スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:NY 第3話「アメリカン・ドリーマーズ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2006 未分類 6 comments 0 trackback
NYのバスで観光客が、服を着せられた骸骨を発見する。
一見模型を使ったいたずらに見えたが、実は本物の人骨だった。黒くすすけた色のついたその骨は、バスの排気に長い時間さらされていたとわかる。
捜査官たちはバスのターミナルを探すうち、いたずらをした犯人と遺体の人物が住んでいたと思われる場所を発見する。遺体の傷から10年近く前に殺害された10代の少年と判明、彼の身元と殺害犯を探すことに。
そこに両親と名乗る人物が新聞の報道を見て名乗りを上げるが、復元された顔は彼らの息子のものではなかった・・・・

NYで失踪者と言ったら、しかも10代とか言ったら、FBIをなぜ呼ばない!とつっこんだのは私だけではないだろう。
ジャックを、ジャックを呼ぶのだー!!・・・・とか思っていたら、ラストの逮捕シーンはまるで「コールドケース」だった。
でもって迷宮入りだし。(犯人が見つかってるなら迷宮入りとは呼べない気がするが、若干微妙)えーい、フィラデルフィア署に連絡だー!
というか・・・・今回あまりに展開がダルくてすきまが多かったので、もう一件事件を追加してエイデンをそっちにまわすぐらいしてもいいわけで、その余白部分でぜひクロスオーバーエピを作ってみて欲しかったくらいだ。もしこの先、この身元不明の少年事件が解決しないようなら、ファンフィク作家のひとたちは、この余白の多さをぎっしり埋めたくてしょうがないことだろう。
・・・・念のため今回の演出のRob Baileyは、コールドケースの演出はしていない。「CSI:4」で19話「言霊」を演出したのがこの人。「FBI~失踪者を追え」では第3シーズンで15話20話の演出を担当している。「言霊」は結構好きだったんだが。
脚本はベガスの方のライターでおなじみのEli Talbert。「レディ・ヘザー」のエピとか書いてる人だ。

今回は、ヘンテコ逮捕理由がなくて残念だった。でもダニーのオープニングの「ニヤ」という場面が出てきたので「あーここだー」とちょっと嬉しかった。
まだちょっとメンバーの化学変化が起こってないなぁと感じる。メンバー同士の距離感とか、台詞以外のキャラの性格みたいなものがまだ見えてこない。
あ、そういえばエイダンが「マック!」と呼んでいた。ボスとかチーフじゃなかったんだなー。

ひとつ気になったのは、エイダンとマックって・・・・何もないですよね?
仕事が欲しかっただけっすよね?マックに妙にからんだり、ガラスの向こうからにやっとしたりしてたのは、「そろそろ私の出番よね」っていうだけ・・・・だといいんだけど。
「待ってるワ」の色っぽさとその後のダニーの表情から、「二人には何が?」と邪推してしまったわけで。つーか、あんまり「あって欲しくない」取り合わせという感じも。かといってステラと「何か」ってのはもっとイヤなんだけど。
仕事にしろ、人物関係にしろ、まだバランス悪いなーと感じる。
今回みたいにエピに余裕がある回で、キャラの裏の掘り起こしをして欲しかったかも・・・・

ちなみに、マックが読んでいた本はこれ↓

Bright Lights, Big City: A Novel (Vintage Contemporaries)Bright Lights, Big City: A Novel (Vintage Contemporaries)Jay McInerney Random House Inc (P) 1987-12



【 脇俳優チェック 】

◆少年センターの所長 .... Thomas Kopache
「ザ・ホワイトハウス」ではボブ・スラッタリー国務次官補として第3シーズンから出演。先々週の第4シーズン14話「大統領就任式」でも執務室に登場した。
「CSI:2」12話「閉ざされた人々」では、狩猟シーズンに林の中で銃によって死亡していた男性ジェームズ・キャスパー役。一見殺害と見せかけて、悲しい真実が明らかになるという、なかなかベガスらしい結末だった。
スタートレックシリーズでも何役かで登場している。

◆アーロン母モアランド夫人 .... Susan Ruttan
「LAロー」で、ベッカーのアシスタントロクサーヌ役で1~7シーズンのレギュラー。
日本では知られていない作品だが、Brian DennehyとCharles DuttonのアクションTV映画「Jack Reed」シリーズでBrian Dennehyの妻役など、テレビドラマでずっと活躍してきた女優さん。

◆少年センターのボランティア青年/失踪者アーロン .... Johnny Sneed
「堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン」で、ニックが憎からず思うルルの夫で医者のブライアン・オルソン役。
「フレンズ 9」19話「シュガー・ハイ・ジャーニー」では、モニカのレストランの客で料理には満足したものの、外で歌っているフィービーの歌がうるさいとクレームをつける役。
「コールドケース2」8話、「CSI:5」20話にそれぞれ登場予定。

関連記事

▶ Comment

出演タイムラグは1~2年しか差がないんですが、新しいこっちのほうが若く見えるってのも不思議なもんですよね。
TWとNYPDブルーは職場的にかぶりそうなんですけどねー。TWかぶると、パラレルワールドがERにまでつながっていくわけですが
2006.01.24 21:43 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
そうか・・・アーロンはThe Guardianのブライアンだったんだ。
あまりにも見た目が違ったので、全然結びつきませんでした。
ブライアンの方がイメージ的にオヤジくさいし。
でもブライアンが失踪する原因は山ほどあるので
(すべてルルとニックのせいなんだけど)
ここでも新たなクロスオーバーが生まれそうな気がしました。
どうせならL&Oシリーズとか、単なる警察ドラマに成りさがってるTWとか、もう誰も覚えてる人がいない(泣)NYPDブルーなども投入して、超ゴージャスなクロスオーバーを楽しみたいです。
ありえないって・・・
2006.01.24 20:12 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
グリッソムはボスでもチーフでもなく、主任なんですよねー。でもって発音が「しゅにーん」。
そしてホレイショはどうしても「チーフ」。
もうこのイメージは動かないですよねー。
ウルフは原語で「ホレイショ」って呼んでるのでしょうが、とっても違和感がありますね(^_^;)。
差別化で「ボス」にでもするかなーと思っていたのですが、今回は「マック」でしたね。その呼び方が今回のNYでのチームの雰囲気というか、マックのポジションの「高くなさ」を表してる感じがします。
あー「再会の街」でしたそうそう!
邦題が出てこなかったです。ありがとうございました。
2006.01.24 12:09 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
はじめまして!そしていらっしゃいませ。
嬉しいです。TB Peopleに登録したかいがあったというものです(^_^;)。
ベガスとマイアミで、強烈な個性&カリスマ性を発揮したトップを見てきただけに、今度はなんだ?と期待していたわけですが、NYはそういうんじゃないものを作ろうとしてる試行錯誤は感じるものの・・・・まだどこにこのドラマを持っていこうとしてるのかが見えてこない感じですね。
マックのキャラがまだ薄いつーか、ステラがどうしたいのって感じというか。
エイデンの位置だけが落ち着きがよさそうで(^_^;)
これからもっとダニーやドンちゃんをいかしてほしいですよね。
これから色々お話しましょう!
よろしくお願いします。
2006.01.24 12:03 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
チーフ、主任といろいろな呼び名が使われていますが、原語にはないんですよね。
ラスベガスの「主任」は、大体「グリッソム」と呼ばれていますし(ブラス警部は「ギル」とよぶことも)、マイアミの「チーフ」は「ホレイショ」が主流、デルコやスピードルは「エイチ」(Horatioの頭文字Hですね)と呼ぶことも多いです。
同じ立場と思われる人でも、なぜかグリッソムは「主任」で、ホレイショは「チーフ」という感じなんですよね~。日本語訳をしている人のセンスの良さを感じます。
「Bright Lights, Big City」って、昔マイケル・J・フォックス主演で映画化された話ですよね。(再会の街 ブライトライツ・ビッグシティ)
2006.01.24 09:54 | URL | MAC #79D/WHSg [edit]
はじめまして、くまぷーさん。
TB Peopleから参りました。
今回、ツッコミどころが多かったですよね。
CSI:NYの捜査がどうもまったりしてると思っているのは、
ワタシだけじゃなかった…。
しかも今回とってもコールドケース(笑
このNYチームの不安定さって、上下関係がいまひとつ曖昧なところなんでしょうね。
まず第一回目、ゴミあさりしてるシーンで、
ダニーがマックに「手伝わないのか?」って言った瞬間、
え?と思いましたモン、ワタクシ。
今後徐々にまとまっていくのかな~。
初コメントが長くなってしまって失礼しました。
ワタクシもアメリカドラマが大好きで、
くまぷーさんのカテゴリ内を楽しく巡回させていただいてますv
今後も度々お邪魔させてくださいませ。
よろしくお願いいたします~☆
2006.01.24 00:23 | URL | うな #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1095-ec60a2af

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。