スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え! 第3話「目撃証言」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 14.2005 未分類 0 comments 0 trackback
【 失踪者 : エミリー・マラー 】
エミリーは夫ダンカンとショッピングセンターで買い物をした後、ダンカンが忘れ物でその場を離れたすきに車で連れ去られ、その場にいた男性が助けようとして殴られた。
目撃証言はさまざまに食い違い、彼女を取り巻く人々の言葉も一致しない。
「彼女は犯人を知っているようだった」「幸せそうだった」「苦しんでいた」・・・・
そんな中、夫ダンカンが弁護士と不審な行動を見せる。ジャックはセオリーどおりに夫の犯行を疑い捜査を進めるが・・・

------------------------

3回目、もうそろそろ関西弁が気にならなくなってきた・・・・かな?
「異常なし!」「異常なし!」と張り詰めた場面で「異常なしっす!」とやられると、オチとして狙ってるのか?と言いたくもなるが。

じわっと面白くなってきたかな。「藪の中」がやりたいんだろうなぁ、と思う。
人間は、それぞれに都合のいいところだけで物語を構築しているから、ひとつの真実を形作っているはずのピースがちぐはぐに食い違う。
失踪者を見つけることが目的なのだが、見つけるために失踪者のひととなりを多角的に掘り下げていくので、一人の人物が家族にさえ見せていない「顔」を持っていることがわかってくる。
見つかって最終的に戻ってきても「真実」がひとつに絞られないままなので、色んな疑問や伏線が張りっぱなしで視聴者に投げられた状態になる。

ダンカンは、エミリーの不倫は子供を失った気持ちのはけ口を求めただけだと思っていた。しかし不倫相手ブラッドが心からエミリーを愛していたことを知り、エミリーも本気だったと・・・・
それで見つかったエミリーをダンカンは抱きしめることが出来なかった。
でもエミリーはやり直そうとしていたし、ダンカンとの未来に向けて歩き出そうとしていたんだと思う。ただ、その矢先の誘拐。
もし誘拐がなかったら、ダンカンは知らないなりにうまくやっていけたんだろうに。
でもエミリーの気持ちというのは、実際にエミリーの言葉では語られずに投げっぱなし。
こうやって想像するしかない・・・・

これが果たして、番組の方向性が進化してる過程としてこうなのか、完成しててこうなのか・・・・
嫌いじゃない、かなー。人間ドラマのあり方としては。
でも、何もFBIでなくても他の設定でもありだったんじゃ、とか言っちゃいけないことを思ったりもするけど。

そこにジャックの家庭問題が深くからんできてどろどろするのだろうか。ダニーやマーティンは?
ERみたいに「もはやそこは医療現場ではない、ハッテン場か修羅場か」みたいな状態になるのもどうかと思うが、キャラの人間模様には期待したい。
キャラクターがうまく立ってきて事件とうまくバランスを取れたときに、このドラマはハマリものになるんじゃないかなと思う。

ちなみに。
エミリーと不倫相手のブラッドは・・・・「CSI:4」の第4話で「中の人」が二人とも一緒にゲスト登場。
そのストーリーの詳細は知らないが、今度もエミリーのひとは人妻だということは確定。またブラッドのひとは夫ではない。
二人はここでもからむか?からむのか?
・・・・そういう脇の瑣末なところに楽しみを見出すというのも、また乙なものです。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1308-00fe9431

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。