スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース 第5話 「ランナー」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2005 コールドケース 0 comments 0 trackback
今回は70年代に殉職した警官ジョー・ワシントンの殺人事件。
警官殺しは、警察署の平均体温と血圧をぐっと引き上げるものなのだが、それでも解決していなかったらしい。未解決の倉庫に放置されず、殺人科の部屋に資料が置き続けられていたのも気持ちの表れなのだろう。
(その調子で全部の事件を当たってくれよと思ったりするけど)

スラム状態の町に住む、二人の少年と一人の少女。
誰も彼らをまっとうに守ってはくれない。お互いに「俺にはお前だけ」「お前は俺のもの」と、相手に依存する気持ちがぎりぎりに支えとなって生きてきた三人。
でも、一人が立ち直ってその輪から出て行くことからきしみが生じてしまう。
ランナーにとって、サミーは「人質」だったように見えた。サミーを手の内において、ちょっと悪いことをさせておくことで、心配するジョーを振り返らせることができる。自分だけだったらもう心配してくれないことがうっすらわかっているから、サミーを使うしかなかった。
でもジョーはサミーを連れて行こうとしている、自分だけが見捨てられてしまう。

一人になりたくないために、一人になってしまったランナー。
ランナーはその後の人生を、何のために走っていたのだろうか。
何かをを追いかけるため、それとも逃げるため?

また、最後のサミーとダイアンのシーンは胸を衝かれた。
ダイアンは「顔を見てみたかった」と言っていたが、まさかリリーがサミーと引き合わせるとは思っていなかった。どうなるのかと思った一瞬、傷をふさぎあうような抱擁に涙してしまった。
お互い、失ったものを埋めるわけにはいかないかもしれないが、寄り添うことで傷をふさぐことにはなるかもしれない。サミーはやっと人生を始められたんだなぁ、と思った。
しかしサミーはどういう心境の変化でこの事件を「やり直そう」と思ったのだろうか。そこがまったく描かれていない。そういう「余白」の多さが色んなことを想像させる。

リリーは、「唯一の女性刑事」らしい。やっぱなぁと思った。保守的な土地柄だし。
机の上に足を乗せたりナチュラルに「男勝り」な言動で、あからさまに周囲のオヤジたちが守ってたり、他のオヤジたちはまた逆にあからさまに敵意をむき出しにしてきたりしてたから、他の女性はいなさそうな気がしていた。
ヴェラは自分がめんどくさいから未解決事件を押し付けてるのだが、周辺は多分リリーが最前線に立つことをよしとしてないのではないだろうか。それで未解決事件をやらせとけーみたいな。
ただ今回、やっと警官パブに入れてもらえるようになったので、風通しはよくなるかな?

次回からにーちゃんが一人増える模様。
えー、それよりはオヤジを掘り下げてよ・・・ボスやジェフリーズおじちゃんを描いて欲しい。
つーか、クリスは降板っすか??あっさりすぎ・・・・


【 脇俳優チェック 】


◆殉職警官ジョー・ワシントン .... Cory Hardrict
また同じ日にCSIに同じ登場人物が。ブラッカイマーものって脇かぶりしてる気がする。「CSI:4」の15話に自転車を盗まれた青年ロス・デイヴィスでちょこっと出演していた。
「FBI~失踪者を追え」の第3シーズンにも登場予定。

◆メイスン・タッカー70年代版 .... Aldis Hodge
「CSI:」(1st)の第16話「氏名不詳の女 ジェーン・ドー」で、ジェーン・ドー(身元不明女性につけられる仮名)が死ななかったた&加害者が未成年だったために逮捕されない青年役で出ていた。
「ダイ・ハード3」出演がデビュー作。

◆ジョーの相棒ブッチ・リナルディの現在版 .... Steve Ryan
「ザ・ホワイトハウス」で国防長官ハッチンソン、「OZ」で看守のマイク・ヒーリー。
イイ感じのオジサマですな。

◆音声技官ジェシカ .... Cheselka Leigh
「CSI:4」第13話「牙を持つ人々」で、被害者のヴァンパイア仲間の3人の少女のひとりで登場。

◆ジョーの妻ダイアンの現在版 .... Barbara Eve Harris
「ER ?」の最終話「悪夢」で膝下を切断される女の子の母親役で登場。第10シーズンの2話にも登場したチャンスの母親だ。「ER ?」には彼女は2回登場しているが、11話の役は別人の役らしい。
同じシーズンでの使い回しとはおそろしい荒業をするもんだ。
あと「ザ・ホワイトハウス2」13話「ファーストレディーの憂うつ」で、エインズリーと一緒に「キャピタル・ビート」に出演していたグレッチェン・タイラー役でもある。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/116-e172cea3

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。