スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー6」 第10話「直接対決」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2011 クローザー 0 comments 0 trackback

LaLaTVホームページより
通報を受けて出動した救急車の中で突然患者が発砲し、2名の救急救命士が殺害された。
かろうじて現場から発見された指紋から容疑者が判明する。男の名前はケビン・メイソン。2年前、歳入庁の爆破を試みた容疑者としてFBIと市警のテロ対策局が合同で追っていた男だった。さらにメイソンには4度消防局に出願し、いずれも不採用になったという過去があった。テロ対策局の長であり、新本部長候補でもあるトミー(トーマス)・デルクとブレンダの合同捜査が始まる。
FBIから開示された爆破未遂事件の資料を精査すると、ブレンダはある事実に気づく。


新本部長決定!ブレンダ、落選でほっとした気持ち顔に出しすぎ。
最終候補として出てきたデルクは、人の動かし方を知ってる老獪なタイプ。そして感情をまったく表情に出さない、レイダーに近いようなクセモノだ。
こういう政治と捜査をうまく操れる人物がトップに立ったほうが、組織としてはうまく回るような気がするのだがどうだろう。
クライムサスペンスもので上司ポジションの「いいひと」は、必ず政治を嫌って正義を貫こうとして自分のチームの存続を危うくすることが多いので、もうちょっと政治的に目配りのきくタイプのほうが「いい上司」なんじゃないかと思わずにはいられない。
もちろん、政治のために正義を曲げるというのはあって欲しくないけれど。
本部長っていうポストについて今ひとつピンときてなかったのだが、「ブルーブラッド」でトム・セレックが演じているパパがNY市警の「本部長」だ。何か事件が発生すると、記者たちの前で会見開いて糾弾され、常に責任を問われてる、みたいな。
現場とは一線を画す立場になるのが本部長。
向き不向き言ってる場合ではなかったもしれないが、ブレンダは取り調べ室にいてかこその彼女だと思う。

「またろくでなしに引き継がれた」
って、プロベンザがポープの前で言っていたけれど、「また」って。それじゃまるで・・・いや、それはそうか。
部下たちみんな意外とブレンダに本部長になって欲しかったみたいなことを言っていたが、でも・・・ブレンダが当選してたら、後釜はテイラーだよ?
それでいいのか。いやよくない。
さっきまでブレンダにおべっか使っていたのに、当落がわかったとたんあからさまにデルクに媚びるテイラーが重犯課のチーフになったら、自分の保身のためにあっさりチームを売ってしまうことだろうから。
テイラーの名前が後釜にあがっているのを部下たちは知ってか知らずか、それでも直前のアクシデントを心から惜しんでくれる彼らの優しいこと。ほんとにここまでよく信頼関係が築けたものだ。
だからこそちらっと思ってしまう・・・ブレンダは「今ここで撃ったら落選」って、そこまで計算して発砲したんじゃないか、と。
この間の犯人置き去りのラストといい、今回の発砲といい、本部長選出がブレンダに心理的なプレッシャーと荒みをもたらしていたような気がして・・・

今回の犯人は、アファーマティヴ・アクションの逆差別被害者というわけではなく、本人の人格障害が根本的な問題だったような。
そういう結果については、やはり就職試験の結果では申し渡したりはしないから、「差別された!」と思い込んでさらに人格障害がこじれたというところだろうか。
治療が必要なレベルの障害なら、通告してあげればよかったのに・・・ あ、それはそれでやはりこじれるか。
ブレンダが「私が本部長になったら差別をなくす」と騙した(でもないか?)犯人が、もし無事に解決した後に本部長がデルクになったと知ったら・・・
結局は「一番の解決法」を行使するしか、事態を解決しようがなかったのかもしれない。良かったねメイソン、結局は正しさを証明できたってことで(違)。
生まれ変わったら、今度はお年寄り殺しとサリンはやめようね・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆本部長最終候補者トミー・デルク .... Courtney B. Vance
「LAW&ORDER クリミナル・インテント」第1~5シーズンでは検事ロン・カーヴァー役でレギュラー。
「フラッシュフォワード」ではFBIロサンゼルス支局長スタンフォード・ウェデック役。マークの上司で、ブラックアウト捜査チームの責任者。
「ER」第15シーズンでは、バンフィールドの夫ラッセル役。バンフィールドが兆候を見逃したせいで息子を失った過去から夫婦仲はぎくしゃくしていたが、そこからやり直すことに。バンフィールドを演じたAngela Bassettは実生活でも夫婦。
87年に「Fences;」、91年に「Six Degrees of Separation」でトニー賞主演男優賞にノミネートされるなど、舞台俳優としての実績も。

◆犯人ケビン・メイソン .... Matthew Glave
「FBI~失踪者を追え」第6シーズン2話「クリーン・アップ」では、失踪者で犯罪現場清掃専門の清掃業者レオ役。レオと娘のハンナの二人が同時に姿を消す。最初はレオの金銭関係などが疑われるが、次第にハンナに関わる悲しい事実が明らかに。
「コールドケース」第4シーズン7話「日食」では、被害者リビーの夫カール・ブラッドリー79年版役。当時家族ぐるみの付き合いがあった夫婦と「キーパーティ」というスワッピングパーティを行っていた。
「CSI:5」20話「汚れたエリー」では、LAでウォリックと麻薬会議で一緒になった、CSI:LAのグレイザー役。
「スターゲイトSG-1」第9シーズンでは、初代オデッセイ号艦長ポール・エマーソン大佐役。
「ER」では第2~9シーズンまでカーターの天敵デイル・エドソン役。ハーバード出を鼻にかけるイヤーなエリート君で、ER中から嫌われていた。
「ザ・ホワイトハウス4」16話「サムの選挙」では、サムの選挙スタッフのスコット役。サムの意向を無視して選挙活動をすすめようとしてクビになっていた。
妻は「シェキラ!」のシーシーの母ジョージア役などのAnita Barone。彼女は「フレンズ」の第1シーズン当初のロスの妻のキャロル役でもある。
「ニキータ」第2シーズン7話、「クリミナルマインド」第6シーズン14話、「デスパレートな妻たち」第7シーズン11話、「ミディアム」第7シーズン5話に登場予定。

◆ウェクスラー医師 .... David Barry Gray
メイソンを就職面接で鑑定した医師。
オフィシャルサイトあり。
「コールドケース」第6シーズン5話「スピード写真」では、被害者タリーがかばっていた同僚のレニー・スノウ一等兵の現在版役。レニーは兵隊に向かずに上官から叱られることが多く、それで脱走を試みたりもしていた。
「ミディアム」第5シーズン10話「タイムスリップ」では、5年前の事件でデヴァロスに無実の妻殺しの罪で有罪にされ、恨みに思ってデヴァロスとアリソンを殺害に来るネイサン・ハンセッカー役。5年前の逮捕時にタイムスリップしたアリソンが事件の真相をあきらかにすることで、ネイサンに殺されることを阻止しようとする。
「弁護士イーライの不思議な日常」第1シーズン10話「命のリスト」では、「出会い系で出会った相手が妻だった」という件で妻を訴えた夫役。
「バーン・ノーティス」第2シーズン10話「善意の任務」では、マイケルが爆破でボロボロの状態なのに自殺しようとしていたのを助けたケニー役。ケニーは心臓病の息子を抱えていたが、偽の新薬を売りつける詐欺に騙されたことでマイケルに助けを依頼する。
「クリミナル・マインド」第2シーズン9話「2人のシリアル・キラー」では、ミルクリークキラーに妻をさらわれたトム・キャロル役。事件に気づくことができなかったことで自分を責めていた。
妻は女優のShanelle Workman(「グレイズ・アナトミー」第4シーズン9、10話「命の現場 PartⅠ、II」で、夫を亡くした直後に別の男性の覚醒を見守ることになったサラ役など)。

◆女性救命士アンナ・ヴァーガス .... Jaclyn DeSantis
「ゴースト」第4シーズン21~23話では、イーライの友人ゾーイ役。呪術や怪奇現象について研究していてイーライとも話が合った。しかし23話「新たな脅威」で不幸にみまわれ霊になり、昇天せずにメリンダが理由を探ることに。
「WINDFALL~運命のいたずら」では、くじで大金を手にしたひとり、ナースのマギー・ヘルナンデス役。

◆LA市長 .... Eric Garcetti
オフィシャルサイトあり。
現在のLA市議会議長。実際には現在のLA市長はAntonio Villaraigosaだが、在任中にアンカーウーマンとの不倫&離婚スキャンダルなどを抱えて支持率が低下。Garcetti氏が2013年の市長選挙に同じ民主党から出馬を宣言し、活発に選挙活動を行なっている。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1522-584f0f6a

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。