スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!3 第20話「小さな町の悪夢」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 31.2007 未分類 4 comments 0 trackback
【 失踪者 : デイジー・ソープ 】
FBI着手:失踪18時間後

13歳の少女デイジー・ソープが失踪した事件が発生する。
事件が起こった小さな町では、7年前にも牧師の娘アンバー・ブライスが暴行・殺害されるという事件が発生、未解決のままとなっていた。そこで小さな町の人々は、当時アンバーのBFで容疑者となったカーティスを、今度こそ犯人として挙げるべきだといきまいており、不穏なムードが漂っていた。
デイジーは数ヶ月前から反抗的な態度がひどくなり、ピルを飲んでみたりと行動が荒れていたことで母親はひそかに悩んでいたのだという。
カーティスは二つの事件とも関与を否定、ジャックは24時間の監視を命じるが、保安官たちの手抜かりでカーティスは姿を消してしまう。さらにカーティスの家の中からはデイジーの衣服と血のついたナイフが・・・

そんな中、サムはマーティンとの仲がこじれて、取り返しのつかない状態になっていた。マーティンから突然別れを告げられたサムは、傷ついた心を抱えたまま捜査に取り組む。
そしてヴィヴは息子のレジーがサボってビールを飲んでいたと知り叱るが、レジーは聞く耳を持たない・・・

----------------------------------------------------

破局、早っ!しかも、あっけなっ!

見えない部分で色々もめていたようで。サムは占いの結果なんとかやり直そうとしたのかな、でも生来の「めんどくさい女」ぶりは、努力してもいかんともしがたかったようで、マーティンの限界が先に来てしまったようだ。
「振り回されるのはうんざりだ」
あの切り捨て方がなんとも頑固なお坊ちゃま。

いとこの結婚式の出席かぁ。マーティンのいとこといえば、以前出てきたのはおばのボニーの二人の娘だが(第2シーズン20話「人生の最後に」)、上の娘ジェイミーは子持ちなので、下の娘アリソンかも。しかしそれならサムは一緒におばの家のトーランド家に捜査に行ってる訳だから、超える敷居は数センチ程度低いとは思うのだけど。
「良家のボンと付き合って、冠婚葬祭のついでで正式に紹介される」ことのプレッシャーという意味では、「ER」のアビーが二回ほど経験しているのを思い出す。あれのフィッツジェラルド家版と考えてみると・・・うーむ、息が詰まるのは間違いない感じ。
サムにしてみたら・・・「彼氏のパパは副長官」なわけで、息子の嫁としてお気に召さなかったら、即日フィッツジェラルド副長官が人事ファイルを手にとって、ノースダコタ支部あたりに飛ばされないとも限らないわけで・・・その辺のためらいをマーティンにはもうちょっと心を広く受け止めてあげてほしかったと思わなくもない。(心にもない)

それにしても師弟の連係プレーときたら。
マーティンがサムを袈裟懸けにばっさり斬り捨てたと思いきや、ジャックが駄目押しで「仕事に持ち込むな」と介錯をしてみせるという。(ジャックよ、それをお前が言うか
サム、なんという満身創痍。
ほんとにこのままあの二人の関係は終わってしまうのだろうか?
いや、別に終わってもいいんだけど(鬼)。というか、終わってくれてほっとしたりなんかしちゃったりして。

そんなぎすぎすした雰囲気の中で、ダニーの気づかなさ具合がカワイイ。
「そーだよン」て。ダニーは語尾がカワユイのぅ。(かわいいのは力也さんですか)
金髪に目がブルーで「お前の好みだ」って、ダニー~~!そこで明るいリアクションがなかったら、もう一息突っ込めー!
ダニーはいつも「ボクは実はわかってるもんね」と事情通ぶってるけど、実は・・・知るのは一番最後だし。
逆に全部わかってるのはジャック。突き放しつつ、最後にサムをさりげなく配置するあたりの思いやり。デイジーにとっても、サムにとっても、あの場面ではお互い傷ついた同士のいたわりと、触れない程度の寄り添いが必要だというのを、ジャックはよくわかっててやってるように思う。
それに、ジャックは父親を連想させるわけだし。
ジャックはその前に自分にやれること=父親を鬼のようにシメるということを立派にやり遂げてたし。あぁ、あんなふうにジャックに怒鳴られてみたい(え?)

家庭という安住の場が揺らいだ時、レジーとデイジーのように子供はシグナルを発する。
レジーの場合は母親を思うが故、自分でもどうしていいかわからない苛立ちからの行動だったから、話し合い抱きしめあうことでなんとか解決した。
レジーを見ると、ヴィヴが愛情深くレジーを育ててきたことがよくわかる。肝心な時に愛情を信じることができる子供は強い。
しかし、デイジーの場合は・・・親からの愛情そのものが崩壊したのだから、これから母と子でなんとか人生を立て直していかなければいけないという、重いスタートラインに立ったようなものだ。
狭い町の中から逃げられなかったカーティス、町の亡霊にとらわれてしまったマット、町にとらわれたままの牧師、そして見つからない犯人・・・
あの町、多分ブラックロッジがあるな。

なんか来週の予告・・・もしかして激しくネタバレしてますか?どうもネタバレのにおいぷんぷん。
見るのが悪いのかもしれないけど(それもどうなんだ)。見たら瞬時に忘れる努力をしないといけないというのも、なかなか切ないもんです。


【 脇俳優チェック 】

◆デイジーの父マット .... Dwier Brown
「ER」第3シーズン6話「神よ、力を貸したまえ」で起こった一家四人の事故で、父親で小児科医のデヴィッド・ハーリー役で登場。7話と8話で退院するまでの3エピに出演している。
映画「フィールド・オブ・ドリームス」では、ケビン・コスナー演じるレイが作った野球場に現れた、レイの若き日の父ジョン・キンセラ役を演じている。レイとジョンの時空を超えた親子のキャッチボールシーンは感動的。
「クリミナル・マインド」第1シーズン12話に登場予定。

◆デイジーの母 .... Cynthia Ettinger
「グレイズアナトミー2」6話「アンフェア」では、列車事故で火傷を負った妊婦ブルックの、親友の妊婦ジャヌ役で登場。アディソンとイジーが二人の妊婦を担当していた。
「ヤングスーパーマン」のクラークの母マーサ役は、パイロット段階では彼女だったが、その後アネット・オトールに変更になった。第1話はほとんど撮影しなおしたが遠景のシーンでは彼女のままのが残っているらしい。
「Dr.HOUSE」第1シーズン16話「肥満の原因」では、倒れて運ばれた肥満気味の少女ジェシカの母役を演じていた。太めな自分に悩みがちな娘を支え、励ます心優しい母親。

◆保安官 .... Lindsey Ginter
「CSI:6」5話「生きる定め」では、マックブライド家を襲った少年たちの一人ルークの父親クリス役で登場。凶器になったリボルバーの持ち主であったことから名前が浮上するが、クリスはルークを鉄拳制裁で育てたらしく、奨学金をパーにする息子に怒りを隠せない様子の描写が意味ありげだった。
「LOST2」6話「彼女の事情」、14話「捕らえられた男」では、ケイトの父で陸軍士官のサム・オースティン役を演じている。

◆副保安官 .... Brandon Keener
「ミディアム」第1シーズン3話「死の婚礼」で、アリソンとスキャンロン刑事が出会うことになった新婚カップル連続殺人事件で、アリソンが夢に見た妻殺しの夫ティム役で登場。
「インベイジョン」18話「カンブリア爆発」では、第1話「ハリケーン」の時墜落した気象偵察機に乗っていた、空軍中尉ウイリアム・ブラント役。

◆アンバーの元彼カーティス・ホーン .... John Krasinski
「CSI:5」11話「ホームズ最後の夜」では、追突事件の被害者コーリーのルームメイトのライル役。額に怪我をしていたので、一緒に事故にあったが逃げたのではないかと疑われてしまう。
WOWOWで以前、そして現在はLaLaTVで放送している「The Office」という英国コメディをリメイクしたアメリカ版のほうにレギュラー出演している。
最近では映画「ザ・ホリデイ」に出演、「ライセンス・トゥ・ウェッド」で主演しロビン・ウィリアムズと共演している。「シュレック3」ではアーサー王ネタの学園パロディのところで、ランスロットの吹き替えを担当している。
まだ公開されていないが、「Leatherheads」ではジョージ・クルーニーと共演など、成功のステップを着実に上がっている俳優だ。

◆アンバーの父ブライス牧師 .... Randy Oglesby
「コールドケース2」8話「リスト」では、赤狩りの被害を受けた末に殺害された、被害者エリオットの次男ハワードの現在版を演じている。ハワードは「父は家庭を捨てた」と聞かされていたのに、実際は殺害されていたと知って自殺未遂を図ったため、リリーたちは彼の気持ちを汲んで再捜査を行うことに。
「アリーmyラブ2」13話「天使と飛行船」では、妻が自宅の寝室で仕事仲間と不倫していたため、二人を銃で撃って殺人未遂に問われた男ハーベイ・ケント役で登場。
「スタートレック エンタープライズ」ではヒト族のデグラ役でレギュラー。
「ボストン・パブリック」の第1シーズン12~13話では、ミルトンと交際している生徒リサの父グリアー役で登場している。このエピは「ザ・プラクティス」とのクロスオーバーエピなのだが、「ザ・プラクティス」にはこのエピの前後に医師役、判事役と別々の顔で登場している。

◆失踪者デイジー・ソープ .... Ashley Rose Orr
オフィシャルサイトあり。
6歳からブロードウェイの舞台に立っていたという経歴の持ち主。英語版「風の谷のナウシカ」の吹き替えで「ペジテの農民の少女」とあるので、服を脱いでナウシカの身代わりになった少女の役か。
「コールドケース2」6話「デビルズプール」では、いじめっ子3少女のうち金持ち娘ブランディの腰ぎんちゃくだったティファニーの少女時代を演じていた。
「デスパレートな妻たち」第1シーズン11話「本当の気持」に、ジュリーの誕生パーティに一緒にいた友達の少女役で登場。
日本では未公開のようだが、テレビ映画「シャーリー・テンプル物語」で伝説の子役シャーリー・テンプル役を演じている。
Child Star: Shirley Temple Story

◆ヴィヴの息子レジー .... William Turner
第1シーズン20話「偉大なボクサー」が初登場。この後の出演予定がないので、レジーがらみの話が出ないのか、俳優さんが代わるかどちらかなのだろう。
「ER」第12シーズン5話「あのとき何が…」では、プラットの父チャーリーが性教育をしていた少年たちのひとりで登場していた。「(その年で子供を作って)養育費の支払いが滞ったら、ガンガンせっつくのは誰だ?」と聞かれて「・・・コドモのかあちゃん」と現実を認識させられて絶句していた少年。

◆デイジーとカーティスを覗き見た少年リード ....  Max Jansen Weinstein
「CSI:4」19話「言霊」では、火災で長女サブリナ・アバナシーが死亡した事件で、アバナシー一家の末っ子サム役を演じていた。出荷の原因はサブリナの不始末か、ボケかけた祖母の失火かと疑われたが、実は家庭内の軋轢を一番弱い立場で受けた人間のストレスが招いた悲惨な事件なのだった。

関連記事

▶ Comment

>スーさん
ツッコミますよね!多分、全国で多くの人が合唱したと思います。
そういえばジャックはあのガラス戸の修理代はちゃんと払ったのでしょうか。
マーティンは・・・多分、今までのエピの中で一番きっぱりしてましたね。もっとオトコマエなところを見せて欲しいものです。

>まめさん
>マーティンの好みの女性は・・・・いません!(爆)
しいて言えば、亡くなったおばさんとか(危険発言)・・・
私も、サムとは長持ちしないだろうなーと思ってたので、ほっとしました。これでほんとに終わりですかね?
サムは・・・めんどくさい女なので、色々引きずってモヤモヤするでしょうけどね。
ダニーの声は、いい感じにこなれてきましたね。スパドラの2ndとか見ると、ダニーの声って変遷激しいなーと思いますもん。
ほんと、ダニーはいいキャラです。来週が楽しみですね。

>くーみんさん
マーティンって、なんつーか理想高そうですよね。
そしてサムはその理想に絶対合わないだろうに、なんでやねんと思ってたので、とってもすっきり(爆)。
これで社内恋愛解消されて、みんなが仕事に集中してくれるといいのですが・・・
来週・・・ダニーエピですが、あの予告は・・・
最後の15分の映像出さなければ、それはネタバレとは言わない、みたいな基準でもあるんですかねぇ。
オチ以外全部見せてるような気がしないでもないんですが。
2007.09.03 22:39 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
>クソ真面目
だってのはわかりますけど、潔癖すぎるのかな。
今まで結婚暦がないという設定だけど、すご~~く納得できた。あの融通のきかなさじゃ、誰とつきあっても長続きしないでしょうね~。

>ダニー
そうですね、最近すごくいい感じ。
ダニー節とでもいいましょうか。
この人とジャックが同じとは思えないわ>力也さん
シーズン2の最初のころの硬さが抜けて、ちょうどいい具合になりましたね~♪
来週がすっごい楽しみ・・・・・、ですが、
あの「予告」ってなんなんでしょう、いったい。
思い切りバレバレでしたね~(滝汗)。

2007.09.01 13:20 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
振り回されるのはうんざりだ。
原語では、I'm just tired of playing gamesで
オリジナルで聞いてた感じとは
ビミョーに違っていたんですが
クソ真面目なマーティンらしさはわかりますね(^^;
マーティンの好みの女性は・・・・いません!(爆)
ま、何にしてもサムとは絶対あわないと思ったので
素直に喜んでしまった私です(笑)

マーティンのいとこは、私も考えてたんですが
彼女だとすると母親の死で引っ越しをしたんでしょうか
ただ、サムも一度会ってるのだから、名前を言いそうなもんなので
別のいとこかな~と思ったり。
副長官関係者を基準とすると、敷居の高さは同じか(笑)

ダニーの語尾は、最近「ん」がいっぱい聞こえますね
やっと関西弁と標準語の呪縛がとかれ
ダニー力也節になってきた気がします(笑)
あの軽さとダニーの表情に癒されてます♪

2007.08.31 23:52 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
『ジャック、お前がそれを言うか!!!』と激しく突っ込みを入れた一人です。(笑)
サムとの不倫&離婚調停前の話し合いで、弁護士同伴の妻に(直接じゃないにしろ)イスを投げつけ、FBI局内の窓ガラスを粉々にしたやつがそんなことよく言えたなーと。
破局に関しては、サムの方からじゃなくてマーティンからの突っぱねだったので「良くやった!」と思わなくもなかったのですが・・・(爆)ヒドイですかね?(笑)

事件そのものは結構悲しかったけど、休み中のヴィヴと息子クンの会話なんかもちらほら見えたので、良かったです。不安なんですよね、彼も、ヴィヴも。
2007.08.31 19:56 | URL | スー #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1251-4a65d2e5

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。