スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私はラブ・リーガル2」第3話「ロマンスへの長い道」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 31.2011 私はラブ・リーガル 0 comments 0 trackback

WOWOWホームページより)
ジェーンの今回の依頼人は、同じ男性の結婚詐欺に遭ったふたりの女性。ふたりは最初は互いをライバル視していたが、やがてジェーンの提案で男性を共通の敵として訴訟を起こすことに合意する。
だが、その男性の弁護を担当するのは、ジェーンと別れたばかりのトニーだった。ふたりは公私混同を抑えながら交渉を進めるが……。
一方その頃、キムは自身の妊娠疑惑を抱えて動揺していた。父親はグレイソンだと思われたが……。


どうしてもこのドラマを「カエルに変えられたお姫様」と、それに気づいた王子様のキスで元通り、めでたしめでたし、っていう方向に期待してしまうメルヘンな自分がいて、「グレイソンがキムと」とか「ジェーンがトニーと」っていう方向に進んで行くことに拒否反応が。
トニーとジェーンならいつかは壊れるだろうと高をくくってる部分があるのだが、グレイソンは・・・義理堅いので、今回のように妊娠なんてことになったら責任をとろうと必死になってしまうだろうと・・・。
でも今回の展開を見ると、きっぱり前に進もうとしているジェーンは、そろそろグレイソンへの気持ちにケリがついているのかもしれない。
ジェーンみたいに「中」に二人いて、元々のデビーとジェーン化した新しいデビーとの二人がタンゴを踊ってる状態だと、「運命の人が二人」っていうのはぎりぎり許せる範囲内かもしれない。
でも三人目がいたら、それはただの浮気者。
「三番目が好きな奴なんて居るか?」
二番目ならいいのかトニー。三番目じゃ駄目ですか、とか襟を立てて仕分けしてみたくなる。
ナンバーワンにならなくていいなんていうのは、自分がオンリーワンの自信の上に立つナンバーワンにいるからこそなわけで(その辺にしとけ)。
実際、自分が永遠に二番目だと思い知らされたら、トニーだって黙っていないと思うし、あっさりと身を引いて一番になれるところに前進するか、譲れないものだったら死に物狂いで一番を勝ち取ろうとするだろう。
ジェーンは本当に前進したのか、それともグレイソンへの思いを先送りしたのか・・・そこがまだまだわからないところかも。

しかし重婚ネタっていうのもアメリカのドラマで割とある話なのだが、犯罪ドラマのネタなので、妻たちが結託して夫を殺すとか片方の家の息子に一家が殺されるとかの悲劇が多い。
今回みたいに妻たちが結託して夫をこらしめる、というのもちょっと愉快。ジェーンのパワーのせいだろうか。
判事も事件の成り行きを楽しんでいただけたようで・・・コレで判事が、「実はあれ、弁護士同士の愛の代理戦争だったんですよ」って知ったら「もっと証人いないの?」って裁判を長引かせそう。

トレイシーの「アームソックス」は、出てきた瞬間に「え、でも、あれ普通に日本じゃ売ってるけど、アメリカではないのか?」ってモヤモヤしてしまったので、「日本からのクレーム」に爆笑してしまった。だよねー。
なんだかトレイシーが「アリーmyラブ」のエレインのポジションで、「フェイスブラ」みたいに訴訟に発展したらどうしようかと思ったが、フレッドとのほのぼの話に落ち着いてよかった。その分ちょっと「この話必要?」って感じになってしまったが。
フレッドがデキるアシスタントとして事務所に常駐するようになったので、トレイシーと絡ませるには無理に話を発生させないといけなくなったわけで、そういう時ってなかなか自然な展開にならない。トレイシーも事務所に就職すれば話が回るのだろうけど、そーんな出来過ぎた話はかえって不自然。
今後二人のすれ違いドキドキネタはなかなか難しいことになるのかも。

キムって・・・友達いたんだ。普通に良い感じの。
あぁやって人付き合いできるのなら、普段そんなに職場でツンケンしなくてもよさそうなのに。
なんとなく今後キムの妊娠フラグが立ったような気がするんだけど、どうなるのだろうか。
それで、最後のパーカーとのシーンが意味深・・・よし!そっちでくっつくんだ!グレイソンでなければそれでいい!(まだ期待を持つか)

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆重婚の夫チャールズ・エリス .... David Sutcliffe
「プライベート・プラクティス」では、ロス市警の巡査ケヴィン・ネルソン役。最初は殉職した同僚の妻の出産のためクリニックに押しかけてアディソンと出会い(第1シーズン7話「ベビーラッシュ」)やがて恋人になって第2シーズン、アディソンの嫉妬やアーチャーの妨害も乗り越えたが、ケヴィンが仕事で撃たれアディソンの自宅で療養することになり、そこで二人の生活上の価値観が決定的に違うことをお互い思い知って別離に。(第2シーズン10話「別世界の住人」)
「アラフォー♀とルーキー♂」8話「プロジェクト・カニ」では、ビリーがデートすることになった相手報道写真家のブライアン役。ブライアンの存在にザックだけではなくジェームズまでもおもしろくなく、みんな結託してブライアンの車にカニを詰め込むという嫌がらせを。
「CSI:2」3話「疑惑の転落死」では、工事現場から転落死した被害者の元同僚イアン・ウルフ役。保安官らに自殺で片付けられそうになった事件だったが、彼が情報提供して殺人捜査に傾いた。しかしそれはとってもやぶ蛇であった・・・
「CSI:マイアミ」第1シーズン16話「復元 不可解な音」では、ストリッパーの妻エミーと覗き部屋で自分たちのエロ行為を見せていたブレック役。エミーは轢き殺され、ブレックは海で溺死体で発見されるが、肺には真水しかなかったため他殺と判明。
「フレンズ」第7シーズン5話「素敵な婚約写真?」では、フィービーが付き合い始めた、離婚間近の男カイル役。フィービーはロスに妻のホイットニーの気を逸らしてくれるように頼むが、ロスとホイットニーが付き合い始め、二人が夫婦の代理戦争になってしまう。

◆一人目の妻マリア .... Vivica A. Fox
「ラリーのミッドライフクライシス」第6~7シーズンでは、ラリーの家にホームステイすることになった、ハリケーン被災者のシングルマザーロレッタ役。彼女の言動に振り回されているうちにラリーは彼女と結ばれてしまい、妻シェリルに去られてしまうが、結局ロレッタのことも我慢できなくなってしまう。
映画「インディペンデンス・デイ」ではシングルマザーのストリッパーで、スティーブンの恋人ジャスミン役。避難途中で負傷したファーストレディを発見し、空軍基地に運ぶ。

◆二人目の妻エミリー .... Bellamy Young
オフィシャルサイトあり。
「コールドケース」第5シーズン7話「火星人襲来」では、1938年に殺害されたオードリー・メッツ役。夫が失業して働かないため、ダンスホールのダンサーになっていた頃、オーソン・ウェルズの「火星人襲来」の放送中夫フェルトンから殺害されたが遺体が見つからず、行方不明のことが面白おかしく語られる伝説の存在に。
「ザ・ホワイトハウス」第5シーズン10話「過去と現在」では、権利章典問題のノースカロライナ州の代理人メリールウ役。権利章典の所有権については、コネティカット州とノースカロライナ州が互いに譲らずもめていたため、ジョシュが間に立って調整することになる。
「ダーティ・セクシー・マネー」では、ウィリアム・ボールドウィン演じるダーリング家の長男パトリックの妻エレン役。普段は政治家を目指すパトリックのよき妻、ダーリング家のよき嫁として賢く冷静に振舞っている。ウィリアムに愛人(しかもニューハーフの)がいると知って衝撃を受けるが、彼のグダグダな対応にキレてパトリックの腿を撃ち抜くという暴挙も。
「グレイズアナトミー3」22~23話「夢を求めて PartⅠ、II」では、アディソンの友人ナオミのLAのオーシャンサイド・ウェルネス・グループにセックスレスの悩みで来た夫婦の妻キャシー役。実は夫のポールに腫瘍があったためのホルモンバランスのせいだった。
「ミディアム」第2シーズン7話「審判のとき」では、ジョーが陪審員を担当した事件で、被告で被害者の夫スティーブン・ガーナーの本性を暴露した、被害者ジェシカの友人役。
「CSI:マイアミ4」ではシークレットサービスのエリオット捜査官のフィアンセで、検事のモニカ・ウェスト役。カリーはエリオットといいムードだったのにもかかわらず彼女の出現でおじゃんに。しかしモニカの裏工作のせいでCSIラボが危険にさらされたことが発覚してしまうのだった。
「ER」第8シーズン7話「もし神の慈悲に背いたら」では、親の期待と自分の意志の、法学部と医学部の志望のはざまでプレッシャーに押しつぶされて自傷癖に走ってしまっていた大学生、グレース役。
映画「ミッションインポッシブル3」では、冒頭幸せそうに婚約パーティを開いたイーサンとジュリアに、ジュリアの友人代表でスピーチを述べた友人レイチェル役。
「LAW&ORDER:LA」8話、「メンタリスト」第3シーズン2話に登場予定。

◆養子をさらわれたケイトリン .... Heather McComb
「THE EVENT」では、ショーンを一度は逮捕したものの、彼の言葉を信じて協力するFBIの捜査官アンジェラ・コリアー役。
「プリズンブレイク」第4シーズンでは、工作員グレッチェンの姉リタ・モーガン役。グレッチェンの娘エミリーの親権者となる。
「FBI~失踪者を追え4」19話「新たな命」では、出産間近で行方不明になった妊婦のメーガン・サリバン役。HIVポジティブだったり、夫のブライアンが浮気をしていたりと失踪の原因があれこれ考えられたが、エイズを発症したことで自分の家族の問題と向きあおうとしたことがわかってくる。
「CSI:NY2」8話「悪い賭け」では、酔っ払いに絡まれたことで通報しようとした女性ヘザー・デヴィソン役。彼女の通報が、無差別にも見えたドア越しの射殺事件の動機を見出すきっかけとなる。
「プロファイラー」ではベイリー・マローンが確執に悩む娘フランシス役で、第1シーズンはサブだが第2シーズンからはレギュラー出演。
「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」第1シーズン6話「過去のない依頼人」では、ニックが一夜の関係を持った後に16歳だとわかり、しかも依頼人になったディーナ役で登場している。当時彼女自身は24歳だが16歳の役。
「CSI:5」18話「生かされて」では、プールで溺死した少女ダニの父モーガン・スチュワートの秘書役。モーガン一家はとても理想的な家族だったと証言した。
「CSI:マイアミ」第1シーズン10話「カリスマ教授の異常な生活」では、異常な精神実験を行うカリスマ教授メッツガーが実験に使って殺した犬を飼っていた女子大生ジニー役。ジニーは教授の生徒で、犬を殺されながらも教授を信奉していた。
「ドーソンズ・クリーク」のドーソン役のJames Van Der Beekと、彼女の妹(Jennifer McComb )の「ドーソン~」ゲスト出演(「ドーソンズクリーク」第1シーズン11話「13日の金曜日」でドーソンたちとチャネリングをした女性ウルスラ役)が縁で出会い結婚したが、7年で離婚。

◆重婚詐欺裁判を楽しんだ担当判事 .... Kathy Payne
第1シーズン9話「ドレスの行方」ではジェーンがドレスブランドを訴えた裁判の、12話「デッド・モデル・ウォーキング」ではグレイソンとキム担当の立ち退きを命じられた老女ミリーの裁判の担当判事。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1515-f8b3ebb8

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。