スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち6 第19話「災いの足音」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2011 デスパレートな妻たち 0 comments 0 trackback
【ガブリエル】
リーとボブの喧嘩の原因が卵子提供が白紙になったからだと聞いて、ガブリエルは軽い気持ちで「私の卵子を使えば?」と言い出してしまう。
それを聞いたカルロスの大反対にも耳を貸さないガブリエルだったが、生まれる子供は自分の子供ではなく、もし男の子が生まれて「初めての息子」であっても、リーとボブが引っ越すために成長に関わることができないのだと知って迷い始める・・・

【ブリー】
アンドリューがサムの学歴詐称を暴くが、サムが休学の理由を「母の死を看取るため」と言うので、ブリーも強くは責められない。
逆にサムからアンドリューの食材のピンハネを指摘され、ブリーはアンドリューをクビにせざるをえなくなる。
しかしこれは「母子のいつものパターン」で、また仲直りして元通りになる、とブリーから聞かされたサムは、二冊目出版の試食会を使ってアンドリューを陥れようと・・・

【スーザン】
マイクの仕事用の車が差し押さえになったことで、マイクが経済的にひっぱくしていることが明るみに。
援助を申し出てもマイクは男の意地で拒絶するため、スーザンはご近所に水まわりトラブルをわざと作って、マイクに仕事を頼んでもらうように仕掛けるが、あっさりばれてしまう。
この借金地獄を立て直すため、マイクは密かにカルロスに援助を申し込む・・・

【リネット】
イリーナがロシア系ドレスショップの店員を顎で使ったため、店員はこっそりイリーナのロシア語をリネットに通訳してくれた。
その内容にただならぬものを感じてリネットは移民局に通報。結婚式当日になって、イリーナのロシアでの結婚や他の男たちにはたらいた詐欺が発覚する。
結婚は取りやめになってプレストンは落ち込むが・・・

【ボーレン家】
ダニーはカフェでバイトを始めるが、そこにローガンが客として小説家を名乗って訪れるようになる。気やすく話しかけてダニーとすっかり顔なじみになるのに成功。
そうとは知らず、アンジーは家での物音に怯えるように・・・

------------------------------------------------------------

ボブリーが別れるなんて、そんな
まだ二人共7thの終わりまでは出演しているようなので、復縁のチャンスはあるのかもしれないが、このまま別れたままだったらどうしよう・・・
ああ、アンドリューというGの悪魔もいるしなぁ!
出て行ってしまったリーだけど、どうせならリーの方が残って欲しかった(おい)。「マッチ一本火事の元~」って叫んで走ってくるリーはほんとにかわいかったんだもの。
しかしガブリエルはこの養子の件についてなんだかんだで引っ掻き回して期待持たせたりと、中途半端な関わり方をしてきた。周囲に養子でのトラブルがなかったりするとアメリカでもあんなもんなのだろうか。
もしキャサリンとロビンのカップルが残っていたら、どっちかに頼むとかいう手もあっただろう。パパが二人にママが二人・・・うわ、子供にとってはとてつもなく複雑かも。

そして、ジュリーの襲撃から始まった一連の事件の「犯人」がやっとこのエピで明らかに・・・
エディかぁ・・・。なるほど。
ジュリーや他の子は別として、イリーナはエディがやらなくてもいつかは殺されたろう、っていうキャラだからあまり驚きはないが。
でもこれでプレストン、また疑われちゃうんだよね、きっと。警察のプレストンの資料は真っ黒だろうし。

------------------------------------------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆ブリーの出版編集者ブルース .... Christopher Rich
初登場は第5シーズン16話「夫婦の力学」。リネットがトムの就職のためにブリーの担当編集者であるブルースを紹介してもらったのだった。
「CSI:10」5話「コーチM」では、西ラスベガス大のアメフトチームのコーチジミー・ミラー役。勝利の翌日殺害されたが、本人は襲われたことに気づかず新聞を取りに来て倒れて絶命。
「ボストン・リーガル」第2~5シーズンでは、アランと気が合わない弁護士のメルヴィン・パーマー役。アランの方としては避けて寄りたくない存在だが、なぜかメルヴィンにはなつかれたり出会ったりすることが多い。

◆移民局の女性捜査官 .... Sarah Ripard
リネットに共感して調べてくれた姑捜査官。
「プライベート・プラクティス」第2シーズン4話「時を戻して」では、レイプされた娘の処女膜再生手術を依頼してきた母親役。実はレイプは嘘で恋人との性交渉だったが、アフガニスタンで別の人物との結婚を控えているため、すべて承知で手術を依頼してきたのだった。

◆移民局の男性捜査官 .... Justin Dray
独身なのでリネットに共感しなかった捜査官。
「アイカーリー」36話(NHK放送順による 実際は第2シーズン10話)「”フレッドの世界”」では、フレディの所属する数学クラブのメンバー役。「フレッド・ビデオ」をフレディが貶したことで、ルーカスが制作をやめる宣言したことから学校でフレディに非難轟々、フレディは数学クラブも追い出されてしまう。

◆ロシア系のドレスショップ店員 .... Marina Benedict
「FBI~失踪者を追え」第3シーズン17話「孤独な闘い」では、ルーマニアから人身売買とは知らずNYに売られてきた少女役。
「ゴースト」第3シーズン1話「母の秘密」では、店の客ジェニファー(Jayma Mays)の母親役。メリンダの母が能力とうまく向き合えなかったことの余波で、ジェニファーの母を事故に巻き込んで死なせてしまったのだった。
「CSI:マイアミ9」6話に登場予定。「トーチウッド」第4シーズンからサブレギュラー出演の予定。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1507-df9c21f2

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。