スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッドワイフ」 第5話「苦渋の選択」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2010 グッドワイフ 0 comments 0 trackback

(NHKホームページより)
貨物列車の事故で亡くなった運転士3名の遺族が会社側を訴える。会社が超過勤務を強いていたことが事故につながったと主張。だが、証拠が乏しいため、ウィルは会社側が提示した10年間の遺族年金の支払いを受け入れるよう遺族に勧める。
そんななか、遺族の提出した書類を調べていたアリシアは、あることに気づく。
一方でアリシアは、ピーターの面会に早く子どもたちを連れて行くように義母ジャッキーにせつかれていた。


アリシアはここまで、依頼人に自分を投影できる(いわれなき冤罪に苦しむ)ケース、逆に依頼人が自分を苦しめた娼婦という立場というケースなど、ピーターとの一件を遠巻きになぞるようにして追体験してきた。
その仕事で勝利をおさめるたびに、少しずつ夫のスキャンダルに対して客観的に冷静にな目を持つことができているようにも見える。とはいえ、まだまだ苦しみが全く消えてしまったのではなさそうだが。今回は、鍵になる証人がすべてを明らかにすることで、そこの家庭の崩壊を招いてしまうはめに。
「あなたと同じ思いをさせないで」
と、証人サラはアリシアに懇願する。他の方法はないのか模索しながらも、相手側弁護士の稚拙な妨害工作のせいでそれも水の泡に。あのパティという弁護士は、自分がくだらない駆け引きや演技をしたことで、ひとつの家庭を壊す引き金を引いた自覚すらないだろう。
そう、そもそもはサラが自ら招いたことだから、その責任をとるのはサラ自身ではあるのは間違いないのだが。
彼女の子供が3ヶ月、ということは・・・様々に今後の修羅場が思いやられる。自分が抱えてきたことの重さから自らが告白の道を選んだにしろ、あまりに彼女が払う羽目になった代償は大きい。後味の悪い勝利ではあるが、それで救われる家族もいる。
アリシアの粘り強さとひらめきにだんだん安定感が出てきた感じだ。そうなってくると、そろそろ落とし穴が掘られていそうな予感。ウィルの本心がちょっと見えないあたりが危険かな。

しかしこのエピはカリンダが光った。
正直言ってここまでのカリンダはちょっと地味で、ここからシーズン2でエミー賞をとるくらいまでの存在感にどう成長するのだろう、どこでブレイクのきっかけがあるのかといぶかしく思っていたのだが、だんだんエンジンかかってきた感じ。
あのダイアンの弱点を握ってこっそりがっつり無言でゆすって昇給ゲットだぜとは、有能すぎるにもほどがある。
ダイアンもウカツすぎるというか、調査を依頼しておきながらなんで密会するかな。見張ってるかもしれないとは思わなかったのだろうか。カリンダがカードを切らないままながらダイアンは関係を知られたことを悟り、調査員として軽く見くびっていたことに充分に冷や汗をかいたことだろう。
カリンダがギャラの引き合いに出していた陪審員のコンサルタントは、ちょうど前回出てきた女性のが記憶に新しいが、確かにあんな机上で書類の記述をこねくりまわしてるだけのコンサルでカリンダの4倍じゃなぁ・・・
アリシアに対してもすっとぼけたり、「み~ちゃったみ~ちゃった」とか、カリンダはこれから磨かれて光るキャラとしてかなり期待できると見た。アリシアにとっては使いようが難しいがなかなかの懐刀だ。

そして久々のダースベイダー来襲。やっぱりアメリカでも嫁姑って深刻なんだな。
「母親を無視するならもう来ないでください」
おぉっとアリシア強気。そこで「来なくて困るのはあなたの方じゃなくて?」って返さなかった姑ジャッキーはまだしも年の功。そこでそれを言ったらおしまいよ、っていう線引きを心得ているのだろう。
でも、やるなよ絶対やるなよ、っていうやっちゃいけないことやって欲しくないことをさらっと平気でやるのがまた姑が姑たるゆえんでもあるわけで・・・(あくまでも一般論で)。
アリシアにはアリシアの筋が、ジャッキーにはジャッキーの筋があり、別々の舞台の主演女優が同じ出演者をWブッキングさせて取り合いしてるようなもんだから、そりゃわかりあえるはずもない。

本来ならそこをきちっと調整するはずの人間が、今は獄中で動けないからなぁ・・・そればかりかジャッキーのタレコミに簡単に動揺してしまうありさま。
ピーターがアリシアにジェラシーとか・・・そんな立場かとビシバシ締め上げてやりたい衝動にかられる。
「僕を見捨てないでくれ。もう一度信じて欲しい」
なんというピーター捨て身の懇願。見捨てないでとか言われると逆に捨てたくなるわ!
前にピーターの弁護士が懐柔を試みたように、アリシアの協力がピーターの勝敗を左右するわけで、単純に夫婦の情愛から出ていると考えてほだされるのも危険だし。

夫として、そして人間としてピーターのことを信じられるのか信じたいのか。それとも。
アリシアの難局はまだまだ今後も続く・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆相手側弁護士で妊婦のパティ .... Martha Plimpton
「グレイズ・アナトミー」第6シーズン1話「去りゆく大切なひと」では、イジーとジョージの件で混乱するシアトルグレースに原因不明の痛みに苦しむ息子アンディを連れてきたパム役。2話「あなたがくれたもの」では、アリゾナの粘り強い取り組みのおかげで病因の判定にこぎつける。
「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」第3シーズン21話「母と娘の愛憎」では、レイプ被害者で財布に母グレース(「バックトゥザフューチャー3」のクララ役Mary Steenburgen)によって虐待死した妹の指を持ち歩いていたクレア役。その演技でエミー賞ゲスト女優賞にノミネートされている。
「ER」第6シーズンでは、薬物依存症の妊婦メグ・コーウィン役。当時妊娠中のキャロルが薬を離脱させようと世話を焼くが、結局通報して彼女を逮捕させるしかなかった。そして出産したメグには悲しい結末が・・・
子役として早くにキャリアをスタートさせており、映画「グーニーズ」ではメガネの少女ステフ役を演じている。他に「モスキート・コースト」など。
父はキース・キャラダイン(「デクスター」のフランク・ランディ役など)だが、母で女優のShelley Plimptonとは未婚のまま関係を解消している。
「ミディアム」第6シーズン3話に登場予定。

◆家庭崩壊覚悟で告発したサラ・コンリー .... Sally Murphy
「LAW&ORDER:クリミナルインテント」第2シーズン21話「一族と名誉のために」では、被害者の児童保護観察官アンの姪レーン・デブリン役。ゴーレンの捜査でレーンとアンの一族は一族で詐欺や万引きを常習的に行っていたことが発覚する。
映画「ポロック 2人だけのアトリエ」では、シドニー・ポロックが亡くなった自動車事故で、同乗していた友人エディス・メッツガー役。

◆エンジニアのジョナサン・エルドリッジ .... Derek Cecil
「ゴシップガール」第1シーズン11話「ロマンの休日」では、ダンとジェニーの母アリソンの恋人アレックス役。ルーファスとの復縁かと見られていたタイミングで、アレックスからのカードが届く。
「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」第2シーズン8話「地獄のホテル」では、ホテルのオープン記念パーティで発生したレイプ事件で、証言を元に逮捕された性犯罪前科ありのラムゼー役。

◆判事 .... David Wolos-Fonteno
「フリンジ」第1シーズン3話「預言する男」では、ストーリーの発端となった教会で男の懺悔を受けた神父役。神父が不審に思って警察に通報したところからオリビアたちの捜査が始まる。

◆弁護士マルコム・オーバービー .... Beau Gravitte
「ゴシップガール」第2シーズン18話「エイジ・オブ・イノセンス」では、チャックがエルの国外逃亡を依頼された件で、紳士クラブの入会を迫った亡き父の友人キャンベル役。
「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」第3シーズン18話「それぞれの罪悪感」では、囮を使って逮捕しようとしていた小児性愛者のロイ・バーネット役。しかし協力者の少年がロイに味方して逃がそうとしてしまう。第6シーズン1話「2人の実母」では、人工授精で娘パティを授かったがその卵子の持ち主ミシェルから親権を申し立てられそうになる母サラの夫ブランソン役。

◆すぐ逆上するエンジニアのメルマン .... Ben Livingston
「CSI:マイアミ5」5話「悪徳対決」では、悪徳不動産業者プレストンに家を奪われ、殺害目的で警察の前にやってきて銃を構えたがホレイショに止められたイーサン役。
「FBI~失踪者を追え3」23話「暗殺者の素顔」では、ヴィヴの執刀医役で登場。手術前の説明で、ヴィヴとマーカスに安心させようとしていた
「アリーmyラブ5」14話「過ぎし日の恋」では、リチャードのかつての初体験の相手の「彼女」だったが、再会してみたら「彼」になっていたジェリー・バード役で登場。
「ダーマ&グレッグ」第5シーズン4話「愛のシグナル」では、グレッグが事故を起こした車を修理してくれた修理業者役。

◆運転士の妻リンダ・アンダーウッド .... Aunjanue Ellis
「トゥルーブラッド」第1シーズンでは、2、3、7話に女性ヴァンパイアダイアン役で登場。
「ザ・プラクティス」第3シーズン(日本放送順による。アメリカでは第4シーズン)では、ユージーンの元妻シャロン役。息子のケンドールが麻薬売買の容疑で逮捕されたことからユージーンと親権を争って法廷で対決することに。
「メンタリスト」第2シーズン中盤以降から主要キャストとして登場予定。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1392-60574ba1

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。