スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私はラブ・リーガル」第13話「グレイソンズ・アナトミー 恋の法廷学」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2011 私はラブ・リーガル 0 comments 0 trackback

ホームページより
ランジェリーモデルのリナは大手下着会社と独占契約を交わしたものの、乳がんだったことを隠していたとして、モデルを降ろされてしまった。リナを依頼人として紹介されたジェーンは、この案件にがぜんやる気を見せるが、パーカーからは、女医の手術ミスで選手生命を絶たれたマイナーリーグのピッチャー・エリックの案件を頼まれる。
その結果、リナの案件はグレイソンが担当することに。だがリナの裁判は思うように進まず……。


エピソードのタイトルが「グレイズ・アナトミー」のパロディになっていたのは、最後がそういうオチだったからか!
えええええ。
トニーとグレイソンだけでもややこしいことになりそうなのに第三の男イーサンも?
メレディスとアディソンの他にもう一人??そこで出てくる「もう一人」はスローンじゃなかったら数的にめんどくさいのに!(イヤ、そういうことじゃない)
「私を選んで、私を愛して」×3・・・ 考えるだけで頭の痛い・・・

「記憶障害」ネタはいつまでももたないから、ジェーンの過去でつまづかないように調査しておけばよかったんじゃ・・・
とはいっても、いくらジェーンの頭脳が残っているとはいっても考えるのはデビーだし、アドバイスするのもステイシーとフレッドだったから、そういう邪悪な方向に頭が働かなかったのだろうけど。
イーサンはいい人なんだろうか。グレイソンもいい人、トニーもいい人、イーサンもいい人じゃ話が破綻しそう。多分、ジェーンが逃げたくらいだからなにか問題を抱えている人なのだろうけど。
母親とはあんなで疎遠だし、夫からは逃げ出すし・・・ジェーンって身内運の悪い人だったんだな。
これは「記憶障害で忘れてました」で周囲に通じるだろうか。通じないだろうなぁ。暴力夫か犯罪者か・・・イーサンから逃げてた理由が知りたい!
それを助ける王子様はグレイソンかトニーか・・・ 判決は・・・「CMの後で!」
あぁややこしくなる前にポーラ判事にさくっと決めてほしいな。

ステイシーとグレイソンは意外といいコンビだった。
「勝つ方法」は、「下着を着てる本人を見せてみること」だったわけだが、そりゃ袋の中を覗いたグレイソンは「ん~?」という顔になるわな。
あんな風に傍聴席にプレスを入れてバシャバシャ撮影させるのはいいのだろうか。下着姿になるだけでも結構ギリギリだと思うのに、プレスをこっそりよんで大騒ぎとか・・・ヘタすると法廷侮辱罪モノなんじゃ、と思ってしまったが、判事さん甘いなぁ。
サブにつくとはいっても、弁護士ではないから傍聴席どまりではあったが、ステイシーはいい仕事したと思う。多分これからステイシーの出番をより確保するために、これから法廷にも関わりますよという試験的なこころみだったりして・・・(ないかもしれないけど)
「グッドワイフ」のカリンダ的ポジションでステイシーが・・・ あ、ちょっと無理なこと言いました。
今までも証言台に立ったりしてジェーンたちを助けていたステイシーだが、本人がそれなりに真剣に事件にからむと、混ぜっ返しでイラつかせるののちょっと手前でギリギリに癒し系になるという絶妙なバランスが成立するようなので、そこを誤らない程度に参加させてあげてほしいものだ。

・・・とはいっても、ジェーンの弁護士生命は風前の灯なわけで・・・
あの詐欺の告発がどういう決着を見るのか、シーズン2が始まってみないとわからない。それでも、「弁護士ジェーン」というドラマが続いていく以上、免許取り消しっていう事態は免れるのだろうけど。
フレッドが戻ってくるにしても彼は人間になってしまったわけで、超常現象で事態を激変させるわけにもいかないのだろうから、現実的に解決するとしてどう転ぶのか・・・シーズン2のお楽しみ、かな。

しかし「ナース・ジャッキー」は「2月」だったのに・・・なぜラブリーガルは「年内」なんだよ!
「春」でもなく「夏」でもなく、「年内」ってことは秋以降ってことですか?
そんなぁぁぁ!!
シーズン2のミュージカル仕立てのワンシーンがチラ見せされていたが、これからがこのドラマのキャストの味が活かされた本番!
早くみたいです!!

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆エリックの執刀医デュモン .... Alicia Coppola
「ジェリコ 閉ざされた街」では、DCから農場の監査に来ている最中に核攻撃にみまわれジェリコに取り残された歳入庁の職員ミミ・クラーク役でレギュラー。
「NCIS」第1~2シーズンでは、JAGのコールマン少佐役で3エピにゲスト出演している。
「ミディアム」第2シーズン4話「眠りの中で」では、大富豪チャーチの元妻のバルー役。離婚した夫のところから息子が返されてこないことで検事局にどなりこみ、調査しないとマスコミを使うとコネをちらつかせて圧力をかける。
「CSI:科学捜査班」第1シーズン21話「悪魔に魅入られた女」では、栄養学の専門家のドクタースーザン・ヒルリッジ役。ヒルリッジは自らの病のために飼い犬に襲わせた被害者を「使って」特性プロテインドリンクを作って飲んでいたのだった。
「BONES」第1シーズンでは、法廷コンサルタントのディーバー役。そのエピではテンペランスの元彼マイケル・スタイアーズが相手側にコンサルタントとしてついており、プロの立場からテンペランス達にアドバイスするはずが、テンペランスの証言を邪魔するようになってしまっていた嫌な女キャラ。
「名探偵モンク」第2シーズン10話「モンクのデート」では、モンクのことを気に入ってデートに誘う変電所の広報担当ミッシェル役。
「ブル~ウォール街への挑戦」には女性ディーラーのメリッサ役でレギュラー出演。
Denise Di Novi(「旅するジーンズと16歳の夏」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「シザー・ハンズ」などの製作者)のいとこ。フランシス・コッポラ監督との関係はない模様。

◆ステイシーの友人ランジェリーモデルリナ .... Lina Esco
「CSI:NY2」18話「命の選択」では、肝移植予定の肝臓を奪ってインターンを殺害した凶器の銃の持主役。銃はゴミ箱に捨てたという。
「CSI:10」6話に登場予定。

◆リナを首にした下着会社CEOヘス .... Christopher Gartin
「プライベート・プラクティス」第2シーズン14話「セカンド・チャンス」では、ピートの患者で薬物依存症のキース役。ピートが更生させようとあれこれ心を砕くが、暴れてクリニックを飛び出してしまう。
「Dr.HOUSE」第3シーズン9話「裏切り者」では、遊園地で乗り物に乗っている最中に異変があってハウスの患者になった少女アリスの父ロブ・ハートマン役。アレルギー反応を心配して、ハウスの治療方針を拒否してしまう。
「CSI:6」1話「CSIチーム再開」では、殺害された主婦が、ストリップポールダンスの「実践」のために乗ったリムジンのドライバー役。別の役で第11シーズン2話に登場予定。
「トゥルー・ブラッド」第2シーズンに登場予定。

◆マイナー選手エリック .... Bryce Johnson
「メンタリスト」第1シーズン5話「アカスギの森」では、女性殺害と親友の失踪事件の捜査で、CBIに協力して失踪したニコールの捜索に参加していたパークレンジャーの青年カイル役。リスボンと二人で監禁場所と思われる小屋を捜索していたが、その時事態は大きく展開する・・・
「Shark」第1シーズン5話「失った信頼」では、女子学生シドニーが寮のパーティでに彼にレイプされたと訴えた、大学フットボールのスター選手ジョシュ役。しかしそのレイプ事件は嘘だったが・・・
「Dr.HOUSE」第2シーズン1話「命の重み」では、カディに雇われたアシスタント役。ずかずかとカディのオフィスに入ろうとするハウスを制止するが無視される。
「CSI:6」5話、「CSI:10」6話に登場予定。

◆ジェーンの夫イーサン .... Devon Gummersall
「CSI:NY5」4話「セックスと嘘とその彼女」では、人形愛好家トレバー・ジョーンズ役。現場近くのカメラを解析したところ、近くの部屋の窓に事件の目撃者と思われる女性の姿が写っていたが、実はそれは彼の趣味のリアルな等身大人形だった。
「Lの世界」では、体が男性ながら性同一性障害で心がレズビアンというリサ役。
「FBI~失踪者を追え」第2シーズン17話「兵士とフィアンセ」では、イラクからの負傷除隊兵士で、婚約者のもとから失踪したケビン・グラント役。彼のイラクでの行動を追うため、ジャックとダニーがイラクに飛んだ。
「トゥルーコーリング」第1シーズン12話「バレンタイン」では、トゥルーたちがバレンタインを過ごすために訪れたモーテルで巻き込まれた事件の、バレンタインになると豹変する男ケヴィン・ラファーティ役。
「CSI:3」14話「狙われた部屋」で、連続婦女暴行犯人テイラー・リード役で出演していた。獲物を物色していて、護身術を習っている女性に逆に押さえつけられてしまったことから捜査線上に浮かぶ。「CSI:10」8話には別の役で登場予定。
「フェリシティの青春」では第1シーズンにジュリーのボーイフレンドザック役を演じていた。ジュリーとはいい関係だったが、拒否されたのにセックスを強要したことを大学側に通報され、レイプにより退学処分となりドラマの中からも退場してしまった。
「名探偵モンク2」12話(NHK放送順による。実際は第3シーズン5話)では、目撃者で造幣所勤務のフィル・ベダード役。
「アンジェラ 15才の日々」ではアンジェラの幼なじみブライアン役でレギュラー。
「ロズウェル 星の恋人たち」では、マリアのいとこショーン・デ・ルカ役でサブレギュラー。マリア役のMajandra Delfinoと結婚したが現在は離婚している。

◆デュモンの弁護士 .... Wendell Pierce
「THE WIRE」では、殺人課のベテラン刑事バンク・モアランド役でレギュラー。相棒ジミーの暴走しがちな態度に手を焼くことも。
「NUMBERS」第3シーズンでは、ドンがセラピーを受ける精神科医師ブラッドフォード役。最初はセラピーなんかという態度だった
「サード・ウォッチ」では、古株の刑事キャンディマン役。昔からのやり方で悪人となれあって賄賂をもらったり、店でただで飲み食いしたりする様子が問題になる。
「女検察官アナベス・チェイス」第2シーズン11話に登場予定。

◆エリックの裁判の判事 .... Vickie Eng
2話「見た目は重要?」では太ったからとクビになったウェイトレスルーシーの裁判を、7話「魔法のクスリ」では、キムのセクハラ裁判を担当している。

◆下着会社CEOヘスの弁護士 .... Rhoda Griffis
5話「8年目のバースデー」では、出会い系サイトのために離婚になったという裁判で、出会い系サイトを訴えた妻メリーベスの弁護士役。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1424-e68d9cfb

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。