スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー3」 第13話「重ねられたウソ(後編)」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 03.2008 未分類 3 comments 0 trackback

存在しないはずのシェイファーのアリバイを証明する人物、トッパー・バーンズが姿を現したことで、市警サイドは大混乱に陥る。さらにバーンズはシェイファーと釣りをしていたという、アリバイを証明するビデオを提出したため、シェイファーの冤罪は確実になったかと思われた。
ガーネット検事はブレンダの失態だと責め立て、謝罪を公に発表しようと迫るが、ブレンダはシェイファーの有罪を信じて疑わない。
追い詰められたブレンダだったが、シェイファーが裕福な医者なのに、なぜか離婚訴訟で財産が差しおさえられたことに着目。シェイファーが巧妙に隠していたセカンドハウスの存在を発見するが、踏み込んだところそこには思わぬものが・・・

一方ブレンダが、隠していた飲酒運転について問いただしたところ、フリッツはアルコール依存症だった過去を告白。付き合う以前のことですでに克服したというが、ブレンダは隠していたことが許せない。
フリッツは頑ななブレンダに逆切れし、二人の仲は険悪になってしまうが・・・

--------------------------

科学捜査で証拠を積み上げても、結局犯罪を犯すのは人間の心だから、そこをうまく突いて崩さないと事件は解決しないという、なかなかギリギリで渋い展開にうならされた。
なるほど、別件逮捕という手があったか・・・やはり取調室にもち込んだらブレンダのペースだ。
さぞかしテレビの前でガーネット検事に対して「ええい、お前はすっこんどれ!」とイライラした方が多かったことだろう。ひとことひとことが確実に裏目に出るという、検事としては最悪にすばらしい才能の持ち主だ。
そういえばガーネットはLAの検事か・・・そりゃ検事局が負け続けで弁護士が検事にスカウトされるわけだ。(それShark!他局他局!)彼が見た目男前なだけに、その間抜けさがいっそう際立つというか。

私生活はボロボロ、テイラーから地味に仕返しされ、検事からは足を引っ張られ、相手側弁護士は手強く、犯人には先手先手を打たれ・・・久々にがっつり追い詰められた感じのあるブレンダだったが、チームワークが堅かったのが救われた。
これがシーズン1の頃のように、部下たちも追い出そうと虎視眈々だったらブレンダはどうなっていただろう。ダニエルズのひらめきもバズとタオの大発見もなく、きっと追い詰められて責任を取らされていたことだろうに。
そんな状況で、シーズン1のようなギラギラした面がチラ見えしていたポープだったら、ブレンダを美味しくぱくっといただいちゃうためにあの手この手搦め手で仕掛けてきたかも。
でも、今のブレンダはダテにチーム解体を経験していないし、ポープも悟りを開いた風に脂抜きされてしまってるから、フリッツとしては安泰・・・でもないか。

フリッツの飲酒運転2回は、やはり依存症のせいだったか。でもってバツイチだったんだっけ。忘れてた。
しかしフリッツとブレンダの大喧嘩を見ていて、フリッツってほんとに詰めが甘いと思ってしまった。
フリッツが「君だって嘘を」って言い出した時、ブレンダが保険屋じゃなくてポープから聞いたことをつきとめたのか!と思って半ば覚悟したのに、そのネタじゃなくてただの逆切れだったことにがっくりしてしまった。フリッツ、甘い、甘すぎるよ!ブレンダママのチョコレートケーキより甘い!!
攻撃のネタも無いのにディベートのプロに特攻かけるとは、フリッツも無茶するわ・・・。
「僕は相当我慢してきた」とかぶちまけ始めた時には、「あ~あ」と苦笑が出てしまうくらい。思わず「よしよし、言いたいことは言ったね、がんばったがんばった」とフリッツの背中をぽんぽん叩いてあげたくなってしまった。
結局バレリーへの聴取と、フリンのカミングアウトでブレンダの心がほぐれたというのがよかった。何かというと突っ張ってきたフリンが、ブレンダに完全降伏した瞬間を見たような思いだ。
「酒を飲んでた頃の俺は嫌な奴だった」
今もやん・・・というツッコミはぐっと飲み込んで、と。あぁ、もう「フリンとプロベンザの見分けがつかない」なんて言ってたのは遠い昔に思える。

打ち上げにバズがいたのが妙に嬉しかった。次シーズンからはバズもレギュラーになるといいのになぁ。
・・・とか、ほのぼのしてたら、こらガブ!何をイチャイチャしと~る!!
フリッツとブレンダがまんじゅう怖いならぬ「チョコレート食べたい」をしていても腹が立たないのに、ガブちゃんがダニエルズの肩に手を回しただけで、なぜムっとしてしまうのだろう・・・
これは・・・愛だろうか?

【 脇俳優チェック 】

◆アリバイ男ユージーン・トッパー・バーンズ .... Fredric Lehne
「スーパーナチュラル」第2シーズンではジョンを殺した黄色い目の悪魔役を演じている。
「ミディアム」第2シーズン16話「不思議の国」では、アリソンがデヴァロスに頼まれてジェシカという女性の兄を探すことになったが、そのジェシカの夫役で登場。アリソンは夢の中で夫が兄を殺害したということを知る。
「CSI:NY」第1シーズン13話「タングルウッド・ボーイ」ではアジア系マッサージ通いをした男ロス・リー役で登場。彼が妻だけではなくあちこちに手を出したことが、ひき逃げ事件の鍵となっていた。
「CSI:2」第1話「指紋の謎」で、キャサリン父サム・ブロウン(当時はまだそうとは明かされていなかったが)の長男トニーが殺された事件で、トニーの親友(なのに妻は寝取るわお宝は掘るわで、疑われまくりな)カート・リットン役で登場していた。
「コールドケース」10話 「ヒッチハイカー」では、連続殺人事件と見られた一連の事件の情報交換のためにフィラデルフィア市警にきていて、一人だけ事件が解決して帰っていったデラウェア警察のサム・ロイヤル刑事を演じていた。
「LOST」ではケイトを逮捕、護送中だった保安官役。序盤、墜落事故で落命するが、第1シーズンの後半と第2シーズンのフラッシュバックシーンで登場する。
「クリミナルマインド」第3シーズン12話に登場予定。

◆ロレッタ・サンチェス下院議員 .... Loretta Sanchez
オフィシャルサイトあり。
現役のカリフォルニア州選出連邦議会下院議員。民主党で選挙区はオレンジカウンティなどを含むカリフォルニア47区。移民が多い選挙区で彼女自身もメキシコ系。
5期の長きに渡って下院議員をつとめており、2008年11月2日現在、大統領選挙と共に行われている改選のため、選挙活動中
2006年には搭乗禁止リストにあるテロリストと同姓同名だったことから、ユナイテッド航空の搭乗を拒否されるというアクシデントに見舞われた。思わぬ形で911のあおりを食らった格好になった。
関連記事

▶ Comment

>くまぷーさん
テイラー情報、ありがとうございました。
確かその回、見た覚えが・・。

おなじみの顔をあちこちで見ると、うれしいですね。
2008.11.04 22:19 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
いまさらですが、ほんとに脚本がうまい!
地味にじみに、積み上げてきた複線が一気につながるところで受ける快感といったら、ありませんね。

バズは今回もいい仕事でした。
タオと張り合える目の鋭さ!
これからが楽しみですよ。

ガブちゃんのいちゃいちゃは・・・、まあ、
見逃してあげましょう。
しかしシーズンはじめは、どうなるかと思ったけど、何とか全部収まるところに収まってよかった。あ、でもあと1話残っているんだっけ。

クリフハンガーだけは、ごめんです。
2008.11.04 11:25 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
クローザーを見始めたころ、こんなにアットホームなチームになると予想もしていなかったので、最終回か!!!と本気で思っちゃいました。
フリンさん、ブレンダさん親衛隊の正隊員になったようでよかったです。

プロベンザさんは、お菓子を食べたくさせる才能がありますね!
ナニカ・・・こう小腹がすきました!
2008.11.04 00:33 | URL | まうゆん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1282-bc28aff6

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。