スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち4 第4話「好かれたい症候群」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 06.2009 デスパレートな妻たち 1 comments 0 trackback
【ブリー】
レックスの母フィリスは、たびたびダニエルに接触を求めて贈り物をしてきていたが、現在のダニエルの不在を知らずにスクーターを贈って来た。ブリーは送り返そうとするが、アンドリューはおろかオーソンまで欲しがって、曲乗りをして転んで怪我をする有様。
そんな中、ブリーの出産予定が近づきつつあるため、仲間たちからベビーシャワーを提案されるが、お腹回り当てゲームをやるなどと聞かされ、バレるのを恐れてなんとか断ろうとする。
しかしアンドリューの入れ知恵でサプライズパーティを開かれてしまい、しかもフィリスが招待されていた。彼女の嫌味の数々に耐え切れなくなったブリーは激しく言い返し、怒ったフィリスは「昔あげたセーブルのコートを返して」と寝室のクローゼットに乗り込んでお腹のパッドを発見してしまう。
ブリーの妊娠が嘘でダニエルは修道院におり、生まれてくる子は自分の曾孫とは扱われないために関わることができない・・・と知ったフィリスは、パーティで全部ばらしてやると意気込むが、アンドリューの手前思いとどまりパーティーを後にする。ブリーはほっとするが、その足でフィリスは修道院のダニエルを連れ出そうとしていたのだった・・・

【ガブリエル、イーディ】
イーディは体の不調で医者にかかったところ、毛じらみと診断される。日焼けマシンでうつされたのだ。
医者から処方された薬は強烈なにおいがしてカルロスは閉口したが、しかし内心ガブリエルにもうつったことを思うとひやひやだった。
しかし時すでに遅し、ガブリエルからヴィクターに毛じらみは伝染っていたのだ。しかしヴィクターに言って薬をつけさせるわけにもいかず、ガブリエルはセクシーナースのコスプレで、プレイのふりをしてこっそり薬を塗り治療することに成功する。
ガブリエルたちはそれぞれブリーのパーティに参加していたが、イーディはヴィクターから漂う香りに何かデジャヴを感じる。それが毛じらみの薬だと気づいたイーディは、カルロスとガブリエルが浮気してヴィクターに感染させたことに思い至る・・・

【スーザン、ロブとリー】
スーザンの隣の家にロブとリーの二人が引っ越してきた。ところが二人がゲイカップルと聞いたスーザンは、ムダにはしゃいで地雷を踏みまくり、二人に悪い印象を持たれてしまう。
「みんなに好かれていないと気がすまない」スーザンは、なんとか二人に取り入ろうとするが事態はさらに悪化、特にリーからひどく嫌われてしまう。
そんな時、二人の飼い犬ラファエルが脱走しているのを見たジュリーは、二人が留守だったため自宅に連れ帰るが、スーザンはそれを使って自分の好感度を上げようとたくらみ、すぐに返さずガレージにラファエルを隠す。そしてリーが帰宅してラファエルを探し始めると、スーザンはそ知らぬ顔で近づき一緒に手伝ってみせて、リーに「実はいい人」と思わせたのだった。
ところがその企みを知らないマイクが帰宅してガレージを開けたため、ラファエルはガレージの中のペンキまみれの状態で逃走し、ちょうど帰宅したロブに飛びついて2000ドルのスーツを台無しに。当然スーザンの企みはバレバレ。
それでも「好かれたい」と思う気持ちをやめられないスーザンは、詫びて何とか取り入ろうとするが、マイクは「もうあの2人にかまうな!」と激怒するのだった。

【リネット】
抗がん剤の投与が1週間お休みになり、久々に体調のいい状態を取り戻したリネットは、トムに「夜のお誘い」をしてみる。トムもノリノリだったが、ベッドでリネットのかつらがはずれてしまい萎えてしまう。トムは口先ではうまくごまかしたものの、リネットは原因を察してしまった。
ところがかつらが壊れて補修に2週間かかるという。そこでガブリエルの勧めで、セクシーなチアリーダー「ブランディ」のコスプレで迫ったところ大成功。ところがトムが別のセクシー風カツラを買ってきて「今度はこれでやってみて」と言い出したため、大喧嘩になってしまう。
しかしリネットはトムに「病気が発覚して以来、僕のことを思いやってくれているか」と言われ、はっとする。お互い「病気の妻」とそれを思いやる「立派な夫」であることに疲れていた事に気づき、久々にお互い「素の自分」に戻ろうと・・・

【キャサリン】
キャサリンのおばシムズが帰宅した。あの二階の部屋に寝かされたシムズは、自分がディランにしたこと、隠してきたことを話すべきではないかとキャサリンに訴えるが、固く拒絶されてしまう。
そこでシムズはキャサリン不在を見はからってディランに打ち明けようとするが、忘れ物をして戻ってきたキャサリンによって阻まれる。最期の力を振り絞ってディランへのメモを残したシムズは、そのメモを床に落としたまま息を引き取ったのだった・・・

------------------------------------------------------------

キャサリンたち一家の入った家は、これまで誰が住んでいた家だっけ?ブリーの家の隣って・・・と思っていたのだが、今回シムズさんが登場してきたことでやっとつながった。あそこはマイクが住んでいた家だ。
彼女はシーズン3で老人ホームに入っていたのだが、元々住んでいた家をマイクに貸していたのだ。マイクがスーザンとよりを戻して引っ越すことになって、カルロスがその後釜で借りることになっていたのだが、結局カルロスはイーディの家で同居しているので、元マイクの家は空き家になっていたのだな。
そして元々の住民であるキャサリンたちが戻ってきた・・・ということかな。マイクは家の中を色々いじっていたので、前回出てきた「床の傷」とか、よく残っていたなぁ。
それで、今回ボブとリーの二人が入った家は?ということで、シーズン1の時の公式本を引っ張り出してみた。方向的にスーザンとガブリエルの家の間に彼らは越してきたのだが、そこは60年代のコメディ「The Munsters」で使われていたセットで、あまりに外観が良く知られているので使っていなかったらしい。
引っ越してきたのはモンスターというより・・・隣人がモンスターだったという?

スーザンの毒っていうのは、一種のウィルスなんじゃないかと思う。ウィステリア通りの住民たちはもう免疫ができてしまって、ちっとやそっとのスーザンでは驚かなくなって、一緒に住んでるジュリーやマイクなどは達観してむしろそれに対応する適応力によって人間が強くなっている。
でも、免疫がない住民というのはああなんだよなーとリーとロブのカップルのドン引きさ加減を見て思った。
ただでさえ異質なものに対して鵜の目鷹の目な郊外の住民の中にゲイカップルが飛び込むなんて、なんて無謀な、と思うのに、運悪く隣がスーザンとは。引越し荷物ほどかずに逃げてー!すぐに逃げてー!と思わずにはいられない。
マイクもよくわかってらっしゃるつーか、「みんなに好かれないと気がすまない」スーザンの性格をよくご存知で。でも、スーザンだから誰が止めてもムダなんだよね。
リーとロブは、この間の「クリミナルマインド」のストーカーに捕まった女性みたいに、スーザンが暴走しないように「あなたのことを嫌いじゃない」っていう演技を続けるしかないんだろうか。なんともめんどくさい女だなぁ、スーザンって。

レックスの母フィリスが久々の登場!イヤー確かに、あれで引っ込むキャラではなかったけど、このタイミングでの来訪はなんというイケズ。
ダニエル拉致という事態で、ブリーの計画は一体どうなるのか。ブリーを本気で怒らせる気なんだろうか。あの姑さんもブリーという嫁をなめてるとおもうんだな・・・
しかしこんな状態になってもまだ、母としての自覚のかけらも芽生えていないダニエルに、決してダニエル本人への愛情のためだけに動いているわけではない大人たち、っていうのがむなしい。そして散々痛い目にあってるのに、いまだに先を読んで行動することができないアンドリューのおばかさん。ほんとにブリーはこと対人間スキルだけは色んな意味で低いんだな。
それにしても久々にあそこまではじけるカイル・マクラクランを見た・・・好きだ、相変わらずで。
ノリノリすぎです・・・・もういい年なんだから・・・

前回、トムのお店はどうなってるんだろう、と書いたが、とりあえず店は無事にやってるような様子が台詞に出てきていた。
そりゃーリネットが倒れて全財産つぎ込んだ店もダメじゃ、一家離散になりかねないものね。その辺はいくらトムでも覚悟を決めて必死で働いていると見える。
でも・・・男として萎える気持ちもまぁ・・・あるかもしれないけど、そこも含めて覚悟するもんじゃないのかなぁと思ったりするのだけど、「キャンディはどうかな」とかヅラ買ってきたり、トムの地雷っぷりは他の追随を許さない感じ。さすがだ。
「病気になってからボクの事」って言い始めた時には、「ああああ、そこまで地雷の上で踊るんじゃない!」とはらはらしてしまったが、アレ?そこでリネットが反省モードに?っていうまとめに入ったので、とりあえずトムは・・・奥さんがリネットでよかったよかった。
あれでスーザンとトムの組み合わせだったら、「ひっどーい」とか言われてしまうところだと思う。・・・でも、スーザンとトムだと、お互いに何が失礼か気づかないことも多いかも・・・?

イーディは、ガブリエルとカルロスについて気づいてなかったのか。だとしたら普段からずいぶん太い釘を刺しまくっていたようで、それもまたイーディらしい。
ガブリエルのナースコスプレはセクシーだけどキュートで、あんなふうにされちゃったらヴィクターもごまかされがいもあるというものだろうけど・・・
でも思ったのだけど、カルロスは随分あっさり「日焼けマシンで」というイーディの説明を信じたものだ、と。まぁ彼女の一途な性格を知っていれば、付き合ってる相手がいる時に浮気をするとは思えない、というのもわかる。
というかイーディのほうがむしろ、「カルロスがもらってきたんじゃ?」っていう風に思うんじゃないだろうか。そしてイーディの説明が言い訳ナシに通用するのだったら、ガブリエルも「スパで」「日焼けマシンで」って言っちゃえば、ヴィクターにあんなプレイでこっそり治療する必要はなかったんじゃ・・・
それでもガブリエルのナース姿を拝めた視聴者にとっては、「気がつかないでくれておっけー」といったところかもしれないけど。
さて、イーディに気づかれたからには・・・これから血を見るようなドロドロが?
でもそれでこそデス妻。


【 脇俳優チェック 】

◆キャサリンのおばシムズさん .... Ellen Geer
初登場は弟3シーズン22話「花嫁の憂うつ」。マイクが元々借りていた家の大家さんで、老人ホーム住まい。マイクが出ることになってカルロスが新たに借りることになったが、カルロスと一緒に住みたいイーディがシムズさんにカルロスの悪口を吹き込んで追い出させようとする。
「ミディアム2」22話「夢のあと」では、「ブノワ家の魔女」と呼ばれていたアリソンの祖母役で登場。アリソンの不思議な力は祖母から受け継いだもの。
「コールドケース2」8話「リスト」では、赤狩りに追い詰められた果てに殺害された被害者エリオットの妻ケイの現在版を演じていた。
「CSI:2」20話「猫屋敷の老婆」で、タイトルどおりの「猫屋敷」状態で孤独に暮らしていた80歳の老婆ルース・エリオット役で登場。猫を家族のように愛していたために一匹として手放せず、譲って欲しいといわれて断ったために殺されてしまった。
他に「コッチおじさん」「おかしな二人2」など。
彼女の父Will Geerは「ダラスの熱い日」「刑事コロンボ/溶ける糸」(被害者の心臓外科医ハイデマン役)など多数の出演作のあるベテラン俳優。彼は50年代にマッカーシーイズムの流れで共産主義者の疑いをかけられるが、非米活動委員会での証言を拒否したために、当時ハリウッドでの活動の道が絶たれるという悲哀を味わっている。
「BONES」第4シーズン21話に登場予定。

◆越してきたゲイカップルのリー・マクダーモット ....  Kevin Rahm
「CSI:7」1,2話「奈落の底へ 前・後編」では、サム・ブロウンの新しいカジノに出資していたオブライエンの公私にわたるパートナー、ジョー・ハーショフ役。プロジェクトが不成立となったことでリンゼイを誘拐し、サムを射殺し自分もその場で命を落とす。
「CSI:NY2」15話「ゲームの代償」では、虫料理のシェフトニー・コリンズ役。昔レストラン訴訟詐欺の女に訴えられて仕事を失い妻にも逃げられた過去があった。
「グレイズアナトミー」第1シーズン8話「現実のおとぎばなし」に、イジー達が精神科インターンに押し付けられた超能力を持つ男ダフ役で出演。
「アリーmyラブ4」13話「遠距離恋愛」では、色情狂の妻が3年間に106人もの相手と浮気し、あろうことか牧師とも関係を持ったことで耐えられなくなり、婚姻無効の申し立てをしたクレイトン役。
「フレンズ 8」5話「チャンドラーは誰?」ではモニカのレストランでの部下ティム役。フィービーがモニカに紹介され付き合うことになるが、ティムはかわいいけど不器用だったためモニカにクビにされることに。
「ビバリーヒルズ青春白書」第9シーズン18話「家族の争い」では、マットが担当した麻薬売買の疑いをかけられた少女リンダの事件の検事ジェイ役。マットの裏情報によって脅されたが屈しなかった。
他に、日本では放送されていないが「Judging Amy」や、Christina Applegate主演の「Jesse」にレギュラー出演。
「CSI:マイアミ7」21話、「FBI~失踪者を追え」第7シーズン1話に登場予定。

◆越してきたゲイカップルのボブ・ハンター .... Tuc Watkins
「CSI:2」20話「猫屋敷の老婆」では、BMW爆破事件の目撃者でメカニックのマーカス・レミック役。実は頼まれて爆破を仕組んだのだった。
「コールドケース」第5シーズン7話に登場予定。

◆故レックスの母(フィリス・ヴァンデカンプ) .... Shirley Knight
初登場は第2シーズン1話「新たな謎」で、息子の葬儀のためにヴァンデカンプ家にやってきた。レックスがブリーによって殺害されたのではないかと疑う。
「Dr.HOUSE」第1シーズン8話「医療不信」では、梅毒に脳細胞を侵されたせいで頭がお花畑になってしまったアダムスおばあちゃん役。ハウスに萌え萌えになり、この気分がなくなるのなら治療しないと言い出しハウスを困らせる。
「コールドケース2」2話「軍需工場」では、被害者のアリスのお向かいに住みアリスの夫ネルソンにずっと思いを寄せ続けていたために、事件の真相を知りつつもずっと黙っていた、工場長の秘書ドッティの現在版を演じていた。
「アリーmyラブ4」14話「過ぎし日の恋」では、アリーの家の昔の持ち主ビンセントの恋人ヘレン役。老女へレンは昔の恋人の面影をビクター(Jon Bon Jovi)に重ねてしまうのだった。
映画では「エンドレス・ラブ」でブルック・シールズの母アン役を演じていた。「恋愛小説家」ではヘレン・ハントの母ビバリー役。
60年代の頃のお写真を見ると、昔はずいぶんお美しかったようだ。

◆イーディの毛じらみを診断した医師 .... Allen Williams
「アリーmyラブ」第3シーズン20話「甘い誘惑」では、リチャードに法律顧問の乗り換えを報告しに来たミルトン役。ネルが独立して顧客を引き抜かれたことを、リチャードは彼の口から聞かされショックを受けるのだった。

関連記事

▶ Comment

こんばんは(#^.^#)

良いですよね、デスパレート!!
ハマりますぅ。

特に私はガブリエルとかぶるんです。。
あんなリッチじゃないけどね(笑)
めちゃめちゃ自分を重ねちゃう。。。
でも、浮気?まではしてないけど
恋しちゃうよ(^_-)-☆
2010.06.25 20:17 | URL | Unknown #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1291-cf20370a

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。