スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース3 第8話 「英雄」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 27.2007 未分類 2 comments 0 trackback
麻薬課のミラー刑事が危険地域の捜査中に、ガサ入れした家の中から戦争捕虜のブレスレットの入った箱を発見し、事件のにおいをかぎつけてスティルマンに連絡してきた。ブレスレットには「カール・バートン」と名前が入っていたが、カールは72年にベトナムから復員し、その7ヵ月後に殺害され未解決となっていた。
自分もベトナムの兵士だったスティルマンは、英雄だったカールの死をおろそかにすべきではないと再捜査を開始する。
カールの未亡人ジャネットは、復員してきた夫が別人のように変わってしまったために夫婦としてやり直せなかった。そして分かり合えないままカールが死んだことで、それ以来ずっと酒びたりになっていた。しかし息子のネッドによると、ジャネットにはカールの不在中にBFのケンという存在がいたという。それを自分が考えなしに言ってしまったことで、父を苦しめたことで、ネッドもまたずっと苦しんできたのだった。
カールの死は、同僚のレックス・ポッターの葬儀の日だったが、ケンはレックスの息子ダニエルがカールに詰め寄るのを見ていた。ダニエルはカールから「英雄は君の父さんだ、俺は臆病者だ」と言われたのだという・・・

---------------------------------------------------------------

「カールを他人と思うな。
  家族のように取り組め。」

日本だと第二次大戦以降「戦争を知らない子供たち」なのだけれど、アメリカだとベトナム、朝鮮戦争、湾岸戦争・・・と、絶えず戦争は自国が直面している問題で、最近は戦死者も増加しているのに、やはりスコッティみたいな「戦争なんて他人事~」な現代っ子は居るのだな。
それでも、戦争の是非は是非としても、「国を守った戦士は英雄だ」ときちんと教える世代がいるというのはうらやましいような。
敗戦国の日本ではそれが言えない、妙な空気を読まされる雰囲気があるからなぁ・・・

・・・と書いてて思い出したけれど、スコッティってそういえば登場当初は、空気読まない失言大魔王だったような記憶が。
エリッサやクリスティンの件があってずいぶんおとなしくなってたのだな。
今回久々に無神経な感じのキャラが出てきて、スコッティも元に戻ったのだなと再確認した。

今回はなんといっても、ボスですよ。
ボス・・・カッコイイです。
銃を取り出して取調室の机にドンと置いての尋問は、まるで西部劇の保安官のようで、アメリカの骨のある昔ながらのカウボーイ精神を体現する、筋の通った男、スティルマンを目の当たりにして惚れ惚れしてしまった。
他の三人の男どもが取調室の外であわわという感じで、心配そうに見守っているのがおかしかったけど。
それに最後の敬礼した姿・・・萌える。これは萌えるわ。
ブラッカイマードラマの中で、実は理想の上司ナンバーワンなのではないだろうか。暴走もしないし、スタンドプレーすることもない、一番ジミなボスだけれど、部下ひとりひとりにきっちり気配り目配りして、やるときゃやってみせるという。
たまにしかカッコイイ姿やせりふは見られないんだけど、ボスについていけば間違いないと思えるもんなぁ。

しかも、ミラーと交わしたあのわずかな言葉で、「この先何かありそう」というのがビンビン。
(・・・まぁこの先の話は、次週のエピをイベントの試写で見てるからアレなのだけど)
リリー以来の「ボスのおめがね」出現ということで、リリーもヒロインの座があやうし~?
リリーもっとがんばれ!私はリリーの活躍を待ってる!

最新ニュースで、リリーのキャスリン・モリスの朗報が伝わってきていた。
キャスリンの発言権が増したことで責任も増えて、リリーの描かれ方にも変化が出てくるかな。そこにたどり着くまでどうしても2年ほどギャップが空いてしまうけれど、いい形で変化していく「コールドケース」に期待したい。

つーか、サットンは・・・・?


【 脇俳優チェック 】

◆カールの妻でネッドの母のジャネット72年版 .... Whitney Allen
ラジオDJとして活躍しており、「The Big Time」という人気番組を持っている。
そのキャラクターで「OZ」にも出演している。
以前、「OC」のジミー・クーパーや「フレンズ」のレイチェルの恋人ジョシュア役を演じているテイト・ドノバンと付き合っていたことがあるらしい。

◆スティルマンの戦友ロジャー・レイット72年版 .... Jeff Campbell
「ミディアム2」8話「誤解と混乱」では、ジョーの大学の同級生で、一度だけ関係を持ったことのあるカレンの夫スティーブ役で登場していた。カレンはジョーにコンタクトを取ろうとしてアリソンをやきもきさせるが、スティーブはまるで影が薄かった。
「CSI:NY」第1シーズン8話「三世代で終わりに」の冒頭、取引所でマックと一緒に不審なスーツケースを爆破しようとしていた爆弾処理班のエージェント役で登場していた。

◆カールの息子ネッド・バートン現在版 .... Christopher Cousins
「FBI~失踪者を追え3」6話「母と子の明日(前篇)」では、失踪者コリーンがヘルパーとして掃除に行っていた家の主人テッド・フォートマン役。浮気がばれたのをコリーンのせいにしていた。
「CSI:NY2」6話「青い血」では、ビルオーナーのオスカー・バウワーズ役。被害者の不動産王キンジーとライバル関係でもめていたためにちょっとだけ疑われる。
「ER」第10シーズン12話「新生児ICU」でアビーの担当していた新生児の父コルバー役で登場。コーデイが腸管壊死になった赤ん坊を手術するので急がせるが、アビーはちょっとだけ時間を取らせて、かけつけたコルバー夫妻に手を握らせたのだった。
「CSI:マイアミ3」16話「エバーグレイズ炎上」では、自分の息子が受けた性的虐待の復讐を、殺人鬼の死刑囚トッドに依頼した警備会社の社長サイラス役を演じていた。
「OC」では第1シーズン4話「デビュタント」で、マリッサの同級生ホリーの父フィッシャー役で登場。ジミーを信用して投資を依頼していたが、預けた金を横領されたと知り、娘のデビュタントパーティにもかかわらず殴りかかって場を台無しにした上、クーパー一家を苦境に陥れるのだった。
「Dr.HOUSE」第2シーズン12話、「名探偵モンク5」4話(NHKのシーズンの進行だとその予定)に登場予定。

◆カールの勤め先の車のディーラー店長 .... John J. Dalesandro
勝手に「ベトナムの英雄から車を買おう」とか宣伝に使ってしまったやり手の店長。
「CSI:NY2」7話「再びの地NY」では、クラブのオーナーマイトレー・D役で登場。銃の持ち主をたどったホレイショとステラが事情を聞きに行ったところで出てきている。
「CSI:マイアミ」では第1シーズン17話「似て非なる殺人」にレポーター役で登場。第5シーズン8話でもレポーター役で再登場予定。

◆ジャネットの不倫相手ケン72年版 ....  Larry Dorf
「デスパレートな妻たち2」5話「悲しいすれちがい」では、リネットが上司のニーナに連日飲みに行くのに付き合わされていたところ、リネットをナンパした所帯持ちの男の役で登場していた。もちろんリネットは断るのだが、彼に「今週ずっと来てるくせに」と言われて我に返るのだった。

◆カールの息子ネッド・バートン72年版 .... Skyler Gisondo
「名探偵モンク3」3話(NHK放送順による)「名探偵ナタリー」では、ピザの配達人が殺害された事件で、ピザを頼んだ最後の家の少年役で登場していた。
「クリミナルマインド」第1シーズン12話、「ER」の第12シーズンの22話~第13シーズン1話、「Dr.HOUSE」第3シーズン2話、「CSI:7」11話と、これから登場予定のエピが目白押し。

◆スティルマンの戦友ロジャー・レイット現在版 .... James Handy
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン9話「アメリカのアラブ人」では、失踪者でアラブ系インターン医師アンワー・サミールの病院での上司フォーク役で登場していた。アンワーが疾病対策管理センターでの勤務を希望していたのに、人種を考慮してフォーク医師が別の人を選んだのだった。
「ザ・ホワイトハウス」では、下院議員のブルーノ役で登場している。第1シーズン13話と第3シーズン10話に登場。
「メルローズ・プレイス」ではマットの父役で第1~4シーズンに出演。「エイリアス」ではCIAのデブリン支局長役、「NYPDブルー」ではハブリル警視長役など、脇を固める役柄が多い。
映画では「アンブレイカブル」でブルース・ウィリスが相談する神父の役。ちょっとしか出てこないが、けっこう印象的な場面だった。

◆ジャネットの不倫相手ケン現在版 ....  Michael Mantell
「ミディアム」第1シーズン10話「再会」では、大物の代わりに罪をかぶって自首してきた少年チャボのため、その大物から遣わされた弁護士ナイルズ役で登場。普段は金持ち専門の弁護士なのに、貧乏な少年の弁護にやってきたので事情を疑われることに。
「CSI:3」21話「黒衣のジュリエット」で、馬の子宮内にダイヤモンドを隠して輸送する手助けをして、バレて逃走した獣医スティーブンス役で登場していた。「アリーmyラブ」第1シーズン1話「めぐりあい」ではシャピロ役で登場。
「ザ・ホワイトハウス2」19話「悪い月が昇る」では、CJが教育政策のリークを行ったホワイトハウス職員をつきとめるのに、順番に職員を尋問していった時のひとりジェイミー・ホッチキス役。そういえばドナがこのときジョンベネちゃん殺害を自供しようとしてたんだった。
「BONES」第1シーズン7話「32時間の命」には、死刑囚エップスを確実に死刑にしようと躍起の担当検事役など、細かいところであちこちに登場している。「コールドケース3」8話に登場予定。
「FBI~失踪者を追え5」10話に登場予定。

◆レックス・ポッターの息子ダニエル現在版 .... William R. Moses
「トゥルー・コーリング」13話「ミス・フレッシュ・フェイス」で、コンテストを提供している化粧品会社の社長で審査委員長のジュリアン・バーンズ役を演じていた。バーンズは出場者のひとりアレックスに不倫をネタに優勝させろと脅されていたのだった。
「新・弁護士 ペリー・メイスン」では、ペリー・メイスンの助手ケン・マランスキー役で「密室の弁論」からレギュラー。
「アリーmyラブ」第4シーズン17話「しあわせ拒否症」では、海運会社の社長の父が脳に血塊ができて以来人が変わって経営者としては優しすぎるようになってしまったことから、父の無能力を申し立てた息子ケネス・トンプソン役を演じていた。
「陽気なネルソン一家」のリッキー・ネルソンの娘トレイシーと結婚して一児をもうけるが、10年で離婚、現在は別の女性と結婚している。

◆レックス・ポッターの妻ルース72年版 .... Rachel Quaintance
葬儀にやってきたカールを「裏切り者」とののしった奥さん。
「ジョーイ」第2シーズンで、ジョーイが出演することになったブラッカイマープロデュースの映画で助監督をしているクリス役で登場。3話と6話と11話に登場している。
夫のJohn Quaintanceは「ジョーイ」で脚本を担当している。
「CSI:マイアミ5」21話に登場予定。

◆レックス・ポッターの息子ダニエル72年版 .... Michael Welch
オフィシャルサイトあり。11歳の頃から子役として活躍、「Joan of Arcadia」のレギュラー他、「ふたりの男とひとりの女」「マルコムin the middle」などに出演している。」
「CSI:3」9話「流血のストリート」では、冒頭タクシーに轢かれて死亡したかのように見えた、少年トッド・ブランソン役で登場していた。実際は刺されてふらついて道路に出てきてはねられたのだが、それを知らない地元の青年たちがタクシーの運転手をリンチして、悲劇を拡大させる。
「FBI~失踪者を追え4」2話に登場予定。

◆麻薬課の女刑事ミラー ....  Tracie Thoms
このエピからずっと登場しているが、レギュラーとして扱われるのは14話から。
ブロードウェイミュージカルが映画化された「RENT」にレズビアンの女性弁護士ジョアンヌ役で出演している。
9月1日に日本でも公開されるタランティーノの新作「デス・プルーフ in グラインドハウス」に出演している。(これ「CSI:NY」のエイデンことVanessa Ferlitoも出演しているので、ちょっと注目度高し)


関連記事

▶ Comment

今回のボスの姿を見て、惚れた人も多いのではないでしょうか。
娘さんがあの年だと、復員してきてから結婚して子供ができたのかなーとか、色々想像してしまいました。ほんと、ボスの掘り下げエピ、もっとあったらいいですね。
2007.08.28 18:24 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ボス、カッコよかった~
今までも、あの地味で、無口で、でも部下を思いやる、懐の深い部長の大ファンだったのですが・・
今回は、もう~・・

部長が活躍するエピソードがもっとあるといいな~
2007.08.27 20:17 | URL | ビーグル #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1247-b6e0a001

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。