スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:4 第15話「盛者必衰」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2005 CSI:科学捜査班 3 comments 0 trackback
【CASE トレント夫妻】
 現 場 :高級住宅地内、トレント宅ガレージ前
 被害者 :クラブ「アシッドドロップ」オーナーのマイク・トレントと妻のローレル・トレント
 死 因 :頭部への二発の近射による銃弾被弾
 関連人物:バーテンダーのドレイク・スノー、クラブマネージャーのクリス・ベジッチ
      ロス・デイビス、ウェイトレスのミッシー・ウィルソン
      トレントの事業パートナーのカイル・グッド、グッドの息子アレックス
 担 当 :全員
 背 景 :トレント夫妻が自宅ガレージ前で頭部を撃たれて死亡。
      夫マイクの遺体は車道のほうへ引きずられた痕跡が。遺体を見せるためか?
      マイクは友人と始めたクラブ「アシッド・ドロップ」が成功。妻とも円満だった。
      メインゲートはガードマン常駐、北ゲートは暗証番号が必要なのに侵入の上凶行。
      屋外に煙草とオレンジの皮と種子、自転車のタイヤ痕。クローゼットの宝石箱は空。
      寝室の床に血痕。ベッドの下には素人ポルノの詰まった箱。ポルノの主役は妻のロー
      レンで、夫マイクが製作者で結婚前に製作されたものだった。
      マイクの頚部にはスタンガン熱傷が。

現場の自転車のタイヤ痕から、犯人は二人組かそれ以上と見られた。しかし数的優位があったのにもかかわらず、スタンガンで自由を奪いすぐに撃とうとしていない。そこには何らかの時間稼ぎの必要があったのではないかとみられた。
犯人がオレンジを食べながら待っていたことから、手はオレンジの汁でべたついていたはず。北ゲートの暗証番号入力テンキーを薬品でテストしたところ、糖分のついた手で入力した痕跡があった。犯人は暗証番号を知っていてきたゲートから中に侵入したのだ。

キャサリンはアシッドドロップのマネージャー、クリス・ベジッチにトレント夫妻の周辺を聞きに行くが、マイクはローレルを大事にしていたという。共同経営者だったカイル・グッドとは金銭トラブルがあり、クラブに出入りする二人を会わせないようにしていたという。
ローレルの手荷物の中から「アシッドドロップでポルノを撮影する」という契約書が発見される。トレントのサインはなく、ドレイク・スノーという男のサインだけがされているものだった。
スノーはアシッドドロップのバーテンダーで、昔トレントと一緒にポルノ製作をしており今もその夢を捨てていないが、製作資金がない。そこでトレントに頼みに行ったが台所で殴られたのだという。血痕が発見されたのは寝室だったためスノーの供述には疑問が残った。

放置自転車の中からハンドルに糖分が付着しているものが発見され、ウォリックの機転で所有者が割り出せた。しかしその所有者ロス・デイヴィスという青年は、マッチョな二人組に襲われて自転車を盗まれたのだという。彼の頚部にはトレントと同じスタンガン熱傷があった。
現場に残っていた煙草の吸殻4本のうち3本はスノーのDNAと一致。残る1本は女性のものだった。また、スノーのDNAは寝室の血痕とも一致した。スノーの供述には嘘がありさらに現場にいたということでローレルとの関係を含め問い詰めるが、スノーは場所は嘘だったが、映画制作を頼みに行っただけという供述を覆さない。
さらに煙草については「職場で一日一本吸うことに決めており、場所も決まっている」という。吸殻を分析したところ、アシッドドロップの灰皿似いれられている砂と同じものが付着していることがわかった。つまり犯人は、スノーに罪を着せようとクラブから吸殻を持ち出して仕込んだのだ。
トレントと金銭トラブルがあったカイル・グッドに殺害当日の行動を聞いたところ、グッドの母親の家に行っており殺害時刻にはドライブスルーのテイクアウトを買っていたという。
ドライブスルーのウェイトレス、ミッシー・ウィルソンはグッドのことを下品にナンパされたことで強烈に覚えていた。グッドはアリバイ工作のためにわざと記憶に残るような行動をとったのではないかと見られた。ドライブスルーの監視カメラにはグッド親子が映っておりアリバイ成立したかに思えたが、グリッソムは息子の様子に不審を抱きニックに映像を解析させる。

その頃、トレントと同じような手口で殺された男性の死体が発見され、現場付近にもう一人の遺体があった。ロス・デイヴィスの証言どおりマッチョな二人組で、遺留品からトレントの家から盗まれた金品が見つかった。その盗まれた2万ドルの紙幣を調べたところ、血痕があることが判明。
グッドの監視カメラの映像を解析したところ、息子のアレックスは双眼鏡をいじっており、グッドは壊されるのを恐れてか息子がいじるのをしきりに叱っていた。
紙幣の血液はグッドのDNAと一致。実行犯とグッドが結びついた。グッドはアリバイを主張するが、アレックスの毛髪から睡眠薬が検出された。つまりグッドは息子を薬で眠らせて、現場近くでマッチョな二人組が殺人をやり遂げるのを双眼鏡で見届けていたのだ。
二人組はグッドが到着するまで時間稼ぎをするためにスタンガンを用い、依頼された殺人以外に魔がさして強盗を働き、そして分け前を巡って殺し合いになったのだった。
欲によって身を滅ぼした二人。グッドも息子の愛情より欲得を優先させたための自滅だった。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

一方グリッソムは、部下達の勤務評定の提出期限が迫り、キャサリンに個別の面接をしていた。
今回の仕事もほとんど寝る間もなく呼び出されたりと、自分の生活の余裕のなさを訴えるキャサリン。グリッソムは、サム・ブロウンのDNA鑑定については内々に処理し、自分の後継者としてキャサリンに高評価をつけるつもりでいた。
しかし、キャサリンがブロウンから「娘として」小切手を受け取ったことを知り、二人は言い争いになる。
そんな追い詰められたキャサリンの前に現れたクリス・ベジッチ。二人は強く惹かれあう・・・

また、サラは鑑識作業中にずっと「のど飴」をなめ続けていた。
そんな彼女の様子の異変にブラスが気づき、「のど飴では何も問題は解決しない」といたわる。
何でもないと強がるサラに、いつ安らぎは訪れるのか・・・・?


---------------------------------------------------------------

通常2つある事件をひとつ削って、その分メンバーの動向に話題が多く振られていた。事件内容としては「暗証番号変えとけよ」とか、スノーの存在が意味不明だなーとか、ちょっと中途半端だった。
メンバーの動向と伏線で方向転換をするために、事件の足元がふらついたかな。いつもだと事件以外のことはあらすじからは削除してまとめるのだが、サラとキャサリンについて別個記録しておくことに。

キャサリンと主任の会話に爆笑してしまった。
 キャ「もう半年もSEX・・・・いや、7ヶ月も!してない!」
 グリ「・・・・力になる
 キャ「・・・・ は? ・・・・」
 グリ「君が出世できるよう」
 キャ「・・・・(あぁ、なんだー)」
最初主任の「力になる」は、私の考えすぎかと思ったら、後から見直したらキャサリンも「まさかそっち方面で?」っていう顔をしてるんだな。つーか主任もその気がないわけじゃなかったと思う。でもキャサリンがドン引きしかかったのをとっさに空気読んで(何しろ恋愛恐怖症になってるとこだし)急ブレーキかけたんじゃないかな。
主任・・・・キャサリンに優しくするなら、「のど飴」に気づいてやってくださいよってば。キャサリンは「やり残したこと」でこの後しばらくはガス抜きできそうだし。

そう、サラは先週普通にしてたので大丈夫だと思っていたのだが、だんだんに痛手が身にしみたのか、主任の前での表情の微妙なこと。
ブラスの言葉によって自虐状態に多少は歯止めがかかるといいのだが。サラがより強い「のど飴」に手を出したりしないように祈りたい。
ニックのおねだり&サラのつっぱねは小学生みたいでかわいらしかった。1個くらいいいじゃん。

キャサリン女王様にこき使われる下僕・グレッグ。
今回も手伝いに呼び出された上に、ウォリックに仕事人としての心得を説教されてしまう。ウォリックは過去の失態を埋めるために必死に働いてきたんだなぁと思わせられる完璧ぶり。

 グレ「ここまでやるの?
 ウォ「 や ら な き ゃ 。

この「やらなきゃ」の口調の微妙さ、威張るんでもなく叱るんでもなく。ほんとに「やらなきゃ」っていうひとことがこたえたか、グレッグは後から上着を着てきたんだけど・・・・
キャサリンは肩出しタンクトップなのに!(一瞬、同じ色なのでキャサリンの上着を借りたのかと目を凝らしてしまいましたが、袖口や裾が別布で、フードつきなので違った模様。サイズ・・・・合いそうだからなぁ)グレッグも、ちょっとくらいゆるんでも見逃されるようになるまで頑張れ。

けっこう久々に思えるんだけど、ウォリックとニックの二人が組んで作業をしてる様子が、ライバルでありながらいい男友達同士って感じでほほえましかった。
マイアミのデルコとスピードルもそうなんだけど、男二人って仕事というおもちゃで遊んでる風でいーなー。


【 脇俳優チェック 】

◆過激なウェイトレス ミッシー・ウィルソン .... Kat Dennings
「ダメだっつーの!」がちょっとかわいかった厚化粧の彼女。
自分でblogも開設しているらしい。何かぶっ飛んだ風情。
「Sex and the City」第3シーズン15話「大人の女の条件」で、サマンサがパーティの企画を頼まれた13歳の小娘ジェニー役で登場していた。ブランドと男にしか興味のないプチセレブたちはなかなか強烈な印象だったが、撮影当時は14歳。
このCSI撮影時は18歳だ。ちなみに、彼女はオルセン姉妹と同じ年同じ誕生日の生まれだったりする。・・・・なんという早熟なティーンエイジャーたち。
「FBI~失踪者を追え」第2シーズン6話にもゲスト出演予定。

◆グッドの弁護士 .... Oscar Goodman
最後のところ、取調べの時に同席していた弁護士だけど・・・・
この方、なんとラスべガス市の市長さんである。何やってんですかまったく。
なんとなく吹き替えも妙に素人臭くしてるのは、わざとでしょうか。

◆アシッドドロップのセキュリティスタッフ .... Anthony E. Zuiker
キャサリンがクリス・ベジッチに会いに来た時、ベジッチのところに案内して、その後「静かな部屋」に誘導してくれたヘッドセットをつけたおじさん。
名前を見てわかるように、CSIシリーズのメインクリエイターのお方。いつもありがとうございます。市長といい、なんか隠れキャラの利いた回だなぁ。
第2シーズン10話と第3シーズン20話にも登場してた前科があるので、時々出たくなるのだろうか。

◆元AV嬢の今セレブ、ローレル・トレント .... Renee Allman
「ツイン・ピークス」のジェームズ・ハーレー役のJames Marshallの奥さん。

◆自転車を盗まれたロス・デイヴィス .... Cory Hardrict
同じ日に放送された「コールドケース」第5話に殉職警官ジョーで出演していたが、こちらではちょい役で。この間みたいに両方犯人、とかじゃないだけまだいいのかもしれない。
秋に公開予定の「バタリアン」シリーズの4と5に準主役コーディーで出演。

◆クラブ経営者マイク・トレント .... James Hyde
ソープオペラにレギュラーが多い昼メロスターでオフィシャルサイトあり。

◆クリス・ベジッチ .... Nicholas Lea
欲求不満なキャサリンとのロマンスがいきなり勃発したヴェガスセレブは、「Xファイル」シリーズでモルダーのライバルアレックス・クライチェクでおなじみ。日本でもファンサイトがある
他には映画で「ヴァーティカル・リミット」などの出演があるが、どうしてもクライチェクのイメージが強いので、第三種接近遭遇を遂げてしまったと思われるキャサリンの今後が案じられるところだが、この宇宙人は第5シーズンまで出てくるらしい・・・・

◆息子より復讐のパパ、カイル・グッド .... D.B. Sweeney
ちょっとおバカなパパを演じていた彼にもこんな青春の日々が。うわー懐かしい。「冬の恋人たち」ですね。あのダグにこんな役で再会するとは・・・・時の流れって。
しかも来年公開で「冬の恋人たち2」が製作予定らしい。ハリウッドの素材不足はそこまで相当煮詰まってますか?
ちなみに「冬の恋人たち」のヒロイン、ケイト役のMoira Kellyは、「ザ・ホワイトハウス」第1シーズンでジョシュの元カノのマンディ・ハンプトン役だった。
D.B. Sweeneyを久々に見た、と思っていたが「CSI:マイアミ」で見たのに気づいていなかった。第1シーズン最終話「死刑台への脱走」で、逃走犯のためにキャンピングカーを借りてあげて見返りに写真をもらうという、少年サッカーのコーチサイモンを演じていた。このサイモン、少年愛の正当性をホレイショに主張という、世にも恐ろしい地雷を踏んだ男だ。くわばらくわばら・・・
関連記事

▶ Comment

>KEIさん
母子二代にわたって男運の悪いキャサリンのことですから、何か事件がらみで悲恋に終わるんじゃないかという気がしてなりません。
ましてや相手は宇宙人ですし(違)。

しかし「犯罪都市ラスベガス・・・」っていうドラマに市長が出演してて、それでいいんかい!って思うのは私だけでしょうか・・・

>nicoさん
「この顔は?」がすっきりすると気持ちいいですよねー。つい、その楽しみにはまってしまってるところです
2005.08.11 21:57 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
クリス・ベジッチ、今週も出てきてましたね。
「見覚えのある顔だな~」「24だったっけ??」と悩んでいたのですが、なんとまあ、クライチェクでしたか!
わースッキリした
2005.08.11 12:21 | URL | nico #79D/WHSg [edit]
おはようございます。
エピガイ&ゲストの紹介、楽しませていただきました。

ラスベガスの市長まで出演とは…全米NO.1ドラマで顔を売った訳ですね。

キャサリン、あのまま何処かに連れていかれるんじゃないかと心配でしたが、大丈夫そう(笑)
クライチェクとのシーンの彼女、とっても綺麗でした。

そして、D.B.スウィーニー…
「世にも恐ろしい地雷を踏んだ男」に、大ウケです!
あの役は、かなりショックでしたけど。

さて、サラが心配です。
1人の女性として輝いているキャサリンと対照的ですよね。
2005.08.11 08:47 | URL | KEI #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/118-fe4eced3

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。