スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アグリー・ベティ4」4話「ウィンナーとパンと大失敗」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 04.2010 アグリー・ベティ 0 comments 0 trackback

NHKホームページより)
エディターの仕事に追われるベティの臨時アシスタントに、なんとマークが任命される。ウィルミナの指示のため、マークは嫌々ながらベティを手伝うことに。
ダニエルはベティの後任アシスタントの面接を開始。ベティはダニエルが自分みたいな人物を採用してくれると期待していたが…。
一方でダニエルは、愛する人を亡くしたもの同士として共感するナタリーとときどき会っていた。ナタリーは最近、ある人物の話に感銘を受けたという。


4話にしてやっと落ち着いて見られる内容に・・・そうだよ、これこそがベティだよなぁ。
違いはそれぞれほんのちょっとずつなのだけど、それの積み重ねで決定的にバランスが崩れている感じがありありとしてしまう。
もうちょっと早くシーズンのエンジンがかかって欲しかった。最初の3話くらいでやめてしまうひとって多いから・・・。このレベルをキープしていって欲しいものだが、それができていればあんなことには(自粛)

さて、「正直になること」とチームワークが困難を救う、といったテーマでまとめられていたような今回のエピ。
マークとベティの共同作業は、やけっぱちで追い詰められた時の火事場の馬鹿力が思わぬいい結果を生む、というちょっとイイ話。
最後はハグだしね。マークとベティがここのところギスギスしていて、「ベティいじり」を通り越していたから、あんないい雰囲気のベティとマークを見るとほっとする。
そうなるとアマンダの反応が気になるけれど、今は二人がほのぼのと友情を育てているのをしばらくは見ていたい感じ。

「正直になること」の大本は、ダニエルが通い始めた自己啓発セミナー?からのヒントだけれど・・・
あれは・・・「いい話」なんだろうか、それともこれからアヤシイ方向に行くのだろうか。メンターの言う内容があまりにまともなんだけど。
前回のナタリーとダニエルの話がアグリー・ベティの中では浮きまくるほどに「いい話」だったので、あーこういう流れですかっていうのは非常に見ていて危なっかしい。
それでナタリーは来週アシスタントになるのか~・・・う~~~ん、ダニエルにとっては逃げ場なしな展開?
しかしダニエルがアシスタントにきれいなおねーさんを起用して、偶然のバストタッチだけで終わるんだから、ほんとはみんな誉めてあげるべきなんじゃないかと・・・
「どう選ばれたかより、どんな仕事をするかだよ」
ダニエル・・・進歩したよね、うん。その進歩と立ち直りが食い物にされるようなことにならないといいんだけど。

ヒルダの話はなんだかデス妻っぽかった。スローモーションで力わざで止めるあたりとか、なんとなくガブリエルっぽい?
パパのメールの話がオチになるとは、まさに「イグナシオ最高!」
選挙の最中にエロ画像流出しておきながら「私の彼女はセクシーだとみんなに認めて欲しい」って言えるなんて、ベスト・キッドやるなぁ。
そんな候補だったら応援しちゃうよ!初めて彼の存在が生きたエピだったような気がするなぁ。

ウィルミナは、思うようにならなくてイライラしててもウィルミナ節は健在だ。
「あなたの人生に希望がないからって、退屈な服ばかり選ぶことないでしょ!」
あぁ、部下をいびってる時の彼女は輝いているわ。いびられたいわぁ。
そんなウィルミナだからこそモードに必要なのだとわかってるクレアはウィルミナ以上に古狸だ。カルのヴァンパイア企画・・・クレアは正直止めて欲しくてウィルミナに叩かせたんじゃ・・・。
そして、ニコはさすがウィルミナ女王の娘、悪巧みの血は争えないというわけだ。・・・まぁ、とっても無理矢理だったけど。でも「ウィルミナの娘だからそれくらいはやる」という理屈は、疑問やツッコミを全部なぎ倒して納得させるだけのパワーはあるかもしれない。
かみあうことがほとんどなかった母と娘だったが、やっとここで手をとりあって同じ方向を向くことができるようになった。結局はウィルミナも正直になることでニコの共感を得ることができたのだな。
・・・でも、その蜜月は長くは続かないようで。
また新しい血が流れるか、それとも・・・

------------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆自己啓発の「フェニックスの会」会長 .... Dylan Baker
「名探偵モンク7」6話(NHK放送順による。実際は第8シーズン6話)「ブチ切れナタリー」では、自分のアリバイ工作のためにナタリーの娘ジュリーを酷評した著名演劇評論家のハニガン役。
「FBI~失踪者を追え」第3シーズン16話「マイクとブライアン」では、少年マイクを連れて失踪した元教師ブライアン・ストーン役。息子アランを厳しく育てていたが、湖の事故でアランを亡くして以来それを悔いて子供たちを甘やかすようになり学校をクビに。そんな時マイクに出会い息子を投影させて誘拐騒ぎを起こしてしまう。
「CSI:2」6話「冤罪 兄弟のレクイエム」で、兄弟の容疑者のうち弟のベンについて「熱心に教会に通ういい子」と証言したカトリックの神父役で登場。彼の話でグリッソムの宗教観が垣間見られる。
「サードウォッチ」第6シーズン8話「青天の霹靂」では強盗にレイプされた市会議員ダニエルズ役で登場していた。犯罪の撲滅を掲げて政治活動をしてきた彼だったが、世間にことが明らかになったときの政治生命を考えて届けを出そうとせず、犯人は釈放されてしまうのだった。そして悩んだ末犯人との直接対決を選ぶ。
映画「ロード・トゥ・パーディション」ではマフィアの会計士アレクサンダー・ランス役。
「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」では、挙動不審な保安官ハファティ役を演じていた。彼はエミリーの絵によって「予言」され、チャーリーに・・・
「スパイダーマン」シリーズでは、ピーターの血液と自分のDNAで擬似生命体カーネイジを創りだしてしまう、カート・コナーズ博士役。他にも「ザ・セル」「13デイズ」など、存在感のある脇役として多数の作品に登場している。
「グッドワイフ」第1シーズンでは13、22話に登場予定。

◆ダニエルの新しいアシスタントレクシー .... Brooklyn Decker
「救命医ハンク」第1シーズン8話「問題だらけのハネムーン」では、IT長者アラン(「Dr.HOUSE」のトーブ役のPeter Jacobson)の新婚ホヤホヤの妻で水着モデルのレイチェル役。一見不釣合いに見える夫婦だが、夫のアランの人となりを深く愛しての結婚だった。
「CHUCK」第2シーズン15話に登場予定。
実際に「救命医ハンク」の役同様水着モデルであり、プロテニスプレイヤーのアンディ・ロディックと結婚している。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1390-ebe1ec26

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。