スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー6」 第9話「最後に残った女」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2011 クローザー 0 comments 0 trackback

LaLaTVホームページより
舞台女優ジュディ・リンの遺体が自宅のベッドで発見された。頭から大量の血を流していたが、クッションで顔を覆われたための窒息死だった。
彼女はビデオブログを公開しており、それによると出会い系サイトで知り合った男性と、殺される直前までデートをしていたようだった。防犯カメラの映像に彼女と外出する若い男性の姿が映っていたが、顔を判別することはできない。
そこでサイトの運営会社から情報を入手したところ、男性の名はマーク・トーレスと判明する。


「本部長になりたくない」
ああ、とうとう言っちゃった。ていうか遅過ぎ。
そこからポープとレイダー二人がかりの大説教大会。そりゃそうだ。
特にレイダーのひとり北風と太陽には参った。ブレンダが落とされるというスーパークローザーっぷり。
「昇進という犠牲を受け入れて頂戴」
「心から尊敬できる人に本部長になってほしいの」
うわー、なだめたり脅したり。ウソっぽいセリフをポーカーフェイスでよく言うなレイダー。
あのレイダーの語る説得内容が、何割ぐらい本当なのかかなり怪しいが、レイダーがブレンダの後釜というのは結構イケるんじゃ・・・という気持ちの変化が私の中に初めて生まれてしまったかもしれない。
だってガッツポーズかわいかったし。(すっかり術中にはまってるともいう)
だって、だって・・・「あ、これを見せたくてこのエピつくったんだろ」って・・・思うよね!
レイダーにはレイダーの可愛げがあるのかもしれない・・・そんな期待をさせてくれるような、スピンオフの序章となるエピだったような気がする。

でもほんとどうなんだろスピンオフ。最近スピンオフの失敗作を連続して見せられているので、レイダー版クローザーはよほどブレンダから「離れる」努力をしないと難しいんじゃないかと思う。
たとえ俳優がどんなに熱演しても、単独のドラマとしてじゃなくて「スピンオフ」として作られた以上、比較されまくるわけで。
違いすぎても、なぞり過ぎても、オリジナルファンからの否定評価は免れない。ブレンダは太陽でレイダーは月という感じなので、「ダメージ」並にどん底まで落ち込ませるダークなドラマにするしかないんじゃないかと予想していたのだが、あのガッツポーズでそのイメージも否定されたか?

しかし・・・普段ブレンダのファッションはカワイイと思っていたのに、地味なレイダーにファッションチェックされてダメ出しされるとは思わなかった・・・
あれは南部娘丸出しのイマイチファッションだったのか!いいじゃないか、ダサいでかカバンでも!(心当たりありあり)
ブレンダがダサいのは、カバンのセンスじゃなくて中が整理できなくてぐじゃぐじゃ引っ掻き回してるとこだし!それでもかわいいし!!(なんだか自己弁護のような気がしないでもない)
ブレンダが頑張っておしゃれしたあの真っ赤なワンピース、かわいかったけど・・・けど・・・
サンタさんコスみたいなんだよね・・・ あの、「アリーmyラブ」でアリーが「サンタベイビー」歌った時みたいな・・・
やっぱりブレンダは花柄ピラピラがかわいいと思うんだ。

あ、事件について全然語ってなかった。
「最後に残った女」のビデオブログみたいに、インターネットで顔と名前と私生活をモロ見せするコンテンツを発表するのって、アメリカだと割とあるようで。
日本でFacebookへの抵抗感が語られるのは、基本にある本名主義のところがひっかかるから、という声をよく聞くのだが、さらに顔まで晒すのについては「もう少し危機感とか抵抗感持ったほうがいいんじゃない?」と思わずにはいられない。
「アイ・カーリー」なんて子供向けの番組なのに、本名顔出しでネット番組を放送していて、個人特定可能なレベルで色々情報を晒しているので、アレを真似する子供たちが増えていいものだろうかと毎週ひそかに心配していたりするのに。
被害者のジュディも、ギフォードも、お互いパートナー探しのアプローチを間違えてしまったばかりに・・・
「夢織り人」の人もかなり間違えていたが、ああいう人が年取るときっとプロベンザみたいになるのだと思う。モテてるつもりで相手にされてない、的な。
プロベンザは・・・最後には幸せになれるのだろうか。無理?

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆「夢織り人」ことマーク・トーレス .... Nicholas Gonzalez
「メンタル 癒しのカルテ」では、研修医アルトゥーロ・スアレス役でレギュラー。ハンサムでモテ男なのを自覚している一方、ギャラガーを尊敬している一面も。
リメイク版「メルローズ・プレイス」では、シドニー殺害の担当刑事ロドリゲス役。捜査能力がイマイチでなかなか事件が解決しない。
「グレイズアナトミー4」2話「泥沼な私たち」では、アパートの爆発事故に巻き込まれたクラーク役。実は爆発したアパートに覚せい剤を買いに来た客で、担当したジョージに後悔を口にしながらも、蘇生及ばず命を落とす。
「ブラザーズ&シスターズ」第2シーズン12話「カラオケナイト」では、スコッティのゲイ仲間役。ケヴィンとサラを連れてカラオケをしに行き、離婚書類の憂さをはらそうとのりのりで歌ったサラに、離婚しちゃえとみなでそそのかす。
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」では、10話と16話で麻薬課の新人マイク・サンドバル刑事役でSVUに捜査協力。被害者の息子アントニオを気遣い引き取ろうとするなど優しい一面も。
「アグリー・ベティ」第1シーズン5話(日本放送順による。実際は4話)「疑惑のオルゴール」では、ライバル誌「イザベラ」の社員カルロ・メディーナ役。ベティをスパイして特集記事のことを探り出した手腕を買われて、ウィルミナの手下になる。
「CSI:マイアミ7」では、裁判で有罪判決を受けた後に無罪の可能性が出て再捜査されることになった、被告でゴルフインストラクターのアルフォンゾ・レイエス役。
「OC」第2シーズンでは、第1シーズンラストでOCを去ったライアンの穴埋めに、マリッサが付き合っていた庭師のDJ役で登場していた。ライアンが戻ってきたことでマリッサは二人の間で揺れたり。結局マリッサはライアンほどDJに本気になれず、DJは去りマリッサの不安定さはいやますことに。
映画では「アナコンダ2」にダグラス医師役で出演しているが、「ホラーで一番最初に死ぬ役」なのでちょっと悲しい。

◆「最後に残った女」ジュディ・リン .... Rhea Seehorn
「バーン・ノーティス」第4シーズン4話「閉じ込められたスパイ」では、サムの友人ジョシュを騙したニックの部下パティ役。ジョシュが無謀な突撃をしたために立てこもり事件に発展したが、パティの協力があって無事マイケルたちは脱出に成功する。
「ドールハウス」第1シーズン10話「取り憑かれし者」では、エコーのクライアントであるマーガレットの、娘のジョスリン役。マーガレットはアデルの友人で、殺された後バックアップデータを元にエコーに刷り込まれ、ジュリアとして送り込まれるが、ジョスリンたちはそうとは知らずに母親を悼む様子を見せない。

◆遺体発見の演出家スチュアート ....  JD Cullum
「ミディアム」第4シーズン13話「痛みの連鎖」では、マリーを検眼した児童眼科医役。彼は視力検査表を暗記しているため、マリーは彼の頭の中を読み取って完璧な答えをしてしまった。
「ER」のグリーン先生の父デヴィッド・グリーン役や、「たどりつけばアラスカ」でホリング・ビンクーア役を演じているJohn Cullumの息子。

◆マークの婚約者デビー .... Monica Keena
「プライベート・プラクティス」第3シーズンでは、3つ子を妊娠した代理母ケイラ役。17話「葛藤するプライド」でアディソンが血栓の危険を指摘して胎児を減らすべきと主張するが、実両親の反対により血栓除去のオペが決行される。ところが手術中に心停止、昏睡状態に。18話「揺らぐ意志」では夫が安楽死させたいと願うがやはり実両親の反対に。そこで夫が呼吸器除去を強行したところ自発呼吸が回復。19話「愛しい存在」では、デレクの妹アメリアがケイラに実験的オペを施すことに。
「CSI:7」2話「奈落の底へ[後編]」では、模型殺人の被害者でロックスターのイジー・デランシーの妻マデリン役。彼女は前妻の子スヴェンが怪しいと供述するが、遺産相続をめぐる熾烈な闘いがそこには存在していた。
「FBI~失踪者を追え4」20話「見つけた居場所」では、失踪者ブレックがドラッグをやめるように説得しようとしたハイジ役。裕福な家庭の子女たちがドラッグに溺れ、しかしその中で現実と向き合って足を洗って人を助ける方向に生きようとしていたブレックだったが、ハイジはまだ泥沼から抜けだせずにいたため、逆に彼の説得が不幸の引き金となってしまった。
「グレイズ・アナトミー」第2シーズン6話「アンフェア」では、列車事故で乗客の男性と一緒にパイプに串刺しにされた女性ボニー役。一緒に串刺しになったトムと語らううちに、二人には不思議な絆が生まれていく。
「ドーソンズ・クリーク」第1~2シーズンに登場していたアビー・モーガン役。毒舌家でトラブルメイカーなので、オシャレで美人なのに敬遠されがちな彼女は、第2シーズン19話でその破天荒さゆえに悲しい退場をすることに。
映画「グリム・ブラザーズ スノーホワイト」では白雪姫リリーに抜擢され、シガニー・ウィーバーと共演。
「あなたが寝てる間に・・・」で、ビル・プルマンとピーター・ギャラガーの妹メアリー役。
「フレディVSジェイソン」では、エルム街のフレディ屋敷で生活している女子高生ローリー役。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1521-f6c8f5d6

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。