スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッドワイフ」 第11話「言論の自由」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2010 グッドワイフ 0 comments 0 trackback

NHKホームページより)
1年半前、2歳の少女ジェイミーが行方不明になる事件が起きた。両親は誘拐を訴えていたが、テレビ番組の有名司会者デューク・ロスコーが、母親シェリルが娘を殺したのだとテレビで断罪。その結果、シェリルは自殺を図り、夫ティムはウィルを代理人にしてテレビ局とロスコーを相手取り裁判を起こす。
アリシアは急に離婚協議の手伝いを頼まれる。依頼人は夫ピーターの控訴で対決相手となる州検事チャイルズの妻カーラだった。


日本にもいるよなぁ、こういう「糞野郎」な司会者とか・・・
そうはいっても最近は、一般人の事件については憶測で「犯人ぽい」という空気があっても、簡単に決め付けてバッシングしなくなったけど、ひところはマスコミこぞって暴力的な決め付けと追い込みをしまくっていたわけで。
でもこのロスコーが「糞野郎 of 糞野郎s」の極みなのは、一般人に追い込みかけて自殺までさせておきながら「死んでくれてほっとしています」と言い放つところ。そもそもから失踪したジェイミーを「殺害された」と決め付けていたところだろう。
結局のところロスコーは番組を降りるわけでもなく、メディアから追放されるわけでもなく、何事もなかったかのように番組は続いて、あやふやな情報源を信じて嘘か真実かわからないことを垂れ流しているわけで、かえって番組と事務所の双方の宣伝になっただけのような。
これでジェイミーが生きて見つからなかったら、相当気分悪い結末になってしまったことだろう。
すごいよな・・・ウィキリークスだって下調べするのに、スピード感を重視するあまりまったく調べずにスクープとして扱うとか、そんなのが「報道」としてまかり通ってたら怖すぎる。
ダイアンの隠れレズビアン疑惑だって大ハズレだし・・・(カリンダに恋人目撃されてたもんね)。
ダイアン的には、その程度なら痛くも痒くもない、むしろ名誉の擦り傷程度で、事務所の名前が売れるからプライマイゼロてなもんだろうか。あの高笑いに彼女のしたたかさを見た・・・

そして、事務所あげての緊迫した法廷闘争を繰り広げているというのに、ウィルったら相手側弁護士とデートとか・・・脇が甘いにもほどがある。ケイリー並みじゃないっすか。
そんなことだから、例の写メが案の定・・・。ケイリーとかカリンダの楽しそうなツッコミには笑ってしまったが、グレイスの気持ちを考えると笑い事ではない。
怖いな・・・一瞬だけを切り取って「ほら、密会してますよ」って本人たちが反論できない場にばら撒かれるって。

このロスコーの裁判、判事がアバナシー判事だったためにグダグダだった。彼は第2話「正義のかたち」でストリッパーが御曹司にレイプされたと訴えた裁判の担当判事で、超リベラルだとされていたので女性の権利に配慮が深く楽勝だろうと見ていたら・・・ことあるごとに被告と原告のバランスを調子ハズレにとりたがる悪い癖がある。
そのため前回も民事では敗訴(直後に被告が刑事で逮捕)、今回もウィルたちは煮え湯を飲まされる形になった。このバランサー判事大概にイラっとくるなぁと思っていたのだが、今回が一応最後のようだ。
今後の彼はルイジアナ州ボン・タンに吸血鬼になって降臨するようなので、(まだシーズン3からなので当分先だけど)今度はイライラさせられないといいけど。

アリシアだけ急に離婚調停に借り出されるというのはどういう「適役」なんだろうと思ったら、チャイルズの離婚問題だったというのは笑ってしまった。
そりゃー、アリシアというカードはなかなか切れ味がいいわけだ・・・
ピーターにとっては思いもよらないオイシイ話だったかもしれないが、アリシアにしてみたら駆け引きのコマにされてあまり面白くはなかっただろう。
アリシアはまだわかっていないようだが、あの写真をおいたのはチャイルズの手のものだったということか。検事が、子供がちょこっと見ただけでわかるような捏造なんてしちゃだめだろ(そういう問題ではないけど)。
今回のうろたえぶりを見ると、チャイルズがラスボスというわけではなさそうな。やはりもっと大物がバックに控えてどろっどろの抗争が繰り広げられるのではないかと・・・
多分もうラスボスは今シーズン中には姿を現さないんじゃないかと、まだ折り返し地点なのに予想してみる。
とか言ってると、次回あたりさくっと登場したりしてね・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆「GIMME SOME TRUTH」の司会者デューク・ロスコー .... Craig Bierko
「ダメージ」第3シーズンでは、8話からコメディアンのテリー・ブルック役。フロビシャーの自伝に興味を持ち、映画化してフロビシャー役を演じることになったことから、役作りのために彼の人柄を知ろうとする。
「ボストンリーガル」第3シーズンでは、事務所の新メンバージェフリー・コーホー役でレギュラーだったが、第3シーズン途中で退場に。登場当初はシャーリーとの関係がほのめかされていたが、後にデニースと体だけの関係に。しかしブラッドとの三角関係になりバズライトイヤーコスプレでバトルしていたが、結局恋に破れて去っていく展開に。
「NIP/TUCK」第5シーズン1話「カーリー・サマーズ」では、LAに移ったマクナマラ&トロイの第一号のお客で映画会社のCEOボブ・イーストン役。SMの女王様にかじられた傷を消してきれいにして欲しいと依頼してくる。
「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」第5シーズン11話「ベンソンの約束」では、性犯罪者の脱獄に関してSVUに捜査協力を求めてきた連邦保安官補アンディ・エカーソン役。彼は昔NYPDに所属していたことがあり、当時オリヴィアの恋人だった。
「Sex and the City」第4シーズン3話「恋愛関係の測り方」では、キャリーがイーストビレッジのクラブで知り合ったジャズミュージシャンのレイ役。ビッグに邪魔されつつも付き合い始め、第4話「セックスと恋愛の両立?」では2度目のデートで寝てしまう。レイは最高に感じさせてくれたが、注意欠陥障害でまともな関係が築けないとわかる。
「フレンズ」では彼が本当はチャンドラー役に起用されることになっていたらしい。もしそうなら「フレンズ」はどうなっていたか・・・
映画「シンデレラマン」では、ラッセル・クロウ演じるジムが対戦することになった、対戦相手を2人殺したことがあるという凶暴なヘビー級チャンピオンマックス・ベア役。

◆誘拐された幼児ジェイミーの父ティム .... Tate Ellington
「トワイライト」シリーズのRobert Pattinsonと「LOST」のクレア役のEmilie de Ravin共演の映画「Remember Me」(日本未公開)でRobert Pattinson演じるタイラーの親友エイダン役。予告動画で中盤から登場している。

◆チャイルズの妻カーラ .... Jessica Hecht
「ブレイキイング・バッド」では、ウォルターの大学時代の恋人グレッチェン役。大学時代の親友エリオットに研究も彼女も奪われる形になり、エリオットはいまや研究の成果をもとに大富豪になっていることで、ウォルターは夫妻に対して内心屈折したものを感じている。
「LAW & ORDER: クリミナルインテント」第3シーズン1話「執着の行方」では、若手デザイナー殺害事件の捜査線上に浮かんだ、有名建築家ローレットの「三番目」の女性メレディス役。ゴーレンはメレディスの家の建築様式から、事件の真相に気づくのだった。
「ER」第12シーズン3話「対立」、5話「あのとき何が…」では、アビーが担当した乳がん患者のステファニー役。乳房切除手術を行うが、乳房再建ができなくなるかもという状況でパニックに陥る。
「フレンズ」では、ロスの元妻キャロルのレズビアンの恋人で、後に「レズビアンウェディング」で結婚するにいたった、スーザン・バンチ役。ロスにとってはもちろん妻を奪った天敵。
夫のAdam Bernsteinは「WEEDS~ママの秘密」「30 Rock」「Oz/オズ」などの演出を担当している演出家で、彼女出演の「ブレイキング・バッド」でも第1シーズン2、3話の演出を担当。

◆デュークの弁護士エミリー .... Kat Foster
Brad Garrett(「ヘイ!レイモンド」のロバート役)主演の日本未公開のコメディドラマ「Til Death」で新婚カップルの妻ステフ役でレギュラー。
「LAW & ORDER: クリミナルインテント」第4シーズン21話に登場予定。

◆産婦人科の元職員アイリーン・リーガン .... Halley Feiffer
父は劇作家や風刺漫画家でピュリッツァー賞も受賞しているジュールズ・ファイファー(最近では児童書「あたしのくまちゃんみなかった?」が全米ベストセラーに)。
「アグリー・ベティ」第4シーズン17話に登場予定。

◆シェリルを担当していた産婦人科医 .... Shirley Rumierk
「アグリー・ベティ」第3シーズン9話「YETIとの出会い」では、エディター養成学校YETIの受付嬢Pilar Mejla役。ベティに応募プレゼンの締切りがギリギリだということを説明してくれた。
「White Collar」第2シーズン7話に登場予定。

◆離婚専門弁護士のデヴィッド・リー .... Zach Grenier
オフィシャルサイトあり。出演作を動画で見ることができる。
「CSI:8」1話「殺人模型崩壊」では、ナタリーを統合失調症と診断する精神科医カチュラー役。
「コールドケース」第4シーズン21話「蓄音機」では、被害者フランシスの父アンブローズ(1919年版)役。当時にしては型破りで参政権運動に傾倒していた娘に悩み、それゆえに手をかけたのではないかと疑いをかけられる。
「CSI:マイアミ4」14話「影からの逃亡者」では、事件の内容と酷似した脚本を書いた生徒たちの教官の、映画クラスの教授マイヤー役。
「ミディアム」第1シーズン10話「再会」では、霊能力研究者のレオナルド・カルドウェル教授役。彼は弟と幼い時に生き別れており、それが実はアリソンが繰り返し見る悪夢の中に現れる兄弟だった。
「CSI:NY」第1シーズン12話「リサイクル」では、ドッグショーの獣医ロス・ハウェル役。
「24」ではパーマーの選挙参謀の側近カール・ウェッブ役。パーマー息子の過去についてかつて秘密裏に処理したことがあるという役回り。
「FBI~失踪者を追え」の第1シーズンパイロットでリカルド役、他「NYPDブルー」「Xファイル」などゲスト出演多数。映画では「ツイスター」など。

◆チャイルズの離婚裁判の判事 .... Suzzanne Douglas
「LAW & ORDER: クリミナルインテント」第3シーズン11話「孤独な男の夢の果て」では、高校バスケチームの選手ベンの母カレン・ワトキンス役。コーチのパウエルが彼女に思いを寄せたことから、推薦データ改竄から探偵殺害などさまざまな不正と事件の発端となっていた。
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第2シーズン12話「模範的教師の秘密」では、高校教師レイプ殺害事件の被害者に個人授業を受けていた生徒イーサンの母親役。

◆通報テープを読まされた廷吏 .... Mark Morettini
「プリズンブレイク」第1シーズンではフォックスリバー刑務所の看守リッゾ・グリーン役。

◆ジェイミーの母シェリル・ウィレンズ .... Marina Squerciati
「ダメージ」第3シーズン10話「裏切り」では、エレンが夢の中で「ママ」と呼んでいた女性アン役。エレンは幼い頃の写真から彼女の姿を発見したことで自分の幼少期に疑問を抱き、アンについて調査することに。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1416-26f79fd5

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。