スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:4 第3話「喪失 傷だらけの屍」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 27.2005 未分類 0 comments 0 trackback
【CASE マデリーン・フォスター】
 現 場 :フォスター家
 被害者 :一人暮らしの老婆マデリーン・フォスター
 死 因 :極度の脱水状態
 関連人物:マデリーンの甥コナー
 担 当 :ギル・グリッソム、サラ・サイドル、ニック・ストークス、ウォリック・ブラウン、
      ジム・ブラス警部
 背 景 :強盗目的でフォスター家に忍び込んだ二人が、近所の通報で捕まるが、家の中から
      その家の住人マデリーンがミイラ化した遺体で発見される。
      彼女は何者かにクローゼットに閉じ込められた状態で放置され、死に至ったもの。
      クローゼットを表から椅子で固定して監禁、扉内部と指に内側からかきむしった痕。
      台所にケーキを直接齧った痕跡。

マデリーンはポットで紅茶を入れるような几帳面なタイプだったと見られ、ケーキの歯型はマデリーン以外の犯人のものと見られた。
甥のコナーが遺体を確認したいと言って来るが、挙動不審。薬物中毒の症状を見せ、マデリーンのネックレスを盗んだ前科もあった。
彼に嫌疑がかかるかと思われたとき、事件は思わぬ展開を見せる・・・・

【CASE スザンナ・カークウッド】
 現 場 :カークウッド家
 被害者 :スザンナ・カークウッド16歳
 関連人物:スザンナの両親リンダとマイケル、便利屋のスティーブ・ジャンソン、
      Lavish Cafeのウェイターのケリー・ジェームス
 背 景 :カークウッド家の隣人から「隣に家宅侵入が」との通報があり、ニックとサラが現地
      に赴くが、カークウッド氏は何もないと否定。娘スザンナがパーティをしたのだと。
      ところがスザンナはレイプは否定しつつも、病院で処置をしたいという。
      病院側の通報義務により立件、サラとニックはカークウッド家の家宅捜索を行う。
      そこで椅子と机の差はあるが「クローゼットに家具を立てかけて監禁」という手口に
      マデリーン殺害との共通性を発見する。スザンナの肩には犯人がつけた歯型が。

フォスター家にあったケーキの歯型とスザンナの肩の歯型とは共通するが、コナーのものとは一致しなかった。
そこでフォスター家とカークウッド家両方にあった部分指紋を合成、犯歴者のものと照会したところ、便利屋のスティーブ・ジャンソンが割り出された。
ジャンソンの歯型は一致したものの、スザンナの体内の精液とはDNAが不一致だったため、共犯者の存在が浮上。しかしカークウッド氏は妻子を守るために口を閉ざす。

カークウッド家の残留物を再チェックしたところ、その中にフォスター家の歯型のついていたケーキと同じ店の紙袋があることを発見。
その店「Lavish Cafe」のウェイターを調べると、全員がジャンソンと何らかのつながりを持っていた。その中でも、高校と少年院が同じだったケリー・ジェームスが怪しいと見られたが、物証は何もない。
カークウッド夫妻は犯人の顔を見ておらず、頼みの綱はスザンナの面通しだけということに。
しかしスザンナは決心して面通しの場面にやって来たものの、ジェームスに対して反応を示したが怯えて指摘できなかったため、ジェームスのことは逮捕できず保釈する羽目に。

そしてスザンナは、無残にも遺体で発見された・・・・


【CASE フランク・マドックス】
 現 場 :ヴェガス市内の公園
 被害者 :賞金稼ぎのフランク・マドックス47歳
 死 因 :側頭部被弾
 関連人物:ネイサン・ティメル少年と母エミリー、
 担 当 :キャサリン・ウィロウズ、オライリー刑事、ウォリック・ブラウン
 背 景 :治安のいい郊外に住むネイサン少年が、自宅近くの木の根元で銃を拾う。
      発射してかすり傷を負ったことから母親が通報。その銃を調べたところ、数日前に
      ウォリックが捜査して未解決の殺人事件に使用された銃と判明。
      発砲角度は上から下へ向かってのものだった。
      マドックスの顔面と胸部には死の1日以上前にできた打撲傷があり、逃亡犯からの
      恨みを買うなど殺人を疑うには充分であり、ウォリックの鑑識調査も問題なし。
      銃には赤い付着物が。

キャサリンはマドックスの死の直前の行動について洗いなおした。
すると、挑発的な態度をメディアでとったりしていたものの、他の賞金稼ぎにとられたりして、最近ではほとんど成果があがっていなかったことがわかる。
遺体の写真で不自然に右袖が引き下げられていることに気づいたキャサリンは、マドックスが指紋をつかないようにして自殺を図ったのではないかと考える。
しかし、銃の発射角度は自殺では不可能。またも捜査が行き詰った時、銃の付着物がポリプロピレンフィルムであることが判明する。
それはマドックスの遺体のあった公園で売られていた風船だった。マドックスが買ったのと同じ4つの風船に、銃と同じ重さの包みを結んだところ、マドックスがそうしたのと同じように空へと舞い上がっていった・・・・
マドックスは人生に追い詰められ自殺をはかろうとしたが、プライドのために他殺に見せかけることにしたのではないかと考えられた。
結わえられた銃は市内の喧騒から、そのまま閑静な郊外へと漂い、ネイサンの住む家の近くの木で破裂して落ちて発見されたのだ。
キャサリンはウォリックとその木を見に行き、赤い風船が割れて引っかかっているのを確認する。

--------------------

キャサリンの事件解決の鍵になった風船売りの兄ちゃんは、「ビバリーヒルズ青春白書」(つまりビバヒル第4シリーズ)に出てきてた、デビッドの友達のハワードのひと。
ドラッグやってたくらいしか記憶に残ってないわけだけど。
マデリーンおばあちゃんの甥っ子、ジャンキーのコナー・フォスターは、「ラットレース」でボケた役をやってた。
それとフレンズで(第7シーズン18話「ジョーイの授賞式」)ロスが大学で講義をやってた頃、生徒に赤点をつけたら「ロス先生のことを思って授業に身が入らなかったんです」と言ってきた学生でもあり。ボケた役が多い人のようだ。

今回はなんともやりきれない結末だった。
スザンナにちゃんと警備をつけなくてどうするんだと突っ込んだ人は私だけではあるまい。
ジェームスが怪しいという予見も、普段なら「断定するな」と主任が諌めるところだが、しなかった。最初に物証のないままに結論に走ったというスタッフの焦りが、最終的に悲劇を招いた、ということになるのだろうか。
それが脚本の煮込み不足ではなく、計算された「隙」なら納得できるけどね。
しかし、それにしても後味の悪いバッドエンディング。
ジャンソンは歯型の一致から逮捕・立件できるにしても、マデリーンおばあちゃんについては第一級殺人を適用できないだろうし。
思ったのだが、面通しとDNA採取は、令状を要するレベルが違うのだろうか?ジェームスのDNAを採取できれば、精液との照合ができただろうに。
そういえばジェームスは少年院にいたのだが、少年院ではDNAを登録はしないのだろうか?・・・・色々ともやもやするな、この回は。

この事件が今後解決されるかというと・・・・ジャンソンとジェームスの役者は、現在クレジットされてるシリーズまででは再登場していない。
つまり、ポール・ミランダーのような解決編は、今のところ作られていないのだ。
だから・・・・スザンナ殺人の現場に何らかの物証が残されていて、それを元にジェームスにたどり着くことが出来たという・・・・そういう見えないエンディングを、主任の珍しく怒りに満ちた表情から期待するしかないのかな、今のところは。

キャサリンの事件は、「賞金稼ぎ」というのが成立してるというところがすごいなと思った。西部劇の時代じゃないのに。
それで生活できるんだもんなぁ。(でもないか、出来ないから自殺してるわけだし)

ウォリックはグレッグに、訓練として指紋の採取をやらせてたけれど(ウォリックの手抜きつーかサボり)出来栄えが悪くて、主任にバレバレ。
・・・・というエピソードを見て、グレッグってほんとに中の分析仕事しかしたことないんだなーということがわかった。
CSIの採用と配置というか、分析担当の各専門技官と、分析もする捜査官とでは、給与体系から習得必須な技能まで違うのね。
そういえばカークウッド家の通報に最初に駆けつけた時、刑事ひとりにサラとニックという取り合わせだった。「不法侵入」の通報なのに。
万が一、まだ中に不審者が潜んでるかもしれないことを考えたら、鑑識ではなくて安全確認の刑事のほうに人数を割かないか?とか思ってしまったけれど。
サラは前に安全確保のとき無謀なことしてて、実戦では役に立ってなかったし。
でも一応銃撃もできないといけないという職掌なわけで、グレッグはその辺どうなのかな?初めてのお使いデビューはしたものの、そこからの道のりは長く険しいグレッグ坊やなのだった。

主任は孫子の「兵法」も読んでるらしい。以前「泣き砂」についての薀蓄もたれていたし、意外にアジア通?
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1313-89e2bf40

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。