スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち6 第21話「遺恨」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2011 デスパレートな妻たち 0 comments 0 trackback
【ガブリエル、スーザン】
マイクがカルロスから借金したことは、スーザンとガブリエルには秘密になっていた。しかしその元手をあてにしてスキーロッジを買いたいガブリエルは、会社の担当者ラリーに問い詰め、あっさりマイクの借金を知ってしまう。
一方スーザンは、おばからの遺産でもらったグランドピアノを、いつもの仕返しでガブリエルに「買った」と自慢したくて仕方がない。
マイクは借金している手前、そんな浪費の話をカルロスに聞かれると困るので「絶対に言うな」と釘を刺すが、スーザンがそれで済むわけもなく・・・

【ブリー】
買い出しに行ったスーパーで、店員の女性とサムの様子がおかしかったので不審に思ったブリーは再びその店に行って確かめてみる。するとその女性リリアンはサムの実の母親で、亡くなったというのは嘘だった。
ブリーが問い詰めるとサムは開き直り、レックスが以前「いい生活をさせたいから息子を引き取りたい」と申し出たことをリリアンが勝手に断ったのは、自分への愛情がないからだとブチ切れる。

【リネット】
エディはリネットをよく助けていい子で生活していた。ところがポーターがリネットの親心を当たり前に思っている様子を見せたことで、突然エディはキレて殴りかかる騒動を起こす。
話を聞いたリネットは、自分を見失いそうになった時のコントロール法をエディに教える。その一方でエディにカウンセリングを受けさせようと思うが・・・

【ボーレン家】
ローガンはダニーがバイトするカフェに通って、着々と距離を詰めていた。しかし客として来ていたニックとダニーの良い親子ぶりを見せつけられ、そこでローガンは夜中ジョギングするニックをひき逃げする。
車の様子からただの事故ではなく狙われたものだと気づいたニックは、アンジーに逃げるように言うが、もう逃げることに疲れたアンジーは、ダニーだけ先に逃すことに・・・

------------------------------------------------------------

ブリーの、お仕事での材料の仕入れはその辺のスーパーなんでしょうか・・・
っていう疑問はさておき。
サムの裏の顔は「やっぱりなぁ」っていう。前回のエディの母親の子育て投げっぷりはひどかったが、このサムの母の「あの子は複雑な子で」っていうのも微妙に投げてる感が漂う。
アメリカのドラマとか映画で、相手に対して「説明したいんだけどできません」っていう時に使われるのが「複雑なんだ」っていう言葉。これが出てくると、「お前それ説明する気無いだろ、っていうかお前自身理解してないのになんでこっちに関わらせる?」っていうニュアンスを相手に与えてしまう、とってもNGなキーワード。
それが、母親が子供の性格に対して「複雑な子で」っていうのは、すでにかなり前にお手上げ状態になって自分ではどうにもならなかった、というのが行間に漂いまくる。
どうダメなのか、他人に説明したら自分がひどい人間だって思われるからできないけど、でもあなたを傷つけるのは間違いないから逃げてーって感じだろうか。かなりひどい。
とはいえ、サムもサムで、
「愛してたら、僕がいい人生を送るチャンスを潰すもんか!
・・・母親の愛情の選択を全否定ときた。
どれだけ貧乏がサムの子供時代の性格を歪ませる結果になったのか、生活に追われる余り、愛情を注いで示す暇すらなかったからなのか。
レックスも罪なことをしたものだ。もしそれでブリーに後から話したとして、サムの子供時代がより幸せなものになったとはとても思えないのだが・・・

一方エディは、生まれて初めて温かい家庭を味わうことができている。
持たざるものには、持っていて当たり前の、愛情にあぐらをかいているポーターが許せない、っていうのが切ない。
そしてそれを家族の中で解決する方法を知らなくて、いきなり殴りかかるエディ・・・
しかし、リネットは母性のあまり自分の家の中にモンスターを知らずに連れ込んでしまったわけだが、出産間近で大丈夫なのだろうか。

そのことを考えると、スーザンの経済問題とかくだらんミエでの揉め事がほのぼの話に思える。
長く付き合ってても、まだガブリエルに対してミエをはりたいとか・・・無駄な抵抗だよなぁ。

------------------------------------------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆サムの母親リリアン .... Linda Purl
「クリミナル・マインド」第5シーズン23話「暗闇の殺人鬼」では、BAUが捜査に乗り出すきっかけとなったLAのエヴァーソン夫妻殺害事件で、夫の前でレイプされながらも「殺されなかった」妻のコリーン役。コリーンはなぜ自分は殺されなかったのかという疑問を抱くが、彼女を生かすことで犯人は支配したつもりになっている。とロッシとリードが分析。
「BONES」第4シーズン18話「愛する者との再会」では、被害者の医師ウェルトンの大口の支援者アネンバーグ夫人役。彼女は息子を研修医として受け入れてくれと頼んでいたが、ウェルトンが拒絶し争っていたことから容疑者の一人として名前があがる。
「コールドケース」第2シーズン17話「保険金」では、妻殺しで有罪となった元医師スティーブンに夫をオペで殺されたダイアン役現在版。スティーブンの妻リンジーの友人だったが、一方でスティーブンと不倫関係に。
他に70年代の人気コメディ「Happy Days」など。
オフィシャルサイトあり。映画「バニシング・チェイス」でテロ組織に立ち向かうヒロイン役など、出演作多数。
出身はコネティカットだが日本で育ち、調布のアメリカンスクールを卒業後は東宝芸能アカデミーの初の外国人研修生として演劇を学び、「王様と私」のルイス(家庭教師アンナの息子役)などを演じていたという経歴から、日本語は普通に堪能らしい。
かつて裕次郎映画で順調だった石原プロが、77年に本格的国際映画を作ろうとして、結果大赤字を抱えてしまったいわくつきの映画「ある兵士の賭け」にもローズ役で出演している。
今まで4回の結婚をしているが、二番目の夫Desi Arnaz Jr.は「アイ・ラブ・ルーシー」のLucille Ballの息子。三番目の夫は「Lie to me」の脚本・製作のAlexander Cary。彼との間に一子をもうけている。

◆カルロスの部下ラリー .... David Berman
「CSI:科学捜査班」の検死官助手デヴィッド役でおなじみ。
「私はラブ・リーガル」第1シーズン4話「愛しのデヴィッド・ベッカム」では、裁判所の廷吏ハンク役。ジェーンが臨死以前にデートしたことがあったためハンクから色目を使われるが、ジェーンは記憶がないため困惑する。
「Heroes」第1シーズン10話「6ヶ月」では、サイラー登場エピでサイラーに真っ先に殺害されるブライアン役。
「CSI:科学捜査班」「BONES」「私はラブ・リーガル」のプロデューサーJosh Bermanのきょうだい。

◆エディのカウンセラー .... Matt Riedy
「コールドケース」第6シーズン1話「勇者」では、大学アメフトの選手たちにステロイドをドーピングしていた、町医者のレイソン役。
「マッドメン」第2シーズン2話「アメリカン航空1便」では、ドンが日本料理店で会食したモホーク航空のヘンリー・ウォフォード役。ドンのことを信頼していたモホーク側を切って、事故をきっかけにより大手のアメリカン航空を顧客にしようという思惑がモホーク側を激怒させる。
「プライベートプラクティス」第1シーズン1話「最低で最高のはじまり」では、人工授精のため精子を採取中脳卒中で亡くなったケン・ウィルソン役。ところが彼の死後カップルの相手レスリーは愛人で、妻のマリアは彼女への精子の引渡しを拒否し大騒ぎに。
「ラスベガス」第3シーズン21話「爆破予告とシェフ対決」では、爆破予告を通報され捜査に来たが、信用せずすぐ帰ってしまったFBI捜査官役。
「NCIS」第5シーズン8話「 狙われたタクシー」では、冒頭タクシーに乗っていて殺害された海軍少将ケネス・カークランド役。当初彼がターゲットと見られたためにNCISが出動するが、検死によって目的は一緒に殺害されたドライバーの方だと判明する。
「アグリー・ベティ」第2シーズン1話「悲しみを越えて」では、アマンダ両親の友人ボブ役。アマンダが実家に帰ったところ、どうもスワッピング?4P?の最中だったようで、アマンダ両親とパジャマ姿で出てきた。

◆エディの家の隣人の女性 .... Susan Grace
「ミディアム」第3シーズン7話「母子の事情」では、アリエルの先生役。彼女の授業中アリエルは居眠りをして、殺害された少女クレアの霊を見るようになり、怖くて眠れなくなってしまう。
Topher Grace(「ザッツ70’sショー」のエリック・フォアマン役)のおば。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1509-ae7746ba

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。