スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サマンサWho?2」第2話「アフリカ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 06.2009 サマンサWho!? 0 comments 0 trackback
サマンサの事故から1年。アンドレアとディーナと一緒に「新しい自分」に祝杯を挙げたものの、これから何をするか自分でも検討がつかない。
そしてぐでんぐでんに酔っ払って翌朝目覚めると、トッドと裸でベッドの中・・・
これじゃ前と同じ、これじゃいけないと思ったサマンサは、自分を変えるためにアフリカに行くと宣言する。
意気揚々と出かけるはずが、医者に「アフリカに行くなら予防注射しなければいけない」と、たくさんの注射器を見せられて、とたんに気持ちがしぼんでしまう。
大見得切った手前、2週間をディーナの家に隠れてすごそうとするが、アンドレアに見つかり、結局ディーナとアンドレアと3人でビーチに出かけてころあいを見て帰ることに。
ところが、サマンサが行くはずだったアフリカでクーデターが起こってしまい・・・

--------------------------

なんかバタバタしてるなぁという印象だけど、少しは乗ってきたかな?

このエピは吹き替え版だけで見てると、英語のだじゃれの部分がまるっと意訳されているので、サマンサがフランクに話を聞いて「トッドが私を追ってアフリカへ?」っていう勘違いとかがサマンサのキャラクターに依存していて勘違い女炸裂!みたいになっていた。
「注射(shot)」がだめでアフリカ行きを諦めたサマンサが、旅先で「酒(shot)」を楽しんで帰ってくると、フランクからトッドは「shotが間に合わないからと急いで出て行った」と聞かされたと。
でもそのshotは仕事の「撮影(shot)」で・・・って言葉で説明すると間が抜けてるなぁ。
これについてはフランクが悪いような気がするんだけど、そう言ったらちょっとかわいそうか?
うん、トッドが悪いってことで。

せっかく流されたにしてもよりが戻ったというのに、「私は違う自分になりたいのよ~!」と意味不明に暴れられてしまうトッドは、いつになったらサマンサの扱い方を理解するのだろう。・・・無理か?
だったら離れればいいのに、それもできない。正しいサマンサの扱い方を知ってるのは、実はフランクじゃないかという気が・・・
そうか、「扱い方」を考えるからダメなんだ。「扱われ方」を体得すればいいんだよトッド!(諦めろってことか)

このエピは、ママの「娘ロス」のショック状態のオチがおかしかった。
だんだんノイローゼのようになって、それが突き抜けて別の方向に着地したママのあのうつろな目・・・
大和和紀が描く女三宮の目のような(ってどれくらいわかってもらえるんだ)、真っ黒でまばたきしなさそうな据わった目で、
「あなたはアフリカに行ったのよ」
と言った時のママのヤバさったら・・・ママのほうが遠くに行ってしまったかのようだった。ママ!帰ってこーい!!

ディーナは・・・セロファンくんたちのごはんに使った器をチャップマンに出した・・・のか?
自分の飼い犬でも普通に抵抗あると思うので・・・まぁ、あんなにでっかいわんこを部屋飼いしてたら、多少衛生観念が穴だらけになるという気持ちもわからないでは・・・
いや、やっぱり無理。


【 脇俳優チェック 】

◆予防注射のドクター ....  Anthony Anderson
「アントラージュ★オレたちのハリウッド」第2シーズン5話「隣人はボブ・サゲット」では、本人役で登場している。
「ザ・シールド」第4シーズンでは、元ギャングの大物アントワン・ミッチェル役を演じている。ヴィックの真似をしようとしたシェーンは彼に逆に利用されて手下のような存在となっていく。
「アリーmyラブ」第3シーズン14話「君の個性に乾杯」では、ショフィールドデザイン社を「変人だから」と解雇された4人のうちの一人、服装倒錯者のマシュー役で登場。15話「第一容疑者」では、解雇した社長が殺害されたため、それをジョンを知らせに来ていた。
本家「Law & Order」では第18シーズンから刑事役で出演し、現在レギュラー出演している。
映画「トランスフォーマー」では、天才ハッカーのグレン・ホイットマン役。マギーに依頼されたハッキングの解析がばれてFBIに逮捕されるが、後にセクター7で協力を依頼されて活躍する。

◆マイアミの卒業旅行の男ブレント .... Ryan Carnes
「CSI:マイアミ5」19話「黒い手帳」では、殺害現場のホテルのベルマン、ロス・ミラー役。彼はミニバーに大金が隠されているのを見たため、食事に薬を盛って眠らせて金を奪ったのだったが、殺人については否定。
「クローザー」第1シーズン9話「刑罰の境界線」では、メキシコ不法移民の母子を住み込みで働かせていたフィリップス家の息子オースティン役。レイプ殺人の被害者となった移民の娘マルタについて嘘の証言をして捜査をかく乱しようとする。
「CSI:NY2」6話「青い血」では、セントラルパークの池に沈んでいた被害者ウェズリーを、自分たちの生まれのよさを鼻にかけていじめ、アレルギーがあるのを知ってわざとロブスタースープを飲ませたナイジェル・バランタイン役。
「デスパレートな妻たち」では、第1シーズン登場当初はガブリエルの不倫相手ジョンの友達だったが、第2シーズンになってからはブリーの息子アンドリューのゲイの恋人として登場しているジャスティン役。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1290-d0ee38a1

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。