スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第16話「22歳の笑顔」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 20.2006 未分類 8 comments 0 trackback
【 失踪者 : ジェシカ・ラーブ 】

ヴィヴィアンが4年前に担当して未解決の、ずっとこだわっていた少女の失踪事件に動きがあった。婦女暴行事件の現場にあった指紋のひとつが、失踪少女ジェシカ・ラーブの指紋と一致したのだ。
ジェシカは幼い頃から荒んだ生活を送り、18歳の時に失踪していた。彼女は8歳の時に父親を失い、母親は不安定で娘については諦めているかのようだった。
指紋が見つかった事件の被害者トリッサの証言から、暴行犯は皮膚科医のポークとわかる。彼はジェシカの殺人ビデオを持っていたが、それはジェシカ本人に頼まれて「レイプされて殺されたい」という願望をかなえたという、お芝居でとったビデオだった。ポークによると、ジェシカはセックス依存症をカミングアウトしに来たのだという。
依存症の会から足跡をたどると、ジェシカは失踪直前再発を告白し、「自分を変えたい」と泣きじゃくっていたと言う。そして彼女の足取りは、行きつけのクラブのオーナーのいとこに連れられて、あるカルト教団に入信していたところで途絶える・・・・

----------------------------------------------------

今回は色んな意味で変化のあるエピだった。いつものお約束のパターンが崩されて、最初に「消える」のと最後に「取り戻す」のではないパターン。ヴィヴィアンがメインというのも珍しい。それに珍しくNYでのロケが挿入されていた。普段はNYで撮ってないものね。
それでもこの間の「ライフルール」の時よりは異色な感じがしないのは、全体のトーンを守っているせいだろうか。

後からもう一度見てみると、「父親が亡くなってからおかしくなった」とか「レイプされて殺されたいという願望」だとか、ヒントとなるキーワードはけっこうちりばめられている。
このドラマではよく「人生を変える」「人生をリセット」というのがキーワードになって出てくるが、名前を変えて別の町に移り住んでいるジェシカが、過去の自分の象徴である母親が連絡してきて大丈夫なのかと心配ではある。
それでも本当に人生を変えられたということは、過去と真剣に向き合ったからだろうと思ったからこそ、ヴィヴィアンは住所を渡したのだろう。

最後にヴィヴィアンがジェシカに会いに行った所、お天気の挨拶をしたところで、あぁ、と思った。4年間、1日も忘れずずっとヴィヴィアンはジェシカの事を追い続けていたけれど、追われているジェシカはヴィヴィアンのことを知らないのだ。
直接的に報われることはないが、それで幸せになるひとがいる・・・・サンタクロースのような仕事なのだなぁと思った。

今回は、色々わかったことがある。

 ・おやじキッド(@がろとさん)の家庭環境
   技術捜査官くん今回露出多かった。娘がいてダイエットしてるのか。

 ・ヴィヴィアンの家庭環境
   あまりの夫の影の薄さに、シングルマザーなのかなと思わなくもな
   かったが、ちゃんといたんだ、だんなさん。
   終身雇用がもらえず、派閥抗争に苦しむ立場らしい。

 ・サマンサのマローン組歴
   ヴィヴィアンがマーティンに事件を説明していて、ダニーとジャックも
   サマンサに説明していた。
   ということは、4年前の事件をダニーは知っているが、サマンサは知ら
   ないということになる。ダニーのほうがマローン組入りが早かったらしい。

 ・ダニーの依存症
   アルコール依存症をマーティンに告白。
   飲んでる場面は・・・確かになかなか出てこないが、サマンサのおとり
   捜査の時とか手元に酒オーダーして持ってなかったっけ?

ダニーの依存症は結構唐突に出てきたが、今後何か筋として大きく描かれるのだろうか。
それにしてもダニーはいざと言う時に意外とへたれるから面白い。
 ジ「君たちは腕っこきの捜査官だろ?
 ダ「(おろおろ顔)」
 マ「任せてください!(にっこり)」
マーティン、なんなのその根拠のない自信・・・・いつから腕っこき(死語)になったんだ!

しかし、この間新シリーズが始まったばかりだと思ったのに、もう半分以上終わって、次の番組が決定するほどになったのだなぁ。
(ゆみさん、情報ありがとうございました)
NHK秋の海外ドラマ情報
・・・このまま、デス妻、WAT、デス妻、WATみたいな固定でいくといいんだけど・・・(デス妻はロングランはちょっと難しそうかな)


【 脇俳優チェック 】

◆ジェシカの母 .... Kirstie Alley
かつてはコカイン中毒だったがそれを克服して女優に。「スター・トレック2/カーンの逆襲」の訓練艦の船長サーヴィク役でブレイク、「ヴェロニカ's クローゼット」では主役のランジェリー会社オーナーのロニー役を演じて人気を獲得する。その他映画「ベイビー・トーク」シリーズでトラボルタと恋に落ちるシングルマザーモリー役など。
昔はスタイルばっちりのキツめな美人女優だったのだが、激太りしてしまい、それを逆手にとって「Fat Actress」というコメディに出ているらしい。
Parker Stevenson(「ベイウォッチ」のクレイグ、「メルローズプレイス」第2シーズンに登場する実業家スティーブ・マクミラン役など)と14年間結婚して子供をふたりもうけたが、離婚している。

◆ジェシカに誘惑された男チャールズ・ハフマン .... James Eckhouse
「CSI:科学捜査班」第1シーズン17話「心の闇 多重人格」で、21年前4歳の娘メリッサを誘拐され、見つかったのに娘はタミー・フェルトンという虚言癖のモンスターになっていた、父親マーロウ役を演じていた。娘かわいさのあまりタミーの逃亡を幇助して逮捕されてしまう。
「ビバリーヒルズ高校白書」ではブレンダとブランドンの父ジム・ウォルシュ役でレギュラー。

◆失踪者ジェシカ・ラーブ .... Amanda Fuller
NHK BSで放送していたJames Brolin主演の短編ドラマ「幸運という名の町」で、James Brolinの娘エリカ役を演じていた。当時16歳。主役以外は非常にグダグダ感の漂うドラマだったが、彼女はかわいかった。今回の撮影は20歳の時のもので、現在は22歳。

◆クラブロット71のオーナー .... Jimmy Palumbo
「デスパレートな妻たち」第1シーズン22話「別れ道」では、スーザンがマイクの車と間違えて尾行した、不倫カップルの男性役で登場していた。
「フレンズ8」23話「ママにプロポーズを Part 1」では、レイチェルと陣痛部屋が同室になった下品な夫婦の夫役で登場。こっちを覗いただの見るなだのひとしきり夫婦で大騒ぎしたのだった。
「ジョンQ 最後の決断」で、デンゼル・ワシントン演じるジョンのよき隣人であり仕事仲間であるデヴィッド役を演じていた。

◆カルトから抜け出したクリスティン .... Amy Sloan
映画「アビエイター」の冒頭で、ディカプリオ演じるハワード・ヒューズの幼少期の回想で、幼いハワードを洗う美しい母親役を演じていた。彼女がハワードに「外の世界は汚れている」と教えこんだことが、ハワードの潔癖症の元になっている。
「コールドケース2」15話、「CSI:6」6話に登場予定。

関連記事

▶ Comment

>エレインさんへ
色んな衝撃的なパーツがばばばばっと出てきて、最後に「そうかあれはそういうことだったのか」と納得させられる、WATならではのうまい構成でしたね。
ジェシカの女優さんが、マライア・キャリーをかわいくしたみたいな童顔で、年齢に幅をもって演じられるタイプの顔なので、少女から現在までを子役を使わなくてもうまく演じてて感心しました。
カースティ・アレイは・・・
なんか聞くところによると、ダイエットプログラムの体験をやってやせたようなんです。
MI:3の試写の写真では、確かにすっきりしたような気がしないでもないのですが。
昔あれだけ美人だった女優さんだけに、なんともいえない気持ちになりますね。
>がろとさんへ
ほんとに!役名つけてやってくれよーって思いますよね。「Tech Agent」から卒業させてあげてほしいです。今回のエピ、さぞかしがろとさんがお喜びだろうと思いながら見てました。この調子で、どんどんフレームインしていってほしいですね。
ブラッカイマーものだと、さりげなく懐かしい顔がキャスティングされるのがいいですよね。
毎回見ていて楽しみです。
2006.07.26 21:51 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
すっかりご無沙汰していました。
オヤジキッドの家庭環境ご紹介、ありがとうございます。
しかし娘の名前が判明したのに、何故本人の名前がわからないのか?
ヴィヴでも誰でもいいから、オヤジキッドの名前を読んでくれると助かるんですが。
しかしYRでも最後までキッドで通してしまったので、今回も謎のままで終わるんですかね・・・やれやれ。
ビバヒルパパ、さすがに髪は激減してましたが
優しさはそのままかなと思いました。
すっかり遅くなりましたが、TBさせていただきます。
2006.07.26 20:28 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
ジェシカの依存症は「自分を壊したい」という願望からきてると思ってたので、子どものころの性的虐待ーセックス依存症という流れはすごくよく理解できました。
自分をリセットしたいーカルトに入信という流れもあるなーと思い、そこで教祖にへんな事を…という流れはすごくありそうで寒気がしました。
気持ち悪いですよね;;;;
厚化粧のときも子どもっぽいんですがすっぴんのときはもっと子どもっぽくてかわいそうでした。
ママ役はカースティー・アレイでしたか。
番組みながら「そうかなーそうかなー」と思ってたんですがやっぱり。。。。
どうして激太りしたんだろうと思うくらいたくましくなってましたね。
ビバヒルパパも懐かしかったです。
2006.07.26 08:47 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]
>赤ジャージさんへ
「ヴィヴは安心できる」って、毎回彼女がメインになる話では言ってしまうのですが、本人がどんなにその殻を破りたいと思ってても、あの安定感はねぇ(^_^;)
しかし、次にヴィヴの話が出てくるときは、彼女の不安定な内面や私生活とかにも切り込むのかなと思ってたら、またどっしりと魅せられてしまいましたね。
ダニーの髪型・・・・シーズン当初マーティンの髪が変だとか思ってたのに、すっかりそれをぶっとばす勢いですね(爆)。
>suzy12さんへ
日本だと警官になるのに前科とか相当基準が厳しいと聞きますが、ダニーを見る限り、あんなに荒れててもFBIになれるんだなぁと毎回彼の過去が明らかになるたびに感心しています(え、そこは感心するとこ?)
ダニーの髪は角刈りじゃなくて、なんだか四角いんですよね・・・平べったいと言うか・・・四角い。
前の週に予告で見たときから「なんじゃこの四角!」とか思ってたんですが、実際見てみると・・・四角ですよね。四角刈り?
「3人で祈る」のシーン、割とハンサムカリスマな教祖であれだけキモイので・・・
ヒゲ面とか脂ぎった教祖様とか・・・いや、えーと。
・・・ねぇ(^_^;)信仰ってそれを凌駕するのかと思うと、スゴイですよね。
>かめだすさんへ
私も途中までは、教祖様を拒んだために埋められてるのかなぁとか、最悪のシナリオを想定して暗澹たる気持ちになってましたが、救いのある終わり方で本当によかったです。ジェシカがやっとつかんだ幸せ、大事に育ってほしいと心から思いました。
ジャックだけじゃ地味・・・ですよね(-_-;)
しかしこのドラマ、キャラがそれぞれ結構地味なのにうまくバランスとってますよねー。
>ブロッソさんへ
秋はERの再放送と「ザ・ホワイトハウス」が放送されなかったことがショックでした。
ER再放送するなら、そこでTWWを放送してくれよと・・・。
NHKのやることは毎回ハラハラさせられますが、地デジの切り替わりのところでアナログの衛星がどうなるかという問題もありますし、ファンの声を積極的に上げていくしかないのかもしれませんね。
2006.07.24 00:53 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
こんにちは、NHKの秋の予定見てビックリ、予算がないのかな大丈夫でしょうかね?
FOX CRIMEも10月に始まるし、3シーズンはどこで観れるのでしょう?
2006.07.21 12:18 | URL | ブロッソ #79D/WHSg [edit]
今回は思ったより救いのある終わり方でほっとしました。世の中こんなにひどい男ばかりなのか・・・と胸が悪くなりましたが、こういうエピソードが絵空事ではなくある程度のリアリティをもったものとして視聴者に受け入れられているのだろうと思うと恐ろしいです。ヴィヴや他のFBIのメンバーこそがより現実に近い存在であってほしいと願うばかりです。とか言ってもやはりジャックだけでは地味だし・・・現実には居ないとわかっていてもダニーやマーティンを見るのが楽しみなんですよねえ
2006.07.21 01:04 | URL | かめだす #79D/WHSg [edit]
今日はヴィヴィアンがメインか、落ち着いて見れそうだな、と思った途端ダニーのあの頭!ツンツンの先っぽが平らに揃ってる・・・
依存症も付け足した感がありありですが、よく立ち直ってFBIエージェントにまでなれましたね。ダニーちゃん偉い!
母親の手紙はよっぽど上手く書かないとぶり返しちゃうかもしれませんね。相手の男性が過去のことを知っててくれてスムーズにいく事を願います。
それにしても「3人で祈ろう」の場面は描きすぎでキモかったです。
2006.07.20 23:27 | URL | suzy12 #79D/WHSg [edit]
捜査官の鏡と言っても過言ではないですね。
やはり、地道に何年かかってでも解決させるヴィヴィアンのような捜査官が1ドラマに最低1人くらい存在しないといけません。
母であり、妻であり、捜査官であり、女であり・・・。
サマンサにはない円熟味(!?)をもってますね。
ダニーはアルコール依存症であったことを告白。
彼も色々ありすぎて、キャラクターがどういう方向にいってしまうのか不安であり、楽しみであります。
髪型も猫ひろしから次はどこへ?
2006.07.20 20:12 | URL | 赤ジャージ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1150-ab7f21ab

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。