スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私はラブ・リーガル」第7話「魔法のクスリ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 29.2010 私はラブ・リーガル 2 comments 0 trackback

WOWOWホームページより)
ダイエットに夢中な娘を持つ母親が、娘が実践している「イージー・ダイエット」は過激すぎると主張して、そのダイエットの考案者を起訴した。
代理を務めることになったジェーンも、イージー・ダイエットの危険性を明らかにしようとするが……。
一方、キムは元アシスタントのアダムからセクハラで訴えられていた。アダムをクビにしたことへの仕返しだとキムは言い張るが、過去にもセクハラで訴えられたことがあると判明し……。


あああ、やっぱりフレッドが天国に返されてしまった!!
やっぱりダメだと思ったんだ、ステイシーとの恋愛は・・・。でもだからって記憶消すことないじゃない。トーチウッドだって記憶消さないで見逃したりするそんなご時世なのに(違)。
これでフレッドはもう戻ってこない・・・ということではなさそうなので、天使をやめて人間になって帰ってくるとか、そういうことになるのかな。だったらその場で人間になるのを選択できればよかったのに。
もし今後フレッドが戻ってきてもステイシーに忘れ去られてもう一度やり直しになるのだろうし、最悪タイミング悪いとステイシーに彼氏ができてたりして・・・。ありそうだな、そういう意地悪な設定。
ジェーンに付き添う守護天使はもう必要なくなってしまったのだろうか。フレッドのような愛嬌のある守護天使の代役は期待できそうにない、というかむしろ憎たらしくて性格の悪い、キム二世みたいなのになりそうな予感。
結構あっち立てるとこっちが立たずという感じの設定に見えるけれど、このドラマのことだからどこかできっとうまいことフォローしてくるのだろう。

しかし1日500kcalって・・・
体脂肪計で有名なタニタの社員食堂で出されてるランチは1食500kcalだというのに。(本は買ったけどまだほとんど試してない)
そりゃ食べないでいれば痩せるだろうけど、リバウンドもその分ハンパじゃないと思われるわけで。
どこかの時点でそういうダイエット法には無理があると気づかないと、ジェーンのように色んなダイエットを繰り返してどんどん痩せにくくなる体質を作っていくだけ・・・らしいですけどねっ。ダイエットに近道や王道なし!
裁判の証人に相手側弁護人を召喚するというのはあまり見たことがないけど、アリなんだ。ジェーンの知識は残っているのに、記憶は消えているというのもなかなか不便なものだ。
時々アメリカで一家まるごとメタボというケースを見かけるが、たしかにジェーンのレベルなんてかなり細い方だと思う。だから胃のバイパス手術が受けられなかったというのも納得・・・なのかな。
前にグレイズ・アナトミーで、胃のバイパス手術をメキシコで受けてきた女の子が担ぎ込まれたという話があったが、ダイエットフードで効果が出なかったら、次は手術受けて整形しちゃえな発想にエスカレートするわけだ。でも健康な体をわざわざ不健康にするのだからそりゃ強烈な副作用が起こるのは当然なのだが。
でもこれで、もし脂肪吸引だったら証明が難しかっただろう。美容整形医は守秘義務で証言しないだろうし。

そしてグレイソンがキムと・・・前回いい感じのラストだっただけに、一気に地獄に突き落とされた感じ。
「キムにはなにか感じる」
ってそうかぁぁぁ?それだと、今までデビーをちゃんと見てたのかと言いたくもなるような・・・
キムは確かに性格は悪いけど、ナーバスな一面を持ってる・・・っていう描き方がクセモノだ。そういう悪役のツンデレ化は「姫川亜弓現象」で、ドラマの幅が広がるから一時的にはいいが、それで悪役に人気が出ると安易に不幸にできなくなる。
それで善悪のボーダーがゆるくなって、強い女のキャラクターが崩れてつまらなくなるという、それが「ウィルミナ・スレーター現象」
このドラマの場合「王子様はカエルのままでもかまわない、とカエルにキスをしました」が最終到達点だと思われるので、グレイソンがジェーンをジェーンのままでデビーごと愛する、というところに行き着かないように引っ張るだけ引っ張らないとドラマが終わってしまうから。
だからこの先紆余曲折があるとわかってはいても・・・ グレイソンとキムがくっつくというのはかなりヤダ。キムはまだまだ感情移入できるキャラになってないし、このままそんな風になって欲しくないような。

ところでラストのキャラクター紹介だが。
「ナース・ジャッキー」の方はキャストのインタビューなのに、インタビューでもなくほんとにあくまでもキャラ紹介なんだなぁ。
もうちょっと力入れた仕事をお願いしたい。テリー並みに。テリーの仕事人ぶりは今回ぴっかぴかに光っていた。フレッドがいなくなったことでよかったことといえば、ジェーンとテリーの名コンビぶりが強調されるようになったということかな。
テリーも今後がっつりと事件にからんでくることが増えるのかもしれない。彼女はイマイチ好きではないキャラだけど、仕事のできるアシスタントがいるって、やっぱりメインキャラを輝かせることになると思うから。
テリーにもこれからがんばってスーパーアシスタント道を極めて欲しい。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆ハンナの母 .... Kathy Najimy
「NUMBERS」第3シーズンにチャーリーの大学の学部長に就任したミリーことミルドレッド・フィンチ役。ただでさえ押しが強い彼女がアランと付き合うことになってチャーリーはかなりやりにくいことに。
「シカゴホープ」第2シーズンでは、躁鬱のドクタービックス役で、出演話数は少ないが強いインパクトを残している。
映画では「天使にラブソングを」シリーズで、ぽっちゃりさんで歌とダンスが大好きなシスターメアリー・パトリック役でおなじみ。
「ラットレース」では、ジョン・ロヴィッツ演じるユダヤ人一家の父ランディの娘ビバリー役。
アニメ「King of the Hill」のペギー・ヒルの声など、声優としての活動も多い。
映画「WALL・E/ウォーリー」では、ウォーリーたちのドタバタを行きがかり上助けることになり、そのことで人間らしさにめざめたメリーの声を担当している。メリーはその騒動のためにジョンとカップルになる。
「アグリーベティ」第4シーズン17話、「デスパレートな妻たち」第6シーズン7話に登場予定。

◆キムの元アシスタントアダム .... Conor Dubin
「女検察官アナベス・チェイス」では、第1シーズン14話までアナベスの部下の検事ダニー役でサブレギュラー。しかしあまり使える役柄でもなかったせいか雑用ばかりやらされ、ついに14話で説明ナシに姿を消しているがあまりストーリーに影響はない。
「BONES」第5シーズン4話「隣人の秘密」では、郊外に夫婦で住む住民エリオット役。事件発生時は現場で発見された銃弾から、銃の所有者であり被害者に金をぼったくられた怨恨のある彼が疑われる。しかし近隣住民と一緒に出かけていたアリバイを主張するが・・・
「Dr.HOUSE」第4シーズン1話「一人ぼっちのハウス」では、爆発事故の被害者メーガンの恋人ベン役。今まで知らなかったメーガンの事実を日記を発見したハウスに告げられて、ベンは打ちのめされる。
「CSI:7」23話「館の終焉」では、西部開拓時代のテーマパークのオーナージャック・オークリーの息子ベンジャミン役。レディ・ヘザーと父のSMプレイをネタに警備員からゆすられていた。
「CSI:NY」第1シーズン1話「まばたき」では、連続殺人の2番目の被害者ゾーヤの恋人ジェイソン・パーネル役。ゾーヤとNY観光に行った後連絡がなかったため、ふられたと思いこんでいた。
「コールドケース」第1シーズン15話「ダンス・パートナー」では、厳格なユダヤ教徒の家に生まれ、親に厳しく禁じられてもダンスを愛し、78年にディスコキングと呼ばれた被害者ベンジャミン・ローゼン役。
「FBI~失踪者を追え」第6シーズン16話に登場予定。

◆ダイエット少女ハンナ .... Alexa Nikolas
「ゴースト」第4シーズン7話「愛の決断」では、霊が見えなくなったメリンダについていた少女の霊:ケイトリン・マホーニー役。イーライを介して彼女は継父を気遣っていたが、メリンダは彼女の死と継父の事情がメリンダとジムに大きく関わっていることを知る。
「スーパーナチュラル」第4シーズン11話「家族の絆」では、幽霊屋敷とは知らずに心機一転農場に引っ越してきたカーター家の娘ケイト役。イマドキの女の子で引越しに不満を持ち携帯を手放さない。
「Heroes」第3シーズン23話「1961」では、1961年アンジェラの少女時代アンジェラ・ショウ役。コヨーテ・サンズのチャンドラ・スレシュの元に妹アリスと一緒に預けられた回想シーンに登場。
「CSI:マイアミ6」17話「ティファニーのお仕置き」では、チャットで知り合った男に軽い気持ちで自宅の住所を教えた少女マラリー役。ホレイショはマラリーが危険に瀕している情報をつかみ、小児性愛者をマラリーの自宅で待ち伏せる。
「コールドケース」第4シーズン14話「8時3分」では、2002年に高級住宅街で射殺された高校生マディソン・リード役。マディソンの事件は未解決になっていたが、ミラーが遭遇した同時刻に貧民地区で射殺されたアフリカ系の少年の事件との関連から再捜査が開始され、彼女の意外な素顔が明らかになる。
「FBI~失踪者を追え」第2シーズン15話「少年エリック 12歳」では、失踪者エリックの親友ダレンの双子の妹エミリー役。エミリーは女子のいじめグループのリーダーで、エリックの失踪の原因となる陰湿ないじめを先導していた。
ブリトニー・スピアーズの妹ジェイミー・リン・スピアーズ主演のティーン向けドラマ「Zoey 101」(日本未放映)で、ジェイミー・リンのルームメイト役ニコラスでレギュラー出演。
「ザッツ・ライフ~リディアの人生ゲーム」ではヒロインリディアの幼少期役で4エピソードに出演している。
「クリミナルマインド」第5シーズン18話に登場予定。

◆ダイエット法の提唱者ジリアン・フォード .... Teri Polo
「ゴースト」第4シーズン12、13話ではサムの元彼女ニコール役。サムは記憶喪失状態のためニコールとなぜ別れたか思い出せないため、ニコールはメリンダのところに滞在してサムとやり直すかどうするかを話し合うことになり、メリンダは落ち着かない。
「CSI:マイアミ7」8話「ソフィの値段」では、わが子を抱いて散歩中に「うちの子を返して!」と唐突に子供を奪われ、逆に誘拐犯と疑われて取り押さえられたジル・ウォルシュ役。誘拐された娘ソフィアの出生の秘密が事件の真相に隠されていた。
「ザ・ホワイトハウス」第6~7シーズンでは、民主党から大統領候補に出馬する上院議員マット・サントスの妻ヘレン役。二人の幼い子供を抱えながら環境の変化に翻弄されつつも、夫の選挙戦を支える。
「フェリシティの青春」第2シーズンでは、ベンと関係を持つ大人の女性マギー役。実は彼女は結婚していたため、ベンは泥沼にはまりこむ。

◆ジリアンの弁護士 .... Brian Patrick Clarke
「CSI:マイアミ2」13話「戻せない時間」では、被害者で、元有名サーファーのヘンダーソン役。プロサーファーを引退後はサーフボードの製作会社を興していたが、妻子と共に自宅にいるところを襲われ彼だけが殺害される。
妻はロス五輪の体操のメダリスト、キャシー・ジョンソン。

◆テリーが集めた元アシスタント .... Robert Hy Gorman
「証言して」とテリーに頼まれて笑い飛ばしたシーンでもっぱら話していた男性。
子役からキャリアをスタートさせていて、80年代に9年続いたCBSのお昼の名作ドラマ「Falcon Crest」にもワイナリーの富豪チャニング一家の一員マイケル役でサブレギュラー出演していた。
映画「フォーエヴァー・ヤング 時を超えた告白」では、イライジャ・ウッド演じる少年ナットの親友フィリックス役。ナットとフィリックスは冷凍睡眠装置を発見してダニエルを目覚めさせてしまう。

◆テリーに情報をくれたバーテンダー .... Daniel Newman
「Heroes」第4シーズン3話「インク」では、ドラッグの売人ケプラー役。マットがサイラーの力にひきずられて逮捕したが、サイラーが見せるビジョンに幻惑され彼を無抵抗の状態でボコボコにしてしまう。
関連記事

▶ Comment

こんばんは。
コメントでは久しぶりにお邪魔します~。
今回のグレイソン×キムの展開は…。
もう自分的には、グレイソン=デレク認定(ダメ男認定)入ってます。
顔は好みじゃないけど、グレイソンはいい人なんだよと信じてやってきたのに、
相手はキムかよ!みたいな。キムもそんなに最初の印象ほど悪い人じゃないし、
別に嫌いじゃないんですけど、この安易な展開はちょっといやです。
デビーの存在、そんなに大きくなかったんかと言いたくなります。
そしてフレッドのカムバックを待つばかりです…。
2010.11.30 23:31 | URL | Anne #s9q1IrwY [edit]
> 今回のグレイソン×キムの展開は…。
> もう自分的には、グレイソン=デレク認定(ダメ男認定)入ってます。

あぁっそこまで(爆)まだキム&グレイソンとか、ジェーン&グレイソンの展開がウザくなってないのでもう少し見守りたいです・・・
これで、「いいたいけどいえなかった夢オチ」があと2~3回使われるようだったりしたら、ちょっとむっと来るかもしれませんが。

> 顔は好みじゃないけど、グレイソンはいい人なんだよと信じてやってきたのに、
> 相手はキムかよ!みたいな。キムもそんなに最初の印象ほど悪い人じゃないし、
> 別に嫌いじゃないんですけど、この安易な展開はちょっといやです。

そうなんですよ、キム個人は色んな切り口で見てて嫌なキャラではないのはわかってるんですが。
でも、グレイソンはデビー一途であって欲しい気持ちはありますよねー。

そしてフレッド~(涙)早く戻ってきて欲しいです。
2010.12.03 23:35 | URL | くまぷー(海外ドラマ) #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1403-f553f2d1

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。