スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち6 第18話「負けるが勝ち」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2011 デスパレートな妻たち 0 comments 0 trackback
【ガブリエル、スーザン】
毎年恒例の学校のチャリティチョコレート売り競争で、スーザンはMJに一等をとらせて「成功」を体験させたいと思い、必死に売り込みを開始する。
しかしガブリエルもまた、転校したばかりで友達のいないホアニータに、一等をとらせてきっかけにしたいと考えていた。そこで母親二人の手段を選ばないチョコ売りバトルが繰り広げられるが・・・

【ブリー】
アンドリューはサムが腹違いの兄だと聞かされやはりショック。ヴァンデカンプ家の一員としてサムを受け入れようと、ダニエルまで呼んで食事会を開くことに。
しかしブリーの理想の息子を演じているかのようなサムにアンドリューは嫉妬メラメラ。さらにサムがレックスの面影を思い起こさせる様子を見て、オーソンも危機感と不信感を抱くようになり、二人の意見が一致する・・・

【リネット】
イリーナとプレストンが部屋でイチャイチャしているので、リネットはけじめがないと激怒する。
親と同居だから好きにできないと、二人は部屋を借りて出て行くと言い始める。どうせ収入がないからそれをきっかけに別れるだろう、とリネットは高をくくる。
しかしプレストンが休学して精肉工場に就職するというので、息子の将来が滅茶苦茶になる、と愕然とする・・・

【キャサリン】
別れを告げたものの、やはりロビンと離れられないキャサリン。しかしマクラスキーのお祝いパーティにカップルで出かけてご近所にカミングアウトするのには大いに抵抗がある。
そんなキャサリンの態度にロビンは苛立ちを抑えられず、パーティで喧嘩して皆に知られてしまった。
キャサリンはマクラスキーに相談し、「別れるか、引っ越すか」の二択しかないと考える・・・

【ボーレン家】
アンジーがNYで、ダニーの父親のことを母のローズに話したことが、ニックは気に入らない。いっそ他の誰かから聞かされる前に自分から話そうとするが、アンジーが慌てて引き止める。
ニックはずっとダニーと暮らしているうちに、実の息子として深い愛情を感じるようになっていたのだ。
その頃NYでは、ローズの隣人アイリスがローガンに連絡し、アンジーの行方について情報を与えていた・・・

------------------------------------------------------------

スーザンとガブリエルが再びガチンコキャットファイト。母親になって、ガブリエルはなおさら攻撃性が高まった気がする。
前はこの二人、バツイチシングルマザーとリッチな子供なし夫婦で、余り接点がなかったからぶつかることもなかったが、何のいたずらか同年代の子供の母親になってしまった。
子供同士は性別も違うし、タイプ的に双方ガツガツしてないから喧嘩にもそうそうならなさそうなのに、母親同士がお互いを意識しまくりで・・・
MJの成功体験も、ホアニータの友達作りも、親がそこまで必死になることじゃないと思うんだけどねぇ。自分たちで何とかしないで親がセッティングしてあげた「経験」なんて、結局実にならないで瞬間で通り過ぎるだけのような。

わぁぁパトリック・ローガンがキャプテン・ジャック・ハークネスだった!!
「トーチウッド」をご覧になってない方には馴染みのないイケメンだと思われるが、ジャックは、男女どころか人間も宇宙人も構わず愛をばらまいてしまう、節操のない「歩く不死身のフェロモン野郎」なのだ。
ニコニコ綺麗な顔してエグいことをやらかすキャラなのはどこ行っても同じか。早速人殺してるし。

そしてキャサリンはこれにて退場の巻・・・
なんだか片付けられちゃった感じが否めない。ロビンとカップルでもう少しいてもらったら色々使いでがあった気がするのだが。
あれだけプッツン女扱いされたんだから、もう何言われたってさほど変わらないって開き直って欲しかったんだが、まぁストーリー進行的に「戦力外通知」ってことなんだろうから、どうしようもない。

イリーナは・・・ あのリネットが本気でシメたりしないのが不思議。
やっちゃえよリネット! って思ってしまったり。

------------------------------------------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆アンジーの元彼パトリック・ローガン .... John Barrowman
「ドクター・フー」と、そのスピンオフの「トーチウッド」の、キャプテン・ジャック・ハークネス役でお馴染み。不死身で男女もエイリアンも問わず愛する博愛の男。
「ホテルバビロン」第3シーズン6話「新米支配人の初日」では、ホテルにやってきた映画監督サイモン役。スタッフ一同で撮影にやってきたが、主人公二人の気が合わず撮影が難航、制作が中止になりそうでホテルのスタッフに当たり散らす。
映画「プロデューサーズ」では、劇中最悪ミュージカルの中で「春の日のヒトラー」を歌っているシーンに登場。

◆MJとホアニータの先生コリーン .... Wendy Benson-Landes
初登場は今シーズンの13話。スーザンがMJの算数のクラス分けで彼女に食って掛かったことから、他の父兄にランクの秘密がバレて騒ぎに。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1506-86ecab36

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。