スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッドワイフ」 第20話「ヘンゼルとグレーテル」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2011 グッドワイフ 0 comments 0 trackback

NHKホームページより
自宅拘留中のピーターは、彼への怒りをあらわにして外出したアリシアを追って玄関を出てしまう。そのとたん監視用のアラームが鳴りひびく。外でタクシーに乗り込もうとしていたアリシアは、引き止めにきたピーターを見て驚がくする。
自宅では息子ザックと娘グレースが父の姿がないことに気づく。あわてて父を探して呼ぶが、そのとき電話が鳴る。警報を受けた警察からの確認だ。ピーターが出なければ、すぐに警察がやってくる…。


(結構前に書いていたのに、アップする気力がなくなっていたので内容が古いですが・・・)

「ER」最終シーズンにジュリアナ・マルグリースがゲスト出演していて、久々にアリシアじゃなくてくせっ毛キャロルの彼女を見た。
そして「LAW&ORDER クリミナル・インテント」にもクリス・ノースが。「LAW & ORDER」本家第1シーズンを見た限りでは、ローガンは若手イケメン刑事というポジションであんなにクセのある感じじゃなかった印象があるのだが、CIにお引越ししてきた彼はゴーレンとタメをはる変人オーラが出ていたような。
穏やかで幸せそうなキャロルと自信に満ちたローガンのそれぞれの笑顔を見ると、二人の現在の演技が苦悩の中に抑えた日常を感じさせて趣深い。

で、アリシアは・・・ 戻っちゃうんだ、あそこで。まぁ戻るかな。
そりゃ命がけでピーターが飛び出してきたらびっくりだろうが、そこで「捕まっちゃえばいい、私はもう知らない」とまでは思えない、そこまでしてウィルに飛び込むほどの情熱も持っていなかったのか、ピーターが投獄されたら子供たちが、とか冷静に計算できるほどではあったのか。
ザックのとっさの判断がお手柄だったが、彼らの親思いの必死さを、いい年こいて男女問題でモメてる両親に見せてやりたかった。そんな場合じゃないだろ、と。
結局そのために管理人のシムラン一家にお人好しな人助けをしないと行けなくなったわけで・・・

カリンダが不法移民のインド系同胞に対して冷たい態度なのが面白い、と言ったらよろしくないかもしれないが。アリシアも「カリンダは同胞として親身になるんじゃないか」と思っていたのにアレ?という。
「ウチの家族は合法的な移住です。なぜ不法移民に同情を?」
確かにね。そういう立場だと不法移民のせいでネガティブに扱われて迷惑に思うことはあっても、逆はないわな。でもカリンダも結局はアリシアに絆されて「今年最大の人助け」をしてしまうのだから、とってもお人好しのおせっかいの仲間入り。
ドラマに出てくるインド系は、実に知的でクールな役柄で登場することが多く、職業も理数系キャリアだったりする。カリンダ以外にも「救命医ハンク」のディヴィヤとか、「ER」のニーラ、「Heroes」のモヒンダー、「Dr.HOUSE」のカトナーとか。医療ドラマにはメインでなくても必ずインド系ドクターがどこかにいるという印象がある。
実際そうなのかは深い知り合いがいないのでなんとも言えないが、インド系は知的っていう印象を与えることにその手のキャラクターが大きく役立ってることは言うまでもない。日本人は決してそうはなっていないからちょっと羨ましい。
今回ちらっと出てきたインド人街の人々やシムラン一家のような、ごく普通の人々が大多数なのだろうけれど。
ケイリーが、ヒンディ語が話せないカリンダに「君には文化的アイデンティティがないのか」と言ってからかっていたが、ああいうのは往々にして地雷だと思うので・・・ケイリーったら怖いもの知らず。

今回のウィルの模擬裁判はなかなかナイスだった。『被告:ヘンゼルとグレーテル』で、罪状:老女殺害の裁判。ウィルが言っていたように、そういう見方をすると法的な要素満載だ。
兄妹による老女宅不法侵入&お菓子の家器物損壊&第一級殺人の3つの罪に対して、弁護側は「殺害目的の誘拐監禁であったことからの正当防衛」を主張するわけだな。結局、ウィルがハメられた有能な弁護人役の奮闘にもかかわらず、ヘンゼルとグレーテルは有罪になってしまったようだが・・・
アニメ化が話題のラプンツェルあたりも、原作ベースだとディープなSVUエピのような裁判になりそうだ。「本当は恐ろしいグリム童話」には裁判要素がてんこ盛り。

途中で交代させられたウィルだが、若い女の子に頼りにされるとまんざらでもない風な彼の脇の甘さが露呈したようだ。それ以前に法衣プレイでその気になってるところがダメすぎだが。
「若い女に走るなんて、別れた夫と一緒よ」とか「教授」に言われていたが、ウィルはどうも「手応えのある女」が好きなのだろうと思う。昔のアリシアは今回の弁護人の彼女みたいな感じだったのだろう。デレデレしてみっともないったら。
アリシアにふられたと思って、傷がつく前にさくっと身を翻したウィル、その速さについていけなくて置いてきぼりにされたアリシア・・・
ウィルは多分アリシアでなくてもいいのかもしれない。彼にとっては、「かつてのアリシアのようなもの」を求めてるんじゃないかという気が。
アリシアの安寧はきっとウィルのもとにはない。かといってピーターにも戻れない。かといって家族のしがらみでバッドワイフにもなりきれない。
だとしたら、アリシアはこれから一体どこにむかえばいいのだろう・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆模擬裁判の弁護士担当ジアダ・カブリーニ .... Karen Olivo
ウィルに助言を求めて、後から贔屓したことで担当を外れるべきと申し立てた学生。
舞台での活躍も多く、2009年のトニー賞では「ウェストサイドストーリー」でミュージカル部門助演女優賞を受賞している。
一度離婚していて、現在の夫は「RENT」のマーク役で評価が高いMatt Caplan。
ネイティブアメリカンとプエルトリコのハーフの父と、中国とドミニカのハーフの母から産まれたことから、独特のエキゾチックな容姿に。

◆マンションの管理人のシムラン .... Sarita Choudhury
「ホミサイド/殺人捜査課」では第6シーズン(日本放送順による。実際は第7シーズン)に監察医役でサブレギュラー。
映画「ミシシッピー・マサラ」では、ウガンダを追放された一家の娘ミーナ役。ミーナはデンゼル・ワシントン演じるデメトリアスと恋に落ちたことで、インド人社会と黒人社会双方に波紋を投げかける。
「カーマ・スートラ 愛の教科書」では、幼なじみのマヤ(「ROME」「内部告発」や「BONES」のイギリスでの捜査官役などのIndira Varma)に身分を理由に意地悪してきた王女タラ役。マヤに様々な形で復讐されるが、タラはマヤにカーマスートラを教わる。
「レディ・イン・ザ・ウォーター」では、ナイト・シャマラン監督演じるビック・ランの妹アナ役。
他に「ダイヤルM」「愛と精霊の家」など。

◆FBI捜査官のベルキン .... Chandler Williams
偽造IDのバイヤーにたどり着くために管理人のアマルを逮捕して情報を引き出そうとした捜査官。
映画「パブリック・エネミーズ」では、フーヴァーの部下のトールソン役。
他、舞台での活躍が多い。

◆ゴールデンの事務所の弁護士エルズベス・タシオニ .... Carrie Preston
ピーターのアラームの件で駆けつけて、保安官をやりこめてくれたパートナー弁護士。
「トゥルー・ブラッド」では、スーキーと一緒にサムの店で働くウェイトレスのアーリーン・ファウラー役。恋人のレネと婚約し周囲からも祝福されるが、その幸福に思いも寄らない結末が・・・
「プライベート・プラクティス」第2シーズン20話「弱い心、強い心」では、クーパーに12歳の娘サラへの避妊ピル処方を依頼した母親イヴォンヌ・ピアース役。BFとの性行為を容認する物分りのいい母親然としていたが、サラの妊娠が発覚したことでその方針は崩れ去る。
「デスパレートな妻たち」第4シーズン7話「不実の影」では、リネットのすぐ下の妹ルーシー役。末妹リディアよりは気が強いが、母ステラを押し付けられて夫婦仲が壊れ、離婚した過去が。
「NUMBERS」第1シーズン10話「盗まれた核廃棄物」では、核廃棄物を積んだトラックごと消えた運転手レイ・サイトの妻ヴィッキー役。FBIの事情聴取に、夫は金が必要で危ない仕事を請けたもののテロには関係ないと訴えたが、レイは遺体で発見されてしまう。
夫は「LOST」のベン役や「ザ・プラクティス」のウィリアム・ヒンクス役を演じておなじみのMichael Emerson。「LOST」第3シーズン20話「誕生」ではベンを産んで直後亡くなった母エミリー役をCarrieが演じている。

◆ウィルのGFのセイディ教授 .... Julie Lauren
ウィルに模擬裁判の判事役を依頼した教授。
「フレンズ」第5シーズン10話「シスコン男にご用心!」では、山男ダニーの妹クリスタ役。レイチェルは同じアパートに住むダニーと付き合うが、その妹クリスタとダニーは異常に見えるほどに仲が良く、レイチェルはその様子にドン引きしてしまう。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1437-1ad8a669

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。