スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー6」 第2話「不条理な排斥」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2011 クローザー 0 comments 0 trackback

LaLaTVホームページより
ロス市警本部長の椅子を狙うポープに市長から捜査依頼があり重犯課が狩りだされる。それは市長の友人ディスケンの家に勤めるベビーシッターのアドリアナ・ゴメスが失踪したというものだった。
アドリアナが姿を見せなくってまだ36時間余り、失踪とも呼べない事件にブレンダは渋々捜査を始めるが、家を訪ねるとレイプされ撲殺されたアドリアナの死体が発見された。
まず疑惑を持たれたのは雇い主であるディスケンだった。彼はアドリアナを何度か家まで送り届けたことがあり、捜索に協力的ではなく、また事件当日のアリバイも曖昧だった。


録画失敗して見られなかった2話目をようやくキャッチアップしたので・・・
で、あらためて見てみると、このシーズンのキモになる要素が入っていて、このエピ見てないとわからないわけだ。

まずはルーベンについて。
サンチェスが移民関係の事件なのでどんどん入れ込んでいって、まるで自分の投影のように思い入れしている様子がなんとも痛々しいというか・・・
この後自分の家族に世話してもらうと言いつつ、ほぼ自分で警察に連れてきてルーベンの面倒を見ていたが、彼の家族も実はちゃんと機能してないのかも。
彼がルーベンに執着したのは、彼が愛したい、愛されたいという心の叫びがそのまま行動となって吹き出していたかのようだ。
きっと・・・この先守るものができたサンチェスは、いろんなモノを乗り越えていい刑事になると思う。

レイダーがぴったり張り付いての捜査はやりにくそう・・・
彼女についてはスピンオフの話が聞こえてきて以来、正直う~ん・・・と思うところなのだが、多分この先、「あ、なんかわかったかも」って彼女の魅力がふっと「おりてくる」瞬間が用意されてるにちがいない。
そういうとこをなかなか見せないガードの固さをブレンダと対照的に見せる狙いもあるのだろうが。
・・・ブレンダはダダもれだもんね!

ところで、普段から割とざっくりしているように感じられる「クローザー」のカメラワークだが、このエピの最初のほう、ブレンダとレイダーの会話のところで、二人の女優の動きをあまさず拾うというなかなか細かいことをやっていた。
引いたまま固定で撮ることもできるのに、ブレンダが手を振るとそれに合わせてカメラも手の動きを拾っている。ちょっとしたことだけど、ちゃんと演技プランと演出に基づいてトレースされ、カメラがしっかりその意図を拾ってるっていう職人芸。
人間の体温を感じるカメラワークという感じがする。
サンチェスがアドリアナの足取りを追跡している時の演出(周囲がセピア色で、サンチェスだけが色付きで「現在」)とか、なかなか印象的だなと思ったら・・・
演出がNelson McCormickだった。前にも「この演出いいな」と思うエピが彼だったことがあった。私の趣味のドラマでよく演出を担当していることが多いのだ。
「コールドケース」の「森」の演出がこの人だ。
今度「テラノヴァ」の3話が彼の演出なので、それで心に引っかかったら・・・私は彼の演出が「好み」なんだろうなぁ。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆市長の友人グレゴリー・ディスケン .... Titus Welliver
「グッド・ワイフ」では、ピーターに汚職の罪を着せて検事から追い落とした、現検事のグレン・チャイルズ役。アリシアに妻の離婚訴訟の代理人としてしてやられたりと、何かと対立する。
「LOST」第5シーズン~では、ジェイコブと島に暮らす「黒服の男」役。ジェイコブを憎んでいる。
「NCIS」第5シーズン5話「自殺と他殺」では、ギブスの説得もむなしく自殺した大尉が勤務していた、情報部門での上司のウォルシュ大佐役。チームの捜査に対して機密をたてに非協力的。
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第4シーズン10話「ゆがんだ愛情」では、レイプ被害者の少女ジャッキーの父親トム・ランドクリス役。トムの恐るべき嗜好のために、一家とその周囲の人々は「子供を作る」ための異常な関係を繰り返していた。
「Life 真実へのパズル」では、チャーリーが冤罪となった殺人事件の真犯人カイル・ホリス役。生き残った一家の娘レイチェルを娘として育てながら牧師をしていた。
「Shark」第2シーズン7話「メキシコへの危険な旅」では、スタークと関わりがある実業家ハビエル役。容疑者がメキシコに逃亡したため彼の協力を仰ぐことに。
「スーパーナチュラル」第5シーズン2話「呪われた町」では、悪魔に占領された町リバーパスで住民を操っている、正体は闇の騎士である住民ロジャー役。
「名探偵モンク6」(NHK放送順による)10話「えっ?弟!?」では、モンクの弟ジャックが収監されていた刑務所の刑務官役。
「ブルックリン74分署」では、ジャック・ロウリー巡査役でレギュラー。キレやすい性格のために、署内での殺人事件の容疑者として名前があげられる。
他に「NYPDブルー」のドクターモンザック役、「デッドウッド」のサイラス・アダムス役など、多くの作品に出演している。

◆入国管理局の捜査官マイヤース .... Robert Neary
「ミディアム」第3シーズン19話「凍ったダイヤモンド」では、被害者ジェニーの姉を殺害したピーター・バーベラ役。ピーターが盗んだダイヤのためにジェニーはピーターの息子に接近したのだった。

◆ディスケンの妻メリッサ .... Catherine Dent
「ザ・シールド」ではダニー・ソーファー巡査役でレギュラー。優秀だがヴィックと過去に関係があり、彼の子を産んでシングルマザーに。
「FBI~失踪者を追え」第6シーズン9話「一度の過ち」では、元金融アナリストの失踪者リンジー役。横領で7年服役して出所したばかりだったが、刑務所を訪問した直後に姿を消していた。
「クリミナル・マインド」第4シーズン16話「コールガール」では、スキャンダルのもみ消しを専門に行うコンサルタントのエレン役。財界の大物たちが連続してコールガールに殺害された件で被害者サイドがBAUに派遣してきた。
「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ」第1シーズンでは、FBI捜査官グレタ・シンプソン役。エリソンと共にサラを追うが、ケスター襲撃の時に全滅させられる。
「CSI:5」11話「ホームズ最後の夜」では、シャーロック・ホームズなりきりコスプレサークルでなりきりアイリーン・アドラーのケイ役。実生活では母の治療費のためにプールバーで働くウェイトレスだったが、サークルでのなりきりが心の支えだった。しかしそのサークルをやめると言われたことでキレてしまう・・・
「グレイズ・アナトミー」第3シーズン19話「計画外のできごと」では、筋肉が次第に骨に変化する症状を抱える患者キャシー役。娘のニーナが看病にかまけすぎて自分を失っている様子に心を痛めていたが、手術中に亡くなってしまう。
「TAKEN」では人妻でありながら、エイリアンのジョン(Eric Close:「FBI~失踪者を追え」のマーティン)をエイリアンと知りつつも恋に落ち子供をもうけてしまうサリー・クラーク役。
ほかに「シカゴホープ」「ダーマ&グレッグ」など、出演作多数。

◆ジェフリー・ウォルタース .... D.W. Moffett
第2の被害者ルペ・ナヴァの雇い主。
「Lie to me」第1シーズン7話「欲望と大義」では、ライトマンの大学以来の親友ジェフリー・ブキャナン役。ライトマンの様々な過去の悪行を知っている人物。
「女検察官 アナベス・チェイス」第1シーズン14話「自供の真偽」では、ことごとく証拠を却下し自供の信憑性を否定するなど、警察&検察の捜査手法を否定することで無罪を勝ち取ろうとする敏腕弁護士ジョセフ・ライト役。18話「凍りついた友情」にも再登場。
「ブラザーズ&シスターズ」第1シーズン14話「バレンタインは大騒ぎ」では、大統領選出馬のためにロバートが献金を依頼しに行った大富豪のマイケル・ペリントン役。彼は見込みがないと一旦断るが、ロバートに同行したキティの熱弁で気持ちを変える。
「FBI~失踪者を追え」では、失踪者ルークの上司アラン役。特に仕事上のトラブルもないようだったが、アランは何か怯えていた。そしてルークはゲイだと発覚し、二人は隠れゲイの恋人同士だと判明する・・・
「コールドケース」第1シーズン第1話「テニスラケット」では、未解決だったジル殺害の容疑者ウィットリー兄弟の兄トッド役。過去にジルと付き合っていたがジルを殺害し、現在はジルの親友メラニーと結婚、追いつめられると弟にすべてをなすりつけようとする。
「CSI:マイアミ」第1シーズン13話「死の料理人」では、民家で薬品を製造して毒ガス騒ぎの死亡事故を起こしたウェルモント役。
「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」第2シーズン14~15話では、ジュリアの離婚後の新しい彼氏で「ゼニス」(禅の心を活かしたテニス?)のコーチのケヴィン・ホチキス役。

◆ディスケンの息子エイブリー .... Zayne Emory
「デスパレートな妻たち」第6シーズン11話「時をかける妻たち」では、リネットが妊娠していた双子の片割れのパトリック(12才)役。妊娠中の子供の危機を告げられた後、その子が障害を持って生まれたというリネットの夢の中に登場。サンドイッチを作ってくれとせがむが、リネットは「自分でやりなさい」と突き放す。
「クリミナルマインド」第5シーズン2話「閉ざされた記憶」では、ホロークリークキラーの監禁対象だったコールが、無差別殺人の後、逃走途中で誘拐した少年ライアン役。コールは自分の記憶を追体験する過程で、一緒に逃げられなかったトミーをライアンに重ねていたのだった。

◆ウォルタースの息子レオ .... Sage Ryan
「Lie to me」第2シーズン14話「英雄の正体」では、「命を狙われている」とパニックになり自宅で発砲騒ぎを起こした、イラク帰還兵のジェフの息子ジェイク役。

◆バスでアドリアナに挨拶した女性 .... Christine Avila
「Dr.HOUSE」第2シーズン3話「失われた右手」では、カディの家で屋根の修理に雇われていて倒れたヒスパニックの青年アルフレッドの、母ルイーズ役。英語が話せないため、ハウスがスペイン語で話しかけるというシーンも。
「ブラザーズ&シスターズ」第3シーズン3話「変化と代償」では、ジャスティンがイラクで助けたアンソニーの母親役。アンソニーの一家はジャスティンを英雄として賛美し感謝するが、ジャスティンは救えなかった友人のことを思って困惑する。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1516-53834c16

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。