スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第10話「愛のかたち」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 09.2006 未分類 8 comments 0 trackback
【 失踪者 : ルーク・ホートン 】
FBI着手:失踪15時間後

高校時代の同窓会の後、幹事のルーク・ホートンが姿を消した。
ルークは泥酔した同級生エミリーを車で送ろうとし、エミリーが目を覚ますと車内に血がついていてルークの姿がなくなっていたのだ。エミリー側には失踪につながる要素はなく、ルークに問題があったと考えられた。
失踪前のルークのカードには市内のホテルやレストランで使用された形跡があり、妻のエイミーはそれを知らなかったため、不倫の可能性が浮上した。
エイミーの心当たりは、会社の上司アランの妻ティナだったが、ティナは「アランの誕生パーティの相談をしていてエイミーに誤解された」と弁解する。アランとルークには仕事上の問題などないようだったが、アランは何か隠し事があってびくついているようだった。

カードが使用されたバーを当たったところ、その店はゲイバーで、ルークは決まったBFと来ていたのだという。ルークの不倫相手は男性だったのだ。
同窓会のホテルに来たものの、出席せずに帰るという不審な行動を取ったリックに話を聞くと、ルークたちに高校時代、ゲイだからとひどくからかわれたが、同窓会の前日ルークに会いたいと呼び出され、突然昔のことを謝罪されたのだという。
妻のエイミーはルークのゲイ疑惑を聞いて激しくショックを受けるが、「自分はルークを知っているから」と信じようとしなかった。しかしルークの母は、実は息子がゲイであることを知っていた。ルークが高校生の時、同級生とキスをしているところを目撃してしまったのだという。
その相手は、同窓会の副幹事をつとめていたドルーだった・・・・

----------------------------------------------------

最初に妻のエイミーを見た時、「なんだか奥さんっぽくないキャスティングだなぁ、ボーイッシュっていうか」という印象を受けたのだが、なるほどボーイッシュなわけだ。
この奥さんは本当に、なんと言っていいかわからない不幸な立場だ。万事順調でもうすぐ子供が生まれる幸せの絶頂で、いきなり夫が失踪しました、不倫してます、ゲイでした、相手は上司でした、遺体で発見されました・・・・だなんて。
そんな怒涛のコンボには誰も耐えられないだろう。

ルークは・・・・亡くなる最後の瞬間まで、「自分に正直であること」こそが最終的には正しいことだと思い込んでいたが、エイミーが受けるショックに対してどのくらい思いやっていただろうか。もちろん、ルークにとってはずっと「人の気持ち」を考えて自分を抑えてきたのだ、ということなんだろうけれども。
彼は基本的に「自分の痛みには敏感だが、人の痛みには鈍感」なタイプだったんじゃないだろうか。ルークのトリガーをひいてしまったドルーの「嘘つき!」の言葉だが、実は「ゲイを隠してきた」ことだけじゃなくて、もう一つの意味があると思う。
ルークが高校時代本当に好きだったのはいじめていたリックで、ずっと心にわだかまりを持っていて、いつか謝罪して自分の気持ちにケリをつけたかったのだと思う。でも関係を持ったのはドルーだった。
ドルーのほうではそのことをずっと忘れていなかったのに、ルークの方では無神経に「ずっと昔のことで忘れかけてた」なんて言うのだから、そりゃ殴られて当然だな。

そういう純愛の皮をかぶった無神経さに、ティナが・・・・平和な日常をいきなり破壊された人間の防衛本能というか。殺人者に同情は禁物なのだが、ティナは殺人以外に責任がないだけに、怖さと同時に哀れに思わざるを得ない。
その辺はツイン・ピークスのローラがかなりうまく演じているせいだと思う。最近、ツインピークスの女優陣をよくドラマで見かける機会があるのだが、みんなきれいになっていい女になったなぁと思う。

冒頭、同窓会について
 サム「興味ない」
 ダニ「過去は振り返らない」
って、二人ともスネの傷がズキズキですね。ダニーの口調がまたいい感じで、つい何回も真似してしまう。
ダニーはルークに対して「ゲイであることに気づかないで結婚した」のがサイテーって怒っていたけど、気づかないのは・・・それは責められても困るんじゃないだろうか。「ゲイであることを隠して結婚した」のがサイテー、ならわかるんだけど。
「気づかないで結婚してから目覚めた」のと、「しっかり自覚してたけど隠して結婚した」のでは、後者の方がひどいよなぁ。なんだろうダニーのそのユニークな倫理観・・・(それ、ダニー違いやん)。

さて、とうとうマーティンがジャックに打ち明けたわけだが・・・・
これはあくまでも私見だけど、今回の「資格審査室の再々調査」っていうのはジャックの仕掛けだったんじゃないだろうか。
最初にジャックがヴィヴに「まだ結果が出ていない」と言ったとき、「もう3日も前に決定は出ているはずでしょう?」とヴィヴが返していたが・・・・実はその時点で「お咎めなし」の結果は出ていて、だけどジャックとしてはどうしても二人に真相を、しかも自分から言ってほしかったために、最後の賭けを打ったのではないかと・・・・
そして二人はまんまとジャックの術中に嵌ったわけで。そういう解釈で見ると、マーティンがジャックに告白しに行った場面のジャックの表情、手の動きなんて、なかなか味わい深いものがある。それでも「なぜあっさりお咎めなし?」の理由はわからないが、多分・・・・やっぱりフィッツパパへの遠慮があったとか、矛盾点がヒスパニックの監禁された少女の証言だったという点が考慮されたとか、そんなもんかも。

ただ、唯一ジャックの想定外だったのが、一番把握していると思っていたヴィヴの心理だろう。
自分も「ヴィヴィアンらしくない」とか散々言ってきたが、彼女にだってやはりドロドロ渦巻く思いや、失策するような心の緩みは当然あるわけで、周囲が「ヴィヴィアンなら間違いない」って思えば思うほど「そうじゃない」って思いが積み重なっていたのかもしれない。
「ヴィヴの出世」については、1stの21話「魂は売らない」でOPRのジェイソン・ファレルに野心をつつかれていたっけ。ジャックが出世してくれてその後釜に座るか、ジャックの信頼を裏切って出し抜くことでしかヴィヴの出世はなしえないわけで。
そういう意味では、上にジャックがにらまれてる現在、ヴィヴの立場というのはかなり微妙だ。
それを「君が必要だ」という個人の信頼だけでつなぎとめようとするジャックは、なかなか危うい橋を渡ってるような気がする。
ていうかな、ヴィヴにもだけど、ジャックはマーティンにその言葉を何故言ってあげないかなぁと思うわけですよ。「CSI:NY」のマックにしろジャックにしろ、上司としてキビしさも大事だけど、もっとわかりやすく優しさも見せてあげないと・・・・
あと一言の優しさが足りないんだなぁ。


【 使 用 楽 曲 】
★「All I Want」Toad the Wet Sprocket
オープニングの同窓会シーンで、ルークのスピーチのバックにかかっている曲。アルバム「Fear」の10曲目(試聴可)
Fear


【 脇俳優チェック 】

◆失踪したルーク・ホートン .... Jeremy Garrett
「CSI:マイアミ」第1シーズン4話「汚れた血 欲望の海」で、金に目がくらんで恋人のキスを売ってしまった男ポール・ヴォーガン役を演じていた。
「アリーmyラブ5」5話「年下の男の子」(エルトン・ジョンが出てる回)では、ジェニーの母フランシスが婚約した大学出たての若い男の子、ティム・ボイル役。50代のフランシスが20代のティムと婚約したことで解雇され、アリーが訴訟を担当する。2001年にピチピチの若い子役を演じていたわけだが、マイアミは2002年、今回のエピはさらに翌年の2003年の放送だ。
他には「バフィ 恋する十字架」「おちゃめな魔女サブリナ」などにゲスト出演している。

◆高校時代ゲイをからかわれたリック .... Philipp Karner
「CSI:マイアミ3」9話「危険な集団」で、海賊に襲われて逃げ出したために漂流した大学生のひとりアダム役を演じていた。漂流して飢えをしのぐために、精神的に追い詰められてボートに同乗していた友人の足を食べてしまった役だった。
他には「Sex and the City2」「エバーウッド」第2シーズン、「ウィル&グレイス」などにゲスト出演がある。

◆アランの妻ティナ .... Sheryl Lee
「世界一美しい死体」と呼ばれた「ツインピークス」のローラ・パーマー役でおなじみ。「ツインピークス」の中ではローラと瓜二つのいとこという設定の、マディことマデリーン・ファーガソン役も演じていた。映画版の「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」にも出演している。
映画では「ヴァンパイア/最期の聖戦」「ワイルド・アット・ハート」などに出演。「デスパレートな妻たち」では、パイロットの段階ではメアリー・アリス役に起用されていた。彼女ならもっとおどろなデス妻になったかもしれない?
ザ・バンドのNeil Diamondの息子Jesseと結婚し、子供が一人。

◆ルークの上司で恋人のアラン .... D.W. Moffett
「コールドケース」第1シーズン第1話「テニスラケット」で、ウィットリー兄弟の兄トッド役を演じていた。過去にジルと付き合っていたがジルを殺害し、現在はジルの親友メラニーと結婚し、罪が明らかになりそうになると、人生が破綻している弟に全部おっかぶせようとする鬼畜ぶりだった。
「CSI:マイアミ」第1シーズン13話「死の料理人」では、民家で薬品を製造して毒ガス騒ぎの死亡事故を起こしたウェルモント役で登場していた。
「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」第2シーズン14~15話では、ジュリアの離婚後の新しい彼氏で「ゼニス」(禅の心を活かしたテニス、だって。なんのこっちゃ)のコーチのケヴィン・ホチキス役。

◆ルークとアランの会社の会計監査をしていた会計士 .... Alyson Reed
「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」第1シーズン8話「キャラ・フィッツジェラルド」で、マットが誤って車でひいてしまった女子高生キャラの、母親ケイト役で登場していた。宗教上の理由で娘の治療を全面拒否してしまうという役だった。
「CSI:4」6話「埋められた秘密」では、「主任初めてのお使い」で出向いていった町Jackpotのダイナーのウェイトレス、ドリス役を演じていた。ドリスは主任の唯一の味方になってくれた獣医のデイルの元妻という設定だったが、事件とはからまずあっさり放置されてしまった設定なのだった。
「サンフランシスコの空の下」では第2~5シーズンに、ベイリーの恋人サラ(Jennifer Love Hewitt)の養母役として登場している。
「フェリシティの青春4」12話「変わっていくミライ」には、ミーガンとハヴィエさんが選択した演劇のクラスの先生役で登場。「CIA:ザ・エージェンシー」ではターンブル夫人役で第1~2シーズンに5エピソード出演している。

◆ルークの妻エイミー .... Kathleen Rose Perkins
「CSI:マイアミ」第1シーズン19話「プールサイドの処刑」に、ほんの一場面だけ登場。終盤、犯人の居場所を突き止めるため逆探知のモニタ捜査をしている技術官役だ。台詞はたった二言、「固定電話からです」「いいえ」だけ。
眼鏡とヘッドカムをつけて斜め後ろからの画像なので顔はほとんどわからない。そんな状態から出世したもんだなぁ。
最近では映画「アイランド」に出演など、ドラマや映画に着実に出演作を増やしている。

◆元野球部のキャプテンのドルー .... Channon Roe
「CSI:マイアミ」第1シーズン6話「魔の手」で、屋内遊戯施設に子供目当てに物色に来ていた幼児性愛の前科持ちだったため、客の少女がいたずらされて殺害された事件で疑いをかけられたレプキン役を演じていた。もちろんホレイショが彼に対して相当に言葉責めを行ったのは言うまでもない。
他に「バフィー~恋する十字架」「チャームド 魔女三姉妹」などにゲスト出演がある。「CSI:5」22話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

両方NYですもんねー>ダニー&ダニー
多分CSIダニーは「FBIのやつらは、証拠を証拠と思ってない!あいつら現場をなんだと思ってるんだ!」とか怒りそう。
FBIダニーのほうは、「こっちは時間が勝負やっちゅーのに、CSIやなんや知らんけどぉ?いつまでも現場明け渡さんで何者やっちゅーねん!ボスからビシッと言ったってくださいよー」とか文句たれてそう。
マックとジャックは一目置きつつも反目してそうですが。

アリーの頃とそんなに放送時期かわらないのに、どーんと年取ってる感じですね。20代半ばってけっこう学生と既婚とかのどっちもできる顔なのでしょうかね。
CSI:NYのドンちゃんとかもそうですが、一気に老けた役になってますが、フレンズの時と3年しか違わないのに、すっかりおっさんですもんね。
2006.06.16 01:50 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ちょうど1stの「魂は売らない」を見た後だと「素敵な信頼関係を持つ二人」なんですが、どうも2ndを見てると、ジャックは自分のことだけで余裕がなくなってて、1stほどちゃんと部下を把握できてなさげな感じが・・・
一応でもこの回でそれもリセットかかったようですけどね(^_^;)

>変装マーティンが、NYダニーに似ているという
あぁあの田代・・・うにゃ。そういえばなるほど。
NYはきっとまめさんお気に召すと思いますよ~。
男子部のビジュアル度数が、CSI3作の中ではどーんと高い(^_^;)
2006.06.16 01:39 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
「ユニークなダニーの倫理観」ウケました!
しかしCSIダニーは最近ユニークを超越して
ハチャメチャになりかけてるので
かなり心配してますが。
このさいクロスオーバーで
ダニー合同捜査も面白いかも。
ものすごくユニークなことを考えてくれそうです。

本編はあまりにも重すぎて
頭の中が整理できず。
ルークが大好きな俳優さんだったので
ますます感情移入してしまいました。
というわけでルーク役のJeremy
CSIマイアミで危ない青春してたのはよく覚えておりますが
アリーでそんな若い子になってたんですか。
今回はかなりオヤジになったなぁと思いましたが。
2006.06.13 20:34 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
うーん・・・寝床で考えてたんですけど←なぜ。
マーティンがウソをついたことに、すっごい怒ってたのに、
ジャックが、ウソをついて、それを聞きだすのって、
ちょっと違和感が(^^;
調査のことって、後々いろいろ伝わってくると思うんで、
ハッタリだと気づいたら、ヴィヴが(マーティンは気づかないでしょう(笑))
ジャックに対して不信感持ちませんかねぇ。
素敵な信頼関係を持つ二人だから(マーティンは入ってません(爆))
ハッタリを持ってきたりはしないんじゃないかなぁ?
と半分寝ぼけながら、昨夜考えておりました。
でも、あのジャックなので(爆)
そういう間違いも犯しそうって、思ってしまう自分もこわい(笑)

>でも、マーティンがもしジャックの読みとは違って白状しなかったら・・・・
>ジャックはマーティンを切ったかも?(-_-)

このエピソードをみる限り、そんな感じですよね(- -;)

ダニーは、ダニー違いだったんですね!
変装マーティンが、NYダニーに似ているというお話をうかがったので、
地上波かBSに早く来ないかな~と期待しております(^m^)
2006.06.11 22:21 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
フレンズのキャロルの例もあり、結婚してみたからこそ気づく、ってのもあると思うし、結婚する前は揺れていてもマリッジブルーだと思っちゃうだろうし。
そんな怒らんでも、と思ったのですが・・・・
ダニーにとっては「妻子を泣かす男は最低や」ってのが基本にあるのかもしれないっすね。

ジャックの「仕掛け」は、クビをちらつかせればヴィヴィアンがマーティンに「言え」って説得にかかるだろうと踏んでのことだと思います(^_^;)
「なんでマーティンには聞かないんだろう」と思ってましたが、二人の口裏合わせの構図を読みきっての行動だったんでしょうね。
もしジャックがマーティンに直接問いただしたら、マーティンはヴィヴィアンを裏切って白状してしまう可能性があり、それだと後々しこりが残りかねなかったと・・・・。
でも、マーティンがもしジャックの読みとは違って白状しなかったら・・・・ジャックはマーティンを切ったかも?(-_-)

ちなみに「ユニークな倫理観」は、「CSI:NYのダニー」のキャラ紹介での設定なのでした(^_^;)すみません。
2006.06.10 23:33 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ヴィヴィアンのキャラ変化・・・グレるんでしょうかね(^_^;)
彼女に関しては1stに「兄」の存在が伏線張られてたと思うんですけど、それがほったらかしになってこのまま「なかったこと」にされちゃうのかが気になっています。

>少なくとも結婚する前に自分に向き合って答えを出す(figure out)べきだ、というようなことを言いたかったのかな

ただ、あの発言した時点ではまだ「高校時代からゲイ」は発覚してなかったわけで、結婚後目覚めた可能性もあるっていうか・・・・自覚がなかった場合は、あえて向き合って藪からつついて蛇を出す男ってそんなにいないような気がするんですよー(^_^;)
あの時点の情報では「ダニー無理言うなよ」って思いました(^_^;)
2006.06.10 23:20 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
私もダニーの「ゲイであることに気づかないで結婚したのが気に入らない」ってところに、迷走コメントを残してしまいましたが(笑)
ゲイである可能性には気づいていたんだから、それがきちんと形になる前に結婚したってことなんだろうか?
どっちにしても、ユニークにはかわりない(笑)

再々調査は、仕掛けか~
うーん( ̄▽ ̄メ)
確かに、マーティンやヴィヴに、必要以上のプレッシャーをかけていたように思うけれど、うそをつかれることに対してそれほど大掛かりなトラップを用意するとは・・・。ジャックって・・・ジャックって・ε=ε=┏( ;>_<)┛
↑「君を失いたくない」とマーティンがまったく入ってないことを根にもっているらしい(笑)
いや、信頼度の違いはわかりますが(^^;

TBさせていただきました♪
2006.06.10 00:37 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
おっしゃるように、ジャックは2人に鎌を掛けた感じですね。(さすがするどい!)
結果的に、彼のヴィヴィアンに対する「甘えの構造」が露見したという感じですが、私はもしかしたら、このあとお母さん役ぽいヴィヴィアンのキャラが変えられるのかな、などと思ってしまいました。
後、今回bisexualは罪作りだなと感じたのですが、ダニーの発言は自分が本当にゲイなのかそれともbisexualなのか、少なくとも結婚する前に自分に向き合って答えを出す(figure out)べきだ、というようなことを言いたかったのかなと思いました。
答えが出てからのルークはいかにも優等生でしたね。
2006.06.09 07:27 | URL | josetangel #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1355-6ccfa016

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。