スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え! 第17話「栄光の勲章」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2005 FBI~失踪者を追え 2 comments 0 trackback
【 失踪者 : ジョン・(ブル)カーバー 】
通報者:ブルの娘 テス・バーキン
FBI着手:失踪30時間後

アトランティックシティのホテルで、ブルの軍退役祝賀パーティーが行われた。
かつて上官だったホワイトハースト下院議員がスピーチするなど盛況だったが、深夜1時半に誰かに電話をしているのを目撃されて以降、ブルの姿が消える。
翌日娘と会う予定でいたが姿を現さず、通報される。
軍は「退役した以上一般人だから」と調査せず、マローンチームに捜査が依頼される。

ホテルのベッドの上には勲章が、授与順にきれいに並べられ、銃が消えていた。自分の歴史を振り返った上での覚悟の自殺か?
今回のパーティーの幹事を務めかつて同じベトナムで隊にいたエイガーは、「退役の理由は、フィリピンで何か事件があったらしい。軍に失望していた」と語る。
パーティーの前の日、やはり同じ隊のプリーサックとブルが言い争ったという。しかしプリーサックは酔って言い過ぎたものの、その後は仲直りした、と話す。プリーサックが怒らせたのは、彼らと同じ隊でベトナムのカム・リーで戦死した、トミー・ルイス二等軍曹について触れたせいだった。
娘のテスは弁護士をしており、父親とは疎遠だったという。
退役が決まってから急に訪ねてきて久々に会った時、「遺書を書き直したい」と何か急ぐ様子だったので同僚を紹介したが、いつになくさびしそうだったと父に優しくしてやれなかったことを後悔する。

失踪前日の夜、ブルはカジノで勝って大はしゃぎした後、アジア系のコールガールと一緒にいた。コールガールは仲間達からのプレゼントで、ブルはアジア系の女性が好みだったのだ。失踪直前にブルが電話していた相手はこのコールガールだったが、部屋に行く約束をして行ってみたら、ブルはいなくて隊仲間のサイクスがいたので帰ったという。
サイクスはパーティーの後泊まらずにすぐに帰っており、挙動不審。そこでサマンサがサイクスの自宅を訪れたところ、人里はなれた家でサイクスは酒やドラッグに溺れる荒みきった生活を送っていた。サマンサが話を聞こうとしたら自殺されてしまう。
サイクスの部屋を調べると、ブルのカム・リーでの勲章を盗んで持ってきていたことから、カム・リーで起こったことに事件の鍵があるのではないかと考えられた。

そこでジャックとマーティンで、当時ブルとサイクスの上官だったホワイトハースト下院議員に事情を聞きに行くが、そこにマーティンの父でFBIの幹部のヴィクター・フィッツジェラルドが現れる。
カム・リーでのできごとをホワイトハーストが語るには、ベトコンが村に武器を隠したという情報を元に、ブルが偵察に行ったところたくさんの武器を発見。しかしトミーがスナイパーにやられたというので村に機銃掃射をかけた、というものだった。
後からトミーの遺体回収のため村に入ったが、武器は発見されなかった。しかし掃射によって爆発したのではないかと判断したのだという。
しかしさらに詳しく聞き出そうとしたところで、フィッツジェラルドの妨害を受けてしまう。

その頃、カム・リーについて調べているのはマローンチームだけではないことがわかる。国防総省にカム・リーについての情報開示を求めた人物がいるというのだ。
その人物は、亡くなったトミーの息子、トーマス・ルイスJr.だった・・・・


---------------------------------------------------------

すっきりしない終わり方。
結局、自殺以外の「真実」があって、ホワイトハーストらに害が及ぶのを恐れたエイバーが、陸軍式にすべてかぶって口をつぐんだ、ということなんだろうか。
「武器がある」「結局なかった」でイラク戦争への批判を含んでいるのかなとも思ったが、2003年3月放送当時だとどういう状況だったかなぁ。フセイン逮捕は12月だったし・・・・

結局この回は、マーティンとジャックの、この先起こる「何か」の伏線になるために作られた、と見ておくべきなのかな。
マーティンの父親に気を取られるが、重ねてジャックの個人情報についてもちょこちょこっと語られている。
 ・ジャック父も陸軍で、息子に軍人になることを求めた
 ・ジャックは精鋭部隊レッドレビルズに所属、足を傷めてFBIへ
 ・ジャックは最近「ミスを犯し」て、上層部から睨まれている
ジャックのミスって何だろう。どうもマーティンが来る前あたりの、ジャックが荒んで妻と別居するに至ったあたりのいざこざが今ひとつはっきり出てこない。

マーティンの父子関係もなかなかシビアだなぁ。15話「さらわれた花嫁」の時も度が過ぎるほど支配的で強い父親、っていうのが出てきたけど、息子を子ども扱いどころか人間扱いせず、所有物として好きなように仕切ってまったく意見を聞かない父親像がいっぱい・・・・
反面教師なのかマーティンにしろ15話のチャーリー・ベックワースにしろ、優しい息子に育ってしまって、何かのときにぽっきり折れて壊れたり爆発したりするんだよなぁ。
マーティン父にしてみれば、自分には素直に従わない(FBIに入ったんだから従ってると思うけど)何かにつけ反発する息子が、自分より尊敬している存在があるのが気に食わないんだろう。男の嫉妬は怖いです。
心優しいマーティンの、最後の場面でのジャックに対して慰めにならない慰めがかわいらしかった。
「元気出してくださいね!例え処分になっても・・・・」って、縁起でもないというか。あの調子でサマンサを口説こうとしてるのだろうか。10年早いぞマーティン。

ところで、ダニー吹き替えの小山力也さんは、かなり好きなようにやってるなーという感じがますますイイ。この回、マーティン父がワシントンからFBIのNY支局に乗り込んできた場面で、マーティンがふっと顔を上げて
 マ「わ、最悪!」
 ダ「へっ?」
 マ「雷が落ちるよ・・・」
 ダ「?なんや?」
この「なんや?」の部分、もう台詞じゃなくて自分の言葉のように自然な感じ。きょとん?とした感じのダニーがまたかわいく見えるのだ。
小山さんが吹き替えしたキャラは、かなり小山さんによって得してると思う。


【 脇俳優チェック 】

◆ホワイトハースト下院議員 .... Sam Anderson
「愉快なシーバー家」のドゥーイット先生、また「ER」では心臓外科医のケイスン先生としておなじみ。

◆マーティン父ヴィクター・フィッツジェラルド .... Ray Baker
21話にも再登場の予定。マーティンの苦悩は続く?出演作はいっぱいあって、「顔は覚えてるんだけど何だっけ?」と思わせるタイプの人。ハリソン・フォードの「ホヮット・ライズ・ビニーズ」で医師役をやってたのは見たかなー。
「コールドケース」第2シーズン14話に登場予定。

◆ブルの娘テス・バーキン .... Sarah Brown
「General Hospital」などTVレギュラー作品が何本かあり、エミー賞を取ったことも。。オフィシャルもあり。
しかし、なぜか第3シーズンでまったく違った役で出演予定。

◆アジア系好き退役軍人ブル・カーバー .... Steve Eastin
映画では「マッチスティックメン」「キャッチミーイフユーキャン」「コン・エアー」など脇役で多く登場している。ドラマでも「愛の病院日誌(DOL)」のレギュラーなど、出演作多数。

◆酒癖悪いプリーサック .... Troy Evans
「ER」の受付の二大巨漢のうちのひとり、フランクでおなじみ。「ツイン・ピークス」ではローラ・パーマーの通ってた高校の校長先生ジョージ・ウォーレックで出ていた。当時そんなに巨大じゃなかった気がしたんだけど、どうだっけ。
「CSI:マイアミ」にも第1シーズン最終話「死刑台への脱走」にも警官役で出てたりするけど、これはチョイ役。

◆退役パーティ幹事エイバー .... Ernie Hudson
このひとの「ゴーストバスターズ」の4人のうちの黒人のひとと、「デンジャラス・ビューティー」のFBIの上官が同じひとだということに初めて気づいた。いい感じに年をとったようでうれしいなぁ。
ドラマでは「OZ」のグリン所長役ほか、ゲスト出演も数多い。息子のアーニーJr.も「OZ」で共演していたり。

◆自滅の末自殺したサイクス .... William Sanderson
「名探偵モンク2」の「夫婦ごっこ」第6話(実際の並びでは15話)で、犯人ジョシュア・スキナー役をやっていた。あのエピではもう少し若く見えたけど、今回は「老兵」扱いかー。
ドラマファンには「バビロン5」のデュースとしておなじみかな。映画でも「ラストマン・スタンディング」他出演作が多いが、実は77年に「人間の証明」に出演していたらしい。うーん、あれは米兵とかいっぱい出てくるからなぁ。どこにだろう。

◆変なめがねのトミー・ルイスJr. .... Phil LaMarr
今回の役からはちょっと想像がつかないが、「Mad TV」などでライターもこなすコメディアン。また今回は吹きかえられているから声がわからないが、ビデオゲームやアニメーションでの吹き替えの仕事も多い。
ドラマの出演も数多く、「コールドケース」では第2シーズンにゲスト予定。オフィシャルサイトもある。
関連記事

▶ Comment

知ってる顔が予告編から見えると嬉しくなりますよね。
しかし、フランクのプリーサックはまだしも、ブルは現役の軍人なのにあんなに丸くていいのかな

小山さんはやっぱりダグ・ロスが決定打でしたかねー。セクシーボイス(爆)
クルーニー本人の声よりセクシーですよね。
ダニーのキャラをより引き出してる感じで、毎回感動します・・・・
2005.08.02 09:20 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
そうそう。ERのフランク出ていましたね!
結構出番も多くてなかなか良かったし、声優はフランクの声ではなかったけれど、渋い声が合っていました(^^)

小山さんの吹き替えは、、素敵なキャラクターたちばかりで良いですね~。たしかロード・オブ・ザ・リングでボロミアも、かなり人気が出てましたが。今回のWaTでは、関西弁がどうのこうの言われても、結局人気急上昇するキャラとなりました(笑)
2005.08.02 06:43 | URL | 灯華 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/109-87824b9e

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。