スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー6」 第4話「かげりゆく栄光」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 03.2011 クローザー 0 comments 0 trackback

LaLaTVホームページより
ダラスからの護送任務の帰り、フリンとプロベンザは客室乗務員のリンダとアシュリーに声をかけ車に乗せる。しかしアシュリーの部屋に到着し、いざお楽しみとなったその時、浴槽の中に男の死体を発見してしまう。
重犯課が捜査を始め、まず容疑者として浮かんだのはアシュリーの同僚で当夜アシュリーの部屋に泊まっていたはずのライアン・ウェイドだが、彼もまた空港駐車場にある航空会社の職員用のトレーラーの中から射殺体で発見されてしまった。


オヤジ漫才ファンの皆様お待ちかねの・・・
1シーズンに1回は登場する、プロベンザいとしフリンこいしのWボケ漫才のエピでございます!
やはりこの二人が思いっきりボケ倒さないと始まらない。そしてブレンダがあきれ果てて「あんたらとはやっとられへんわ!」とツッコんでシメるというトリオ漫才にまで広がるお約束。
この二人がつるむと、まるでトリュフを豚が発見するかのようにピンポイントで遺体を掘りあててしまうのだから、デカ根性もここに極まれり。

それでも、チームのみんながニヤニヤ笑いのネタにしながらちゃんと事件を解決するのが妙におかしい。
サンチェスもこのところの失態がなかったかのようにつつきまくって・・・「容疑者プロベンザ」って写真をホワイトボードに貼ってたのサンチェスだろ!
ポープだけは「怒らないでね、昨夜フリンとプロベンザが・・・」って切り出されたところで「もう腹がたった」とあきれ返っていたけれど。
みんなそれぞれ信頼し合ってはいるのだけど、それぞれに内心は狐と狸の化かし合いでチーム内がまとまってるという・・・

フリッツはFBIのほうで何と言われようと、「ロス市警FBI出張所」としてやっていくつもりなのか、もう割り切って開き直ってる感じがする。
仕事は仕事でニーズがあってやっているのだろうが、今回はブレンダとポープとの昇進をめぐるもめごとが心配で、ちょっと様子を見に行った感が。フリッツの専門部署ってマフィアとか麻薬関係だっけ??
「愛のFBI介入」とか・・・
オフィスでいちゃいちゃしちゃいけません!
オフィスといえばテイラー・・・ポープも何もはっきりと「間仕切り」とか言わなくても。確かに間仕切りだったけど。
前より広くなったから、ってテイラーそんな事で納得しちゃダメ!
「間仕切り」のオフィスで仕事してるって部下に見られたら、部下は上司自身を間仕切り程度に扱うようになるのに。テイラーの存在感のなさがちょっと心配だ。

「きみが当選するはずもないからな」
うわぁ、ポープ言っちゃったよ・・・
それはブレンダを本気にさせるだけで一利なしだと思うのに、ポープもまだ自分のプライドに目が眩んで、ブレンダの扱い方がわかっていないようだ。
ブレンダのほうが本部長に昇進したら、ポープが全力で妨害工作に走りそうだ。それは間違い無いと思う。
この本部長選出は思ったより根が深いことになりそう。だったらレイダー自身が立候補すればよかったのにね。

げに恐ろしきは出世が絡んだ男の嫉妬。そしてプロベンザの中年の危機。
そしてプロベンザの車は果たして見つかったのだろうか・・・
ブレンダの呪いがかかってると思うんだ。女の子にオバサン扱いされて散々悪口叩かれたとき、中指立てそうになるのをぐっとこらえて隠してメガネのズレ直してたもの・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆CAアシュリー・ロジャース .... Julia Fowler
プロベンザがナンパした方のCA。
「アグリー・ベティ」第2シーズン7話「愛を貫いて」では、ブラッドフォードとウィルミナの結婚式のウェディングプランナー役。ウィルミナのブライズメイドで呼ばれたビクトリア・ベッカムがいないと大騒ぎ。

◆CAリンダ .... Kaitlin Doubleday
フリンがナンパした方のブロンドのCA。
「コールドケース」第1シーズン11話「オフィーリア」では、被害者女子大生ホリー・リチャードソン役。オフィーリアの絵に見立てた彼女の殺害を警察が気づかず犯人が挙がらなかったため、あえて「犯人」が連続殺人を仕立ててリリーたちに解決させようとする。
「FBI~失踪者を追え」第4話「あこがれの街」では、モデル志望の失踪者イブ・クリアリー役。NYに憧れて「誰かみたいな」メイクで写真を撮ってばかりいたので、失踪班にもなかなか元の素顔がわからない。
「クリミナル・マインド」第6シーズン8話、「CSI:11」18話、「私はラブ・リーガル」第3シーズン9話に登場予定。

◆機長マーク・ウィーラー .... Kyle Secor
「ホミサイド」のベイリス刑事でおなじみ。
「 HAWAII FIVE-0」第1シーズン5話「消えた令嬢」では、フィリピン駐在大使リーヴス役。大使の二人の娘の一人は殺され、もう一人を誘拐されたためファイブオーが捜査に乗り出す。
「ホワイトカラー」第1シーズン10話「致命的な症状」では、移植の闇斡旋をしている慈善団体の設立者パウエル医師役。ジューンの孫娘の移植で怪しい動きを見せる。
「ボストン・リーガル」第5シーズン4話「運命の人」では、高名な心臓外科医ロバート・ブルックス役。ロバートはアランがずっと愛し続けていた元恋人のフィービーの夫で、愛人のナース殺害の罪に問われようとしていたため、フィービーがアランに弁護を依頼してくる。
「ヴェロニカ・マーズ」第1シーズンでは、ダンカンの父でケインソフトウェアの社長ジェイク・ケイン役。娘リリーの殺害時、キースに犯人に疑われた。
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン第3話「目撃証言」では、失踪した妻が実は不倫していたと知って苦悩するダンカン・マラー役。
「CSI:4」12話「蝶の亡霊」では、被害者の上司であるルーリー医師役。若い娘にときめく中年の悲哀を主任に指摘され動揺するが・・・

◆トレーラーの管理人 .... Shashawnee Hall
「FBI~失踪者を追え5」19話「復讐する過去」では、サマンサの姉エミリーの失踪の捜査担当刑事トム・キング役。サマンサと共にエミリーの捜索にあたる。
「Life~真実へのパズル」では、主に第2シーズンでFBIの捜査官ボドナー役。再び自分の冤罪事件の真相に迫ろうとするクルーズに「手を引け」と警告する。
「クリミナル・マインド」第4シーズン6話「幼児誘拐」では、連続幼児誘拐殺人事件を担当しているラスベガスの地元警察のアシュビー刑事役。
「ミディアム」第3シーズンでは、アリエルの学校の校長先生役で3エピに登場。
「BONES」第1シーズン14話「6人目の死体」では、飛行機事故の現場でザックに偉そうな口をきかれてしまった、事故現場の責任者で国家安全保障省のイアン・ダイソン役。
「CSI:NY」第1シーズン5話「1マイルに1人」では、NYの地下水道工事の現場監督役。
「ザ・ホワイトハウス3」9話「思わぬ訪問者」では、国務省のラッセル・アングラー役。ジョージア州で殺人事件を犯した少年を逃亡先のイタリアから引き渡してもらうにはどうしたらいいかという相談をするため、ジョシュがお知恵拝借の面会をした相手。
「ER」第3シーズン21~22話では20話「受難」でグリーン先生が暴行された事件を担当しているシカゴ署の刑事役。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1487-e8272369

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。