スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース2 第10話 「フリーペーパー」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2006 未分類 5 comments 0 trackback
5年前、ニューヘイブンのヒスパニックの星と期待された検事グレッグ・ヴィズカイーノが、なぜかフィラデルフィアで殺害されて発見された事件が発生したが、未解決のまま迷宮入りしていた。
そして現在、グレッグの妻アンナが再捜査をリリーに依頼してきた。当時グレッグと一緒に事件を追っていた検事補のハロルド・モッドが、政界に進出しようとしていたが横領の疑惑をかけられ、グレッグを犯人だと罪をなすり付ける発表をしたのだという。
グレッグの無罪と、当時の事件ステイシー・ホールレイプ殺人事件を解き明かして欲しいとアンナは訴えた。ステイシー・ホール事件は、アントニオ・メンデスという男が自白を元に有罪にされ、服役中だった。
モッドによるとグレッグは当時、事件について上の空で何か様子がおかしかったのだという。殺害される前日もアントニオに弁護士なしで接見するなど、本来あってはいけない行動をとっていた。
グレッグは麻薬を買っていたという情報が出るが、売人のキキによると、薬を買っていたのは本当は妻のアンナだった。キキはステイシー・ホール事件の真犯人は「ケネディ兄弟」だと謎の言葉を残した。
当時ヒスパニック出身としてはグレッグは異例の出世を遂げ、末は政界入りまで期待されていた。しかしアンナは彼にはそれができない「秘密」があったという・・・

---------------------------------------------------------------

時代が現代だと、昔と今とで俳優がダブルにならないから、人数少なくてイイナーとか思ったが、何もないと慌てたりする貧乏性。
今回はCSIのベガ刑事が(そういえば最近ベガスで姿を見ていない)フィラデルフィアにおじゃましてたと。

今回は「ヒスパニックの悲劇」を描くつもりでスコッティメインで担当させるつもりが、何かスコッティとは関係ないところで話が進んでしまったような。スコッティ自身は色々と含むものが内心じわじわとあったようだけれど。普段はそんなにヒスパニックだとかあえて意識してなかったので、「ヒスパニックだから」とか連発されて「そういえばそうだったんだなぁ」という感じだ。
年代が5年前だと、時代性が反映されるというわけでもなく「現代」という感じなのでちょっといつもとは違った感じ。CSIも「いつもと違う」だったが、こちらも違っていた。CCの場合、ちょうどこのエピはクリスマス時期だったので(2004/12/19放送)「違う」物を作ってみたのかもしれないけど。
結局スコッティではなくてヴェラの心に重石が残ってしまったような感じだ。
解決後、ヴェラが思いっきり浮かない顔をしていたが、あれは多分、自分もマーティンと「同じタイプ」の刑事だからだろうか。自分も陥ったかもしれない、または自分も犯してきたかもしれない部分を鏡のように見たことで、胸に色々と去来するものがあったのでは・・・

今回はみんなでニューヘイブンに泊りがけでおでかけだった。部屋割りをめぐる密かな争いで笑いを取っていたが、結局スコッティが泣きを見たのだろうか?
ニューヘイブンはフィラデルフィアのペンシルバニア州の隣、コネチカット州の都市なので、隣の州の検事の殺害事件だとかなりやりにくかったのかもしれない。フィラデルフィアだと有色人種の割合が多いが、ニューヘイブンだと白人が圧倒的に多い構成になっているようだ。だからかえってグレッグに賭ける期待の大きさみたいなものが、地域的にあったのかな・・・なんてアメリカ各州の統計を見ながらぼんやりと思ってみたけれど、何か今回の事件は微妙に「手が届く」ところに降りてこなかったような感じがした。
リリーがあまり主体になってなかったせいだろうか。スコッティもそんなに必死になってなかったような感じがしたし。そういった感じが響いてるというか。
ただ、グレッグが「いいひと」でよかった、奥さんもこれで救われるよなーと思うくらいかな。

スコッティとクリスティナは・・・接近しつつある??
それはリリーはかなりイヤだろうな。
あとジェフリーズの寝言の「リナ」もなんだか気になる。
「一回休み」でも、ポイントポイントで後から活きて来そうな感じがして侮れない。


【 脇俳優チェック 】

◆ヤクの売人キキ .... Phil LaMarr
オフィシャルサイトあり。今FOXでリピート放送中の「Mad TV」にレギュラー出演している。実際本国の放送では95~2000年の間レギュラーだった。彼のマイケル・ジャクソンの真似は本当に秀逸(ちなみにリンク先の写真のラトーヤは本物)。「ファンキーウォーカー・ダーティトーカー」や「UPSガイ」などの持ちネタコーナーも多く、コメディアンとしてとても才能がある人だと思う。
また七色の声を持っており、アニメーションやゲームの吹き替えなども多い。「サムライジャック」のジャックの声(日本では宇梶剛士)、「ジャスティスリーグ」のグリーンランタン(日本では楠大典)など。
ドラマでは「FBI~失踪者を追え」17話「栄光の勲章」で、カム・リーで不審死を遂げた兵士トミー・ルイスの息子役を演じていた。

◆男娼ラモン .... Jeffrey Licon
オフィシャルサイトあり。子役として7歳にキャリアをスタートさせており、映像デビューは「ビバリーヒルズ高校白書」のゲスト出演(第3シーズン16話「"星"の男を探せ!」)。
日本では未放映だが「Joan of Arcadia」ではゴスファッションの少年役で8エピほど登場している。
ゲイ関連の映画に興味のあるかたは「ミステリアス・スキン」でエリック役を好演していたのがご記憶かも。

◆マーティン刑事 .... Geoffrey Rivas
「CSI:科学捜査班」では第1シーズンからサム・ヴェガ刑事としてサブレギュラー出演している。
「NIP/TUCK」の第1シーズンのパイロットで「女にモテたい」というので整形しに来たラテン男シルビオ・ペレス役で登場。実はボスの娘(6歳!)に手をつけて逃げるための整形で、バレて手術中殺されてしまう。(絶対あの死体は見つかって、ホレイショがクリスチャンとショーンを捜査すると思う)
実は映画「ラ・バンバ」にも出演しているらしい。うーむ、確認してみたい。
「グレイズ・アナトミー2」8話、「LOST2」17話に登場予定。

関連記事

▶ Comment

>それいゆさん
おごらされてしょげたヴェラが、「また俺~?」みたいな一瞬をさらっとボスになぐさめられたみたいなラスト、よかったですね。
「ゲイの捜索はいつも俺たち」って、ヴェラ気づいたんだ(^_^;)なんかそんな気はしてたんですよね。
しかし、リリーがある日帰ったら、タオル姿のスコッティとか、そんなのはいやぁぁぁぁ。
>かめだすさん
いや、おやじブラボーですよ!
今週は、何しろこれの前の放送でがっくりテンションが下がったので、ヴェラの頑張りにも私の心は癒されなかったわけですが(T_T)
でも最後にボスの優しさに触れて、おやじっていいよなぁぁぁと思いました(どういうんだそれ)
>miyakoさん
何しろヴェラは、WOWOWの公式で「“落とし(尋問)”を得意とする実力派刑事」と書かれていますから(^_^;) うっそぉーん、そうだったの~?って感じですが・・・
「人のもん欲しい」かぁ、そういう人いますよね。でもってクリスティナにとって、「リリーのもの」だから余計欲しい、それを奪うことでだめな自分のコンプレックスが埋められるんでしょうね。
>紫熊さん
か、カルロス(^_^;) 二人きりで取調室に閉じ込められただけで、ギブ!って感じですね。なんか男でも5分で妊娠しそう。(えっ)
デラホーヤ・・・3時間くらい油抜きした感じではありますが、傾向的には同じですね。
アントニオはあの性格では、刑務所で相当つらい思いをしただろうなと・・・最近プリズンブレイク見てるので、なおさら思いました。
2006.09.07 22:15 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
でも、本人にとっては「お手柄だけど苦い結末」
ん~
やっぱこういうディーテールが「深い」ですね~
スコッティ、スーツの着こなしが上手いからなんとなくラテン系っぽくないのかな?
デス妻のカルロスみたいな外見だったら・・・
すぐ自供する犯人激増かも(汗)
スコッティは私の好きな”オスカー・デラホーヤ”にちょっと似てるんですよね(笑)
トロいアントニオが、刑務所にいる間に思いっきり強がった外見になったのに、母親とハグした瞬間にみるみる「ママ~~~」って表情になるのを見て、なんかこみ上げました
2006.09.07 15:31 | URL | 紫熊 #79D/WHSg [edit]
今回は、ヴェラだからこそ落とせたエピでしょう。彼の苦笑が良かったです。リリーの様に精錬潔白な刑事さんの方が少ないのかもね。
リリーの妹は、無いもの強請りっていうか、「人のもん欲しい」人なんですよ。スコッティとは恋愛ではないけれど、大切な相棒なんだから、邪魔すんな~!と言いたいです。
私もラストのボスがさり気なく伝票を持つシーン、良い上司やなぁと思い、だからこそ良いチームなんだよなぁと改めて感じました。先週があーだったので、今回の小気味良い終わり方良かったです。
2006.09.07 10:01 | URL | miyako #79D/WHSg [edit]
久しぶりにヴェラが良かったですね。マーティン刑事をハメた時の複雑な表情が印象に残りました。仕事で人の汚い所を見ているうちに自分も汚れてしまってるのではと感じる不安や怒りやいろんな感情がにじんでいたような・・・ヴェラって以外に繊細だったりして(笑)。それにくらべてスコッティは良くも悪くも若いっすね。そーゆーところがリリーを癒すかとちょっと期待してたのですが、やはり妹にひっかかってしまうのか。カイトは思ったより人間がちっさかったし・・・イイ男なかなかいないですね。やっぱり最後はスティルマンか?と自分のおやじ好みをおしつけてはいけませんね(反省)
2006.09.06 15:27 | URL | かめだす #79D/WHSg [edit]
おー、今回はクリスマスエピだったんですか!
男子は相部屋だぞ!な、出張は小ネタが満載でしたね。
ラスト…、ヴェラを見ずに伝票を優しく奪うボスが素敵でした…。
泊まりの仕事はチームの結束力が上がったんでしょうね。(多分)
スコッティと妹は…うぅ~ん…あんなやり取りしちゃって、リリーがある日帰ったらスコッティがいた。なんてコトに…なる…のかな?
今回のツボは、ヴェラがジェフリーズに言う「ゲイの捜索っていつも俺たちじゃねえ?」です(笑)。
2006.09.06 00:28 | URL | それいゆ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1198-bbe2572c

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。