スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新・刑事コロンボ/殺意のナイトクラブ」@「CSI:NY」ダニー

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 03.2007 未分類 4 comments 0 trackback
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

正月明けてのスペシャルモードの番組編成で、この1週間はいつものドラマがお休みですが、WOWOWで放送している「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」などを見て過ごしていました。
カナダのドラマクォリティ侮りがたし、といったところです。いつものことながらWOWOWの余計なサブタイに「犯罪捜査班~?何か普通に研究所・・・」と、こそっと突っ込んでしまうわけですが。

で、いっぱいいっぱい録画をしているこの正月、この一本が放送されることが非常に楽しみでした。
「新・刑事コロンボ 殺意のナイトクラブ」
これはコロンボシリーズの中では69番目の最新作で、ありゃーと思うほどに白髪頭で年老いてしまったコロンボに、昔からのファンは心が痛んだりします・・・


刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX
ピーター・フォーク
B0007LXPIQ

なぜこれが楽しみだったかというと、「CSI:NY」のダニー・メッサー役のCarmine Giovinazzoが出演しているからです。
このエピソードは、コロンボシリーズの中ではまだDVD化されておらず、ダニーの晴れ姿(?)をどうやって見たものか、スパドラで放送されるのを気長に待つか?と思っていたのですが、偶然に正月モードの深夜の穴埋めで日テレが放送してくれました。ありがたや~。
コロンボといえば・・・私の手元には例の「完全捜査記録」があるわけですが、この本は脇の若手の俳優さんについてはデータが不足していて、ダニーについてもCSI:NYどころかプロフィールについて一言も触れられていません。それでもまだ似顔絵が似てるからよしとします。

ちなみに、このエピのデータには吹き替えの声優さんのキャストも併記されていますが・・・今回の放送は大人の事情があったのか、字幕での放送でした。
私にとっては初の「ピーター・フォークの生声で見るコロンボ」だったので、ただでさえ新シリーズの「新しさ」に違和感があったのに、さらに上積みされた感じが・・・。 コロンボというより、雰囲気が・・・ちょっと映像古めな「CSI:マイアミ」、みたいなんですね。
しばらくの間コロンボがなかなか出てこなかったのですが、現場にやってくるのがホレイショでもおかしくなさそうな展開なんだな、これが。
コロンボなのに、マイアミ。おおよそコロンボらしくないスピード感とグルーブ。
あのおなじみの「ちゃーらーら ちゃーらーら ちゃーらーららぁぁぁぁぁぁ♪」というテーマ曲もありません。

さて、ダニーですが・・・ドラマオープニングから登場します!


彼は(後からわかるのですが、マフィアの息子で)金回りのいいボンボン風のトニーで、友人である今回の主役のプライス(Matthew Rhys:英国俳優さんなのでよくわかりません。「エリザベス」に出てる人ですね)にクラブの開店資金をぽんと融資してあげる約束をします。

トニーは元妻ヴァネッサの元を訪れます。ヴァネッサは女優で、「6話でドラマがキャンセルになった」という、やけにナマナマしい設定。
このヴァネッサ役の女優さんJennifer Skyは、「CSI:マイアミ2」24話「CSIの汚名」でスピードルが親身になってあげたポルノ女優のクッキー・ディバインことサラ・パイパー役を演じていたひとです。その後第3シーズン18話「配達された殺意」では足を洗い、しかしかつての仕事のトラブルでスピードルを頼ってやってきて・・・ホレイショが代わりに彼女を救ってあげたのでした。
「CSI:3」5話「父と子と精霊と」でもマジシャンゼファーのアシスタントのマチルダ役で登場しています。

つねにびっくりお目目の三白眼が怖い、けどエロい三流女優な感じがなかなかドラマにマッチしています。


ダニー・・・つーかカーマインも「CSI:3」の第1話「ギャンブラーの切り札」にストリートレーサー役で出演していますが、今回のこのコロンボのエピは「CSI:3」の翌年の作品です。「CSIの汚名」の前の23話はマイアミとNYのクロスオーバーエピになるわけで、それはコロンボのさらに翌年という時系列なので、要するにこれは「NYのちょっと前のダニー」。そんなに顔が違ってるわけではないですね。

ヴァネッサに「オレの慰謝料で暮らして」とイヤミたらたらなトニー。元妻なんだからもう関係ないはずなのに、かなり未練がましいイヤな男です。


そしてトニーの視線の先には・・・プライスとヴァネッサがツーショットの親しげな写真が。



「ヤツと寝たのか?」
「関係ないでしょ」
「オレへのあてつけか?」
いや、ですから・・・あなたもう夫婦じゃないわけで、元夫の友達だろうがなんだろうが、ヴァネッサが誰と付き合おうが寝ようが起きようが、知ったこっちゃないはずなんですが。
そうはいかないのが男のコケンというものらしく。「別れても俺のもの」?イヤですねぇ。
そして詰め寄るトニー、拒むヴァネッサ、わーわーわーと揉みあっているうちに、
ガラスのテーブルにガッシャーーーン・・・・


あらー・・・・


え、これで死亡?・・・死亡ですか・・・
オープニングから登場時間約3分半で退場です。
超微妙。激しく微妙。そして死体は非常にかわいそうな「隠され方」をしてしまうのでした。ダニーの紹介だけなので、冒頭3分半だけでドラマの中身の説明を9割方すっ飛ばす自分もどうかと思いますが。

この作品、「コロンボ」として見るにはちょっとつらいものがありますが、コロンボじゃない別のドラマシリーズの中の1本だったら、評価がまた違ったものになってくるのではないかという気がしないでもありません。
この先「最後のコロンボ」として見る機会もあるかと思いますが、その時には、3分半で死んでしまったダニーに注目してあげてください・・・。

つーか、年頭のネタとしてはかなり中途半端だったかも。




別冊宝島 『刑事コロンボ完全捜査記録』
町田 暁雄
別冊宝島 『刑事コロンボ完全捜査記録』
刑事コロンボ―レインコートの中のすべて 刑事コロンボ 殺人処方箋 サーカス殺人事件

CSI:NY コンプリートDVD BOX-1
ゲイリー・シニーズ メリーナ・カナカレデス カーマイン・ジョヴィナッツォ
CSI:NY コンプリートDVD BOX-1
CSI:NY コンプリートDVD BOX-2 CSI:4 科学捜査班 コンプリートBOX1 CSI:4 科学捜査班 コンプリートBOX2 CSI:3 科学捜査班 コンプリートBOX 2 CSI:3 科学捜査班 コンプリートBOX1


関連記事

▶ Comment

>Xiuさん
深夜だと関東だけかもしれませんね。
年末年始、録画のために細かく番組表を見る時でよかったです。そうでなかったらコロンボといってもスルーしてる可能性が高かったので。
しかしバフィでも死んでましたか(-_-;)売り出し中の頃は死んでしまうものですから・・・

>TERA.さん
コロンボは特に、犯人だけおいしいことが多いですからね(^_^;)。被害者は序盤で殺されるだけの存在というか。しかもこのダニーがやってた被害者は、彼の死がコロンボ登場のトリガーではなかったので存在が放置状態に。
ぜひ「ブラックホークダウン」でもダニーを探してみてくださいませ。

>カオルさん
ご覧になったんですね(^O^)
「新」になってからは、おおよそコロンボらしくない作品が多いのですが、これもそうでしたね。時代がもうコロンボワールドと乖離してしまっていて・・・。
コロンボは昔から、殺人現場で葉巻吸ったりコーヒー飲んだりしてましたから、相当鑑識さんには嫌われていたと思います(^_^;)今の科学捜査の流れとは合わなくて、コロンボの昔を知らない巡査や刑事たちにバカにされたり、伝説を知って尊敬されたり、色々あるんだろうなーと想像してしまいました。
2007.01.07 02:46 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
あけましておめでとうございます。

私はダニーが出るとは知らずに見たのですが、
ほんとにあれで死んでしまったんですね。
実は生きていて、プライスとグルになって
元妻を陥れる・・・とかいう展開を期待したのですが。
テーマ曲はないし、コロンボもすっかりおじいちゃんだし
声も違うし(っていうのも変ですが、私も吹替派なので)
これは「コロンボ」なのか?という感じでした。

それにしても、「CSI」で鍛えられたせいでしょうか、
コロンボが現場にやってきていきなり死体を触りまくったり
証拠を素手でつかんだりするのを見てハラハラしてしまいました。
2007.01.03 21:32 | URL | カオル #79D/WHSg [edit]
あけましておめでとうございます。

ダニーinコロンボですか、まったくノーチェックでしたのでびっくりです。しかも3分半で退場って・・・。ドラマの殺人事件だと犯人のほうが基本的にオイシイですよね。登場時間が短い上にしかも(演技だけど)殺されるなんて、ちょっと理不尽な…。

一度「ブラックホークダウン@ダニー」をやってみたい今日この頃です。
2007.01.03 21:30 | URL | TERA. #79D/WHSg [edit]
コロンボの放送あったんですね。
私のチェックもれかも知れませんが、関西(大阪)では放送が無かったようで、残念です。

いや~な男っぷりを見てみたかったです。

しかし、3分半の出演とは、「バフィー」と良い勝負ですね(これも、出てすぐに殺されるから)

2007.01.03 21:03 | URL | Xiu #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1222-69a5dc62

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。