スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミディアム6」第19話「小さな目撃者」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 09.2011 ミディアム 0 comments 0 trackback

WOWOWホームページより
強盗事件が立て続けに2件発生する中、デュボア家の近隣で家主が強盗に殺害される事件が発生。そしてアリソンの娘・マリーが逃げる犯人を目撃し、アリソンもそれを夢でキャッチする。
これを機に、デュボア家は警報器を設置する。
アリソンの夢で、犯人は近所に住むジョシュ・ベリーマンだと判明し、マリーが面通しに立ち会う。だがマリーは「犯人の顔を覚えていない」と言い出し、さらには夜中に警報器の前で奇妙な行動に出る……。


マリーたん大きくなったなぁ。
1stじゃほとんど赤ん坊でばぶばぶだったのに、しっかりセリフもたくさんこなしてメイン張るまでに。
6年の歳月だな・・・
メインになっていなかったブリジーも、ポイントポイントでオチになっていたし。彼女はほんとに自分の役割をよくわかってると思う。
まさに三姉妹の成長を見守ってきたドラマだ。
マリーたんを演じているのは双子ちゃんで、一時期Madisonちゃんのほうが出演をお休みしていた時期があったのだが、今シーズンは結構復活していたようだ。
今回みたいにアップで演じていると、さすがに「違い」がわかってくるくらいにはなっている感じなので、シーズンが長く続いていたらお互いにキャリアについて考える時期に入っていたのかも。
設定はそんなに学年が変わらない感じのマリーとブリジーだが、演じている双子ちゃんとMaria Larkちゃんは5才違い。ということは、シーズンが始まった頃のブリジーは今のマリーたんくらいだったという・・・
ブリジーってほんとに「達者」なんだな。

防犯装置がしゃべるというのは、原題「SAL」から連想されるように「2001年宇宙の旅」が元ネタなのだろうが、微妙に「ポルターガイスト」っぽくもあり、煽られない恐怖がしんしんと迫ってくる感じだった。
モルハーンは生前ユーモラスで面白い人だったのだろうか・・・もっと早くにアリソンと知り合っていたら、人生最後の決着のつけ方も多少は違ったものになっていただろうに。
それに、本人は全く罪悪感無く「アレは自殺」と言っていたが、まっさらの人間が殺人に手を染めるか染めないかは大きな違いがあると思う。ベリーマンは「人を殺してみたかった」という衝動と欲求を実際に満たしてしまった。超えてはならない一線を超えたのだ。
彼がそれで満足して一生穏やかに生きて行くならそれでいいけど、平然と未亡人に会いに行くあたりが恐ろしい。まぁ演じてるRaphael Sbargeが毎度のトホホ感を醸し出しているからまぎれているけれど。

アリエルは大学受験の年!SATもばっちりとか、お姉さんの安定感!
すっかり第二のお母さん的ポジションだが・・・あ、ということは、来シーズンからアリエルは家を出てしまうってことか。あああ、ジョーが泣くだろうな。
なのにその大事な面接があんな身勝手な幽霊のために打ち砕かれてしまうとは・・・
「え、そこで終わり?何かオチは?」と思った方も多いかもしれないが、あそこで終わりで、続きはないようだ。少なくともハーン博士と妻のソンドラの出演によるフォローはないようなので、アリエルのサウスフォーク大進学の夢は絶たれた。
「ご主人の幽霊が」とは説明できないし、かえって状況を悪くするおそれがあったから・・・正義感でしたことなのにね。アリエルも悪い意味で「世間を知ってしまった」ということか。
ああいう時に幽霊ってほんとに役に立たない。まずいものは生きてるうちに消去!
頑張れアリエル。きっともっといい大学に合格するから。アリエルに今言える言葉は
「前向きに!」だな・・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆殺害されたマット・モルハーン .... Jonathan Silverman
「女検察官アナベス・チェイス」第2シーズンでは、コンロン次席検事の検事総長選挙の参謀のピート・ダーキン役。後にコンロンの選挙の資金集めで彼の不正が発覚する。
「CSI:マイアミ3」3話「愛の奴隷」では、被害者の恋人ジェイ・シーヴァー役。さらに彼の仕事上のライバルまで殺害され、2つの事件で容疑者となるが・・・
「フレンズ」第1シーズン23話「ベビー誕生!」では、出産するキャロルの主治医フランツ・ブラウ役。イイ男だったので当時まだロスの気持ちに気づいていなかったレイチェルが接近を図ったが、何しろ産婦人科なので色々「見過ぎてる」と・・・
映画「バーニーズ あぶない!?ウィークエンド」では、主人公ラリーの同僚で準主役のリチャード役。ラリーにのせられて社長の遺体を生きてるように見せかけてアブナイ週末を送ることに・・・
妻は「女検察官アナベス・チェイス」のアナベス役のJennifer Finnigan。

◆ハーンの妻ソンドラ .... Melinda McGraw
「Mad Men」第2シーズンでは、コメディアンジミー・バレットの妻ボビー役。ジミーのトラブルの収拾でマネージャー的存在のボビーと交渉するうちに、ドンは深い関係に陥っていく。
「CSI:9」14話「チームワーク」では、グリフィス議員夫人役。グリフィス議員は愛人殺害容疑で裁判の被告となっていたが、実は不妊治療の末に妊娠した夫人が、愛人の性病をうつされて流産したことから、恨みを募らせての犯行だった。
「CSI:マイアミ7」6話「白百合の墓」では、ギャングの殺人を目撃したことを証言しようとしていたキャンベルの妻ベス役。カリーたちが保護していたのに夫が殺害されたことで、激しく非を責める。
「ザ・ホワイトハウス」第7シーズンでは、ジェイン・ブラウン共和党全国委員会委員役。サントス陣営に追い上げられてずたずたになったヴィニック陣営のテコ入れのために選挙参謀として介入。16話では、投票終了後の高揚でブルーノが女を選挙事務所に連れ込んだところ、ひとりジェーンが残っていて気まずいことに。
「ジャーニーマン」12、13話では、ケイティの姉アネット役。ダンのタイムトラベルのことを人に言えず悩みがちな妹を心配し、霊能者を家に連れてくる。
「BONES」第2シーズン5話「嘘に溶けた真実」では、重婚で二重生活を送っていた、被害者ラリーの一方の妻シーバー役。妻たちは協力してラリーを問い詰めようとしたが、その前にラリーが自殺に見せかけられて死亡していた。そこで・・・
「デスパレートな妻たち」第1シーズンでは、トムの元彼女アナベル・フォスター役。リネットの前に付き合っていたが、リネットに略奪された傷心で会社もよその部署に移っていたが、同じ部署に異動したのをトムはリネットに隠していた。しかし重役争いでアナベルはトムを出し抜き、結果としてトムが前の会社を辞めるきっかけを作る。
「アリーmyラブ5」6話「青春の落し物」でナンシー役。何度も結婚詐欺で訴えられたために、裁判所命令で50歳以上の男性との結婚を禁じられていたが、リチャードの無茶な裁判のせいで勝訴。ところが相手の男性は覆面捜査官だったというエピソードだった。
「Xファイル」ではスカリーの姉メリッサ役。「魂の交流」で人と会話しスカリーとは好対照な姉妹だったが、第3シーズン1話「祈り」でクライチェックにスカリーと間違えられ、殺害されてしまう。
映画「裸の銃を持つ逃亡者」ではヒロイン、「ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々」では開発部の美女リアーン役。
他、ドラマでは「あなたにムチュー」「となりのサインフェルド」「ザ・プラクティス」などのゲスト出演あり。

◆ご近所のジョシュ・ベリーマン .... Raphael Sbarge
「ディフェンダーズ 闘う弁護士」2話「ローラの不注意」では、ピートが担当することになったウォルター役。勤め先の宝石店の金庫から1万ドルくすねて競馬で勝つが、店長が盗難に気づいてしまった。
「デクスター」第5シーズン3~5話では、内部調査部のマッコート役。ラゲルタとしょっちゅう二人で会っていたことから、エンゼルは浮気を疑うが・・・
「コールドケース」第5シーズン1話「プール」では、被害者ジャックの父ヘンリー役。幼少期虐待されていたことから暗闇恐怖症で、全部の部屋に懐中電灯を置いていたほど。地下室でそれを息子ジャックと友人たちに笑われ・・・
「プリズンブレイク」第4シーズンでは、リタの家に聖書を販売に来たラルフ・ベッカー。Tバッグに怪しまれて拘束され、信仰を前面に出して命乞いしたため助かるが、実は・・
「BONES」第3シーズン1話では、アンジェラの夫探しを最初に依頼された探偵役で登場。ジャックの財産を使って大規模に捜索を展開するが、アンジェラの記憶があいまいで困ってみせる。
「CSI:マイアミ5」11話「落日のテロリスト」では、テロ組織アルカーディルの一味ソニア・バラクが銃撃され、彼女の弁護士タニンジャーが死亡した事件で、狙撃現場から逃げたコルベットの持ち主クレイグ・エドワーズの弁護士ラリー・フリモント役で登場している。
「グレイズアナトミー3」22~23話では、アディソンが訪ねたLAのクリニックで、1年半も「できない」と妻を夫婦生活から放置した夫のポール役で登場。
「CSI:NY」第1シーズン22~23話では地方検事役で登場。22話「クローザー」ではマックが被告のサリバンから再捜査するように言われて調べなおした事件で、当時その事件を担当した検事が彼。
「クローザー」第2シーズン10話「守るべき家族」では、遺体の第一発見者となった郵便配達人デレク・ドレイパー役。しかし実は事件に深く関わっていたキーマンだった。
「FBI~失踪者を追え!」第3シーズン3話「光の記憶」では、失踪者テディのいとこレオ役で登場。レオの父に性的虐待をされていたテディを助けようとして、父を殺そうとするが失敗。そのため半身不随になった父の面倒をずっと見続けているのだった。
「NIP/TUCK」第3シーズン6話「フランケンローラ」では、葬儀屋の従業員で顧客の遺体からパーツを切り取って自分の妹の遺体をリニューアルしていた男、サイラス・プライン役で登場。
「ER」第11シーズンの16、17話では、ぎっくり腰と言って来ていた患者カーケンドル役で登場。ニーラは自分のイライラからつれなくあしらっていたが、妻の死で落ち込む日にはボディスーツを着ている話でやっと彼の心に触れる。しかし大動脈瘤を見逃していたために破裂の処置でガラントとゆっくり話ができなかったのだった。
「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」ではニックの同僚弁護士ジェイク・ストラカ役でレギュラー出演。
「CSI:5」8話「第三の性」では、被害者ウェンディの婚約者ラナー役で登場していた。ウェンディが性転換者だとは知らずに婚約し、つつましい愛を育てていたかわいそうな男だった。第10シーズン11話「青いドレスの女」では、二人の娼婦と見せかけた窃盗詐欺のターゲットにされたドナルド・フィオーレ役。襲われたものの返り討ちにしたが、逆玉の妻に事件がバレるのをおそれ、正当防衛のはずが隠蔽しすぎた男。
「Six Feet Under」第1シーズン7話「兄弟」ではゲイ疑惑がかかった神父クラーク役を演じていた。ほかに「プロファイラー/犯罪心理分析官」「チャームド~魔女3姉妹」「スタートレック・ボイジャー」など、ゲスト出演多数。

◆アリエルの友達ハンナ .... Holliston Coleman
初登場は第2シーズン4話「眠りの中で」で、アリエルの初恋の彼に一緒にときめいていた。それ以来ずっと仲良し。
「プライベート・プラクティス」第1シーズン6話「優しい嘘」では、多発性硬化症の母を介護する娘テス役。たびたび怪我をする彼女に、クーパーは母親から虐待されているのではと疑い、告発する。
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第6シーズン7話「信者の悲劇」では、病院で妊娠が発覚した12歳の少女メラニー役。彼女はカルト団体で共同生活を送っており、リーダーによって妊娠させられていたのだった。
「アリーmyラブ」第1シーズン4話「ラブ・アフェア」で、アリーがかつて大学時代に不倫関係にあったドーソン教授の娘カーラ役で登場していた。カーラは4歳の時にアリーと教授の三人で会い、6年後葬儀の時アリーを見てそれを思い出すのだが、彼女は4歳の回想シーンのカーラを演じていた。
「ER」第8シーズン15話「再発」では、父親を撃ってしまった少女ブリアン役。母親はジャンキーで、父親は「寝てる間テレビをつけると銃で撃たれるから先に撃った」と幼子に言われるような父親という家庭に生まれた娘という難しい役だった。
弟のBobby Colemanは第1シーズン12話「蘇った死刑囚」で、アリソンの夢の中に出てくる指を切られた少年役で登場していた。他に「プライベート・プラクティス」第3シーズン10話「傾く天秤」で異食症のためにホッケーマスクをつけられた少年オリバー役や、映画「ラスト・ソング」でマイリー・サイラスの弟役など。

◆モルハーンの妻エイミー .... Annika Peterson
「CSI:NY3」22話「暴かれたコールドケース」では、ステラの里子仲間でかつての親友だったミンディ役。「コールドケース」とのクロスオーバーでスコッティが追ってきた事件を追ううちに、ステラはミンディが里子時代に虐待されていた事実と直面することになる。そして身を隠していたミンディと再会するが・・・
「NUMBERS」第1シーズン4話「危険な高層ビル」では、コールの秘書レイチェル役。実はコールの愛人で、彼が妻と離婚しない恨みを裏の不正行為に手を染めることで果たしていたのだった。
「CSI:マイアミ」第1シーズン18話「ネディア・キーレの正体」では、証拠品処分の情報が外に漏れたため、CSIのメンバーに内務監査として行われたポリグラフの試験官役で登場。

◆アラン・ハーン博士 .... Greg Germann
「アリーmyラブ」で、アリーを事務所に誘った「ケイジ&フィッシュ事務所」のシニアパートナー、リチャード・フィッシュ役でおなじみ。独特な「フィッシュ哲学」を持ち、一種変わった法解釈とジェンダー論を法廷でぶちかまし、女性のたるみをこよなく愛すリチャードは、「アリー」の不変な核となる存在だった。
「HAWAII FIVE-O」第1シーズン14話「無実の男」では、娘ニコールが誘拐されたのを一人救出しようとしていたロバート・ロヴィン役。しかしその誘拐には裏があった・・・
「ゴースト」第5シーズン8話「愛と憎しみの果てに」では、メリンダにつきまとい、妻に殺されたと訴える幽霊カーク・ジャンセン役。
「CSI:9」19話「スカイハイ」では、瞑想中に死亡した被害者の教会を乗っ取って次の指導者となった聖ジョージ役。彼の禅問答のような受け答えのせいで捜査は無駄に混乱させられる。
「CSI:NY6」2話「ブラックリスト」では、マンハッタンの電子システムをハッキングして恨みを晴らそうとする「墓堀人」ことヴィクター・ベントン役。このエピでは当初声だけ、やがて目だけという登場で、軽妙な役柄が多かった彼のギャップがショッキングな演出となっている。
「デスパレートな妻たち」第2シーズン12話「ねじれた関係」では、スーザンがブラインドデートで出会った男性ジム・ハルバート役。大ハズレだった上に頭をぶつけあって病院に行くハメに。しかしそこで担当のロン先生に出会ったのでスーザン的にはプラマイゼロ。
ブロードウェイでも活躍しており、映画では「スウィート・ノベンバー」では、キアヌ・リーヴス演じる主人公ネルソンの仕事仲間役で、かなりいい味出している。
他に「今そこにある危機」「天国からのチャンピオン2002」「チャイルドプレイ2」など。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1491-4914cd1f

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。