スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち6 第5話「逆風にさらされて」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 07.2011 デスパレートな妻たち 0 comments 0 trackback
【ガブリエル】
ホワニータと友達のレイチェルが危険な遊びをしていて怪我しそうになったが、ガブリエルが目を離していたことでレイチェルの母ローラに「母親失格!」となじられる。
それだけではなく、ホワニータの誕生パーティに次々に参加キャンセルが相次いだため、ガブリエルはだしものがいっぱいのゴージャスなパーティを開いて、子供たちが来たがるように仕向けるが・・・

【ブリー】
カールとの情事の定宿となったモーテルで、ブリーはメイドに不倫と知られて見下された態度を取られる。
その態度をやめさせようとするが、メイドが過去に不倫で全てを失った女だと知って、ブリーは逆に自分の罪悪感に気付かされる・・・

【スーザン】
キャサリンがマイクを誘惑したり、うまくいってないなどと言いふらされたことで、スーザンはキャサリンを「プッツン女」扱いして近隣パトロールからはずす。
しかしキャサリンがうまく立ちまわるので、近所のスーザンを見る目は決して温かくはなかった。
そんなある夜、ジュリーが外の人影に怯えてダニーに借りた銃を持ち出し、スーザンが誤って発砲したところ、外にいたのはキャサリンだった・・・

【リネット】
マクラスキーに頼まれてロイを便利屋として雇うことになったスカーヴォ家だが、ロイはリネットの指示を無視してトムの意向を確認し、「女房はもっと男をたてるべき」という。
リネットは激怒してロイをクビにするが、トムはロイにうちなりの家庭円満の事情があるのだと説明する・・・

【ボーレン家】
ダニーはジュリーとの関係をアンジーにばらすと脅すが、ニックはダニーにはできっこないと高を括る。
そんな時スーザンの発砲事件が発生し、それに使われた銃はダニーがジュリーに貸したものだった。それはニックが本名で登録した銃だったため、発覚を恐れたアンジーはキャサリンをおだててうまく言いくるめ、通報をやめさせる・・・

------------------------------------------------------------

溜めに溜めてしまったのだけど、一気に消化にかかってみる。
このエピでつまずいたのは、ブリーの弱さを自分の中で消化できなくて、なんかなぁ・・・と思ってしまったせい。でも時間を置いて先を見てからだと「別にいいか!」と開き直ってきたりする。

ブリー・・・何やってんだかなぁ。
カールがそんなにいいわけじゃなくて、オーソンがダメだっていうことを確認するための逃避行動なんだろうけど。
そんな風に夫とか恋人を相対的に判断するのは間違いのもと。
元々普段張り詰めている分ポッキリ折れてしまって、アルコールに走った経験のあるブリーだけに、辛い現実が発生すると別の何かに全力でもたれてしまうのだろうか。
オーソンもアレだけど・・・カールだよ? カールに逃げたらカールから逃げられなくなると思うんだ。
ブリーはそうやって「誰かに逃げる」ような事を繰り返して、次々に失敗してきたんじゃなかったか。
メイドさんの説教が少しでも胸に残っていたら、立ち直れ!ブリー!

このエピはトムの株急上昇。
トムの恐妻家キャラは、ちゃんとわかってて受け止めてる現れだったのか・・・
・・・そうだっけ?
いや、時々受け止めきれなくていきなりぽーんとキレて「会社やめる!」だの「店はじめる!」だの「大学に行く!」だのやってるわけだが。
でもリネットのことを一番理解してるのはトムだということはよくわかった。だからこそ、ウィステリア通りナンバーワンのおしどり夫婦として、隠し子騒動その他を乗り越え、珍しく離婚ナシでここまでやってきたわけだ。
いくらリネットがしっかり屋さんでも、片方の頑張りだけじゃ夫婦は保っていけないものね。

スーザンってほんとにダメな子・・・
撃つときはしっかりしとめなきゃだろう!!(そうじゃなくて)
そしてアンジーの怖さがじわりじわりと・・・

【 脇俳優チェック 】

◆モーテルのメイド  .... Aisha Hinds
「ドールハウス」では、FBI捜査官のルーミス役。ポールへの好意につけこまれて、ポールがドールハウスについて秘密裏に調べるのに協力している。
「トゥルーブラッド」では、タラと母に悪魔落としの儀式をして母を立ち直らせるブードゥーの祈祷師役。タラは彼女がいんちきだと疑って食って掛かるが、やはり彼女の話術に引き込まれてしまう。
「しあわせの処方箋」では、ホームレスのイザベル役。第1シーズンではクリスティーナのところに赤ん坊を連れてきて大騒ぎになるが、その子はイザベルの産んだ子供だった。里子に出して自分も自立しようとしたが、第2シーズンでは里親の虐待を察知して子供を連れだして再び騒ぎに。
「BONES」第4シーズン11話「良い親の条件」では、遺体が発見された国有地のレンジャー役。密猟者が国有地の木の上にある遺体を発見、通報したため、彼女がブレナンたちを案内。
「コールドケース」第5シーズン8話「ゲーム」では、冷凍庫から数人の黒人少年殺害の遺体が発見された事件で、被害者のひとりダモントの母親役。
「プリズンブレイク」第4シーズン23、24話では、女性看守カウラー役。拘置所ではなく刑務所に拘留されたサラが体調に異変をきたしたのに、サラへの反感から医務室に行かせるのを阻もうとする。
「ミディアム」第1シーズン2話「夢と記憶」では、陪審候補マキシン・ハリス役。アリソンがデヴァロスに頼まれた最初の仕事として陪審員を選任のコンサルタントをした時に彼女が候補にいて、母の介護に疲れて病室の機械を滅茶苦茶に叩き壊すビジョンがアリソンには見えた。
「CSI:NY」12話「リサイクル」では、女性に見えないゴツイメッセンジャー、ブレット・ストークス役で登場。
「ザ・シールド」の第3シーズンに潜入捜査チームの一員アニー・プライス役でサブレギュラー。
「Invasion -インベイジョン-」では、主人公ラッセルのパークレンジャーの同僚モナ・ゴメス役でレギュラー出演。

◆ママ友ローラ .... Barbara Alyn Woods
「One Tree Hill」では、ダンの妻でネイサンの母のデブ・スコット役。仕事にかまけているうちに家庭がバラバラになってしまったことに気づき修復しようとするが、彼女の過去をネイサンに知られたことで・・・
他に映画「素顔のままで」など。
私生活では、三人の娘の母で、上二人はすでに子役として活躍している。

◆ホワニータの友人レイチェル .... Mackenzie Brooke Smith
「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」第2シーズンでは、キャサリン・ウィーバーの娘サバンナ役。
「プッシングデイジー」第2シーズン13話「泳ぎだせマーメイド」では、回想シーンのリリーの少女時代役。

◆アジア系ママ友カースティン .... Cindy Lu
第1シーズン6話「火花散らして」では、スーザンの指示でザックが収容された青少年療養センターに忍び込んだジュリーが、ザックと話しているところを見とがめたナース役を演じている。
「ジョーイ」第1シーズン11話「マイケルはレインマン」では、マイケルがラスベガスのカジノで儲けていた過去の偽名で歓待したホテルの従業員役。
「フレンズ」第7シーズン19話「いとこはボンドガール」では、モニカのバチェラロットパーティに、フィービーが盗んだモニカの手帳で適当に招待したため、しぶしぶながら参加していたモニカの会計士の役。

◆猿の調教師 .... Dennis Cockrum
「BONES」第1シーズン13話「家族の庭」では、コーマン上院議員の使用人とその娘の殺害事件で、議員の息子ローガンの弁護士役。
「CSI:3」10話「翼の折れたイカロス」で、ご近所トラブルの果てに隣人と対決し、返り討ちにあって死亡した被害者ロジャー・エドモンド役。

◆ピエロ .... David Bickford
「ザ・ホワイトハウス」第5シーズン13話「夜は暗く」では、助手に陳情にきたNASAの局長役。宇宙政策をもっと優先してほしいと陳情するが、リアリストのジョシュに鼻で笑われてあっさり切り捨てられてしまう。

◆ホワニータの友人 .... Alyssa Shafer
カースティンの娘とレイチェルと一緒に遊んでいた少女。
「グレイズ・アナトミー」第6シーズン21話「感じるままに」では、クリスティーナがオペに入れず世話を担当することになった、心臓発作の急患の娘ケリー役。子供の苦手なクリスティーナだったが、自分の経験を踏まえて幼い彼女の不安を解消するために「親を亡くすこと」について語ってみせる。
「ザ・ユニット」では、ボブとキムの娘セリーナ役。
「Dr.HOUSE」第3シーズン9話「裏切り者」では、遊園地の乗り物に乗ろうとして異変を起こしハウスが担当することになった6才の少女アリス役。
映画「ハッピーフィート」では、歌姫コウテイペンギングロリアの子供時代の声を担当している。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1462-fb86d4fc

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。