スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アグリー・ベティ4」10話「ベティの情熱」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 04.2011 アグリー・ベティ 0 comments 0 trackback

(NHKホームページより)
ベティはマットとラブラブな毎日。だが、マットが自分と一緒にいること以外になにも興味を示さないことに疑問を感じ、絵画への情熱を取り戻させようと考える。
ヒルダはボビーの家族に関する悪いウワサを気にしていた。
ダニエルはウィルミナと手を組んでカルを会社から追い出そうと計画。
マークはバカンス先の恋の遊び相手のはずだったトロイが実は『モード』のスタッフでガッカリ。トロイを避けていたが…。


あれ?これアップしてなかったっけ?あれ?もしかして・・・ベティの感想アップするのすっかり忘れてたとかそんな・・・
という年末年始の大ボケがあったので、あわあわしながら記憶を掘り返してアップしていこうっと。

シーズン1に出てきた歯医者さん、まだベティのことが気になってたんだ・・・このベティの理不尽なモテ期のエンドレスは最後まで続くのかなぁ。
そして、この歯医者さんは、最初見たとき地味だけど味のある人だなと思っていたのだが、いまや大ヒットドラマ「Modern Family」のレギュラーになって凱旋出演・・・ああ、日本で早く「Modern Family」放送しないかな。(キャラ構成はデス妻っぽいけど、よりブラックな要素が含まれてるのでNHKは無理としても、どうかどこかでお願いします)

しかし「幸せの絶頂になると、なんだか相手が鬱陶しくなったり変化を求めて不安になったりして、わざわざ自分で幸せをぶち壊す女」って、ベティお前はデス妻のスーザンか!
そりゃマットの「愛情の全力投球」は実際のところかなり重かったりするだろうけど。逆に、付き合いが安定してきた時に絵画にも夢中になっていたら「私のことなんかどうでもいいんだわ」とか「私より絵のほうが大事なんでしょ」とか難癖つけて不幸ぶって関係をひっくり返そうとしたり、他の男に愚痴って三角関係を発生させてわざと事態をややこしくしてみたりとか。
あぁ・・・あるあるある。ベティって実はそういうタイプだ。恋愛関係がややこしくならないと燃えない地雷女。実はヒルダもそうだし、二人の母親もそのケがあったのではないかという・・・
ベティ自身がそうだから相手も一人に落ち着かないタイプばかりで、ベティに集中してくれる彼氏だとベティのほうから逃げ出すという繰り返しだった。
「情熱が足りないのは僕じゃない、君の方だよ」
ベティは手に入れてしまったものに対してエサをやらない
そんな状況を「ベティ・スアレス・ランド」と呼んだジオは、ある意味ベティにとっては最高の男だったのかもしれない。

マットはベティへの憎悪を創作意欲に昇華してたのに、付き合うようになったら絵画への情熱が失せてしまったとか、なんという逆ミューズ。
思えば、ベティと別れて嫌味行動満載だった時期のマットはほんとに嫌なヤツだったけれど、そっちの方が輝いていたかも。ベティを憎んでアマンダと付き合っていればよかったのに。
でもマットの憎悪は愛情の裏返しという単純構造だったので、アマンダと付き合ったらアマンダがかわいそうなことになっただろう。見ていてイラっとくるカップルだけど、実はベティとマットは結構お似合いということなのではないかという気がしてきた。
しかし・・・前回の予告で「サプラ~イズ!」のシーンがもろ映っていたが、あまりにネタバレなのでは・・・それと絵が・・・パロディというかパクリというか・・・・

ウィルミナはやっぱり、何かターゲットを追い詰めてる時が一番イキイキしていていいなぁ。
アマンダを洋服のトラップで釣って陥落させるところなんて最高。あれ、うちの犬がご飯食べない時フードを点々と置いて釣るのと同じだけど、100%ひっかかる。てことはアマンダはうちのわんこ並みか?
あれだけ心が通じ合って許しあったかのように見えたクレアとアマンダなのに、洋服くらいであっさり裏切るなんて、アマンダらしいといえばそうだけど、やっすいわ・・・
なんだかんだいってクレアとダニエルじゃ会社がもたないので、ウィルミナという存在なくしてはモードは成り立たないのだけど、お互いそれをすんなり認めるような素直な関係ではない。しかし、がっつりぶつかりあった果てにお互いの弱みが見えた時、深追いしないでみせるあたりがオトナだ。
この先それをほじくりかえして徹底的に痛めつける可能性もないわけじゃないけど、復帰できたウィルミナからのクレアへのちょっとしたお礼なのかな。
このまま済むような甘いことにはならないだろうけど。

「君はまるでアドニスだ ゲイのヒュー・ジャックマンだよ」
あああ。「ゲイのヒュー・ジャックマン」がどうほめ言葉なのかよくわからないけど、最高級のたとえだということだけはわかる。
そうか初めてだったのか・・・そりゃー責任取らなきゃ(おい)。
前にも書いたが、トロイの俳優さんはアマンダの中の人の実兄なわけで。・・・楽しそうではあるわな。
そういう「中の事情」が見えると楽しくはあるんだけど、なんだかもう終幕に向けての「思い出作り」になってる感じもして、ちょっと悲しい・・・

------------------------------


【 脇俳優チェック 】

◆ギャラリーのオーナーのフランシス .... Christine Ebersole
オフィシャルサイトあり。「ザ・ホワイトハウス」のドナ役Janel Moloneyのおば。とはいっても血がつながっているわけではなく、彼女の二番目の夫Bill MoloneyがJanelのおじにあたるということだ。
「救命医ハンク」では、ハンプトンズの住人で整形マニアのニューバーグ夫人役。第1シーズン1話でハンクが彼女の豊胸がズレた胸を治してあげたことから、ハンプトンズでのハンクの手腕をクチコミで広げてくれることになる。
「ボストン・リーガル」第4シーズン18話「清き1票を」では、クローン肉に反対して訴訟を起こそうとしている牧場主サニー役。デニーは裁判そっちのけで彼女を口説こうとする。
「サマンサWho!?」第2シーズン16話「姉妹」では、サマンサの母レジーナが、サマンサにその存在を隠していた妹エイミー役。エイミーの存在を知ったサマンサは新たに関係を築こうとして、彼女が欲しがっていた陶器のボウルをあげてしまうが・・・
「アリーmyラブ」第2シーズン8話「罪作りな視線」では、リン所有の泥レスクラブを、地域の風紀を乱しているということで訴えた、反ポルノの母親の会のストークス役。
映画「アマデウス」では、サリエリの想い人だったがモーツァルトと関係したオペラ歌手のカテリナ・カヴァリエリ役を演じていた。そのことがきっかけでサリエリは神とモーツァルトを激しく憎むようになる。
マコーレー・カルキン主演の「リッチー・リッチ」では、カルキン坊やののんきなママレジーナ役を演じているなど、映画・テレビ・舞台と幅広く活躍。
コメディエンヌで舞台での活躍も多い。2001年には「42nd Street」でトニー賞最優秀ミュージカル女優賞を授賞している。

◆ベティの矯正歯科ゲイブ・ファーカス .... Jesse Tyler Ferguson
初登場は第1シーズン17話「母の決断」で、ヘンリーに「チャーリーの誕生パーティ」に誘われたベティが、パートナーとしてファーカス先生を誘っていたのだった。
現在は今年の大ヒットコメディ「Modern Family」に、ゲイカップルのかたわれミッチェル役でレギュラーで、エミー賞助演男優賞にノミネートされた。(受賞したのは同じ「Modern Family」でミッチェルのゲイのパートナーのキャメロン役Eric Stonestreet)
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1420-05461186

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。