スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミディアム6」第12話「娘からの手紙」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 28.2011 ミディアム 0 comments 0 trackback

WOWOWホームページより
アリソンは、デヴァロス検事の娘・アリアナが自殺したときの夢を見る。
翌日はアリアナの命日だったが、デヴァロスの家に呼ばれたアリソンは、「記念日を祝して」と書かれたカードが彼の元に届いたと知る。
実はデヴァロスの家に着いたとき、アリソンは黒縁の眼鏡をかけた男が、郵便受けに何か入れるヴィジョンを見ていた。男の正体はデヴァロスが弁護士だったときの依頼人で、十代の少女に対する暴行罪で有罪となっていた……。


デヴァロスの娘アリアナは、第3シーズン10話「邪悪な人形」の時同様Miguel Sandovalの実の娘Olivia Sandovalが演じている。
だから冒頭の幼い頃の父娘の思い出の写真の数々は、このエピのためにコラージュしたものではなく、実際のSandoval父娘の写真を使用している。
こういうのって、大抵幼い頃の写真は一人で写ってるものを使用して、ある程度年齢がいったところで親役の俳優さんとの2ショットを作成するというのが相場だが、実の親子だとまんま使えて便利なことだ。

デヴァロス一家は番組開始当初は、「仕事にかまけて夫婦が不仲」という設定だった記憶が。
それが「邪悪な人形」エピで娘の自殺が夫婦の溝の原因だった、と明かされた。その時は娘の死と向き合おうとしないデヴァロスが不思議だったし、アリアナの自殺の原因が今ひとつわからなかった。
結局はアリアナが夫婦仲を取り持つ形でデヴァロスとリリーの関係が改善したのだった。
そしてさらに今回のエピで、ようやく自殺の原因が明らかに・・・ できるならデヴァロスは一生伏せたままでおきたかっただろうに、犯人自身が向こうから絡んでくるとは思いもしなかっただろう。なんとも不条理な逆恨み。
アリアナは命を断つ必要はなかったかもしれない。むしろ自殺してしまったからこそ、デヴァロスが道を曲げてまでガーウィンを有罪にしなければいけなかったともいえる。
時を超えてアリアナ自身が復讐と落とし前をつけて、やっとのことで母親のリリーが救われたのだ。ガーウィンの犯罪によって、被害者だけではなくどんなに多くの人を不幸にしてきたか・・・
それこそ、ハーパーによって思い切り残虐な仕返しがされただろうことを祈る。

しかし、ブリジーの能力は必ず誰かを幸せにしていると思う。
本人やアリソンもあずかり知らないところで発揮されたりもするようで、ブリジーはほんとに天使のような・・・
スパム業者を立ち直らせ、アリアナの復讐に手を貸したブリジー。
あぁ、私の行く公立図書館にもブリジーみたいなバイトさんいないかな・・・
・・・逆に、邪悪な念を持ってるからと、能力で退治されたりするかもしれないが。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆レイプ犯ウィリアム・ガーウィン .... Will McCormack
「ブラザーズ&シスターズ」第3シーズンでは、サラが失業して再就職したITベンチャーの起業家イーサン役。親友のカイルと一緒に会社の出資者を募るためにサラを営業担当で採用する。
「CSI:9」3話「芸術的な死体」では、ブログで犯人を賞賛してバッシングされたウェラー役。犯人をおびき出すために、警察の指示どおりのメッセージを掲示板に書かされる。
「CSI:NY2」12話「幻惑」では、ドラッグの密輸のためにボディペイントのスプレー缶の中身を入れ替えようとしたトッド・ミラー役。
「Dirt」では、ルーシーのゲイの弟レオ役。妻子ある俳優のドーソンと付き合っているが、彼の浮気を知って動揺したことからルーシーのスクープ獲得に利用され情報提供してしまう。
姉は女優のMary McCormack(「ザ・ホワイトハウス」の安全保障担当のケイト・ハーパー役)。

◆デヴァロスの妻リリー .... Roxanne Hart
初登場は第3シーズン10話「邪悪な人形」。夫婦の間には娘のアリアナがいたが、20歳の時に自殺しておりそれ以来お互い自分を責めてギクシャクしていたが、アリソンによって救われていたのだった。
「クローザー」第5シーズン14話「本当の姿」では、終身刑の服役囚ドリス・オズグッド役。プロベンザがかつて担当した事件だったが、鑑定機関の不正のために再審が行われることになった。しかし頼みの綱はドリスの自白だけだったが、当時のプロベンザの相棒は昔とは「別人」になっていた・・・
「ゴースト」第4シーズン8話「愛の奇跡」では、サムの母ナンシー役。ジムの意識が息子に入っているとも知らず、ミシガンにサムを連れ帰ろうとする。「
「クリミナル・マインド」第4シーズン17話「悪魔祓い」では、プレンティスの旧友マシューの母親ベントン夫人役。息子マシューの死を心筋梗塞と偽るが、問い詰められて悪魔祓いを行ったことを告白する。
「BONES」第2シーズン21話「愛ゆえの選択」では、ショッピングカートに入った遺体で発見された少女チェルシーの母シンシア役。チェルシーは早老症だったが、シンシア自身はHIVポジティブで薬も利かない状態だった。
「グレイズアナトミー3」2話「衝動は嵐のように」では、肺がんの手術を前に現実逃避してバカ食いしたり車椅子レースしたりしてアレックスを困らせた患者シーベリー役を演じていた。結局ジョーの店でアレックスと・・・
「Dr.HOUSE」第1シーズン8話「医療不信」では、息子マットへのハウスチームの治療に異を唱えて診療拒否した、マットの母親役で登場。
「NUMBERS」第1シーズン10話「盗まれた核廃棄物」では、核物質を輸送していたトラックの運転手レイの妻役。反核団体を名乗るグループに金をもらって輸送ルートを教えたため、レイは殺害されてしまったのだった。
「コールドケース2」4話「ボス」では、被害者ハンクが彼女に会いたいがために命を賭けて脱獄を図った、恋人のボビー現在版を演じていた。ボビーはハンクが死亡し別の人物と新しい人生を送っていたが・・・
「シカゴ・ホープ」ではアダム・アーキン演じる主役アーロンの妻で婦長のカミール役で第2シーズンまでレギュラー出演。
「ER」第6シーズンでは7話と9話にチャド少年の母親役で2回登場。親子揃ってアルコール中毒なのだが、息子を治療することで自分のことが言われるのがイヤさに治療を拒否しようとする。
「Oz」では第6シーズンにカークの母役で3話登場。私生活では、夫はこれも「Oz」のニコライ役のPhilip Casnoff(「ダナ&ルー リッテンハウス女性クリニック」のロバート役)で、二人の息子の母。
夫は「ダナ&ルー~リッテンハウス女性クリニック~」でダナとルーの上司のロバート・ジャクソン医師役を演じていたPhilip Casnoff。

◆デヴァロスの娘アリアナ .... Olivia Sandoval
初登場は第3シーズン10話「邪悪な人形」。デヴァロス役のMiguel Sandovalの実の娘。

◆アバントゥー王子 .... Rick Worthy
「バトルスター・ギャラクティカ」では医師サイモン役。密かにサイロンの研究を行っている。
「HEROES」第4シーズンでは、マットの同僚刑事マイク役。マットの変化を不審に思っている。
「CSI:科学捜査班」では、ラスベガス市内の病院のドクター役で過去数回登場している。
「メンタリスト」第1シーズン16話「血眼」では冒頭、時限爆弾で死亡した被害者の部下テレンス・アンドリューズ役。彼の時計から以前詐欺霊視を行った過去がジェーンの脳裏に蘇る。
「CSI:10」21話、「CASTLE」第2シーズン24話に登場予定。

◆デヴァロスにビデオを渡したウォルター .... Carlos Sanz
「クローザー」第5シーズン13話「人生の落とし穴」では、被害者の少年マヌエルの父ソト役。ブレンダから息子の件を知らされても反応が薄かったが、実は通話記録からすでに知っていたことが判明する。
「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ」第2シーズンでは、ジョンとサラを教会にかくまうボニラ神父役。
「コールドケース」第7シーズン6話に登場予定。

◆図書館司書のアイケン .... Beth Grant
「クリミナル・マインド」第5シーズン16話「母の祈り」では、長期に渡る連続児童拉致事件で、プロファイリングから浮上したロイスウッド夫妻の妻アニタ役。葬儀社勤務で、都合が悪くなった子供たちを「処分」していた。
「ジェリコ 閉ざされた街」では、雑貨店を営んでいたグレイシー役。爆発後も店を続けていたが、上納を強制された挙句に殺害されてしまう。
「BONES」第3シーズン4話「土の中の秘密」では、農場主ハーディングの妻役。ハーディングとはもめていた、被害者でスーパーの社長フランク・カーティスにいつも口説かれていたが、天然っぽくいつもあしらっていた。
「マイネームイズアール」第2シーズン5話「ロックスター」では、アールがかつて寝たことがあった幼馴染ラルフの母ロレイン役。リストの51番目でそれを謝罪しようと思っていたが、ラルフにばれて殺されそうになり、仕方なくロレインと結婚することに。しかしロレインはトムと寝ていたためにすぐに離婚。
「エバーウッド」第1シーズンでは、デリアが通っている学校の怖い先生ミス・バイオレット役で3エピに登場。
「CSI:3」6話「死刑執行停止」では、連続婦女暴行殺人の罪で死刑になる予定だったジョン・マザーズによって、15年前に被害にあった被害者シャーリーンの母サリー・ロス役。死刑執行が停止になったために、キャサリンに状況を聞きにきて心情を訴える。
「フレンズ」第1シーズン3話「モニカの彼はみんなのもの?」では、フィービーが時々スープを持っていったりしているホームレスのリジー役。フィービーが意図しないのに銀行からもらう羽目になってしまった1000ドルを、彼女にゆずってあげることに。リジーはただじゃもらえないからとフィービーにソーダをおごる。するとそのソーダに・・・
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1473-b9519e4a

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。