スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッドワイフ」 第10話「判事の器」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 21.2010 グッドワイフ 0 comments 0 trackback

(NHKホームページより)
アリシアは少年事件を担当する。優等生の少年テレンスが学校でいじめられ、相手を教科書で殴り重傷を負わせたのだ。アリシアは検察側のリチャードソンと司法取引をし、テレンスに罪を認めさせる代わりに、矯正施設行きを免れることで合意する。
だが判決の日、バクスター判事は9か月の矯正施設収容という通常より厳しい処分を命じる。
一方、ダイアンは首席判事のビクトリアから次の選挙で判事に立候補するよう誘われていた。


日本だと、「政治的中立」という建前に隠れて、実際のところは中立であるべき色んな分野で政治的な偏向がこそこそとまかり通っているけれど、アメリカだとメディアも裁判官も「どっち寄り」というのがあって当たり前になっていて、公然と検事や判事の選挙に政党が介入して自分たちに有利な司法の運営をしようとしている。今回のダイアンの判事推薦に民主党から人が来ていたのとか、「ザ・ホワイトハウス」での判事選任の騒動とかで描かれている。そういうのを見ていると、どっち寄りとかどっち支持とか明らかにしてもらった方がむしろすがすがしいかもしれないと思わずにはいられない。
でも、「どっち寄り」とかが必ずしも判決に反映しない場合もあるから難しい。「グッドワイフ」でも、2話「正義のかたち」に登場したアバナシー判事は「超リベラル」で有名だという設定だったが、彼の場合はそこをつつかれると執拗に保守とリベラルのバランスをとりたがって、リベラルな主張をする側のささいな「とるべき裁定」をただバランスのためだけに退けたりするのでまったく使えない。判事のさじ加減ひとつといっても、そのさじが大きすぎる人にあたってしまうとかなり考えものだ。
それで・・・主席判事が言うところの「ライフガード」は、要するに「リベラル派の生命線を守る」という意味での「ライフガード」なんだよなぁ。保守派は保守派で自前のライフガードを送り込もうとしてるわけで、どっちがいいとか悪いとかではなく、そういう政治的な力関係で判決が文字通り「左右」されたらかなわない。

ダイアンにしろ主席判事にしろ、クライアントの人生なんかそんなに気にしてなくて、政治的なパワーゲームが最大の関心事なのだ。
弁護士から検事とか判事になって、そこからさらに最高裁とかの法曹界トップを目指すか、議員になったりして政治家を目指すか、そういう出世すごろくのために色んなものを動かすことが最大の関心事なのだ。
法のライフガードを謳っておきながら、主席判事はさらっと「たかが子供一人のことじゃない」と一人の少年の人生を切って捨ててみせる。大きなもののためならちょっとした犠牲は必要な「仕方のないもの」なのだろう。そういう図太い人間が最終的には政治的に生き残っていけるのだろうけれど。
しかしこのドラマ、法曹界を生き抜いている人々の面の皮の厚さみたいなものがこれでもかと出てくるのが面白い。検事・判事・弁護士、それぞれに長くやってると蓄積する澱のようなものが次第に面の皮を厚くするらしい。
ウィルがダイアンに対して「君はその子の名前さえ知らないんだろう。君が気にしてるのは別のことだ」とぶった切っていたが、その後ダイアンはチロっと資料をまくって確認していたくせに、最後にウィルに対して「ワタクシ、ちゃんと名前知ってましてよ?」というフフンとえばってみせるところがなんとも食えない。
そして主席判事も、「たかが」呼ばわりしたテレンスに対して、そんな発言などまるでなかったような慈愛に満ちた顔で謝罪してみせるし。「ダメージ」のパティ・ヒューズもそうだが、法曹界を上り詰める女性って大概にこんな食えないタイプに成長していくのだろうか。
年はくってても、まだまだ新人のアリシアのピュアさが際立つな・・・

バクスター判事やパークス判事のように、普段からウィルと個人的な付き合いがあって、そこでいざこざが起こるとそれを法廷に持ち込んで意趣返しとか・・・法を作るのも動かすのも人間だとはいえ・・・それで人生を左右されたらたまったものではない。
判事のギャンブル癖のためにわざと罪を厳しくされるなんて。それで人生が変わってしまう可能性もあるのに。
ウィルはそれで、バクスターに「アリシアに惚れてる」ということをあっさり白状してしまうだなんて。陰謀渦巻く法曹界で、長い付き合いだとはいっても弱みを見せたことが今後つつかれるネタになるのではないか。
ピーターの事件の陰謀で、ウィルたちもすでに歯車のひとつとなって回ってるわけで、ウィルのアリシアへの気持ちがかえってアリシアにとって足を引っ張る要素となるのが心配・・・

グレイスにやっと「公立友達」ができたらしい。二人で「自分たちで普通を決めよう」のくだりに思わず胸が熱くなってしまった。本人たちのあずかり知らないところで父親が収監され、そのことでいやおうなく自分たちの環境がゆがめられているのに、彼女たちの芯の強さときたら・・・
しかし、ピーターがシャノンの父を冤罪で刑務所送りにしたということが、この先二人の友情に影を落とすことになるかもしれない。せっかくできた友達なのに。
そして現時点でも、祖母ジャッキーの方向性の間違った心配性が常に事態を悪くしてしまうという。
基本的に正義感とか家族愛の人なんだろうけど、シャノンの母に水漏れ注意して挙句水かけるとか・・・やることなすこと裏目すぎてかえって笑ってしまう。・・・この先も笑い事で済んでいればいいけど・・・ねぇ。

ケイリーの活躍が最近地味なのだが、出てくる場面では必ずツッコミどころがある。まさかカリンダを口説くなんて・・・分析坊やったら怖いもの知らずめ。
カリンダはケイリーに扱えるタマではないのに。
しかしカリンダも賢いな。「あなたと私じゃスパゲティとスイスくらい違う」って、その喩えとっさによく出るもんだ。「分析坊や」といい、頭の回転が早い人なのだな。原語でもスパゲティとスイスなのだろうか。
でもスパゲティとスイスだと、イタリアとスイスは国境接してるからまだ近いような気がする、ってそういう問題じゃなくて。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆主席判事 .... Kate Burton
「グレイズアナトミー」ではメレディスの母で医療界の伝説的存在エリス・グレイ役で第3シーズンまでサブレギュラー。最高の外科医だったが認知症を患い施設に。メレディスはそれを隠して医師の道を目指すが、部長とエリスとの不倫を知って苦しむことに。
「ミディアム」第4シーズン3話「想い出のパリ」では、ジョーが転職のため面接を受けた会社のバリスター社長の妻ボニー役。アリソンのファンだったことから会いたいとパーティに招いてくる。
「Law&Order:クリミナルインテント」第1シーズン8話「The Pardoner's Tale」では、海外逃亡中の税コンサルタントアフランドの妻ステファニー役で登場。ゴーレンたちが逮捕はないと保証してステファニーから情報を引き出していたが、カーバー検事はアフランドを逮捕するために、ステファニーの逮捕もありだと脅して居場所を吐かせるのだった。
「ザ・ホワイトハウス」第5シーズン12話「ニュースのない日」では、民主党の大物議員ブレイナード役。トビーに協力して社会保障制度の維持を実現しようと持ちかけられるが、マスコミにもれたことで腰が引け、途中で降りてしまう。
「ザ・プラクティス」には第1シーズンパイロットから第8シーズンまで散発的に地方検事補スーザン・アレキサンダーとして出演。
「NUMBERS」第2シーズン10話「所有権争い」では、人類学者役で登場。
2002年のトニー賞に「ヘッダ・ガブラー」と「エレファント・マン」で主演女優賞にダブルノミネートされるという舞台女優としての実績も。
「荒鷲の要塞」「バージニア・ウルフなんかこわくない」その他で知られる名優Richard Burtonの娘。彼は生涯5回の結婚をしているが(うち2度目と3度目はリズ・テイラー)最初の結婚Sybil WilliamsがKateの母。

◆テレンスの母 .... Marlyne Barrett
「THE WIRE」第4~5シーズンでは、市議会議長のネリース・キャンベル役。ヘインズに麻薬売人との不正な金銭の流れがあるのではとかぎつけられる。
「ダメージ」第1シーズンでは、パティの事務所の職員のフェリシア・マークアンド役。
映画「
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1415-45dfbae0

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。