースコマンドというUFO研究団体のボブ・イングラーという変人として登場しては、サムのペースをかき乱すようなことを言っている。

◆3兄弟にクッキーをくれたおばさん .... Jan Hoag
「メルローズプレイス4」の8~10話にナースとして登場。WOWOW放送当時のあらすじを読むと、かなりお腹いっぱいでクラクラする・・・
他にはブルース・ウィリス主演の映画「ザ・キッド」など、コメディのワンポイントの出演多し。
関連記事

▶ Comment

>graceさん
最初5話くらい未視聴だったので、TWW3を見たとき「このおっさんいきなり誰やねん」と思ったのですが、1で「変人さんいらっしゃいデー」があったんですね。ちょうどDVDで見た後だったので、「UFOおじさんだー!」とうれしくなりました。
すっきりしていただけて嬉しいです(^O^)
>nyan-routineさん
SATCの時はショーウィンドウの向こう側にあるマネキンを見るようなというか、ファッション雑誌の中の別世界を覗いてみたら、同じような感情があるのねーという世界でしたが、デスパはストレートにリンクしますからね、誰に感情移入するかでご飯3杯はいけるみたいな、そういうノリですよね(どういう例えだ)。
ブリーほどしっかりしてないし、ガブほど金がないし、子供いないしバツイチ恋愛中でもないしで、なかなか「似た状況」ではないのですが、それぞれに共感したり反発したりが楽しめるかなぁ。
>がろとさん
なるほど、反省材料という視点もありですか(^_^;)
マイクはメルプレに出てたジャック・ワグナーにちょっと顔の系統が似てるので、割と好きかも・・・
そう、リネット夫はメルプレではゲイ青年でした。
ゲイだと恋愛絵巻からどうしてもひとりだけハブられてしまってかわいそうだったです。
男女両方イケるのをキャストに入れておけよースペリングはわかってないなーとか当時つっこんだのを思い出してしまいました。
2005.10.09 00:00 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ドラマのおばさん集団はとにかく苦手なので(テレビは現実逃避の世界です)デス妻の姿を観て彼女のようにならないようにしようと、反省材料としながら観てるかも。十分爆笑してはいますが。
そうなると気になるのは謎のお隣さんマイクになるかな?謎の行動チェックに励みたいと思います。
リネットの出張ダンナってMPに出てた人なんですね。MPを観たらあまりにも若すぎて結びつきませんでした。
2005.10.08 11:04 | URL | がろと #79D/WHSg [edit]
女性が数人集まったストーリー仕立てには、幼少(?!)のみぎり見た、チャリ・エンからDNAに染み付いたため、観ずにはおれないようです。ただSATCの時と違って、「妻」という同立場にある彼女たちの生活や感情に若干感情移入できるという点で、デスパの方が今のところちょっと有利かな。5人(メアリー・アンも入れて)の中のどのキャラが一番近いかというと、。。。。。モンクさんに親近感を強く感じた私は、やはり「ブリー」です。誰にも自分の真の姿を見せることができないブリーが哀れでなりません。ブリーを応援しましょう。
2005.10.07 23:03 | URL | nyan-routine #79D/WHSg [edit]
どっかで見たことあると思ったら、UFOおじさんかっ
あー スッキリした。ありがとうございました♪
2005.10.07 19:11 | URL | grace #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1065-227be3a2

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。