スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナース・ジャッキー」第4話「色のない世界」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2010 ナース・ジャッキー 0 comments 0 trackback
WOWOWホームページより)
ジャッキーと夫のケヴィンは、娘・グレースの学校から呼び出しを受け、彼女に不安障害の兆候があると告げられる。学校側は、薬の服用を勧めてくるがジャッキーは拒否する。
そんな中、ジャッキーは、夫に知られずに浮気相手のエディと連絡が取れるよう、2台目の携帯電話を買うことになってしまう。
一方、病院には子どもの救急患者が運び込まれてくる。患者の双子の兄弟は、兄弟の命を助けたオハラ医師にすっかりなついてしまい……。


30分は短い!
えっ、もう終わり?っていうところであっさりクレジットが出てしまうので、あぁぁもっと!という気持ちになってしまう。
これが1時間だとどうなるのだろう。こんな濃厚な1時間ドラマ、観終わったときにはぐったり疲れそうな気が・・・

「♪うったれたーばっきゅ~ん!うったれたーばっきゅ~ん!♪」
・・・これ耳につくわー。
クーパーってどんどん壊れてる感じが。そこがまたいい感じに味になってきてるともいう。ゾーイにフォローさせるなよ。
おばあちゃんに無駄に優しくして惚れられるとか、このドラマよりむしろ「Scrubs」向きなキャラのクーパーだが、お調子者過ぎてそのうちとんでもない地雷をどーんと踏んでしまいそうな予感。ジャッキーを本気で怒らせないといいんだけど。

ジャッキーよりゾーイも怒ると怖いらしい。でも、怒ってたのかアレって。
飼ってた子猫に「ふぅー」と威嚇されたことがあるが、かわいくて「あーこわいこわい」と笑ってしまうようなそういうオーラだった。ゾーイの今週のユニフォームはサクラソウ?のピンクのかわいいのだった。
ゾーイたん、何着ても似合うね(っておい)。私服着てるの見たらきっとゾーイだってわからないだろうな。
コメディなのに彼女のナースとしての成長がドラマの軸になってきてる?という読み方は結構むりやりだろうか。ジャッキーがまっさらなゾーイにナースとしてのいろはを教えていく過程で、ピュアなリアクションがあるのがジャッキーの心に影響を与えたりするし、見ているこっちの心も一瞬洗われたりする。
「(患者の死に)慣れちゃったときは辞める時よ」
ゾーイにはいつまでも慣れずに、患者の眉に心を砕くナースでいて欲しい。でもそうあろうとすることは、逆にジャッキーのようにコワレて、プレッシャーからの逃げ場を不倫やドラッグに求めないとやってられないのかもしれないが。

ジャッキーは携帯二つ増やす必要があったのだろうか。かえってややこしくアヤシクなったような。ああいう小細工するとかえってバレるのにねー。
それと、グレースの心配性が不安障害ということで投薬の必要性とか言われていたが、実際のところどうなんだろう。ああいう色無しの絵を描く子がやがてシリアルキラーになるみたいなドラマを見すぎてきたから、そういう不安材料は早めにつぶせ、っていうのもわかる。
でもグレースの場合は「何か」を微妙に感じ取っての不安のあらわれなんじゃないかという気がしないでもない。表向き、パパもママもとっても優しくて満たされているような風に綺麗に取り繕って家庭に破綻がない状態だが、子供ってそういう小さなほころびに敏感だから・・・
自分の子供には安易な判断を避けようとするし投薬をなるべく控えたいと思うくせに、他人の子供に対してはスイッチが切り替わって仕事モードになり、投薬の決断をさくっとしてしまえるジャッキーのひどいダブスタ。
でもあまりにスイッチがはっきり切り替わっているものだから、ジャッキーは自分でダブスタになってることすらおかしいと思っていないような。色んな面で極端に有能であろうとするから、ちょっとずつ破綻してバランスがとれなくなってきているようだ。大丈夫かな。

「子供」とのいろんな角度での関わりがちょっとずつ描かれていたエピだが・・・オハラ(もうどっちだかめんどくさいからオハラにしとく)はグレアナのクリスティーナにキャラがかぶるのだな。
有能だけど他人の気持ちに対して無神経無配慮で、子供嫌いで対応できないという。クリスティーナがはけ口にブランドものを買うようになったら完全に一致する。まさに「服を捨てる女」だし。
モーモーが双子というのは意外な隠れ設定。
双子にシンパシーを感じて子守唄を歌ってあげる姿に、毒舌オネエ系ナースの裏の優しさを見たような・・・って言うと「やめなさいよ!」ってこづかれそうではあるが。

ちなみに今回の演出はスティーブ・ブシェミ。イーディ・ファルコと「ザ・ソプラノズ」つながりでってことで。彼は「ザ・ソプラノズ」でも演出を手がけているのでもう演出家としてはベテラン?今回の他に次回の5話、7話、8話の演出を担当している。
ブシェミはこの秋から「ザ・ソプラノズ」のスタッフ制作のカジノを舞台にした新作ドラマに出演してるらしい。パイロットの演出がスコセッシだっていうので、それだけでもう見てみたい!

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆グレースの担任 .... Kristen Connolly
シャマラン監督の映画「ハプニング」の序盤に登場する、公園で友人の異変を感知する女性役。友人女性が突然髪に刺しているかんざしを抜いて・・・という場面で予告動画に必ず登場している。

◆心理学者スキップ .... Christopher Evan Welch
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第7シーズン3話「911」では、警察に電話で助けを求めてきた少女マリアが、「パパ」と呼んで怯えている存在リチャード役。彼が巧妙に居場所を隠蔽していたために、捜査の過程で何度もマリアは狂言ではないかと疑われる羽目になる。
「LAW & ORDER: クリミナルインテント」第2シーズン13話「逆論理の悲劇」では、精神科医ローランド殺害で、容疑者が住んでいた施設で精神疾患の患者を治療していた眼科医ダイサート役。実はダイサートは別の目的で驚愕の実験を行っていたのだった。
映画「それでも恋するバルセロナ」では、画面上には出てこないものの、ストーリーの大半を説明し進行させるナレーション役。
「グッドワイフ」第1シーズン18話に登場予定。

◆双子の母親アーマンド .... Liza Colon-Zayas
「Dr.HOUSE」第5シーズン8話では、冒頭患者ソフィアが務める工場でクビになった同僚のためにカンパを集めようとしている女性労働者役。同僚に協力を拒否されて、ソフィアに「強制するな」とたしなめられる。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1389-14a3bf84

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。