スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第11話「カメラマンの夢」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 16.2006 未分類 7 comments 0 trackback
【 失踪者 : ブライアン・オーウェン 】
FBI着手:失踪36時間後

芸能人のスクープ写真を専門にしているパパラッチのブライアン・オーウェンが姿を消した。
一度も欠かしたことのない、別居中の娘との面会に現れなかったので、妻が心配して通報したのだった。しかしパパラッチということでマーティンをはじめチームのメンバーらは色眼鏡で見てしまいがち。
オーウェンのカメラはカードが抜かれ、血がついた状態で発見され、さらに娘のジェシカが先週、オーウェンに絡んで脅してきた男がいたと証言したため、追いかけていたネタがらみで深入りして危険な目にあったのではないかとも考えられた。

カメラについていた指紋は、オーウェンが追っていたらしいバスケのスター選手ランドールの用心棒のものと一致。用心棒のマッカンによると、ランドールが裏口から出てきたところそこにブライアンが待ち伏せていたため、カメラを取り上げて壊してやったのだという。しかし、マッカンはカメラのメモリーカードは取っていないという。別の何者かがカードを奪ったのだ。
オーウェンが撮った写真の中には、ゲイであることを暴露されたために仕事を失い、薬に溺れて死んだ俳優、トルスタン・ルースのものがあった。彼のゲイの恋人クラークソンが、ジェシカとブライアンを脅した男だった。
クラークソンは復讐のために、ブライアンの私生活を暴こうとし、女性との不倫らしき様子を発見して写真に撮って送りつけたのだという。ジェシカは写真を見てブライアンに問い詰めたが否定され、口止めされていた。

そんな中、かつてパートナーを組んでいたNYクロニクル記者マーク・ヒロシに、オーウェンは最近頻繁に連絡を取っていたことがわかる。マークによると「工業汚染と発がん性」について調べてほしいと依頼されたのだという。
オーウェンが追っていたのは芸能ネタではなかった。そしてクラークソンに写真に撮られた女性は、プラネットレスキューという環境保護団体のメンバーであることが判明する。しかしプラネット・レスキューは、FBIから監視対象とされている団体だった・・・・


----------------------------------------------------

マーティンの人生変えちゃう夏かもね」エピというか、「リハビリ・ザ・マーティン」エピというか。

前回までの悩めるマーティンが払拭されて、元気に頑張っている姿で「ニュー骨太マーティン」をアピール中でしょうか。(髪を金色に染めてマッチョ~マン@アリー とかはやめて)元気なら何よりです。
「中の人」の得意技であるロッククライミングを盛り込んで、遅刻してるかわいいマーティン、先入観で捜査してしまうお坊ちゃまマーティン、反省して正義に燃えるマーティン・・・と、マーティンファンにはなかなかナイスなエピだったのではないだろうか。

2ndになってから、「人生をリセット」「人生を変える」などがキーワードとしてよく出てくるが、今回もパパラッチ稼業から足を洗い、「人生を変えようとした」男、ブライアン・オーウェエンの軌跡をたどる捜査となった。
もともとカメラマンとして腕が良かったからパパラッチとしても成功してしまったのだろうが、さすがにその写真のせいでひと一人の人生が狂ってしまったという現実を目の当たりにすると、従来の人のよさから心をさいなまれるようになってしまったのだろう。
しかし彼のカメラマン根性は、人生のリセットもただの挫折にはしなかった。オーウェンが言った「世間に訴えるのは僕の得意分野だ」というのは、パパラッチの経験と手法、売り込みルートなどを活かして、正攻法ではなくワイランド工業を追い詰めることだったわけだ。
今までの「人生のリセット」は、どうしてもそれまでを全否定するような感じになってしまっていたが、オーウェンの「得るものもあった」という、前向きな肯定が次へのステップにつながる、みたいなことは何かほっとさせられる。

で、すでに人生リセット済みのダニーは、今回マーティンにすっかり美味しいところを奪われて、55階建てのマンションをせっせと聞き込みに回ったのに、まさに無駄足。サマンサが一瞬で答えを見つけてしまうというヒドイオチだし。
ボスも「歩きやすい靴を」はないよな~。カワイソウなダニー。
まぁダニーがナタリー・ポートマンの写真に気をとられていなかったら、ちゃんと発見できたネタかもしれないけどね、と冷たいことを言ってみる。

しかし原語のサマンサとマーティンの会話の容赦がないこと。

(吹き替え版)
 サマンサ :ナタリー・ポートマンのトップレス写真なら、ダニーが持ってった!
 マーティン:やっぱり!しょうがないなぁ・・・

(原語版)
 Samantha: If you're looking for Natalie Portman,
       she's hanging over at Danny's cubicle.
 Martin : Why am I not surprised?

サマンサ口調で訳すと「ナタリー・ポートマンをお探しだったら、ダニーが個室に連れ込み済みでしてよ?」みたいな感じ?そんなストレートな。
ところで、ナタリー・ポートマンのビーチでのトップレス写真は検索すると簡単に見つかるけれど、ダニーは・・・・
あのぐらいの(自粛)が好みなんだろうか。ロリ好み?(おい)
でもダニーのことだから、知り合いのグレかかった少年とかに「お母ちゃんにはナイショやでぇ?」とか言いながら、それと引換えに立ち直りを約束させてそうな気がする・・・

・・・・・はっ。 レジー?(こら)

来週はボスの変装が見られそうな予告だった(前回のよりパワーアップしてヘンテコ)。ボスは今回、パパの顔を見せてジェシカからうまく話しを引き出していた。復縁以来、なんとか家庭もうまくいってるのかな。
その辺は実生活でも娘さんのよきパパであるあたりが生きているような感じだ。
でも、でもね。
多分今頃見に行ってるんだろうなと思ったら案の定。ちっ、嬉しそうな顔しやがってぇ!!
・・・ちょこっと殺意がわいてしまいましたぁ。


【 使 用 楽 曲 】

★ Evanescence 「Bring Me To Life」
アルバム「Fallen」の2曲目。試聴可だが、ドラマの中で使われていたのと違う部分がピックアップされているので、違う曲みたいに聞こえるかも。映画「デアデビル」のサントラにも収録されている。
フォールン Daredevil


【 脇俳優チェック 】

◆カメラを壊した用心棒マッカン .... Sherman Augustus
「CSI:4」13話「牙を持つ人々」では、ニセモノ日本美術展示会の警備責任者役で登場。ソープオペラの「The Young and the Restless」でレギュラー出演している。
スティーブン・セガール主演の「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的」では、ワルシャワからつかわされた殺し屋ミムズ役を演じている。他に「ザ・メキシカン」など。

◆パパラッチ仲間スコット .... Kirk Baltz
スーパーモデルミクラの妊娠写真をパクったカードから売りに出した男。
クエンティン・タランティーノ監督作品「レザボア・ドッグス 」で、強盗の一味に捕まって拷問され、耳を切り落とされ落命する警官マーヴィン役を演じている。他にタランティーノ作品には「ナチュラル・ボーン・キラーズ」に出演。
他に「24」「ザ・シールド」「ウィル&グレイス」などゲスト出演作多数。

◆オーウェンの娘ジェシカ .... Mariah Bess
映画「シービスケット」では、トビー・マグワイア演じるレッドことジョニー・ポラードの子供時代の妹役で登場しており、それがデビュー作。

◆プラネットレスキュー担当のFBI捜査官カーター .... Jack Conley
「バフィー~恋する十字架」のスピンオフ「エンジェル」で、Sahjhanという悪魔でサブレギュラー。映像を見ると、・・・ホラーですね。
「CSI:4」10話「歪んだ果実」では、少女アシュリーにそそのかされて殺人予行演習をしていた少年たちのひとりベニーが、自宅で経営しているスイカ農園のスイカを持ち込んで頭に見立てて殴っていた。そのベニーのこわーい父リツィオ役で登場していた。
他に「NYPDブルー」「ダークスカイ」5話など。

◆公害の被害者で小児がん患者ショーン .... Cody Estes
「マルコム in the Middle」の第2~3シーズンの回想シーンで、幼い頃のマルコム役を演じている。彼もそういえば頭が若干・・・。
偶然にも同系統のシットコム「Scrubs」(シットコム特有の笑い声の入らない演出が特徴のシットコム。日本ではまだ未放映)でも、主人公J.D.の少年時代も演じている。他に「ER」など。

◆バスケのスター選手ランドール .... Charles James
オフィシャルサイトあり。モデルから俳優に転向しまだほとんどキャリアはないが、ライオネル・リッチーのMVに出演などしているらしい。この間「Just for you」のMVを見かけたばかりなのだが、あれかな?

◆NYクロニクルの記者マーク・ヒロシ .... Daniel Dae Kim
いまや「LOST」の韓国人夫婦の夫ジン役で、ドラマ界でアジア系俳優を代表する顔に。
「24?」と「24?」のCTUエージェントトム・ベイカー役、「ER ?」ではソーシャルワーカーのケン役、「CSI:2」10話「いとしきエリーわが娘」では偽札担当の特別捜査官ベックマン役。
「ビバリーヒルズ青春白書8」3~4話ではケリーの逆行性健忘症を診察した医師役、「スタートレック:ヴォイジャー」と「スタートレック:エンタープライズ」にも出演している他、「エンジェル」「チャームド~魔女3人姉妹~」などドラマのゲスト出演多数。
「アリーmyラブ」第1シーズン21話「刑事弁護士」では巡査役として、「ザ・プラクティス」とのクロスオーバーの両方のエピソードに出演している。
「FBI~失踪者を追え2」11話に出演予定。映画でも「スパイダーマン2」などに出演している。

◆ワイランド工業の社長ワイランド .... Stephen Markle
「エイリアス2」5~6話に、イリーナの審問の裁判長であるダグラス議員役で登場。「新スタートレック」ではKova Tholl役。
「ザ・ホワイトハウス6」6話に登場予定。他には「The O.C. 」「ザ・プラクティス」など。

◆プラネットレスキューの支部長メリッサ・ガスリン .... Fay Masterson
「名探偵Mr.モンク」第1シーズン21話(NHK放送順)「密室殺人と美女軍団」では、モンクに自分のボスの殺害事件について調査を依頼する秘書ダイアン役を演じていた。
メル・ギブソン主演の「顔のない天使」では、少年チャック(「ターミネーター3」のNick Stahl)の心に深い傷を負わせる姉役。7月からWOWOWで始まる「Medium」では、第1シーズン13話に登場予定。

◆ショーンの母 .... Sara Mornell
「Six Feet Under」第2シーズン7話「咆哮」で、首を絞めながらの自慰の最中にうっかり命を落としたユダヤ人シャピロの妻役で登場。夫の死の原因を知らないままユダヤ教の葬儀を挙げようとする。
「ER ?」11話「アマンダ・リーの実像」で、初産で破水して大慌てで車を飛ばしてきた妊婦さん役。病院に来る途中夫が事故を起こして、事故の相手の兵隊さんが亡くなってしまったという不幸な初産になってしまった。ウィーバーがその時、当時としては珍しく温かい心遣いを見せたエピソード。
日本では未放映だけれど、「Judging Amy」でサブレギュラー出演している。

◆パパラッチのブライアン・オーウェン .... John Pankow
「あなたにムチュー」ではポールのいとこアイラ役でレギュラー。「アリーmyラブ5」では18~19話にゲスト出演している。
他に「マイアミ・バイス」、映画では「摩天楼はバラ色に」など。CSIの主任ことWilliam L. Petersen主演の「L.A.大捜査線/狼たちの街」では、主任の相棒ジョン役。最後は途中で倒された主任の仇を討つというイイ役なのだ。
彼の兄は、シカゴの前身ビッグ・シング時代からのメンバーでトロンボーン担当のJames C. Pankow。
妻は「バフィ~恋する十字架」でバフィの母ジョイス役を演じているKristine Sutherland。

◆ワイランド工業の法律顧問シムズ .... Jennifer Savidge
「犯罪捜査官ネイビーファイル」で、第5シーズンから海軍法廷の判事役でサブレギュラー。
「CSI:6」の5話に登場予定。

◆オーウェンの写真を買っていたタブロイド紙のレミック .... Maury Sterling
「ER ?」の19~20話では、アビーの精神科研修の時の担当教官ドクターのネルソン役。
「NIP/TUCK マイアミ整形外科医2」11話「ナターシャ・チャールズ」では、盲目のナターシャがデートした、やはり盲目の男性役で登場していた。クリスチャンが心配になって嘘をついて邪魔をしたのだった。
「CSI:3」11話「グリッソムとの対立」には、ニックが担当したIT企業の密室殺人事件で、容疑がかけられた3人の部下の一人アンダース役で登場していた。

◆オーウェンをパパラッチしたエリック・ラーソン .... Kristoffer Ryan Winters
現在放送中の「CSI:5」では21話に、「ザ・ホワイトハウス5」は7話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

>それはバークレーに限ってありえないっす(爆)

そうでしたか。失礼しました(^^;
2006.06.23 23:25 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
罰ゲームにしても、ダニーは何をやらかしたんでしょうか(^_^;)
ジャックが娘たちにお休みの物語を読んであげてたら、「ダニーのほうが面白い話してくれる」なんて言われちゃったとか、そんな理由だったりして。(ありそうで微妙に笑えない(^_^;))

バークレー・・・あったかなぁ。
>名前出してもクレームが来なそうな人
それはバークレーに限ってありえないっす(爆)
2006.06.23 13:02 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
本当に効率的にしたかったら、
一人で行かせないか!(笑)
やっぱり、罰ゲームかな(^^;

>なぜかナタリーだけはナタリー(^_^;)。

あとCharles Barkleyなるバスケ選手が、スキャンダル順番の下の方であがってましたよね。
(あれ、吹替えでも出てたかな・・・)
お二人は、当時ネタがあがってたのかも知れませんね
あと、名前出してもクレームが来なそうな人を選んだとか?(笑)
2006.06.22 22:17 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
それぞれ他の「新婚のバスケ選手」「妊娠中のスーパーモデル」とか、それっぽくほのめかしてるというか、あるある~って感じにしてあるのに、なぜかナタリーだけはナタリー(^_^;)。
何か時事ネタ的にあったのでしょうかねー。

>単なる効率的な仕事の指示
「泥棒する時にはタンスの下の引き出しから開ける」
みたいな?(^_^;)
マーティンなら下から順番にまって、半分くらいまでいったところで「これって、上から行ったほうが楽だったんじゃないかな」って言いそうですが、
ダニーはそんなにおマヌーではないと・・・・

でもないか。
2006.06.20 00:59 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
そんなに前に出てたんですね。
放映が2003年かな?
なんでそんなビミョーな時期に、ナタリーなんでしょうね~
それで再度ガードがかたくなって、価値があがった頃なんでしょうかね(笑)
流出時期教えてくださって、ありがとうございました♪

>さすがに「下から」とは言わないあたりがジャックの最低限の優しさでしょうか?

やさしさか、それとも単なる効率的な仕事の指示か。
ビミョーなところ!(笑)
2006.06.19 20:29 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
マーティンなら運動に肩入れしてブラックリスト入りとか、やっちゃいそうではありますね(^_^;)
おいしいところを持って行かれたダニーの苦労・・・
さすがに「下から」とは言わないあたりがジャックの最低限の優しさでしょうか?

ナタリー・ポートマン、私が見たサイトで2000年(エピソード1の翌年ですわな)のものだったので、そこからあらためてガードが固くなったとかだったりするかも?でもなんでナタリーなんでしょうね(^_^;)
当時何かしら話題になったとか、そういう背景があるのかなー。
2006.06.18 21:44 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
”マーティンの人生変えちゃう夏”(NICE!)はいいんですが、FBIの捜査対象にならないことだけ祈ります。ストレートだから危ないような(笑)
ダニーは、まさに踏んだり蹴ったり。55階って、一階に何箇所きくところがあるんでしょう。足が棒になって、収穫なしって(TT)
ところで、ナタリー・ポートマンのトップレスって、出まわったのは、2年も前だったかな?この頃は、まだトップレスが撮られてない時期で、それだけその写真が貴重だって意味で出てきたのかと思ってた。彼女、結構ガードが固かったんすよね。
(結局、ストリッパー役の映画でも、お願いしてトップレスシーンはずしちゃったし)
2006.06.16 21:01 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1358-83094210

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。