スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス4 第2話「アメリカの挑戦(後編)」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 10.2005 未分類 8 comments 0 trackback
【バートレット】
株価不調が気になっている時、フーバー大統領と握手した男と面談するはめになり、縁起の悪さが気になって写真をキャンセルしてしまう。
フィダラー夫人と秘書の面接を行い、彼女が以前ホワイトハウスをクビになった理由が気になるがフィダラー夫人は口を割らない。しかしチャーリーの採用の時に人事部長の縁故を断ったためと気づいたのと、その能力の高さとジョークの波長から彼女の採用を決心する。

【CJ】
サムにもアンソニーの兄役を頼むがやはり断られてしまう。アビーの失言問題をジョークで乗り切った直後、大学のプール更衣室で爆弾テロという緊急ニュースが飛び込んでくる。
その対応に追われた後にアンソニーに会うが、ひねくれた態度をとられてしまう。しかしチャーリーがアンソニーを厳しく叱り、兄代わりを引き受けてくれる。お礼としてチャーリーに亡き母の写真を写真立てに入れて贈る。

【レオ】
クマーが、暗殺直前のシャリーフの携帯電話での会話録音テープを持っている、と言い出す。ハッタリだろうと様子を見るが、クマーはイスラエルを犯人に仕立てる行動をとり始め、レオとフィッツウォレスは対応に苦慮する。

【サム】
爆弾テロの大統領スピーチが好評。久しぶりに会うマロリーが誉めてくれたのも嬉しいし、彼女が彼氏と別れたという情報もどっきり。しかし一日ジョシュの代わりを勤めて「政治」を目の当たりにし、なにやら心に変化が起こってきた模様。

【トビー、ジョシュ、ドナ】
タイラーに送ってもらって電車に乗って一安心・・・と思ったら、電車は逆方向へ。飛行機を乗り継いで戻ろうとするが悪天候で遅延。選挙方針での意見の食い違いから互いいのイライラをぶつけ合うトビーとジョシュに、ドナがブチ切れ。
幾つもの回り道をした三人は、やっとホワイトハウスへの帰途に一歩を踏み出す・・・・

---------------------------

フィダラーさんが「チャーリーを雇ったためにクビになった」ということの真相は、そういうことだったのかと・・・・チャーリーも口が堅いというか、まぁ確かに簡単に告げ口できるような職場ではないから、言えなかったのだろうけれども。
サムだけではなくアビーにまでその名声をとどろかす、アルパカおばさんフィダラーさんのトボけた味は、これからいかんなく発揮されるのだろうか。
しかし、大統領の「真昼の情事」とかって、秘書たちとSSはみんな知ってるわけで・・・・クリントンはそんな中で、ホワイトハウス研修生に手を出すなんて、あまりに無防備なことをしたもんだなーと、このドラマを見てるとしみじみ実感する。バレるのは時間の問題だったわけだ。

久々のマロリー登場。レオの悩みの種が増えるわけだ。
考えてみると、第3シーズンは出てこない人が多かったんだなぁ。第4は久々の登場の人が多いようで、その分楽しみが増えるような気がする。

アビーがテレビをつけると、CJが定例会見で「大統領は三人娘がいますが、二人しか愛していません」とアメリカンジョークを飛ばしていて、プレスがどっとウケていたが・・・・
あれは前回、ブルーノとCJがアビーの失言についての会話で「女性がからむと選挙は面白くなる、そのうち『アビー・バートレットは子供を愛しているのか』などというくだらない質問を持ち出してくるに違いない」と言ってたことにつながる。
ほんとにバカな質問をした記者がいたようだ。そして、CJは想定していたジョークで鼻で笑い飛ばすことにしたわけだな。

チャーリーが「デスクに写真を一枚も飾っていない」というのをジョークにまぎれて言っていたが、それは家族の写真を飾るのがつらかったからか。
CJがアンソニーと傷を癒しあおうとするように、チャーリーもまたCJによって「大切な人を亡くした」立場で痛みを共有し合い、お互いに一歩前進することができたというのが、あの写真たてにあらわれているわけだ。
アンソニーが、チャーリー兄貴によって心を開き、立ち直ってくれるといいのだが。

3人の珍道中は、無事帰りつくことができたようで。
しかし、これからバートレット組はこのシーズンをかけて「ホワイトハウスに帰り着くための旅」を歩き出したところなんだなぁと、そんなラストシーンだった。ドナの一喝によってトビーとジョシュはいい選挙をしそうな気がする。
これからこの選挙シーズンを楽しんでいきたい。


【 脇俳優チェック 】

◆握手をドタキャンされたミュリエル・キース .... Don Perry
「ジョーイ」17話「モテモテジョーイのバレンタイン」で、ジョーイが行きがかり上マジなつきあいをさせられた芸能記者のジュディに、彼女の実家に連れて行かれたときのジュディのおじいちゃん役。
「名探偵文モンク2」17話「同居人に文句あり」でもちょっとした笑いを取るお年より役で出ていたし、調べてみると「あぁこれもこのひと!」みたいな、ストーリー全体にはかかわらないけどほんの少しの笑いのスパイスとして出てくる存在感のある役者さんだ。「アリーmyラブ」「フェリシティの青春」「ウィル&グレイス」などにもワンポイントで登場している。ドンペリさんを探せ!みたいな。

◆バーでトビーたちが出会った男性マット・ケリー .... John P. Connolly
出演作などでそんなに引っかかってこなかったけど、あんな印象的なオイシイ役を演じてるからには何かあるのではと検索してみたら、このひとはどうもハリウッドを影で支配する大俳優ギルド米テレビラジオ芸術家連合(AFTRA)のエライさんのようだ。これしか情報がないので真偽のほどはよくわからないが。

◆シューラー上院議員 .... Albert Owens
バートレットが予定をとって面会していた二人の議員のうち男性の方。
「ER ?」の第3話「愛しのアビー」で、喘息だと思ってERに来た心臓疾患の少女を診察する心臓外科医。映画「エアフォースワン」では冒頭にハリソン・フォードの大統領にうっかりフットボールの結果を教えてしまう大佐。
「名探偵モンク2」3話「謎の悲鳴」で、撮影所に来ていた上院議員役だったかな・・・・などなど、細かく登場する脇役さん。

◆チュート上院議員 .... Mary-Pat Green
バートレットが予定をとって面会していた二人の議員のうち女性の方。
「フレンズ2」第23話「水ぼうそうでおジャン?」で、チャンドラーの会社でバイトすることになったジョーイが、想像上の家族をでっち上げて「週末にピクニックに行くんだよ~」などと家族話で盛り上がった女性社員ジーニーで登場。
「アリーmyラブ」第3シーズン20話と第4シーズン14話に、ブルドッグの別名を持つ、ボストン一男嫌いの弁護士ブラートル役もこのひと。
「デスパレートな妻たち」16話に登場予定。

関連記事

▶ Comment

1のDVDの特典映像で、「渡る世間は鬼ばかり」じゃないけど、俳優さんたちがみんな「台詞が長い!」と文句たれてました。
アーロン・ソーキンの独特の脚本をもって、リアルにホワイトハウスを再現するには、やはりそれなりの実力派をそろえないと無理ってことですかね。
選挙エピは色んな裏側が見れて楽しいです。
問題は山積ですけどねー(^_^;)
2005.10.16 01:11 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
始めまして、TBありがとうございます。
いよいよ第四シーズン始まって、ドキドキしながら見ています。
それにしてもこのドラマってゲストで出演する俳優さんもみなさん活躍されている人ばかり、贅沢なつくりなんですね。そう思ってみると、またおもしろいです。
また来週のエピが楽しみです!
2005.10.15 15:17 | URL | shimasima #79D/WHSg [edit]
しまった、WATのマーティンが頭にちらついてしまいました。
訂正しておきますねー。
2005.10.11 13:29 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
「フィッツウォレス」ですね!
2005.10.11 09:30 | URL | MAC #79D/WHSg [edit]
私も、その前フリ見つけたときはちょっと嬉しかったです(^_^;)。
前後編なので、色々つながってたんですね。
TWWはほんと、色んなところで見逃せない細かい伏線があるので、あなどれませんね。
今シーズンはなかなか楽しめそうな予感です。
出だしよければ、って感じですかね。
2005.10.10 23:58 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、こんにちは。
CJの「大統領は三人娘がいますが、二人しか愛していません」には前フリがあったんですね。ちゃんと前日に前編を見直したはずだったのに、気がつきませんでした^_^; サズガです、有難うございます!これからは脇役のちょっとした一言にも集中します。
個人的には第3シーズンで途中ダレてしまったんですけど今シーズンは楽しめそうです。
2005.10.10 22:49 | URL | suzy12 #79D/WHSg [edit]
今回、スタッフは除いて調べてみましたが、すっごく大変でした。他のドラマより一瞬だけ出てくるような俳優の人数多いし。
ただ、ドラマや映画にしぼってデータを出してますが、実は年配の舞台俳優さんとかを贅沢に使ってるようなんですね。
そういうのはわからないからなー。
時々ジョシュとサムとかが、それは秘密じゃ?と思うようなことを喋りながら歩いてたりしますが、確かにホワイトハウスで働いてると、回顧録を出して金儲けしたくなるのでしょうね・・・・
TBありがとうございましたm(__)m
2005.10.10 20:27 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
コンニチハ。
このドラマは至る所に見た顔がありますし、くまぷーさんの腕の見せ所ですね。
「真昼の情事」、きっとクリントンさんは周りの職員がみんなフィダラーさんやチャーリー並の忠義を持っていると思っちゃったんでしょうね。
2005.10.10 20:04 | URL | Snowdrops-Fairy #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1067-8bc94e25

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。