スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:5 第14話「もの言わぬ反逆者」 データ編

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 27.2006 未分類 0 comments 0 trackback
【CASE ローリー・カイマン】
 現 場 :街道沿い
 被害者 :ローリー・カイマン
 関連人物:ローリーの夫マーク、ローリーの友人エイミー、
      ナンパ男ブラッド、ローリーの母ダイアン
 担 当 :グリッソム、サラ、ソフィア、グレッグ、ブラス警部
 背 景 :
  捜索願が出ていた主婦ローリーの車が、街道脇で乗り捨てられて発見。
  車のタイヤはパンクしており、車内に争った形跡はなくロックされていた。
  ローリーは友人のエイミーと出産後初めて遊びに出た帰りだった。
  夫マークには9時半に電話があり、11時に帰宅すると言っていたが、マークは
  そのまま眠ってしまったという。一緒にローリーの母ダイアンが子守していた。
  エイミーによるとしつこくナンパしてきたブラッドという男がいたという。
  夫のマークにはリース切れで車がなかった。
  ローリーの車はパンクするようにわざとゆるめてあり、ブラッドの掌紋がついて
  いた。パンクさせて助けてナンパしようと企んだが失敗したのだという。
  捜索の結果、スーターという場所でローリーの遺体が発見される。

ローリーの遺体を検分すると、遺体の近くに立っていたカバの木の葉や実が髪にたくさん付着していた。首には扼殺痕の痣があり、目には点状出血。体温から36時間ほど前に死亡したものと判明。
遺体は隠されておらず、性行為の反応はなかった。着衣には赤と青の繊維が付着。両手のひらには白い粉、そして茶色の毛髪が付着していた。そして足には死後にできたと見られる火傷がついていた。

ブラッドの証言を崩すためにローリーの車でパンク実験を行ったが、同じ状態を再現しても、ローリーが店を出てから死亡時刻までにはパンクしないことがわかった。
衣服についていた赤の繊維は、ベントレーの床かトランクのもので、エイミーがちょうどベントレーに乗っていた。しかしエイミーのベントレーは内装が黒だった。容疑をかけられたエイミーは「マークが怪しいから調べるべき」と主張する。かつてエイミーはマークと不倫関係にあったが、殴られたことが原因で別れたのだという。
ローリーの手についていた粉は赤ちゃん用のパウダーだった。自宅のパウダーと成分が一致し、さらに青の繊維と子供部屋のカーペットが一致していたため、ローリーはいったん帰宅していたことが判明したためマークの犯行ではないかと容疑がかかるが、マークではベントレーなどとつながってこない。

赤の内装のベントレーの所有者を調べたところ、レンタカーの一台をローリーの母ダイアンが借りており、ローリー殺害の翌日に返却していることがわかった。車を調べたところ、ボンネットの中にカバの実が落ちていた。現場のカバノキとDNAを比較したところ一致。しかしダイアンは現場に行ったことを否定。
DNA鑑定からダイアンはとローリーは血がつながっていないことが判明するが、それはダイアンには子供が出来なかったため(養女に迎えた?)だという。
またベントレー車内から精液が検出されたが、それはローリーをナンパした男ブラッドのものだった。ブラッドは関係は偶然で以前のものだと主張したが、殺害当日に電話で連絡を取り合っていることが判明した。
さらにベントレーにはマフラー部分に皮膚組織が付着しており、それはローリーのものと一致した。ダイアンは「車を運転していたのは常に自分」と供述しており、そこからダイアンが殺害し、遺棄したことが証明された。

ローリーの子ジョーイは、ローリー父の死によって信託財産5000ドルを相続し、ローリーがその管財人となっていた。ローリーが亡くなった場合には義母のダイアンがその利益を受け継ぐことになるため、それを狙った犯行だった。
ダイアンは関係を持った男ブラッドに金を渡して、娘を連れ出してくれと頼んだが失敗、帰宅したローリーを殺害したが一人では遺体を処理できないので、ブラッドを呼びつけて協力させた。さらにローリーの車のハンドルにはブラッドの指紋がついており、ブラッドは死体遺棄後パンクを装って車を街道沿いに捨てたのだ。


【CASE ロッド・ホリス】
 現 場 :郊外の山中
 被害者 :ハンターのロッド・ホリス
 死 因 :コディアックヒグマに頚動脈を掻き切られたことによる失血死
 関連人物:レンジャー隊員、動物園の職員、ホリスの妻、アーロン・コライト
 担 当 :キャサリン、ニック、ウォリック
 背 景 :
  レンジャー隊員が巡回時に遺体を発見して通報。熊に襲われたハンターと見られた。
  しかし至近位置に熊も倒れており、しかもその熊が一帯では自生していないコディア
  ックヒグマで、しかも腹部が裂かれていたことから、隊員は異常を察知。
  遺体にはIDなどはなし。ハイパーライフルを所持。熊の腹部を裂くようなナイフは
  所持していない。付近に逃走したと見られるカーキ色のズボンの端切れが。
  近くに停められていた車で身元がロッド・ホリスと判明。
  熊は頭部に二発被弾。死後に腹が裂かれて膀胱を摘出した痕跡。

熊の肩甲骨からマイクロチップが発見され、スキャナで読み取ったところクラーク動物園にいた熊だということがわかった。
飼育職員に問い合わせると、ティッピーという名前で飼育されていた熊で、コロンブス動物園に行くためにブローカーに売ったのだという。しかし書類はすべて偽造だった。
ホリスは若くして財を成し引退していたが、趣味のハンティングでは妻と対立していたらしい。その他にも夫婦はトラブルを抱え、もう1年近く顔を合わせていなかったという。そのため妻からは狩仲間を聞きだすことは出来なかった。

熊の解剖により摘出された銃弾で、二発のうちひとつはライフル、ひとつは357マグナムリボルバーだと判明。マグナムはかつて強盗に使用された銃で持ち主はアーロン・コライトという男だとわかった。
コライトの自宅でマグナムを押収したが、そのとき冷蔵庫に熊の膀胱が保存されているのを発見。しかしコライトは「狩をしていたら襲われていた男がいたので熊を撃った。しかし男はすでに死んでいたので、熊から膀胱を取り出して立ち去った」と無罪を主張。通報しなかったのは前科があるので警察とかかわりたくなかったからと言う。
しかし、熊の血液から高濃度の麻酔薬ケタミンが検出されたことから、ニックが「この事件はキャンドハンティングだ」と気づく。薬で動けなくした動物を狩るというものだ。
だが、コライトの足には逃げた時についたはずの傷跡がなかった。もう一人存在しているはず。

ラボで熊を売買した時の偽造証明書を解析したところ、紙にコピー機の製造番号が転写される仕組みから、動物園のコピー機で偽造が行われたことが判明する。ティッピーを売った動物園の飼育職員が偽造に加担していたのだ。
さらに彼の足には現場から逃走した時についた傷があった。コライトと飼育員への金の流れも証明され、悪質な猟が引き起こした事件が明らかになった。


----------------------------------------------------------------------

【 ト リ ビ ア 】

★ コディアックヒグマ
Kodiak bear」生息地はアラスカ。アラスカ湾のコディアック島には約2800頭のコディアックヒグマが生息している。
クマの島 コディアック
ちなみに今回の生きてるヒグマは動物俳優のBartくん、というかBartジュニア。
彼の父熊Bartシニアはたくさんの映画やドラマ、CMに出演。ブラッド・ピットと「Legends of the Fall」で共演し、彼のナレーションで「Growing Up Grizzly」というドキュメンタリーを撮影中に2001年死亡。享年23歳。今回もジュニアのトレーナーとして参加しているDoug Seusらに看取られ、静かな死であったらしい。シニアはなんとファンサイトまであった人気者だった。
ジュニアは「ドクタードリトル2」などに出演。「ドクタードリトル2」では姉妹クマのHoney Bumpと共演している。

★ キャンドハンティング(canned hunting
「canned」つまり缶詰状に動けない状態を作り出して、狩を行うこと。罰する法整備の遅れや、それを生み出す構造的な問題(今回のように動物園職員が協力してしまうのは、個人的な金のためだけではなく、無計画な繁殖のための余剰動物の発生などもあり)を解消できないということもあって、なかなか規制がかけられない状態らしい。
しかし動物愛護の観点から問題視され、ストップをかけようという活動が始まっている。ただしこれをがっちり法整備して禁止してしまうと、害獣となった動物を捕獲・処分することに適用される事態が出てくるなど、問題は複雑。

★ 熊の膀胱
よく漢方薬で「クマノイ」や「熊の胆汁」は聞くけれど、それは熊の膀胱から採取されるものだったらしい。今回調べるまで知らなかった。字からして胆嚢からとるものだとばかり。効能は発熱、肝臓、眼病らしい。
ところが、中国では熊の胆汁をとるために、なんと専用の熊牧場が存在しており、生きたままカテーテルで採取するということが行われているらしい。そのような牧場は中国では200箇所、7000頭もの熊が飼育されているのだという。さすが中国は・・・やることが極端。
もちろんそれを動物愛護団体が問題視しないわけがなく、国際動物福祉基金(IFAW)では熊解放運動が起こっているらしい。また、猛獣を育てているのだから事故が起こらないはずもなく、育てた熊に襲われ食べられてしまった事故も起こっているらしい。「養熊家」っていう単語がスゴイ。

★ Unbearable
今回、現題は「Unbearable」。直訳すると「耐え難い」という意味だが、もちろん熊の非道な扱いと「bear」をひっかけた駄洒落。最近その同じおやじギャグを小泉首相がかましていた


【 脇俳優チェック 】

◆ローリーの義母ダイアン ....  Lolita Davidovich
ポール・ニューマン主演「ブレイズ」の演技でブレイク。「CIA:ザ・エージェンシー」ではFBI捜査官エイブリー・ポール役でレギュラー。
夫は「ブレイズ」や、ケヴィン・コスナー主演「ティンカップ」「さよならゲーム」やハリソン・フォード主演の「ハリウッド的殺人事件」などの監督のRon Shelton。

◆ローリーの友人エイミー .... Sara Foster
父はかのAORの帝王的スーパープロデューサーDavid Foster。ホイットニー・ヒューストンの「I Have Nothing」やシカゴの「素直になれなくて」などの代表曲があり、14回のグラミー授賞を誇る。松田聖子にまで曲を提供してるスゴイ人。
タッチ・オブ・デイヴィッド・フォスター
娘のSara自身はまだまだ出演作なども少ないが、Backstreet Boysの「Shape of my Heart」のPVに出演していたりする。
IMDbによると、デミ・ムーアにアシュトン・カッチャーを紹介したのは彼女だと。なんてことを!

◆クマの事件を通報してきた女性レンジャー隊員 .... Jane Lynch
「名探偵Mr.モンク2」6話(NHK放送順による)「夫婦ごっこ」で、モンクがシャローナと一緒に夫婦のふりをして潜入した、夫婦セラピーのセラピスト役を演じていた。
「フェリシティの青春4」ではフェリシティに目をかけてくれた美術史の教授カーンズ役。フェリシティはベンと妊娠したローレンのことが気になって集中できず、論文を盗作してカーンズ教授に提出してしまう。
「フレンズ」第10シーズン15話「ジョーイに教えるな!」では、モニカとチャンドラーが買おうと目をつけていた新居の隣の家の住民を見に行った時、その家で客を案内していた不動産屋役。彼女が案内していた客はなんとジャニスだった!

◆ダイアンの弁護士 .... Meredith Scott Lynn
今回を最初として第6シーズンまで4エピソード出演予定。映画「キューティ・ブロンド」ではエルのクラスメイトでレズビアンのイニッド役。ロースクールに入学して最初の自己紹介のところでバリバリ張り合う場面画が印象的。

◆ナンパ男ブラッド .... Forbes March
元々ソープオペラの「All My Children」のレギュラーから、現在AXNで放送中の「ミュータントX」のジェシー・キルマーティン役でレギュラーに。それが2004年に終了してからはまたソープオペラ「One Life to Live」にレギュラー出演している。

◆ローリーの夫マーク .... Brad Rowe
「ブラッド」で「ロウ」という名前が名前だけに、しかも間の悪いことに顔もにてるので、ブラピと混同されるらしい。さらに苗字も苗字なのでロブ・ロウの兄弟とか間違えてる人もたまにいたりする。でも全部と無関係。名前変えた方がいくないですか?
「ボディ・ショット」など出演作多数。「CSI:マイアミ4」18話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1366-1bda6a56

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。