スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアム 第4話「新しい友達」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 26.2006 未分類 6 comments 0 trackback
アリソンはいつものように悪夢を見ていた。今回の悪夢は、空港で赤ずきんになったアリソンが狼に追いかけられている夢・・・

アリソンの次女ブリジットは学校を嫌い、友達がいないというので、ジョーとアリソンは心を痛める。学校の同級生に遊んでもらおうとアレコレ手を尽くすが、うまくいかない。
そんな中、ブリジットに友達ができたというのでアリソンは一安心するが、ジョーはブリジットが学校で独りで遊んでいるのを見かける。

検事局でいまだ居場所がないアリソンは、似顔絵描きのウェインが作業をしている物置のような部屋をあてがわれる。そこで未解決事件のファイルを見ていたところ、殺人事件の証言をする女性がウェインに似顔絵を描かせはじめる。
ところが女性が証言する犯人の顔は、アリソンが透視したものとはまったく違っていた・・・

--------------------------

今回のエピを見て、友達のところのお子さんの話しを思い出してしまった。
・・・5歳のお子さんは「洗面所にいるおともだち」とひとりで話をしているのだという。
時々出てくるらしいその「おともだち」は、大人に見られることを怖がるから、ママは入ってきちゃダメ、とか言われるらしい。
わが友人は、「せっかく建てた一戸建てだから、何か『出る』とか思うとやってられないんで、ある年齢の子供特有の感受性が見させる、空想のお友達だと思うことにしてるの~」とか言っていた。
私も「そうだね、テレビの砂の嵐から声が聞こえるとか言うようになったら考えた方がいいけど、洗面所は・・・・ 
  鏡 が あ る な 」などと余計びびらせたりしたわけだが・・・・

そんな風に、映画「ポルターガイスト」風現象は、割と小さなお子さんのいる家庭では珍しい話ではないのかもしれない。
しかしアリソンにとっては、ブリジットが遺伝で霊を見てるのかもしれないという現実があるわけで、「よくある話」ではすまされない。決してバカにしたり笑い飛ばしたりせず、ちゃんと話しを聞いてあげるアリソンを見ていると、いいなぁと心から思う。
今回はほんとにブリジットがかわいくて・・・窓越しに「一生ここにいるのー」と会話してた時の、「マーミー!!」がほんとにかわいくて、むくむくした犬っころみたいなかわいらしさに感動してしまった。
このドラマの味として、夫婦と親子のほほえましさがかなりリアルなところがあると思う。
意地悪ねーちゃんアリエルと張り合いつつ、ブリジットはこの先どういう風に育っていくのだろうか。
キリンさんをお友達にしてる、いい感じに似たもの同士な「新しいお友達」ができてよかったよかった・・・・あれでまた「キリンさんをお友達にしてる地縛霊」とかだったらどうしようかしらと思うところだが。

麻薬の潜入捜査をしている悪徳刑事・・・レイモンド?でもウルフ!(ドラマが違う!)
しかしあのお姉さんもよーく考えてみた方がイイと思ってしまった。
どの道しゃべったかしゃべらないかとか関係なく、ウルフは口封じのために殺しにくるのだから、だったらさっさと警察に正しい証言をして捕まえてもらった方がいいような。
でもそれで、間違った証言のせいでマット・デイモンが捕まったらどうするんだ!(ないない)


【 脇俳優チェック 】

◆似顔絵書きのオールド・ウェイン ....  Brent Jennings
「刑事ジョン・ブック 目撃者」に、ハリソン・フォード演じるジョン・ブックの相棒刑事カーター役で出演している。

◆事件解決を報道していたレポーター .... Saida Pagan
ニュースキャスター役、レポーター役専門の女優さん。元々そういう仕事をしてたというのは見つからないのだけれど、そういう役ばかり。「ザ・ホワイトハウス」の第5、第6シーズンにもレポーター役で登場予定。
「CSI:5」の今週末放送の15話に登場予定だが、これは役名がついているけれど多分レポーターの役なのではないだろうか。

◆ブリジットの先生 ....  Elizabeth Payne
「エイリアス」の第2シーズン以降に、CIAのコンピュータ技術者役で4エピに登場。
「フェリシティの青春」第1シーズン8話で、ザックに強引に関係をもたされたジュリーを検査して話しを聞き、それはレイプだと認定してくれたドクター役。

関連記事

▶ Comment

>PINGEさんへ
ギャラ・・・までは考えませんでしたが、そうですよねぇ(^_^;)カメオでもないわけだしなぁ。
ブリジットとアリエルくらいのきょうだいをお持ちだと大変かもしれないですが、毎日宝探しというか、笑いも尽きないでしょうね。
部屋の隅・・・何があるんだ(爆)
>くーみんさんへ
はじめまして。コメントが遅くなってごめんなさい。
WATのほうでもお話できるといいですね(^O^)
自分は霊感とまったく無縁なので、かえってからっとした気持ちでこのドラマが見られるわけですが、しかしけっこう話としては・・・あるもんなんですね。
夏向きのコワイ話ありがとうございました(^_^;)
やはり色々きくと鳥肌ですね・・・。
>miyakoさんへ
ホラーとアットホーム、コメディなどの要素のバランスが非常に絶妙で、怖いようで怖くない異色ドラマですよね。
これが怖いばっかりだったり、もっとファミリー色が強かったらこのドラマが全然違うものになるんでしょうねー。
あの「成仏」のシーンはほんと、心にしみるものがありました。
>エレインさんへ
私もマット・デイモンのあの場面「あ、言っちゃった!」とか爆笑してしまいました。田舎の子って(^_^;)
空想のお友達だと、ある程度自分で「人から変に思われない程度に」とかコントロールするんですかね。
空想のお友達とか、日記のお友達とか、そういうのがよく聞きますが、「憑かれる」のはさすがにねぇ。
>紫熊さんへ
やはり土葬の国でああいうのは微妙に怖いですね。
似顔絵の話は、「目つきが悪くてー、ドレッドヘアでー」とかいわれた似顔絵描きさんはびっくりしたことでしょうね(爆)。「こ、こんなのプレゼントするん?」とか
ほんと、あの子まで幽霊だったらアリソン的には立ち直れないですよね(^_^;)強烈な霊媒体質の遺伝としか言いようがなくて・・・
2006.07.29 21:28 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
よく海外では子供の頃「空想のお友達」を持つっていいますよね?(ジョーイも確か行ってたね)
あれって、やっぱり半分くらい(もっと?)は、こういう感じなのかもしれませんね・・・
しかし、あの似顔絵でっちあげって(苦笑)
似顔絵書く人もそばに雑誌あるんだから気付けよ!みたいな(笑)
あ!
私も最後、「この子は本当に生きてるの?」って思ってしまいました。
大人ってや~ね~(泣)
2006.07.27 21:42 | URL | 空想のお友達 #79D/WHSg [edit]
「小さくて、田舎の子みたいな」と言ったときはふきだしてしまいました。
やっぱりマット・デイモンって「田舎の子」顔なんですね。
あの目撃者が日本人なら「ジミー大西ににてる」とかいいそうです。
あの似顔絵書きのおじさんは「刑事ジョン・ブック」に出てた方だったんですか。
懐かしいですね。そんなベテラン俳優さんが出てたなんて。
ブリジット可愛いですねー。
思わずぎゅーとしたくなりました。
あの年頃で「空想のお友達」がいるってのはそんなに珍しくないと思うんですが、「おばけをみてしまう」というのは他の子からみてもちょっと気持ち悪い存在でしょうね。
アリソンがブリジットと幽霊の男の子をひざまくらしてなでてるシーンは心癒される思いでした。
>「キリンの自縛霊」
それを言っちゃおしまいです(笑)
2006.07.27 11:45 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]
アリソンの賢いママ振り良いですね。夫とのコミュニケーションも手を抜かずアットホームな中に少しのサスペンス?ドラマな感じで、とっても見てる方は心地良いです。
さ迷う男の子をブリジットと一緒に「ゆっくりお休み」と天国に送ってあげる、そんな大事な仕事もアリソンの成せる技!すごく優しくて包まれる感じです。
2006.07.27 09:28 | URL | miyako #79D/WHSg [edit]
初めまして。
最近、「WAT」にはまり、ファン・ブログを拝見させていただいております。皆さん、とても仲良くて、内容も充実して面白く、楽しませていただいております。
このドラマは見ていないのですが。
小学校5年の下の娘が、今年2月になくなった母に、よく会うのですって。
一緒にいたお友達も、会ったのだそうです。
お話もするそうです。
上の娘は、幼稚園の頃に、架空のお友達なのか、実際に「見た」のか、そういうお友達のことを、何度か話したことがありました。
子供には見えます。
でも、悪いことが起きないなら、かまわないのでしょうね。守ってくれるということもありますし。
夫のイトコの場合は、マンションに霊がいて、そのマンションに住む子供たちが、よく「見た」そうです。
その家では息子に「憑いて」しまって、最後は殺されそうになったので、引っ越しました。←実話
2006.07.27 08:41 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
には、ギャラは行かないんでしょうね…
それはさておき、ブリジット可愛かったですねー。
一生ここにいるのはママがいる時にするわ。って。
でもコドモ部屋にカギをつけるのは考えものですね。
うちのコドモの兄と弟がちょうどあの二人の年頃なので、可笑しいやら身につまされるやら。で、今回も楽しめました。
うちの子は赤ん坊の頃には部屋の隅を見てる、とかダンナが怖がってた頃もありましたが(爆)オバケは見ないようです。
2006.07.26 21:54 | URL | PINGE #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1155-a7da2fb3

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。