スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第21話「ふたつの家族」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 24.2006 未分類 8 comments 0 trackback
【 失踪者 : マーク・ウィルソン 】
FBI着手:失踪16時間後

11年前のコンビニ強盗殺人で死刑判決が出ているリッキー・ウィルソンの死刑執行が数日後に迫り、弁護側は執行停止の控訴を申請していたが棄却された。
棄却が決まった後、11年間息子の無実を信じ続けた父マークが姿を消した。マークたちにはたくさんの脅迫状が寄せられており、夫妻にとっては様々なことと戦ってきた11年間だったのだ。ジャックたちはマークが死刑執行を停止できる新証拠を探していると見て、事件の洗い直しを始める。
この事件はコンビニに押し入った強盗が、銃で店主と、客のハイアット夫妻を殺害したものだった。ハイアット夫妻の娘ジェシーだけが一人生き残り、現場の目撃証言はすべてリッキーに不利なものばかりだった。
ジェシーはおじのビル夫妻にひきとられて成長していた。こちらの一家にとっても死刑が引き伸ばされ続けた11年は、気持ちにケリがつかないままの闘いの日々だった。

事件の目撃者をたどったところ、目撃証人のケン・ハモンドという男性が2日前に暴行を受けて入院していることがわかった。ケンの住所はマークの足取りと重なり、ケンを殴ったのはマークであることがわかる。
マークは何かをつかんでいたようだが、一向に足取りがつかめない。そしてリッキーの死刑執行が次第に近づいていた・・・

----------------------------------------------------

ありゃー、「BONES」に引き続き、デッドマンウォーキングな死刑執行停止ネタ。
どうせなら半年くらい引き離して見たかったかなぁ。

今まで何本か死刑執行停止ネタのドラマを見た。だからありがちなネタになりつつあるのだが、それぞれ切り口が異なっているから面白い。
「CSI:3」6話「死刑執行停止」では、今まさに死刑が執行されている最中に緊急停止の命令が下って、死刑囚は蘇生させられたのだった。結局有罪が証明されて再度「やりなおし」されたのだが。
「CSI:マイアミ3」23話「殺人鬼養成講座」では、再捜査によって共犯者が見つかった。これは停止させるためのタイムリミットではなく、時間通りに執行させるための闘いだった。結局執行されることにはなったものの、しかし死刑囚ケン・クレーマーは死刑から「逃げた」。
先週の「BONES」は、死刑執行のタイムリミットまでに真相を追究していたら、死刑囚は真犯人だとわかったものの、他の殺人を掘り起こしてしまったために死刑を停止せざるを得なくなった。それも死刑囚の思惑どおりにはめられたという皮肉。
他にもたくさんあるのだろう。まるで各ドラマが「死刑執行停止」「再捜査」「真犯人発見」の三大噺で大切りやってるかのようだ。同じテーマで競作しているようになるので、それぞれのドラマの「色」が強く出てくるように見える。

WATの場合は、死刑執行を止めたいわけでも、事件の真相が知りたくて捜査してるわけでもなく、それはあくまでも副産物、というのが前提。主眼は「失踪人探し」だ。しかしどうしてもマークを追うことは事件の真相をたどることになっていく。
そして真相を明らかにしようとして浮き彫りになるのは、死刑執行に至る11年の間に被害者加害者の「ふたつの家族」が抱えてきた苦悩と死刑に対する思いだ。
わが子を信じて奔走するマーク、死刑が行われることでピリオドを打ちたいビル・・・11年はあまりに長い。

それぞれのドラマで必ず出てくるのは、死刑執行を停止させようとする弁護士たちだ。
彼らは「真相はどうあれ、死刑が行われれば気持ちにケリがつく」と考えるビルと、ベクトルは対極にあるのだが、実は「真相はどうあれ、死刑が行われなければそれでいい」という意味で似たようなポジションだったりする。
時にそれは、法の名の下に法をもてあそんでいるように見えなくもない。
この間「BONES」ではテンペランスが「私は死刑には賛成」と宣言していたが、今回はサマンサによって捜査官という立場で死刑を語らせていた。
自分たちが力を尽くした事件に正しく法の裁きが執行されなければ、そりゃぁ~捜査官としてはやってらんないわな。

しかし・・・・なんという終わり方。WATらしいといえばらしいんだけど。
この終わり方によって、このエピがこのシーズン通して一番印象的なエピになりそうだ。ずるい。
そんな「結末は皆さんそれぞれの心の中に」方式なんて!うまい、しかしほんとずるい!

今週から短髪ジャック・・・でもすぐ伸びるよね。特に襟足。
サマンサとマーティンはちょっといい感じだし、ダニーは寝癖っぽいし、先週お休みをいただきましてすっかり通常営業でございます、って感じだ。
何より、「了解っす!」が聞けると「あぁいつもどおり」と安心できるもんね。
ダニー・・・来週も寝癖と了解っすをヨロシク!


【 脇俳優チェック 】

◆コンビニ現場第一発見者パトロール警官パーソンズ .... Bill Birch
「グレイズ・アナトミー」第1シーズン7話「オフィスラブの定義」で、彼女を引き止めたいがために車の鍵を飲み込んで、イジーの前で修羅場った男J.P.役で登場していた。
「CSI:マイアミ2」9話「破滅への誘い」(トリップ刑事が妻から浮気を疑われた回)では、番組冒頭女性が海の中でブイに寄りかかっているのを発見した男性役。その直後女性(すでにその時点で死亡していた)は鮫に襲われたのだった。「ビバリーヒルズ青春白書」第7シーズン1話「すれちがいの再会」では、ブランドンが旅行中車の修理をしてもらったフレッド役。しかし都会モンをねたんだフレッドはなかなか車の修理をしてくれないのだった。
「ザ・ホワイトハウス6」4話に登場予定。

◆リッキーの弁護士ディームス .... David Burke
「サンフランシスコの空の下」第1シーズンにカースティンのアドバイザーのビル役で登場。カースティンに気があって接近する。
他にも「HOUSE」の20話など、テレビドラマのゲストが多数。

◆コンビニ強盗の被害にあったジェシーの母ウィリア .... Erin Carufel
「CSI:マイアミ2」10話「殺しのキッス」で、恋人との倦怠期に刺激を与えるため、「誘拐サービス」を利用してわざと自分をさらわせたが手違いで殺されてしまった金持ちのお嬢様ニッキー・ウィルコックス役を演じていた。

◆ジェシー現在版 .... Sarah Freeman
5歳の頃から子役として活躍しており、「ER」「ザ・プラクティス」「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」などに出演している。
日本では未放送の「Legacy」というドラマにもローガン家の末娘レクシー役で登場しているという情報をがろとさんのHPのページから発見。

◆死刑囚リッキー .... Michael A. Goorjian
「CSI:2」7話「愛しすぎた男」で、政府歴史図書館の司書の女性が死亡した事件の目撃者で、被害者に思いを寄せいていた自閉症のアーロン・プラット役で登場していた。主任は彼の記憶力を信じて事件を解決するのだった。
「サンフランシスコの空の下」では長女ジュリアの恋人ジャスティン役でレギュラー。

◆ジェシーのおじビル ....  Michael McGrady
「コールドケース」第1シーズン12話「接着剤」では、殺害された少年ティム・バーンズの父の現在版を演じていた。

◆州の代理人コステロ .... Kate McNeil
ジャックに「厚化粧」と言われてしまったシャネルスーツのおばさん。
「CSI:2」2話「偶然の失踪」で、失踪した女子大生ペイジ・ライコフが不倫をしていた哲学の教授ウッドベリーの妻役で登場していた。
「アリーmyラブ2」19話「女の敵は女?」では、産休から復帰したら出世コースからはずされて事務所を訴えた弁護士ハーパー役を演じていた。
「コールドケース2」11話、「BONES」第1シーズン8話と、今後すぐの放送に登場予定。
私生活では1回結婚して離婚しているが、相手はゾンビ映画大好き監督「ナイト・オブザ・リビングデッド」などで有名なGeorge A. Romero。Romero監督の3回の結婚のうち最初の結婚である。

◆リッキーの父マーク ....  J.K. Simmons
「Oz」の冷酷な囚人シリンガー役でおなじみ。「Law&Order」の第8シーズン、SVUの第1シーズンからエミール・スコダ医師として登場。
「NIP/TUCK2」10話「キンバー・ヘンリー」では、乳がんの妻の気持ちを共有するために乳房を整形手術でつけさせようとするアイク役。
映画「スパイダーマン」のシリーズを通して、トビー・マグワイヤ演じるピーター・パーカーの職場デイリー・ビューグル紙の上司ジェイムソン役を演じている。

◆コンビニ強盗の真犯人ケン・ハモンド .... John Thaddeus
「アリーmyラブ」第1シーズン14話「ボディ・ランゲージ」で、テロ行為で終身刑になってるのに結婚したいというのでアリーが弁護することになった、獄中花婿マイケル・ヤング役。
「CSI:マイアミ2」17話「消えた320万ドル」で襲われた現金輸送車の警備員で、相棒は殺されたのに軽症で生き残った、不肖の妹を持つかわいそうなお兄ちゃんポール・ドンラン役を演じていた。
「FBI~失踪者を追え2」21話に登場予定。「24 ?」18話~20話ではマルワンの行方を知っているとみなされジャックに拷問(その時の大統領に無許可なため、後から問題に)されるジョー・プラド役で登場。

関連記事

▶ Comment

こんにちは。遅ればせながら見れました。
言いたかった事は皆さんが書いて下さっていて首を縦に振って読ませていただきました。(死刑制度、電話のベル、かわいいダニーなど)
重いエピの中笑えたは「あんたいつもこんなに化粧濃いのか?」でした(^^)
あとリッキーとその弁護士の2人!ずっと誰だったか悩んでたんです。2人とも「サンフランシスコの空の下」でしたか。ただビルはベビーシッターさんでしたね。スッキリしました!
2006.09.02 17:25 | URL | suzy12 #79D/WHSg [edit]
>かめだすさん
これだけジリジリさせたんだから、演出としては大成功なのかもしれないですね、あぁ悔しい(^_^;)
ダニーはほんとに誰のところでもくつろいで入り込みますよね。なんとなく、ジャックの家でジャックより家の中のモノの在り処とか知ってそう。
マーティンがおばさんちにダニーを連れて行ったら、多分そこんちの子みたいに、マーティンより出入りしそうな雰囲気がありますよね(^_^;)
>がろとさんへ
シリンガーも全身にタトゥー入れて内部に入り込んで、OZブレイク(いろんな物入ってる!)してみればよかったのに・・・
時々データを検索してると、「こんなドラマ誰が見てるんだ!」とびっくりしてURL見るとがろとさん、とかいうことが(^_^;)
今回の発見も大笑いしてしまいました。助かっています。TBありがとうございました。
2006.08.28 11:13 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
刑務所にシリンガーにとあまりにもツボにはまりすぎた展開で、ついOZを思い起こしてしまいました。
ラストの電話も先入観がなければ鳴ったかもと望みをもてますが、シリンガーにそんなハッピーエンドはないだろうと思い込んでいるので、つい悲観的に観てしまいました。
レクシーを発見してくれてありがとうございます。
オヤジチェックはしているのに娘は無視状態なので(苦笑)全然気づきませんでした。
あまりの成長振りにびっくりです。
TBさせていただきます。
2006.08.26 19:06 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
自分の名前を間違えました!上のコメントのかめきちは、かめだすの間違いです。かめきちは我が家のかめの名前でした。失礼!
2006.08.25 21:48 | URL | かめだす #79D/WHSg [edit]
よくエンドクレジットのバックやラストにその後を暗示する音や台詞が入ってるって演出ってありますよね。私は録画が終わって画面が暗くなるまでじーっと待ってました。やっぱだめですかね・・・。ダニーは誰の家でも自分の家みたいにリラックスしてますね。始めての家ではちゃんと椅子に座りましょう、と思いつつも時々画面のはじっこでだらっとしてたり、芸の細かいダニーが最近お気に入りです。ジャックも髪を切ったし・・・ラスト以外は楽しかったのに。
2006.08.25 15:54 | URL | かめきち #79D/WHSg [edit]
>くーみんさんへ
私も思わず「えええええええええええ??」って、午後10時45分には出してはいけない音量で叫んでしまいました。ご近所のみなさんごめんなさい。
声、ホレイショでしたね!運昇さんの声はどの役でも華麗に加齢って感じのオヤジくささがステキです。
>atsumiさんへ
せめて、ベルが鳴る・・・とか、より思わせぶりでもいいじゃないとは思いましたが・・・だめですかね。
いやほんと、あんな生殺しな終わり方、ずるいっす。
すっきりはしなかったですが、続編は要らないですね、ここまでくると。
2006.08.25 13:19 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
私は絶対ああいうふうに終わると思っていたので
あーやっぱり~って感じでした。
ちょっとずるいね。
2006.08.24 21:54 | URL | atsumi #79D/WHSg [edit]
「うっそ==」と叫んだファンは多いはず(断言)。
最近の「WAT」はいつも「モヤモヤ」で終わるので、リアルタイムで見た後で、録画していたDVD,しばらく早回しして、「ダニーかわいいシーン」見まくり状態。
すっきりしてから、寝ます(笑)。
でなくっちゃ、やっていられないじゃないですか=(開き直り)。
被害者の家族のはずのビルが、加害者になってしまう・・・・・・・。
こういうマッチョで人の言うこと聞かない男性、よくアメリカドラマに出てきますね。思い込みで断定して、悲劇を呼んでしまう。定番かしら。
声は「聞き覚えあるな~」と思っていたら、「ホレイショ」でした。
見ず知らずの死刑囚のために、必死に走り回っているマーテインが、かあいかった。
彼のためにも、電話は鳴った・・・と思いたい。
2006.08.24 19:36 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1182-4d3755dd

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。